2018年04月18日

庭 & 花壇改造計画 2018  チューリップ ・ レポ その 1 .


 今年もまた、庭に “ チューリップ ・ シーズン ” が訪れ、過ぎて行きました。



 2 月 26 日にまだこう ↓↓↓ だった花壇が、


         P2260435.jpg




 3 月 25 日にはこ〜んなに ↓↓↓ 


         P3250832.jpg 



 ひと月ばかりですご〜いコトになっちゃいました ( 笑 ) 。
因みに今期のチューリップはちょっとした手違いで ( ? ) 、色選びが少々派手過ぎたかも …… ( 汗 ) 。




 ではまず、 3 月 27 日の先駆け 『 チューリップ 』 さんをご紹介 ♪


         P3279377.jpg



         ★ アプリコット・ビューティー ( たぶん ? )
          学名 : Tulipa cv . Apricot Beauty
          科名 : ユリ科 チューリップ属
          ( SE / 一重 早生 中茎 )





 続いて新人さん達が色付き始め、


  P3279381.jpg  P3279397.jpg


               ★ 品種不詳 赤系
                ( SE ? / 一重 長茎 早生 )




  P3279379.jpg  P3279380.jpg


             ★ ラスティング ・ ラブ
              学名 : Tulipa cv. Lasting Love
              科名 : ユリ科 チューリップ属
              ( T系 / 一重 やや早生 中茎ユリ咲き )




 それが、翌28日にはわらわら蕾を挙り ……


   P3289417.jpg
                 P3289419.jpg




    『 アプリコット・ビューティー 』


  P3289401.jpg  P3289416.jpg




    『 赤系 』


  P3289402.jpg  P3289405.jpg




               『 ラスティング・ラブ 』


             P3289440.jpg




               更に続々 ……


             P3289425.jpg


               ★ 紫系 品種不詳
                ( SE ? / 一重 早生 短茎 )




 3 月 29 日になると、かな〜り華やか !!



         P3299467.jpg


  P3299472.jpg  P3299470.jpg

  P3299468.jpg  P3299473.jpg





 3月30日、春の遅い午後の光に透ける花びらが …… 美し過ぎて !!



         P3300857.jpg

         P3300853.jpg

         P3300854.jpg



             心を奪われてしまう〜〜☆☆☆




 ところで、31日に咲き出していた原種チューリップの一番手が ……


            P4019511.jpg


           ★ クルシアナ・クリサンサ
            学名 : Clusiana Chrysantha
            科名 : ユリ科 チューリップ属



 しかし、去年まで辛うじて持っていた 『 サファイア ・ スター ( Albocoerulea 
Oculata ) 』 はとうとう現れず終いで …… 合掌。




 ちなみにこの時点で、大好きな 『 レムズ・フェイバリット 』 ( T系 / 一重 中生 ) とか、
“ ダーク系 ” や 『 シャーリー 』 ( T系 / 一重 中生 ) もまだ色を見せていませんでした。




                          ──── To be continued .


posted by 美緒ママ at 15:56| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

今年の櫻を追いかけて 2018 その 3 . 港南区 〜 栄区 A


 思い切り青葉冷えです。
櫻が過ぎてこの冷え込みとは ? 昼間も寒かったよ …… 。


 今日ほど寒くなかった気がする 3 月 30 日の、櫻レポを続けます。
港南区日限山に構える 『 日限地蔵尊 』 = 高野山真言宗 『 八木山 福徳院 』 様を訪ねた我々。
花吹雪の駐車場に 『 レボちん君 』 を預けて、広い山内をひと通り参拝して回りました。
その後、これまで立ち入ったことのない一画に地蔵堂の案内があったので、伺ってみれば、


             P3300912.jpg



高い所に花を付けた櫻の森を進んだ奥に …… 小さな祠が ! 『 吉岡守護地蔵尊 』 様と仰るの
ですね。


         P3300908.jpg



安置されているのは、更に小さな小さ〜な 『 地蔵尊 』 様 !! 謂れはわかりませんが、
何とも可愛らしい ♪ 初めて参じました。 
合掌し …… 南無地蔵菩薩 …… 。



