2018年02月02日

カフェオレ色


 二月に入って、初っぱなから夜の雪でした。
翌朝警戒レベルですって !? …… またかァ〜 ( 泣 ) 。


 明けて二日、うっすら雪景色。 昼も、まだチラチラしてた。
されど出掛ける用件 …… しゃーないな。

 せめて暖かな眼福を ── 指先の “ Warm tone ” ( はぁと ) 。


           KIMG1775.JPG



 1 月 26 日、鎌倉のネイルサロン 『 bird 』 にて。
一時休職前の My ネイリスト 『 ユカ 』 さん施術の ……


           KIMG1778.JPG


 大人な “ カフェオレ ” カラーに、さりげなく光る銀色丸環スタッズ ☆


 “ 甘さ押さえめ ” 好きな My テイストを、よ〜くおわかりでいらっしゃる。
大好きなカラーと癒やしの時間を、いつもありがとうございま〜す ♪♪


 『 ユカ 』 さん、お世話になりました。
暫しお仕事を離れられますが、またのご復帰をお待ちしていますね ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 23:49| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

庭 & 花壇改造計画 2018  ぬかよろこび ?


 この大寒波の最中、 My 元気のモトの球根達 ♪


 まず鉢植えの 『 Muscari Azureum 』 さん
健気に頑張ってますね〜 。
 KIMG1763.JPG KIMG1765.JPG




 花壇の 『 チューリップ 』 さんもこ〜んな気の早さ
 ── Early 系のどなた様 ?


     KIMG1768.JPG      KIMG1769.JPG


                         周囲にはこれくらいの子が大勢。
                       新入りのレッド系さん ? or ダークレッドの
                       『 Lasting Love 』 さん ?
                       何れにしても大歓迎よ〜 ☆
                       くれぐれも凍らずに乗り気っておくれ〜 !!



 加えて、大好きな 『 原種チューリップ 』 の鉢もずいぶん賑やかで。
蒼い瞳の 『 サファイア・スター 』 さん、何処かに紛れてるかな ? …… 大かたはポップな
『 クルシアナ 』 チームに違いない ♪


   KIMG1756.JPG
                 KIMG1755.JPG



 ところがそのド真ん中、どう見たって様相異なる発芽 !? 


         KIMG1753.JPG

               KIMG1750.JPG



 へ ? 『 Scilla Campanulata 』 系 ? …… え〜 ? 植えてないだろーが
…… と記憶を手繰ったところ、


               KIMG0311.JPG


一昨年暮れだよッ ! ダメ元で植えた見切りセールの球根 ── 『 English Bluebell
( Hyacinthoides non - scripta ) 』 じゃないッすか ?
まさかと思うけど …… だって去年は全く音沙汰無しで、てっきりお亡くなりと思うじゃん ( 涙 ) 。
ソレが ? 一年を経て蘇生したってこと ? そんなんアリ〜〜 !??


 ま、何が伸びてくるかはまだ謎ながら ( 汗 ) 。
屈強な在来種 『 Spanish Bluebell ( S . Campanulata =
Hyacinthoides Hispanica ) 』 だとしたら ?
いゃいゃ、どーやって忍び込んだか考え難いし。
ここはひとつ、 『 English ── 』 の方だッ ♪♪♪ 、と “ ぬかよろこび ” しとき
ますかね ? ( 苦笑 )  




 一月が終わろうとするこの季節、 25 日は初代 WAN 『 麗生 』 嬢の命日が密やかに
追悼され、 28 日の Robben 記念日 ( 私だけのネ …… 萌えッ ♪ ) には約束の如く
『 Snow Drop 』 が花を付けてくれた。


         P1317612.JPG



 さぁて、これからどんな二月が訪れるんでしょうね ?



posted by 美緒ママ at 23:40| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

Gosyuin Traveller 55  その 2 .


