2017年08月19日

Gosyuin Traveller 67  A


 天気予報にあったのか、宵頃突然の豪雨・雷 ( ドッヒャ〜 ) 。
出掛け帰りの足を止められてしまいました !!
およそ一時間雨宿りして、幸い止んだので帰宅。
すると遅くに再び、豪雨・雷鳴 …… ひどく不安定なお天気でした。
こんな荒模様は早く脱したいもんですねぇ ( ため息 ) 。



 さて Gosyuin Traveller は 『 覚園寺 』 レポ 後編へ参ります ────

 『 黒地蔵 』 様のお堂に参り、 拝観の一巡を終えたところで、私達は先の朱印所へ急ぎ
ました。 折から順昌様も御朱印をしたためておいでです。
先に書き終えてあった朱印帳には、


      ご本尊 『 薬師如来 』 様    『 相模国大師二十一ヶ所霊場 』 第三番

    KIMG0501.JPG    KIMG0502.JPG


           ご本尊様、お大師様、ありがとうございます !!




 それから一行は 『 客殿 』 の 『 茶話会 』 へ招かれました。
冷える浅春の外気から、暖かな席に落ち着いてホッと。
梅昆布茶とお菓子のご接待も嬉しく。

 まずは副住職様から、参加者へのお労い。
続いて、ゲストにお迎えした鎌倉小町通の有名な和紙店 『 社頭 』 ご店主様のトーク。
貴重な某和紙について、現物見本と興味深い解説が眼福・耳福 ♪♪♪
お土産にはオリジナル絵葉書もちょうだいしたのでした。 

 『 茶話会 』 お開きの後、順昌様へお礼に参じた美緒ママ。
すると訪拝への労いに加え、 「 あ、先日はどうもお世話になりまして 」 と丁寧なるお言葉。
実は順昌様、美緒ママの仕事先のお客様なのでした。
「 いいえ、こちらこそありがとうございました 」 と改めて返礼。
当山ご住持一族 『 仲田 』 様とは、偶然にも旧知のご縁あった仕事先 !
京都の名刹 『 醍醐寺 』 現管長となられた叔父上 『 仲田順和 』 座主様がお若い頃、顧客の
お一人であったらしく …… 。
ご一家の感性が偲ばれる逸話です。


 やがて佇まい佳き 『 客殿 』 を辞し、二時間程の稀有な 『 特別参拝 』 を終えた私逹は
惜しみつつ 『 覚園寺 』 様をおいとま。
順昌様、皆様、そして主催者様、お世話になりました !!




 再び 『 大塔宮 』 よりバスに乗り、 早や “ 日常 ” への回帰です。
鎌倉駅前へ着けば、生身は “ お三時 ” も過ぎた遅いランチを渇望しています。
幸いお気に入りカフェ 『 Vivement Dimanche 』 の席があったので、


         P5275093.JPG

             120225_1258~010001.jpg


絶品 『 オムライス 』 に決定。 Y ちゃん共々、美味しくいただきました〜 ☆☆☆
 


 斯くして夕方鎌倉駅を発って、有意義に終えた一日でありました。




posted by 美緒ママ at 23:49| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

『 梅 かまくら 寺社特別参拝 2017 / 覚園寺 』 Gosyuin Traveller 67  @ 


 この夏の常ならぬ不順な気象に、少々メゲています。
予期せぬタイミングで忍び寄って来たプレ ‟ 熱中症 ” 、暑さのせいとは限らない
ところが怖い !
どちら様もくれぐれもお気をつけて。


 で、記事はすっかりおマヌケですが、未だ寒かった頃の ‟ 書き残し ” へ遡ります。


 Gosyuin Traveller , 2 月 12 日 ( 日 ) 『 梅 かまくら 
寺社特別参拝 』 参加レポ、第二弾 ────

 JR 大船駅 11 時 46 分発の横須賀線で 52 分鎌倉駅着。
しばし時間調整してから、駅前で待ち合わせたのは ── はぃ、女子友の 『 Y 』 ちゃん ♪
実は今回、茶緒パパが欠席のため、スペシャル・ゲストに Y ちゃんをお誘いしたのです。
合流した鎌倉駅前は陽射しポカポカ。 でも日陰のバス停は寒い …… 春料峭。
Y ちゃん、日向ぼっこしながら行きましょうね〜 ♪

 4 番バス停 を12 時 25 分発、 『 大塔宮 』 行き。
およそ 20 分で着いた 『 大塔宮 ( 鎌倉宮 ) 』 様へ、時間があるのでお参りする
ことにしました。
 拝殿にて、Y ちゃんと並んでニ礼 ・ ニ拍手 ・ 一礼。
傍らの社務所で一緒に、御朱印拝受です。