          参道には可憐な 『 シャクナゲ 』 が。


         P3300909.jpg




 初参拝のお地蔵様へ、ご縁を感謝しておいとました 『 日限地蔵尊 』 様でした。

さぁそれでは、お待たせした 『 レボちん君 』 、帰ることにしましょう。



         P3300903.jpg





 ところで帰路の途上、茶緒パパが思い付いて車を着けたのが、WANSとよくお花見散歩に
出かけた公園。



         P3300915.jpg


         P3300922.jpg




 お馴染みの 『 ソメイヨシノ 』 の他、 『 オオシマザクラ 』 の群生も見事〜 ☆☆
真っ白な花弁が豊かで、佳い香りを漂わす素敵な品種です。



         P3300920.jpg

         P3300917.jpg

             P3300921.jpg





 また、奥まった崖地を雪崩れ落ちるような大櫻も、健在で嬉しかった〜 ♪♪♪



         P3300929.jpg

         P3300926.jpg




 三頭の WAN 達との長い時間を思い出させる、櫻の景色でした。




posted by 美緒ママ at 00:59| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

今年の櫻を追いかけて 2018 その 3 . 栄区 〜 港南区 @


 夜の冷え込みがつのっています。
“ 花冷え ” の候は過ぎてしまったから、今のこんな陽気は何と呼ぶ ? ── “ 青葉冷え ” ?


 その “ 櫻レポ ” ですが、すっかり遅きに失しており …… ( 大汗 ) 。
3 月 30 日 ( 金 ) の 『 レボちん君 』 近場プチ ・ ドライブ ・ レポへ漸く進みます。

 まずは、 WANs のお散歩でも行ったことのある上郷町の ……



         高野山真言宗 『 五峯山 一心院 證菩提寺 』 様


         P3300861.jpg

         P3300862.jpg


         前々から一度は見てみたかった、この櫻の参道 !!


         P3300864.jpg


 真正面に端正な 『 本堂 』 。 ご本尊とされる 『 阿弥陀三尊 』 様を念じて合掌。
…… 南無阿弥陀仏 …… 。



         P3300889.jpg


 参道脇の 『 四国八十八ヶ所 お砂踏み場 』 へもお参り。
『 弘法大師 』 様、漸くこちらの櫻に出会えました。 ありがとうございます !!


 ところでこの日会いに来た櫻は、まだ別にあったのです。
本堂脇を上る細い石階 ……

             P3300867.jpg


その上段の平場には当山の縁者 『 岡崎 』 氏の墓塔を安置、更に 『 琴平神社 』 を祀り
ます。
続いて更に少し上れば、 『 鐘楼 』 を構えた大変広い平場が開けるのです。


         P3300885.jpg


 そして奥に噂の大櫻 !!!


         P3300883.jpg

         P3300875.jpg


 現在 『 霊園 』 を分譲している広大な敷地が、嘗ては豪壮な伽藍の跡地であったのか ?
平場に唯一遺った 『 鐘楼 』 が名残なのかもしれません。


         P3300877.jpg

         P3300876.jpg


           雄大な大櫻に出会え、感謝です ☆



           下段へと下り、

         P3300888.jpg


           謝しつつ境内を戻ります。


         P3300865.jpg

             P3300893.jpg

         P3300892.jpg


          ちょうど、別の参拝客が訪れていました。



         P3300858.jpg


 総門を出た真正面が水辺の公園の櫻 ── 『 ソメイヨシノ 』 を堪能した古刹様でした。




 それでは 『 レボちん君 』 を駆ってもう一山、港南区日限山へ。
高野山真言宗 『 八木山 福徳院 』 = 『 日限地蔵尊 』 様です。


         P3300900.jpg


『 レボちん君 』 の屋根越しに大櫻 …… こちらも 『 ソメイヨシノ 』 でしょうか ?


             P3300895.jpg



           足下に散り敷いて ……


         P3300897.jpg


           ピンクの絨毯 !? 凄かったですッ !!!


                       ──── To be continued .


posted by 美緒ママ at 02:29| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

先月の俳句学習 3 月 第二週 & 第四週 …… and  2018


 昨日 14 日、予定していた 『 藤田湘子記念 小田原俳句大会 』 出席を生憎の都合で
どたキャンしてしまいました。
未体験な会場の雰囲気に、少なからず興味はあったのですが。
世の中、ご縁があれば自ずと導かれるもの。 そういかないのはそもそもご縁が無かった ……
そう弁えることにします。
 なお当大会、何ごともチャレンジ !! と投句した二句中、一句が思い掛けなく “ 選者別 ”
の選に入りました。
未知の選者の視点に触れるのは大事なんだなァ、と実感したところです。



 さぁ、それでは三月の 『 ランドマーク ・ プラザ 』 俳句教室。
当月は平成 29 年十月期の最終月で、今回も “ 型の学習 ” を終えて、自由に詠むことに
なっているのですが。
大抵お定まりの不調〜 ( 爆 ) 。 成果ちっとも上がってませ〜ん !! 
しかし、今のわたくしメには 『 加藤静夫 』 & 『 志田千惠 』 両先生が全てなので、
来期の精進を肝に銘じて !