 昨日は、寒波続きの割に昼の陽射しが暖かく、サボっていた鉢植えの水遣りをしました。
気付けば、鉢にも花壇にも芽吹きが盛ん ! 球根植物は大水飲みだしね。
 しか〜し、こんな寒いのに、早々出て来ちゃってダイジョブかーい ?
朝晩の急激な冷え込みで、芽が凍ったりしないんだろーか !?
ちょっとハラハラしながら、見守っています ( 苦笑 ) 。



 さて、Gosyuin Traveller は大船レポ続編へ !! ────

 植木界隈の散策、『 久成寺 』 様を出た後、県道向かいの高台の大銀杏に導かれて。
この季節、黄金に際立つ銀杏大樹は大抵、古いお寺だったりする ( …… のかな ? )。


             PB277029.jpg



     目指してみたこちら ……


           真言宗大覚寺派 『 城護山 明王院 圓光寺 』 様


             PB277026.jpg

             PB277033.jpg



     長い石段の上に 『 本堂 』 。 ご本尊は 『 不動明王 』 様をお祀りとか。


          PB277027.jpg


           折からご法要中の気配のため、静かに参拝。
           次いで右手の 『 薬師堂 』 へも。


         PB277031.jpg


『 行基 』 作と伝わる 『 薬師如来 』 様が 『 十二神将 』 をしたがえ祀られておいでだ
そうです。 合掌。
…… オンコロコロ センダリマトウギ ソワカ ……
ありがとうございました。


 当山は、往時 『 玉縄城 』 の初代城主であった 『 北条氏時 』 公がその城内に創建した
ことに始まります。
以前訪拝した 『 龍宝寺 』 様同様、さすがに 『 後北条家 』 息掛かりの地域ですね。

 また改めてお伺いいたします。




 それでは県道に戻って帰途を辿りつつ、もう一刹お寄りしましょう。
やはり銀杏の美しい ……


             PB277034.jpg



            浄土宗 『 玉縄山 珠光院 貞宗寺 』 様


         PB277038.jpg

             PB277039.jpg


 『 本堂 』 へお参り。 扉の内にはご本尊 『 阿弥陀三尊 』 様。 
            …… 南無阿弥陀仏 ……


 “ 梅の寺 ” と謳われ、以前もお伺いしました。
長閑な癒やしの空間です。 ゆったりした境内に堂宇や墓域。


         PB277035.jpg

         PB277040.jpg

         PB277041.jpg


           名残の冬紅葉が赤々と。



 当山は先刻の 『 久成寺 』 様共々、 『 徳川家 』 にご縁を持つ古刹様。
二代 『 秀忠 』 公ご生母の母堂 『 貞宗院 』様が往年大奥で 『 家康 』 公の信頼を得た
ことから、隠居所にあてがわれ、その遺言にて廟所となした寺です。
その墓所は 『 御霊屋 』 として供養されています ( 非公開 ) 。


 また 『 地蔵堂 』 のお地蔵様も、霊験を敬われていらっしゃいました。


          PB277045.jpg



 境内ではちょうど法要後だったらしく、檀家様と墓地の方に、お出ましのご住職へご挨拶。
お邪魔させていただきました、ありがとうございます !



 遅い午後の日が翳り、おいとまする頃には、おや ? …… 怪しげな空模様。
何と雨が降りだしてしまったんです。 予測無く、傘も持っていなかったため大慌て !!
遂には晩秋の雨に冷えながら、バスを待つ顛末となりました〜 ( ため息 ) 。




posted by 美緒ママ at 01:39| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

晩秋の大船へ …… 2016  Gosyuin Traveller 55  その 1 . 


 二月が近付き、昼間の陽射しは明らかに “ 日脚伸ぶ ” 趣きですが。
しかし寒波はひと際 !
あと一週間もすれば 『 節分 』 …… 『 立春 』 も目の前だのにね。
実のところはまだまだ、これから “ 櫻どき ” を迎える頃まで寒さやインフルと対決です !!



 さて Gosyuin Traveller , 年の初めに古い話もナンだけれど、一昨年
11 月 27 日 ( 日 ) の大船エリア ・ リベンジ編へ遡ります ♪ ────

 かの日は曇って晩秋のらしい肌寒さだった …… かな ?
JR 大船駅を降りて茶緒パパと二人、鎌倉市岡本のこちらへ再訪。



               曹洞宗 『 佛海山 大船観音寺 』 様


   DSC_1916.JPG   DSC_1918.JPG


 入り口から長い坂道を登りつめ山門へ、そして奥の、高台におわすご本尊 『 白衣観音 』 様へ。
寺僧様ご不在だった同年五月の初訪問以来、およそ半年後再びご縁を得たのです。
やっと再訪叶い、改めてゆっくり仰いだ 『 観音菩薩 』 様のたおやかな佇まい ♪


             PB276990.jpg


                …… 南無観世音菩薩 ……



 実は夜間のライトアップ姿が、子供の頃から苦手だったので、正直意外。
本当は穏やかな面差しでいらっしゃる。

 巨大なお像の周囲を回り、胎内のお堂へも参拝。


             DSC_1923.JPG



 その後、秘仏の 『 観音菩薩 』 様を祀る 『 慈光堂 』 も参拝。


         PB276994.jpg

             PB276993.jpg


                …… 南無観世音菩薩 ……




           それでは、二度目のアプローチで拝受叶った、


                 本尊 『 白衣観音 』 様

               KIMG1556.JPG


                ありがとうございました !!