             KIMG0979.JPG


茶緒パパ以外の誰かとこんな風に寺社参拝って、珍しいな〜 ( 笑 ) 。




 さァそれでは、この日の本命を目指しましょう !
徒歩 10 分程の古刹 ……


         真言宗泉涌寺派 『 鷲峰山 真言院 覚園寺 』 様


         KIMG0448.JPG

         KIMG0450.JPG

      KIMG0447.JPG   KIMG0449.JPG


 山門前で、主催者 『 鎌倉十三仏詣実行委員会 』 様の受付を済ますと、門内には早くも
参加者様の集団。
順序は逆になりますが ( 済みません ) 、取り急ぎ寺務所へ朱印帳 ( 当ご宗派専用に
新調したこちら ↓↓↓ ) を


     KIMG0499.JPG


 預けてから一団に加わりました。


 定刻 13 時半頃、副住職 『 仲田順昌 』 様のご挨拶あり、その案内に就き従って
一行はゾロゾロ境内奥へ ( 生憎撮影不可なエリアにつき、写真は無しです ) 。
通常の ‟ ガイド付き参拝 ” には昨年伺った美緒ママでしたが、順昌様のご案内はお初 ♪
( 実はこの日、順昌様にお会いするのが楽しみだったんです。 その理由は後ほど )

 まず参じた 『 薬師堂 ( 本堂 ) 』 にて、去年の記憶を確かめつつお話を伺いました。
当堂では本尊 『 薬師三尊 』 様をはじめ眷属 『 十二神将 』 様、客仏 『 鞘阿弥陀 』 様
などなど ── ほぼ重文級のご尊像や貴重な建築を拝観。
それらを、かつて苦難の時代に守り通された歴代ご住職方、そして志を引き継がれる順昌様。
温厚な佇まいの内に、秘められた決意のようなものを感じました。



 さてそれから、一同は境内奥の “ 非公開エリア ” へと進みます。
驚くばかり深い森には、梅林の華やぎ。
雨後の湿りを残す土に大樹の根を踏み越えながら、到着したのが 『 棟立の井 』 ──
かの 『 鎌倉十井 』 の内で、最も出会いがたい史跡です。
古い小さな木橋を参加者一人一人が慎重に渡り、崖の窟を覗き込めば …… ちょうど軒めく
岩盤の張り出しの下、水を湛える所謂 “ 横井戸 ” 。
悠久の時を経て、なお涸れぬ水脈の奇跡を思いました。 



 さらに奥へ踏み入ると、古びた門が現れます。
その門内が一山の最も核心たる 『 開山御廟所 』 。 近付くにつれ、ひときわシンと
空気の冷えるような …… ?

 目前に壮大な 『 宝篋印塔 』 がニ基、どっしりと苔むしていました。
開山塔は 『 智海心慧 』 様、大燈塔に二代 『 大燈源智 』 様をお祀りです。
当二祖様へ毎日の悲喜こもごもを聴いていただいている、と順昌様。
浮薄な現代にあって、斯く仏教者たる任を生きる若和尚様の心の拠り所 ? …… と思えば
寒さながら温もりも感ずるようで。
合掌 ・ 礼拝し、さらに回りを数多取り巻く小振りの代々住持様墓塔へも掌を合わせ、稀有な
ご縁を謝しました。



 やがて名残惜しまれつつ、戻る復路。梅の香り再び。
往古より少しも変わらぬような森の深さに、群れ歩く集団の気配さえ吸い込まれてしまいそう
でした。
 異境の深淵より浮上するかに戻りながら、左手の 『 旧内海家住宅 』 という江戸期名主
住宅の遺構、続いて 『 十三仏やぐら 』 『 千躰地蔵堂 』 についてご説明がありました。
( なおこちらの内部へは、通常拝観の折に案内されます )

 しかしてトリに控えておられるのが 『 地蔵堂 』 の 『 黒地蔵 』 様。
当の名高きお地蔵様 ── その謂われを 「 地獄へ墜ちた亡者を憐れみ、業火を加減してやらん
と自ら焚いて下さる故、常に黒く煤けておられる 」 と伝えます。
 因みにこちらのご縁日がまた特異な 『 黒地蔵盆 』 。
毎年 “ 8月10日の午前0時から ” 始まるご縁日だそーです !!