 第二週 3 月 13 日

 この週は二句を “ 型 ” で、一句を自由な形で詠みました。


  一句目、



   キイボード打つ卒論や春の雪          かいう



 “ 卒論 ” という語を季語の傍題ととらえるか如何で合否が分かれる、と静夫先生。
私自身もその点を確かめたかった。
すると静夫先生、 「 判断は選者によるが、自分であれば “ 季語 ” と捉える 」 と。
ならば、 「 春の雪 」 を使わない表現が求められますね ? 
けっこう好きなテーマなので、鋭意推敲します !


 二句目、



   大股に踏み出す春の夜風かな



 こちらは 「 具体的な景が全く見えて来ない 」 と千惠先生のご指摘。
「 大股 」 か否かは関係無く、何があったとか何処から歩き出したとか、を描くべき、と。
そーですね …… そういった背景を飛び越え集約した 「 大股 」 であり、ま向かう対象へ
「 夜風 」 を象徴化したのですが。
やはり “ 景色 ” が要りますか …… ( 大汗 ) 。


 ちなみに、三句目は自由になりすぎて、初歩的な失態を犯しました。 
改めて用心用心 !!



 第四週 3 月 27 日

 この日を以て、総仕上げとなります。


 一句目は、 



   本門寺子院の松やうかれ猫          かいう 



 まず固有名詞の扱い如何を問われました。
よくある My Pattern なんですけどね ( 笑 ) 。
「 本門寺子院 」 などと厳かな情景に、一体何が出て来るかと思えば !! …… 興奮し捲ってる
猫の喧嘩 !?
“ フェイントめく俳諧味 ” として、静夫先生には受け取っていただけたようで、まずは成功 ?
 とゆーか、ワザとくっつけたのではなく、正に “ 実景 ” を目撃したのだし。
他ならぬ 『 本門寺 』 様は、厳かなイメージと裏腹に日蓮宗のアグレッシブなエネルギーが、
“ 恋猫 ” の生命感を受け止め得る気がして ! 
その不思議な “ 引き合い ” 感を察して貰えたら嬉しいけど。
果たして ?


 続いて二句目、



   一族の墓群に隣る土筆かな



 ここでは、 「 隣る 」 といった説明をせず、 「 墓 」と 「 土筆 」 だけを言えば良い、
とのご指摘、両先生よりいただきました。
じっくり再考せよ、ワタシ !!


 また三句目は訴える内容そのものに問題アリ、 「 別のことを言いましょう 」 と先生方より。
マイナス ・ イメージの句を成功させるのは超々上級者ですね。
ン十年早い、か ?


 とまあ、こんな幕引きでワン ・ クール終了。
在籍三年弱にして、あまり褒められた成績とは言えない ? ( 苦笑 )



posted by 美緒ママ at 01:32| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

花壇改造計画 2018  ひっそりと ?


 今年の “ 櫻レポ ” も “ チューリップ ・ レポ ” もまだまだというのに、陽気はまるで
初夏めいています。
週末からの春荒れがまたも、台風なみだと聞くし ( …… 恐ッ ) 。


 隣花壇にひっそりと 『 オーニソガラム 』 が咲き出しました。
清楚で綺麗な花ですが、どこか控えめとゆーか寡黙とゆーか、取り上げようと思うたびに
時期が過ぎてしまい …… 。
ずっと “ お蔵ネタ ” のままでした。


 でも、あまりに美しかった旧年の画像を載せてみたくて、今年の彼らにオーヴァーラップ !