 観音様の山を下りると、隣町 = 玉縄の真言宗大覚寺派 『 聖天山 歓喜院 玉泉寺 』 様
へも再訪。
ご本尊 『 不動明王 』 様を 『 本堂 』 向拝扉越しに拝ませていただきました。 合掌。




 何となくお散歩しようとゆう感じのこの日は、県道 302 号線を藤沢方向へ暫く進んで、
植木のこちらへ、


              日蓮宗 『 光圓山 久成寺 』 様


         PB277024.jpg

         PB277001.jpg



            『 山門 』 を入って、


         PB277017.jpg

             PB277013.jpg


              『 日蓮上人 』 様尊像へご挨拶。

                …… 南無妙法蓮華経 ……




                 傍らに 『 十月櫻 』 ?

              PB277020.jpg

    PB277021.jpg


 併せて前庭には櫻 ・ 枝垂れ櫻の佳き枝ぶりも魅力的でした ♪
駐車場完備のこちら様は、 “ 櫻スポット ” として是非々々マークしとかなきゃ …… って、
目的はソコか !
嗚呼 『 日蓮 』 様、不純な動機お許しを〜。櫻の頃、是非またお参りさせて下さい ♪




           それでは 『 本堂 』 へと、冬紅葉の石段を。


         PB277018.jpg

             PB277004.jpg

         PB277011.jpg

         PB277006.jpg


            向拝にて改めて …… 南無妙法蓮華経 ……



 お参りするに 『 三つ葉葵 』 の御紋を掲げる立派な佇まいは、『 徳川家 』 とのご縁の
由緒ある一山とのことです。
ありがとうございました。 またお参りさせていただきます。



                         ──── To be continued .



posted by 美緒ママ at 00:24| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

書店クルージング  “ 球根植物のいざない ”


 強力な寒波と 「 インフルエンザ猛威 」 のニュースにすっかりビビッてしまい、もう
大雪の最中でもないのに 「 不急の外出は避けよ ! 」 モードに陥っております ( トホホ ) 。
しかしそんな中では殊更、 “ 春への希求 ” がつのるもの。



 過日 “ 俳句教室 ” の後 『 ランドマーク・プラザ 』 の書店を徘徊していて、見つけた
とても美しい写真本 ……




  『 BULBOUS PLANTS バルバス・プランツ ── 球根植物の愉しみ ── 』

    出版 ( 株 ) パイ インターナショナル
    著者 松田行弘 

 ★ https://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4968




 当節人気上昇の ( ? …… 就中マイ・ブームでもあるところの ♪ ) “ 球根植物 ” の魅力を
解説し、その豊富な品種から育て方のポイントまで網羅した超洗練の園芸書です。
なかなか立派な装丁で、衝動買いは控えたのですが …… 。
実用書とゆーより、もう、見ているだけでうっとりする癒やし本かも?
暫し没入〜〜 !! ( 笑 )



 今も、 Amazon で 「 ポチッ 」 してしまいそうな衝動に駆られてます。
…… アブナい、アブナい !!



 著者 『 松田行弘 』 氏はフランス流の自由で無理の無いガーデニングを提唱。
その普及のため、東京自由が丘に店舗 『 BROCANTE 』 ( 園芸プランニング・施工、
及びフランス・アンティーク家具取り扱い ) を立ち上げた方。 
同時にガーデニング関係著書も幾つか !
思わず手を出してしまいそうなお洒落さに、焦る〜 ( 苦笑 ) 。


 嗚呼、 「 身辺にモノを増やすまじ !! 」 が鉄則というに …… 。
ううう …… 誘惑多過ぎ〜〜ッ ( 泣 ) 。



posted by 美緒ママ at 02:17| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

初詣 第二弾 2018  Gosyuin Traveller 115


 先週来、寒波 〜 積雪 〜 寒波、と例年以上に翻弄されていますね。
当地も予報に違わず、ン年ぶりの大雪に見舞われました ( ガーンンン ) 。
尤も我が家はお陰さまで、大禍は免れましたが …… 。
雪害に遭われた皆様の早いご復旧、切にお祈り申し上げます !!