             P1273444.jpg



深夜の闇に灯籠や提灯のともる …… 境内奥へと解放された神秘の世界への参拝、とのこと。
ほぉ〜 、如何なる行事 ? と興味津々ながら、夜中と言ったって暑さの真っ盛り ?
さすがに尻込みしてしまうなァ ( 汗 ) 。


 あ、それとご当山、もう一つの ‟ 夜参り ” ── 他でもないこの日夕刻、折からの
『 涅槃会 』 に因んだ行事が催される由 !
見れば、境内そこここに置き灯籠が用意されています。
「 よろしければご参拝下さい 」 と副住職様。
…… え ? …… また選りによってこの寒さの夜に !?
「 ちょっと厳しい気温だよね …… 」 と Y ちゃんと二人、ため息モノでした。


 いやはや、 ‟ ほんまもん ” の信心とは偏に忍耐あるのみ ── かしらね !?



                     ──── To be continued.


posted by 美緒ママ at 22:40| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

盂蘭盆会  2017


 この八月、東京で連日降雨を観測 ── 何と 48 年ぶりのことと驚かれたそーです。
どうりで、毎日蒸し暑い筈だわ !
 そー言やァ梅雨明け後も、存外な雨続きや台風余波。
ちっともカラリと晴れてくれなかったし ( 怒 ) 。
やっぱそーなんだ ?

 即ち高湿度の “ 溽暑 ” !! …… も〜ソレだけで疲労するし ( 泣 ) 。
殊に “ 来る ” みたいなんだよね、持病の 『 筋緊張性頭痛 』 に。



 そんな中を 8 月 13 日 ( 日 ) 、恒例の 『 盂蘭盆会 』 。
婚家の菩提寺へは前日下準備に行って、草取り ( 幸い僅かながら ) と墓石拭い。 
当日が改めての墓参〜盆迎え。
 そちらを済ませると、午後からは実家の菩提寺へ ( これも慣例 ── ヨメに行きゃぁ
否応無く二軒分ですワ、大変よ〜 ! ) 。

 尤も実弟クンの車に同乗なんで、ありがたい ♪
菩提寺の 『 盂蘭盆法要 』 へ向かい、本堂に参列です。 
今年は扇風機前の特等席を Get !!
読経の 『 修証義 』 から後に、却って眠気を兆してしまいました〜 ( 爆 ) 。
気付いたらシメの 『 回向 』 …… ?
ヤバッ、マジ寝たか !?
本当に “ トランス ” に入りそうですよ、お盆の声明 !!



 そんなこんなで 『 法要 』 が済むと、参列の檀家さん三々五々と墓所へご先祖様を
お迎えに。
我々も徐に …… と、思ったらショック !!
供花の花束が完全売り切れ〜〜 ( ガーン ) 。
やむを得ず、お線香のみで合掌。
暫しお留守になる墓所だから、お許しいただきましょうかね。

 お盆明けまでには必ずお花供えておきますから、と平身低頭!!
次回からは必ず持参しましょうね〜〜、仏花。


 …… と少々おマヌケな墓参だったのでした〜 ( 苦笑 ) 。



posted by 美緒ママ at 13:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

ノカンゾウ と 熱中症


 ベランダのプランターに 『 カンゾウ 』 の季節がやって来ました。


             P8109237.jpg



 猛暑の中、ちっとも元気そうでない株ふたつから、ひゅるひゅるっと細〜い ( ホントあり
得ない細長さの !? ) 花茎を二本伸ばし、一日花を開きます。


                P8109234.jpg
      P8109241.jpg



 古代にはこの花の淡い “ 橙赤色 ” が憂いを忘れさせると伝え、 『 ワスレグサ ( 忘れ草 ) 』
の呼び名もあり。
…… ん〜 、そーゆー感覚は解りづらいけれど ( 笑 ) 。


 因みに “ 八重 ” のものを 『 ヤブカンゾウ ( 薮萱草 ) 』 、 “ 一重 ” は 『 ノカンゾウ
( 野萱草 ) 』 と呼び慣わすそうなので、コレは 『 ノカンゾウ 』 ですね。
一見楚々と儚げながら、日毎蕾をあげ、絶えず咲き継ぐ律儀ものです ♪
今年また、一茎に十輪以上、秋までに二十越えの花を見せてくれるかも ?