             P4134901.JPG

             P4134902.JPG

             P4134904.JPG


            ★ オーニソガラム ・ ウンベルツム ( おおあまな )
             学名 : Ornithogalum umbellatum
             科名 : ユリ科 オオアマナ属



 今日明日の嵐に傷んでしまわぬよう、祈るばかりですが。



 ここ数日、朝起きて見る花壇の色彩も夢のようで …… 。



         KIMG2256.JPG


         KIMG2249.JPG




 詳細は後稿の “ チューリップ ・ レポ ” に譲りますが。
最早有終の美となった “ チューリップ・シーズン ” の最終ラインナップがお気に入り過ぎて、
嵐に吹き散らされて終わるのか !? …… と案じれば胸が痛い〜 ( 涙 ) 。


 季節に追いついて行くさえままならぬ故、すっかり諦めのていです。
深呼吸して、ゆっくり進みましょうかね ( 笑 ) 。


 
posted by 美緒ママ at 16:50| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

「 そうだ、日向薬師へ行こう !! 」  Gosyuin Traveller 80


 暴風が止んだというと、再び夏日でした。
春らしい麗らかさは、どこへ行ってしまったのでしょうね ?



 Gosyuin Traveller は再び昨年へ遡り、 4 月 12 日 ( 水 ) 伊勢原市
へのファミリー ・ ドライブ ・ レポです ♪ ────


 10 時 43 分、一家四人で出発。 途中、給油をして。
新湘南バイパスから圏央道へ。 厚木 IC を出て県道へ。
その後山際へ上って行き、12 時 22 分、駐車場に到着したのが、


             高野山真言宗 『 日向山 宝城坊 』 様


         P4128625.jpg


『 日向薬師 』 の呼び名で親しまれている当山は、その昔名僧 『 行基 』 の創建と言われ、
当初 『 日向山 霊山寺 』 と称する大寺でした。
が、歴史の盛衰を経て、元別当坊であった 『 宝城坊 』 様一坊に引き継がれ今に至った由。 


 駐車場より、深い木立の道を辿れば、名残の櫻が頭上を飾ります。


         P4128622.jpg

             P4128620.jpg

             P4128567.jpg

         P4128619.jpg


 この花の季節、境内への道すがら出店もちらほら見かけました。


             P4128621.jpg

         P4128571.jpg


 櫻の許を、まず 『 宝殿 』 の脇から 『 本堂 』 の広々した前庭へ。


         P4128617.jpg
          
   P4128580.jpg

                 P4128579.jpg



                お約束の 『 修行大師 』 様


             P4128594.jpg



                『 虚空蔵菩薩 』 様の祠


             P4128591.jpg


“ 丑寅 ” の守護尊様だけに、 “ 牛 ” と “ 虎 ” が …… ?


  P4128593.jpg  P4128592.jpg



               国重文の銅鐘を吊る 『 鐘堂 』


         P4128589.jpg




 そうして 『 本堂 』 はこの時、七年を掛けた大改修を前年 11 月に落慶したばかりで、
茅葺屋根も真新しく清々しい様子でした。


         P4128585.jpg

         P4128595.jpg

             P4128615.jpg


 堂内、ご本尊 『 薬師如来 』 様へ合掌 …… オンコロコロ センダリマトウギ ソワカ …… 。



 因みに本来のご本尊は 『 日本三大薬師 』 にも数えられ、秘仏として脇の 『 宝殿 』 に
丁重に保管されている由。


         P4128575.jpg

         P4128572.jpg


限られた月日にのみ開扉される 『 鉈彫り薬師如来三尊 』 様故、対面は叶いませんでした。
しかし、その 『 お前立 』 様や眷属の 『 十二神将 』 様、 『 四天王 』 様、他 
『 阿弥陀如来 』 様等 …… 全て国重文のご尊像にまみえた、圧巻のひと時だったのです。
このような山深い古刹に何という眼福 !? ── と驚くばかり。
諸尊を改めて拝み、稀有なご縁に感謝しました。



 と、その後 『 本堂 』 へ戻ってお授かりした御朱印は、


            本尊 『 薬師如来 』 様 相模薬師霊場印

               KIMG2268.JPG


              『 東国花の寺百ヶ寺 宝城坊様 』

               KIMG2271.JPG


                ありがとうございました !!




 なお前庭の真正面よりの石段に気付き、茶緒パパが下りてみると、古来 “ 歩き巡礼 ” の
方々が通って来た正式な “ 表参道 ” のようです。
だいぶ下の方に 『 仁王門 』 が構えているとかで、あ〜、現代人はいけませんねぇ ……
駐車場から簡単に “ 裏道 ” を入って来てしまいました ( 大汗 ) 。


             この鬱蒼たる木立の中を辿って、


             P4128598.jpg

             P4128600.jpg



               漸く階段を上り、


             P4128602.jpg

             P4128604.jpg

         P4128605.jpg


        パァッとひらけた視界の真正面に 『 本堂 』 を見た時、


         P4128597.jpg


          巡礼者の感動は如何なるものだったでしょう ?