 さて Gosyuin Traveller は 1 月 15 日 ( 月 ) 、 “ 初詣 第二弾 ” レポ
へ参ります ! ────

 この日 11 時 15 分に出発した、一家四人のファミリー ・ ドライブ。
途上一ヶ所の立ち寄りを経て、 12 時 35 分、駐車場に到着した ……



              相模國一之宮 『 寒川神社 』 様


             P1150636.jpg




 “ お婆ちゃん連れ ” の恒例で、第三駐車場から近い入り口へ。
『 手水舎 』 にてお清めし、境内へ。

 まずは 『 納札所 』 へ旧年のお護り ・ 破魔矢等をお納め。
その後、参拝です !



        『 神門 』 …… 今年はこういう “ ねぶた飾り ” でしたか ♪


         P1150625.jpg


                  一礼して ……



                  『 御社殿 』 へ。


         P1150626.jpg

         P1150628.jpg


         一家夫々に、二礼 ・ 二拍手 ・ 一礼。 感謝と祈願を !!




          そうして 『 授与所 』 にて新たな “ 破魔矢 ” 等を ♪


          KIMG1744.JPG




 続いて美緒ママは一人、特設 『 朱印所 』 へ。
せっかくお正月毎に伺ってるので、記念に授かることにします ☆彡
綺麗な巫女さん ( ? or 女性職員さん ) がお揃いで、受け付けていました。



                  『 寒川神社 』 様

               KIMG1743.JPG


                ありがとうございます !!



 参拝後には、こちらも恒例の縁起物 ── 『 八福餅 』 を求めました。 例えるに、かの有名な
伊勢の 『 赤福 』 のようでなかなか美味しいですよ〜 ♪♪♪


 とゆーところで、定番の 『 寒川神社 』 初詣を終了。
でも美緒ママ、実はもう一ヶ所目的がありました。
早速お電話 …… すると運良く 「 OK ! 」 だったのが、『 寒川神社 』 様、三の鳥居外の
向かい角に構える、元別当寺様です。
実はこれまで二度お寄りしていて、生憎ご縁が無く …… ( 涙 ) 。
今回三度目の正直 !?
お電話口で 「 どうぞ 」 と応じていただけて、ワクワク向かいました〜 ☆



     高野山真言宗 『 霊信山 西善院 』 様


    P1187394.jpg

                 P1187395.jpg


     三度目の 『 本堂 』


    KIMG1736.JPG


 ご本尊 『 木造阿弥陀如来坐像 』 様をお祀りです。 
さらに同堂内、嘗て廃寺となった旧 『 薬王寺 』 様の 『 相模国高座郡南部地蔵二十四ヶ所霊場 
第十四番 』 本尊 ( 『 木造地蔵三尊立像 』 様と 『 胎内地蔵尊 』 様 : 共に町重文 ) 、
旧 『 中之坊 』 様の 『 同霊場 第十五番 』 本尊 ( 『 地蔵尊 』 様 ) 、さらには
旧 『 神照寺 』 様本尊 ( 『 木造如意輪観音半跏像 』 様 ) を移管 ・ 安置しておられます。
拝観は出来ませんでしたが、尊いご由緒に …… 合掌。



 境内では改めて 『 弘法大師 』 様尊像へ …… 南無大師遍昭金剛 …… 。


   P1187397.jpg    P5315562.jpg


                   もう一体の 『 握手大師 』 様へもご挨拶。ありがたく
                  “ 握手 ” をさせていただき、この日のご縁を謝しました。




 ところで当院参拝、最大の眼目といったら実は、 『 相模国準四国八十八ヶ所霊場 』 の
第六十二番 ・ 七十三番本尊 『 弘法大師 』 様です ( 各々、旧 『 薬王寺 』 様、と
旧 『 神照寺 』 様より移管 ) 。


         KIMG1730.JPG


        可愛らしい二体のご尊像へ合掌 …… 南無大師遍昭金剛 …… 。

 お労しくも最早一部は失われてしまったという、この霊場の素朴な石像。 お尋ね出来るうちに、
一ヶ所でも多くご縁を結びたいと念じています。
『 相模霊場 』 なれば、我が生まれ育ちに最も親いお札所ですもの !!