          P8109245.jpg
            P8109227.jpg


          二本目の花茎。 こちらの花芽もこんなに蕾が …… ♪♪



 第一輪目を記録に納めようとカメラを持って出て、他の被写体へも目移り。


          『 ラヴェンダー・セイジ 』 が盛りの花壇。


         P8109230.jpg

         P8109229.jpg



            植え込みの 『 シュウメイギク 』 も早々蕾を覗かせています。


                  P8109252.jpg

            P8109251.jpg

P8109250.jpg




 色々撮り続ける内、仕舞いには徒長した枝々が気になりだして、つい庭鋏で枝伐り〜 !!
ところが、ゴミ袋をひとつ半ばかり一杯にしたあたりで、あまりの滝汗と不快感に、慌てて
中断しました。
いゃ〜 “ 熱中症 ” 初期症状か !? 炎天下でもなかったのに ( 大汗 ) 。

 危ない危ない !!
油断大敵の季節でしたね〜 ( 爆 ) 。
  



posted by 美緒ママ at 01:10| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

Robben 先生 ご降臨〜 !!!


 前記事で偶々、彼のことアップしていたんで。
…… えッ ? …… あれって予感 !? ── というめっちゃ嬉しいサプライズ〜 ☆☆☆

 我らが Robben Ford 先生、 11 月に来日あそばしますッ ♪♪♪ 
拍手〜〜 !!!


 もォッ、三年半のお見限りじゃん ? ( 怒 ) …… ってゆーか実は昨秋 『 渡辺貞夫 』 御大
のツアー・メンバーで来てたんですよ、東京。
しかし何たって世界の 『 ナベサダ 』 じゃぁ、情報知った時にゃ無論 Sold Out !!
そらそーだろうさ、と涙を飲んだワケです。
その時からすると、凡そ一年ぶり ?


 情報源は、我が弟のような “ 音楽ライター ” 『 I 』 君 ♪
予てより、 Robben のことでは多大なお世話になっており。
恩に着てま〜す、 I 君 ( 平身低頭 ) 。


 彼のメールによれば日程は、

南青山 『 BLUE NOTE TOKYO 』 11 月 14 日 ( 火 ) 〜 15 日 ( 水 )
丸ノ内 『 COTTON CLUB 』     11 月 17 日 ( 金 ) 〜 19 日 ( 日 ) 
                                各々 2 セット。


 同行メンバーは、

  Casey Wasner( g.vo. )
  Ryan Morado ( b.)
  Derrek Phillips ( ds.)


以上、浅学にして存じ上げない方々ですが …… 。



 いゃそれにしても、懐かしいなァ〜 、ライブハウス。
かつて何度か出向きました、 Robben に逢いに。
因みに我が家的には、丸ノ内が断然便利。
だって “ 東京駅から徒歩数分 ” の、アクセス抜群〜 ♪
1 st Set を選べば、新幹線で “ 『 大阪 』 日帰り ” すら可能 ! 
( 現にソレ、やってのけた音友が複数いました )



 さぁ兎に角、 19 日の予約開始までに Venue と日にちを決めなけりゃ〜 ♪♪
嬉しい悩みが出来ましたッ ☆☆☆


  Thank you , Robben 〜〜 !!! 




            KIMG0958.JPG



posted by 美緒ママ at 23:15| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

7 月の Robben Ford


 My 永遠のアイドル = Robben 師匠の直近 ( 先月 ) のライブを YouTube
に見付けました !
暫く飢えてたんで、ビンゴ〜〜 ☆☆☆


 『 SUPERSONIC BLUES MACHINE 』

  : Lance Lopez ( g .vo . )
    Fabrizio Grossi ( b . )
    Kenny Aronoff ( ds . )
    Alex Alessandroni ( kb . )
 with Special Guest 
  : ROBBEN FORD ( g .vo . )


 ……… イカツいおっちゃん達と、ブルーズなロックをやってます ♪
イヨッ、待ってました〜ッ ☆☆


 Live at Callahan´s Music Hall  
         July 13th , 2017 @ Michigan



★ CRAZY

https://www.youtube.com/watch?v=N6FJETIDmkk



★ SUNSHINE OF YOUR LOVE

https://www.youtube.com/watch?v=GfQxIJvCbL8



★ GOOD TIMES

https://www.youtube.com/watch?v=pgQffgd7cd4



★ GOING DOWN

https://www.youtube.com/watch?v=4cg_fTFt_x4



 ルーズなヴォーカルとキレキレのギター・ソロ …… 堪能させていただきました ♪♪♪
Robben 先生、感謝感謝 〜〜 ☆☆☆



             KIMG0961.JPG




posted by 美緒ママ at 02:53| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

立秋 2017


 『 立秋 』 が過ぎました。
今年も秋の ‟ ご飯茶碗 ” が登場です。



         DSC_56130001.jpg


            ★ 窯下窯 豊場惺也 作 『 美濃古染付飯碗 』



         DSC_7391.JPG


              ★ 小林東五 作 『 粉引堅手小碗 』



 この涼やかな佇まいに、依然暑さ去らぬ季節を癒やされたいと思います。
そうそう、秋は ‟ 新米 ” も楽しみですね〜〜 ♪♪
『 立冬 』 までの三ヶ月余り、お世話になります !!