 想像を膨らませつつ、 13 時 30 分、駐車場をおいとまです。
帰途は往路をほぼそのまま逆行し、 15 時頃 遅ランチして帰宅した一日でした。 



posted by 美緒ママ at 01:49| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

今年の櫻を追いかけて 2018 その 2 .  泉区〜 A


 少々とびましたが、櫻追いかけレポ、同泉区から戸塚区へと続きます。


 泉区岡津町、 13 時 50 分に着いたのが、


             浄土宗 『 亀鶴山 一心院 西林寺 』 様


             P3280689.jpg

         P3280690.jpg



 ご存知、界隈の櫻名所〜 ♪♪♪
昨年二度伺い、今年も二度目。 過日一度、咲きかけの櫻を見ましたっけ。
今日こそ真っ盛り〜 !!
 とは言え 『 ヒガンザクラ 』 と同系の 『 シダレザクラ 』 はピークを過ぎ、参道脇の
『 ヤエベニシダレ 』 は五分程。


             P3280726.jpg
          P3280727.jpg


 しかし、参道下の駐車場から立ち上がる 『 ソメイヨシノ 』 の巨木がほぼ満開で、実に
“ ひと目四種 ” という絶景〜〜 ☆☆☆☆
 駐車場もほぼ満車、とゆー盛況ぶりでした ♪



         P3280728.jpg

  P3280708.jpg  P3280714.jpg

             P3280713.jpg



 枝垂れ降りる花房を潜って 『 本堂 』 へ参り、今年も “ 花御堂 ” の 『 誕生仏 』 様へ
甘茶を。 併せて 『 本堂 』 のご本尊 『 阿弥陀如来 』 様共々拝ませていただきました。
…… 南無阿弥陀仏 …… 。


  P3280712.jpg  P3280711.jpg



 お花見の参詣客様達と境内の花を愛でていると、本堂脇の見慣れぬ櫻に気付きました。


         P3280719.jpg

  P3280716.jpg  P3280720.jpg


『 ヤマザクラ 』 に似て開花と同時に開いた新葉。しかしそれが赤味を帯びず、花柄も咢も緑 !
真っ白いまどかな花容と相俟って美しい。
嘗て見た 『 オオシマザクラ 』 とも異なるような ?
── 貴女はどなた ? ── 謎解きが増えました。


 と、何やかんやで 14 時 12 分頃においとま。 お邪魔しました〜〜 ♪




 漸く帰途についた道すがら、もう一刹、気になっていた櫻スポットへお寄りすることとなり。
14 時 35 分頃着いた戸塚区戸塚町、


        時宗 『 富塚山 親縁寺 』 様


    P3280730.jpg

                 P3280766.jpg

    P3280765.jpg


 武家屋敷めく築地塀に雪崩れる櫻 ── 過年見かけて気になっていた景色。
この日漸く伺えたのです !


         P3280731.jpg


         格調ある山門よりお邪魔すると、真正面に 『 本堂 』 。


         P3280736.jpg


     時宗のご本尊 『 阿弥陀如来 』 様へ …… 南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏 …… 。



 境内はこじんまりながら、様々な花木・草花に彩られた前庭。
折から庭師さんがお仕事中でした。 お陰さまで良き植栽が保たれるのですね。



 因みに境内には色々なスポット。 順次巡ると ……


                 『 熊野権現社 』 様


             P3280760.jpg

         P3280750.jpg



               『 花塚 』 奥には 『 鐘楼 』。


             P3280737.jpg

         P3280754.jpg


              『 ヤエザクラ 』 がほころんで。



                 更には 『 地蔵堂 』 。


             P3280748.jpg

          P3280744.jpg


               背後の櫻が …… 『 筆塚 』 にも掛かって。


              P3280743.jpg



              大きな 『 哲善地蔵 』 様と櫻 ♪


  P3280735.jpg  P3280762.jpg



              『 戸塚七福神 』 の 『 福禄寿 』 様


             P3280761.jpg



 また 『 本堂 』 より廊続きに 『 釈迦十大弟子像 』もお祀りされ、合掌 !