 お参り後庫裏玄関へ御朱印を請いますと、梵妻様 ( ? ) 、 「 お電話下さった方ですか ?
わざわざ恐れ入ります 」 と丁重にお迎え下さいました。
こちらこそ、お手数お掛けします。



     拝受の御朱印は ……


         本尊 『 阿弥陀如来 』 様  高野山真言宗 相模霊場印

               KIMG1740.JPG


            念願叶いました、ありがとうございます !!



 境内塀際の古色ゆかしい石仏様方にも癒され、おいとました 『 西善院 』 様でした。


      KIMG1733.JPG    KIMG1734.JPG




 さてさて、駐車場で待つ一行の車へ駈け戻ったのが 13 時半頃。 以降恙無く帰途についた
初詣 第二弾 でありました。




posted by 美緒ママ at 23:56| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

☆☆ 花むすび膳 ☆☆  その 2 .


 『 花むすび膳 』 at 『 an‐nei 安寧 如意庵茶寮 』 レポ、続編参ります。


 三ヶ月待った “ 癒やしのランチ ” は ── お約束の京都 『 柳櫻園 』 の 『 焙じ茶 』で
幕が上がったわけですが。


         KIMG1711.JPG


ん〜 、これこれッ、九月以来だわァ ♪♪
香りと味の濃さ …… さりながら雑味も渋みも無い ! 爽やかな風味だけが残ります。


 …… 浸っているうちに、各テーブルへ “ 点案 ( お品書き ? ) ” とお膳が運ばれました。
設えは先回同様、黒塗りのシンプルな角盆に朱塗りの皿小鉢、焼締向付、他磁器やガラス器。



             ぱっと見にも美味しそう〜〜 ♪♪♪


         KIMG1712.JPG



            しかも ! 私の膳には 『 椿 』 がひと枝、


         KIMG1714.JPG



            茶緒パパの方には 『 臘梅 』 の枝が〜 ☆


         KIMG1713.JPG



 あ、前庭の奥、いっぱ花を付けた臘梅の大木が見えますね ♪
関係の方しか入れない位置だから、その芳香はさぞかし ?
あちらから、日々のお膳にいただくのかしら ?
また、椿や山茶花も山内に沢山咲いていました。




        お品書き …… 『 平成戊戌睦月十三日 花むすび膳点案 』


         KIMG1710.JPG



 朱の塗りに盛られたのは、

 一、黒豆ご飯

 餅米でしょうか …… 紅くないお赤飯のようで美味しい ♪
たっぷり盛られてましたが、茶緒パパお代わりもいただく。
私は、残念ながら諦め。


 一、菜げんちん汁
 
 禅門お約束の 『 けんちん汁 』 。発祥は 『 建長寺 』 様ですが、たぶん諸寺独自の
工夫が有る ?
こちら様は青菜に豆腐、松の実 ( ? ) をちらり。
醤油とゆーより味噌めく味付け ? 加えて微かな胡麻油感と、謎の薬膳味が特長 !
「 何のスパイスだろ〜 ? 」 と茶緒パパ、毎回疑問符。
でも何でもイイや、慈味深くて美味しいもの ♪♪ 
私はこっちの方をお代わりしたかった ( 笑 ) 。


 一、胡麻豆腐

 コレぞ真っ先に箸が向く、禅門の定番ですね !
間違いのない美味〜 ☆☆
家庭では不可能な丹精の賜物でしょう。


 さてここでちょっと、小皿の逸品に触れておきます。

 一、沢庵

 お初にお目にかかりました ♪ たまさか先回メニューには無かったので、期待大。
ほぉ〜、裏切らないお味でした !
甘さの無い、塩漬けの超シンプル “ 沢庵 ” ? されど奥底にじんわり旨味 ☆☆
ご住職テイストだとしたら、やっぱりただ者ではいらっしゃらないと判明。

 いゃ〜〜 、上記の “ 一汁一菜 ” とこの沢庵だけで、十二分に御馳走ですワ ♪


 ついでにもうひと品のお漬物が、

 一、浅漬け

 ガラス小鉢のこちらはサラダのようにフレッシュな、蕪の浅漬け。
あっさり瑞々しさが身上。


 では再び朱塗り椀の、

 一、開運包み

 いかにも和食の優しい味付け。 お揚げの中に春雨やら野菜やら、色々な素材が細々
詰まって、煮含められてます。


 焼締向付けには主菜、

 一、山芋フライ

 ひと口 …… ほほぅ、牡蠣フライの “ 擬き ” かな ?
なかなかボリューミー。


 一、南瓜いとこ煮

 醤油を用いない ( たぶん ? ) 上品な煮物。 控えめな出汁と清々しい甘さ ♪
小豆のトッピングも優しい。

 更には青みの莢豌豆 ( スナップ ・ エンドウ ? ) さえ、緑美しき塩茹でと思いきや、
実に繊細なるお味付けが ♪
ご住職、感服つかまつりましたッ !! 