posted by 美緒ママ at 00:26| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

新涼


 夏場とは言うまでもなく、 “ 涼しさ ” の対極にあるシーズン。
なのに俳句の世界では、 『 涼し 』 が夏の季に分類されます。
なぜなら “ 暑い々々 ” 夏なればこそ、 “ 涼 ” を欲する心持ちひとしお !
そのニーズに応えるためです。

 従って “ 涼味 ” を演出する小道具こそ不可欠 ── 就中 『 団扇 』 や 『 扇 』 は時代を
越えた必須アイテムではないかと思う。


 そう知りながらこれまで、 “ My 扇 ” を持たずに来ました。
そこへ思いがけぬ到来モノ ………


         KIMG0977.JPG

  KIMG0972.JPG KIMG0974.JPG

      涼しき癒やし ……… 『 扇子 』 !


 何と菩提寺様から、去る 『 施食会 』 の折の供物でした。
まぁ〜どなた様のアイディアかしら ? モダンでお洒落で〜す ☆☆☆


     袋には、


    KIMG0970.JPG


 「 念ずれば花開く 」 …… 『 善谷寺 』 とのご寺号。


 ありがたく使わせていただきます ♪♪♪



 と言っている間に、候は早 『 立秋 』 、季語も 『 新涼 』『 涼新た 』 と改まりました。
それでも近年は、この先いっそう厳しい季節が待ち構えていますね ( 大汗 ) 。
努々油断無く、用心専一に過ごさねばと思います。



 “ 俳句学習 ” も殊更。 ついついボーッと緊張感を逸して、二度は踏まぬと決めた轍を懲りず
繰り返してるンだもの〜 ( ガビーン ! ) 。
せいぜいカツを入れ直さねば …… な近ごろでございます ( トホホ ) 。




posted by 美緒ママ at 08:00| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

梅干しレポ  去年の書き落とし


 今年、庭の 『 梅 』 の実が不作だったため、生憎諦めとなった茶緒パパの 梅干し ” 作り。
本来ならちょうど、漬けた梅を干し終える頃ですが。
昨年分のレポがまだだったので、遅れ馳せながら記しておきます。



 2016年 ・ 夏、梅雨明けまで塩に漬け込んだ庭の梅を 7 月 29 日 〜 31 日の間
天日干ししました。
ただ、数は二十個も無く、と〜っても少なかったんです。



 7 月 29 日


         DSC_2217.JPG

         DSC_2216.JPG


            初日、 干し ” 終了。



 7 月 30 日


         DSC_2218.JPG

         DSC_2221.JPG

         DSC_2220.JPG


           二日目、干し終了。



 7 月 31 日


         DSC_2223.JPG

    DSC_2225.JPG  DSC_2224.JPG


          三日目、これにて干し完了。 梅干し完成です ♪♪♪



 この時の 梅 ” は現在、冷蔵庫の奥で眠っています。
今のところ 一昨年の梅 ( 二年モノ ? ) ” を食しておりますので。
来年の梅は沢山生るとイイのだけれど …… 。
果たして如何に !?



ラベル:梅干し 日記
posted by 美緒ママ at 16:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

『 茶緒パパのフォト・ギャラリー 2017 / 文月 観蓮 』


 去る 7 月 24 日 ( 月 ) 、茶緒パパ兄弟がお婆ちゃんを 『 ハス見物 』 にお連れ
しました。
わたくしメはパスだったので、茶緒パパ・カメラマンが大活躍〜 ♪♪



      鎌倉は 『 鶴岡八幡宮 』 様。


  P7249989.jpg

                 P7249987.jpg




    青葉隠れに 『 旗上弁財天 』 様のお社も …… 。


  P7249969.jpg

                 P7249949.jpg


                    社殿より広がるのは、ご存じ 『 源平池 』 ♪♪




 嘗ては白 『 ハス 』 の 『 源氏池 』、 赤の 『 平家池 』 と準えたそうなのですが、


  P7249959.jpg

                 P7249977.jpg

  P7249962.jpg

                 P7249964.jpg

  P7249965.jpg

                 P7249950.jpg

  P7249972.jpg


   現在は  紅白 ” 入り混じって咲いているそうですよ ♪♪



       惜しまれつつ閉館となった、旧 『 神奈川県立近代美術館 』 も ……


         P7249974.jpg


           蓮花に囲まれ、静かに佇んでいました。



posted by 美緒ママ at 01:03| Comment(0) | ギャラリー | 更新情報をチェックする