 依然熱心にお手入れ中の庭師さんへご挨拶し、 50 分頃おいとました 『 親縁寺 』 様。



 思いがけぬ春暖となったこの日、皆で冷たいおやつをいただきに寄り、 15 時半頃
帰途に着いたのでした。



posted by 美緒ママ at 16:47| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

花祭  2018


 二十四節気の 『 清明 』 は “ 清浄明潔 ” の意と言われ、清々しく明るい春の陽気が
始まる頃、といった季節感を表す由。
陽暦では凡そ 4 月 5 日辺りで …… しかし今年は、時ならぬ夏日から急な寒戻り、更に
暴風と翻弄された時期でしたね。



          P4080988.jpg



 が、そんな荒れ模様も過ぎ、少しひんやりながら穏やかな日和になった今日。
4 月 8 日 ── 『 花祭 ( or 灌仏会 ・ 仏生会 ・ 降誕会とも ) 』 、すぐそばの菩提寺
『 正翁寺 』 様へお参りに行きました。


P4084877.jpg P4080981.jpg

         P4080982.jpg



 開け放たれた本堂正面に、花御堂の 『 誕生仏 』 様。


         P4080985.jpg



 ご先客の “ 地元マダム ( ? ) ” 様お二人と入れ替わりに、向拝より上がらせて
いただきました。
赤い蝋燭に灯し焼香、可愛らしいお像に甘茶を注いでお祝いです。
目出度し〜〜 ☆☆☆


          P4080984.jpg



 併せて、堂奥のご本尊 『 虚空蔵菩薩 』 様へも合掌。
読経を奉じていると、偶然若梵妻様が赤ちゃんを抱いていらしたのでご挨拶。
色々お話しさせていただきました。
「 甘茶、よろしかったら召し上がって下さい。今年は八女から取り寄せています 」 と。
わァ、有名な九州のお茶どころからですか ?
甘茶も産地なんですね ♪



 ところで気になっている、移転された 『 石仏 』 様と覆い堂。
お披露目予定を訊ねると、月末 28 日か 29 日らしいとのこと。
Oh〜 !! それは楽しみです ♪♪♪
また、レアなるご法要に接することが出来ますね。


 さてお話しているうち、新たな参詣客がおみえになり …… ご挨拶すると、旧知の K 夫人 ♪
「 お久しぶり〜 」 とお話しも和みました。



 帰りがけ、建築中の覆い堂を拝見し、


         P4080987.jpg

         P4080990.jpg



 K 夫人と連れ立っておいとま。

ご本尊様、誕生仏様、若梵妻様、そしていつもの薬師如来様、ありがとうございました !!



             P4084879.jpg



posted by 美緒ママ at 23:21| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

今年の櫻を追いかけて 2018 その 2 .  泉区 @


 暴風続きで、遅咲き櫻も一気に散り尽くしそうですが …… 。


 去る 3 月、巷が “ お花見モード ” に沸きたっていた 28 日 ( 水 ) 、満を持して
出掛けた、 “ お婆ちゃん遊山 ” のお花見ファミリー・ドライブ〜 ♪♪♪

 12 時 10 分頃、弟クンの車で出発。
環状 4 号を原宿交差点経由、まずは泉区上飯田町の櫻スポットへ。


 13 時頃到着したのが、


             日蓮宗 『 法華山 本興寺 』 様


         P3280627.jpg



 車を降りたこの 『 山門 』 前で偶然ご住職様にお会いし、ご挨拶。
すると 「 これから結婚式がありましてね 」 と。
Oh〜 ! 仏前結婚式ですか ♪ いいなァ〜 “ 仏前式 ” …… 実はマジ憧れてたンですよ !
アハハ、昔から “ お寺好き ” だったのね〜 あたし ( 笑 ) 。
 ただし現実には、親に却下された。
「 ふつーに神前じゃないと、親戚筋に体裁が悪い 」 みたいな理由でッ ( 怒 ) 。
なるほど、システムにしても衣裳にしても基準は概ねソコか !!
年嵩の親戚筋へ “ 見せ物 ” なんだな …… と改めて思い知る。
今とは違い、まだまだそーゆー時代だった …… って、もとい !
個人的感慨は置いといて ( 苦笑 ) 。