         P1130595.jpg




 おーっと、まだデザートが控えてましたね ☆

 一、抹茶ブラウニー


   KIMG1715.JPG

                 KIMG1716.JPG


 米粉と抹茶を使い、硬めのケーキを模されています。
しっとり苔むした石畳のような ? …… コンセプトも素敵で、極めつけは “ 甘味 ” 感 ☆
これまでのどのお料理にも夫々、一歩引いた頃合いを見定めておられるご住職、お食後に
何て過不足無い甘さ ? 大好きですぅ〜 !!



 またのチャンス、必ずや予約を取るぞッ、と決心してお堂をおいとましました。
豪奢ではないけれど、心配りの行き届いた設え ・ おもてなしで、予約待ちをしても伺いたい、
癒やしの空間でした〜 ☆☆☆



 15 時からのカフェ・タイム待ちのお客様と入れ替わりに玄関を出れば、脇の植え込みに
何と 『 白梅 』 が綻んでいました ♪♪


   P1130610.jpg

                 P1130608.jpg


                  今日初めての梅。 嬉しい収穫でもあります ☆




   P1130607.jpg



 『 如意庵 』 様、ご住職様、スタッフの皆様、初春の佳きひとときを本当にありがとう
ございました !!



posted by 美緒ママ at 01:31| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

初春グルメは華やかに  ☆☆ 花むすび膳 ☆☆  その 1 .


 季節は早や 『 大寒 』 を迎え、 文字通り大寒波の予報 !
…… ではありますが、こちらでは今暫く “ 初春気分 ” に浸ってみようか、と。
年頭の超お洒落なスペシャル・グルメです ☆☆☆


 去る 1 月 13 日 ( 第二土曜日 ) 精進ランチ 『 花むすび膳 』 at 『 an ‐ nei 
安寧  如意庵茶寮 』 in 塔頭 『 如意庵 』 of 『 円覚寺 』 。


 電話予約日から二、三ヶ月待ちのこちら ── その理由を九月の初体験で合点した私達は
懲りず、次の申込み日に電話を入れたのでした。
そうして Get ! した二席。 マジ三ヶ月先とは ? ( 笑 )
はァ〜、そーなんだね。
ウチらが観念してこんなに “ 待つ ” ったら、 Robben のライブくらいだのに !!
「 メシくらいでそう延々と待ってられるかぃッ ! 」 って了見、あっさり返上 ( 爆 ) 。

 外食ポリシーに大きな方向変換した切っ掛け ── 『 安寧 』 さんには無論 “ 味覚 ” 以外の
モチベーションが多々有るからなんです。



 当日、 13 時少し前の横須賀線で着いた北鎌倉駅より、まず 『 円覚寺 』 様へ …… 。


             P1130541.jpg



 すると、 当山の “ アイドル猫ちゃん ” ♪♪


         P1130544.jpg

         P1130543.jpg


 『 しいちゃん 』 or 『 かなちゃん 』 ? …… 短毛だから 『 しいちゃん 』 ?
他の参拝客さんにかまわれつつ、おっとりマイペースに看板猫業を果たしていました。
むふ、ラッキーの予兆 ? …… 更にワクワク〜 ♪



 さぁ、こちらへ伺ったらお約束 …… 『 三門 』 を潜って気持ちを改め、 


         P1130546.jpg

         P1130621.jpg


         P1130549.jpg


『 仏殿 』 にてご本尊 『 宝冠釈迦如来 』 様へ参拝、
「 本日ご縁を得まして、これより尊き食のお恵みに与ります。ありがとうございます 」
続いて 『 選仏場 』 の 『 薬師如来 』 様、及び 『 遊戯坐観音菩薩 』 様へも必ず お参り
致します。



         すると茶緒パパカメラマン、お堂辺りの 『 梅 』 の蕾をチェック !


                 P1130554.jpg

   P1130553.jpg

                 P1130555.jpg

   P1130558.jpg


      生憎 “ いまひと息 ” ってところでした。


 折しも 『 居士林 』 門前には長蛇の列。 “ 土曜座禅会 ” への参加者のようで ……
おぉ、ストイックな精神統一を目指すのね ?
美味の煩悩へまっしぐらなワタシ、ちょっと引け目。




 そうこうする内、時間も頃合い。
『 如意庵 』 の標石を右に見て石段を上がりますと ……


   P1130564.jpg

                 P1130563.jpg



 真正面の石垣に、可愛らしい看板とお品書き。 このセンスに、まずノックアウト !


         P1130566.jpg

         P1130565.jpg



 向かいの塔頭 『 仏日庵 』 様を背景のロケーションも素敵 ☆☆


         P1130616.jpg



                 茶緒パパが先導して、


               KIMG1701.JPG


               『 山門 』 へ。


         P1130569.jpg


              簡素な玄関脇に控える、新年飾り。


               KIMG1708.JPG



         しかし、その奥から始まるのは美世界 !!


         P1130606.jpg

             P1130584.jpg 

          P1130575.jpg


     式台玄関に生花と扇。 新年の淑気に華やかさを添えます。
   円相の吊り花生には 『 椿 』 ( 色が捉えられず残念 ! 愛らしいピンクでした ) 。



   P1130583.jpg

                 P1130579.jpg


 背後の立派な屏風、絵襖。 華美ではなく、禅刹の渋さあり。
( 夢中で眺めてて、他のお客様の撮影をお邪魔してしまったみたい …… ごめんなさ〜い )



 さて、予約名を呼ばれ案内された席は、ご本尊おわす 『 本堂 』 の左手座敷でした。
テーブル席に荷を置き、まず何はともあれお参りです。

 ご本尊 『 宝冠釈迦如来 』 様へ、他のお客様に続いて合掌。
脇へ避けて 『 般若心経 』 を黙読させていただきました。



 その後、改めてゆっくり拝見した客室は左奥に 『 床の間 』 。


             P1130586.jpg


 掛けもの ( 掛け軸の書 ) はおそらく、新年に相応しい禅語、乃至は由緒ある禅門の筆。
読み仰す器量の無さが恨みながら …… ( 平身低頭 ) 。


               KIMG1717.JPG


 けれどこちらはわかります ── 床の左上、青竹掛け花生へ 『 千両 』 と挿した 『 芽柳 』 を
ひと結びして長〜く床へ流す 『 掛柳 』 です。
これぞ格式有る新年の祝ぎ !
床前に座し、見上げた視線をすうッと下ろせば線の美しさ ……


               KIMG1723.JPG

               KIMG1719.JPG


            まるで 『 長谷川等伯 』 だわぁ、とため息。


         KIMG1720.JPG


                 渋い香炉もお似合いです。



 一方右側の飾り棚には、干支に因んだ愛らしい仔犬の柄の …… 工芸京団扇 ?


               KIMG1722.JPG


               大変繊細な細工のようでした。



 と、食前からこんなに盛り上がってどーなる ? ( 笑 )



         KIMG1711.JPG


 定刻 13 時半少し過ぎ、待望の 『 焙じ茶 』が運ばれて、いよいよ 『 花むすび膳 』の
始まり始まり〜〜 ♪♪♪



                         ──── To be continued .



posted by 美緒ママ at 02:09| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

今月の俳句学習  1 月 第二週  2018


 先日、『 ランドマーク ・ プラザ俳句教室 』 = 『 俳句と遊ぼう 』 の新年初講習に
臨みました。
『 志田千惠 』 『 加藤静夫 』 両先生、改めてよろしくお願い申し上げます。