 ご住職へ、 「 お参りと櫻の拝見にうかがいました 」 と申し上げると、
「 あぁ、どうぞどうぞ 」 とにこやかに。 
多分、少し離れた 『 信徒会館 』 とかでもなさるのか …… 後ろ姿を見送った後、門内へ
お邪魔しました。


 さぁそれでは、 山門より中へ ♪
すると、期待を裏切らぬ景色〜 ☆


         P3280629.jpg


この櫻の枝振り ! ── 『 ソメイヨシノ 』 よね ? 花時はさぞかし、と想像してたんです。
まさに 「 これぞお寺 !! 」 な風格・佇まい ☆☆
この枝ぶりあってこその “ 風情 ” ってもんでしょう。


         P3280644.jpg



           ふり仰げば、古木の貫禄。
          内から眺める山門に …… これまた素敵 ♪♪


         P3280637.jpg

         P3280640.jpg



 尤も、楽しみだった門内の 『 シダレザクラ 』 には少々早かった ?
僅かに咲き出した蕾が 『 ヤエベニシダレ 』 と証しています。
嗚呼、また来てみたい …… ソソられるなァ。




           それでは肝要の 『 本堂 』 向拝にてお参り。


         P3280633.jpg


      『 日蓮上人 』 様へご縁を謝しました …… 南無妙法蓮華経 …… 。




 山門脇の駐車場に戻りながら、境内裏手への道の 『 ソメイヨシノ 』 に誘われれば、
見事な花の天井 …… !!


         P3280647.jpg

         P3280651.jpg



 おや ? 更に進むと、咲き始めた 『 ヤエベニシダレ 』 の続く道 !?
今は殆ど蕾ながら、来週頃には見頃 ? …… な超 “ 隠れスポット ” じゃないですか ?
( しかも 『 東海道新幹線 』 見物スポットでもあり ! )
「 これはリピート確定だね ? 」 と納得した次第。 
必ずや再訪を期して、 13 時 15 分頃おいとましました。




 続いて向かったのが、同区新橋町。 13 時 25 分に到着の、


              曹洞宗 『 阿久和山 観音寺 』 様


         P3280685.jpg


 こちらが 『 仏殿 / 釈迦堂 』 。 去年、美緒ママ & 茶緒パパでお花見参りの折にも
拝しました。 堂内に本尊 『 釈迦如来 』 様、 『 釈迦涅槃像 』 様を祀る由。
今年はお婆ちゃん一行をご案内 ……


          P3280686.jpg


          上段のシンボルツリー、 『 ベニシダレ 』 へ。


         P3280657.jpg 


    Oh〜 !! 去年と変わらぬ見事な樹容〜 ☆☆ 今年も会えて嬉しい〜 ♪♪♪



 目の前が 『 本堂 』 。 こちら様へも、昨年同様参拝。
『 鎌倉郡三十三観音霊場 』 第二十三番 札所本尊の 『 観音菩薩 』 様は堂内にお祀り
されているそうです。


         P3280666.jpg


           本堂向拝より合掌 …… 南無観世音菩薩 …… 。



        ほっとして眺めれば 『 シダレザクラ 』 が頭上に広がり、


         P3280671.jpg



   下段の 『 仏殿 』 の屋根に掛かる 『 ベニシダレ 』 の花房が、今年も晴れやか !!


         P3280672.jpg

         P3280677.jpg

             P3280679.jpg

             P3280683.jpg



         またの年もきっと伺えますように …… と念じる美しさでした。



         P3280687.jpg


     前庭の整った佇まいの 『 観音寺 』 様、名残惜しみつつ 13 時 46 分頃
    おいとましました。



                        ──── To be continued .


posted by 美緒ママ at 17:32| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

『 2018 バブリー・アマリリス成長記 』 3


 こまめなレポがなかなか続かない バブリー ・ アマリリス 『 アフロディーテ 』 嬢。
前レポより、また一週間余りが経ってしまいました ( 汗 ) 。



 4 月 2 日 ( 火 ) 、あまり目覚ましい変化に、茶緒パパが撮影したところ、


  P4029576.jpg  P4029579.jpg


   37 .5 cm まで伸びていたんです !!



さらに三日後 …… 4 月 5 日 ( 木 ) 。


             P4059623.jpg


            蕾の力が苞を破いて、抜け出ようとしています。


  蕾の数はどうやら少なそうですが、存分に咲いてくれればな、と願っているところです。



posted by 美緒ママ at 01:53| Comment(0) | アマリリス | 更新情報をチェックする