第二週  1 月 9 日 

《 型 ・ その 3 》
「 上五〜中七 ( 季語と関係ない一連のフレーズ ) 軽い切れ 」 + 「 下五 ( 季語 ・ 体言 )
かな 」

 この回はけっこー “ 惜敗 !! ” って情況でした。


 及第句、



    犬小屋の未だ残れる深雪かな          かいう



 飼い犬が亡くなりとっくに無用になった犬小屋 …… 雪に覆われる寒い日に、嘗ての
思い出と心情を内包し残り続けている。
そのままの景を、先生方に受け止めていただけました。
 実はペットの句は籠る情愛が深過ぎ、とかく失敗しがちで、一般に推奨されないのです。
それでは、当作はいかがでしょう ?
作者 ( 私自身 ) の思いが浅かろう筈は無く、或いは “ お涙調 ” ととられかねません。
しかし、結果そうで無いとするならば、客観描写に徹したお陰かもしれない。
気持ちを落ち着け冷静に、在るがままに見せ …… 読み手へ平明に伝達すること。
それがいきおい、琴線に触れ得たのか …… ?
 正直この句には、作者の膨大な感情 ・ 感傷が籠っています。
けれど語ることは止めました。
二十余年前、初代犬 『 麗生 』 を見送った 1 月 25 日の寒波の影響で小雪舞う寒さ。
以来幾度かの冬、犬小屋は雪をかづき、思い出は最早悲しみではなく、暖かく胸に点り
続けているから。



 さて、添削の入った句は、



 原句  編集子かばん重たし年酒かな          かいう
  ↓
 改案  編集子かばん重たき年酒かな



 編集者上がりの知人の、伝法で磊落なご気性を詠ませて貰いました。
何となくその方らしさが表せた気がして、嬉しかった。
ただし中七の措辞 = “ 軽い切れ ” に失敗 !
いゃ 「 し 」 と 「 き 」 、最後まで迷ったんですよ〜 ( 汗 ) 。
結果失態。 即ち判断力が無いって暴露しましたね ( 泣 ) 。
俳句は “ ひと文字の差 ” が恐ろしい …… 。



 もう一句も手直し有り、



 原句  デコトラの配送したる恵方かな          かいう
  ↓
 改案  デコトラの快走したる恵方かな



 ひと頃よりは数の減った感じ ? な、所謂 “ トラック野郎 ” さん。
素人ドライバーにはちょっと怖そうなおニィさん方の長距離トラック、ど派手なデコっぷり !
でも、正月の初荷とか積んでるんなら賑々しくって似合いかも〜 !? …… って想像 ♪
目出度い新年、高額鮮魚なんて豪気でイイじゃん !!
ちゃはッ、少々遊んでみました ☆
勿論、先生方はお見通し( 土下座 ) 。

 以上、いま一歩で意志疎通 ・ 感性の伝達が果たせたのに ( 涙 ) 。
小さな一歩、しかし実は遥かなる一歩なんでしょうね〜 ( ため息 ) 。

 こんな今年の “ 俳句教室始め ” 。
以降怠けず弛まず進んで行こう、と肝に命じた次第です。


 なおこの日、講習後には “ 新年会 ” の一席が設けられました。
『 ランドマーク・プラザ 』 を出て 『 MARK is 』 の “ 海鮮居酒屋 ” さんかな ?
両先生へ感謝と慰労を籠めて乾杯 ! ── ありがとうございます ♪
そして受講生中で結社 『 鷹 』 会員の、同人へ昇格されたお三方にも祝杯 ! ── おめでとう
ございます ♪♪ どうぞ更なるご精進を。

 その三方には静夫先生より直筆色紙が贈られ、羨ましい限り。
はァ〜、 『 鷹 』 非所属のわたくしメにゃ無縁だヮ …… 。
すると静夫先生、見透かされたように、
「 『 鷹 』 以外の方へは、 “ 俳句賞 ” とか取ることでもあれば何か考えます 」
って ? 先生〜、ハードル高過ぎっしょ !? ( 苦笑 )


 ならば、よしッ、今年は絶対目指してみせるぞ〜〜 ♪♪♪



posted by 美緒ママ at 01:39| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

Gosyuin Traveller 114  その 2 .


 寒波が来たり暖かさが戻ったり …… 翻弄される日本列島です。


 Gosyuin Traveller は 1 月 10 日、金沢区続編。 これまで長らく
訪拝叶わなかった一刹を訪ねました ────


 三たび R 16 へ、そこから君ヶ崎信号を左方へ。
14 時 50 分頃到着したこちらが、本日のメイン ・ ターゲット ……



        真言宗御室派 『 知足山 龍華寺 』 様


   P1100239.jpg

                 P1100240.jpg


         P1100242.jpg

         P1100244.jpg



 そう、前からけっこー気になっていながら、なかなか辿り着けなかったんです。
臨んでみれば、期待に違わぬ佇まい !
惜しむらくは当季、 “ 花の寺 ” と謳われる植栽の美しさが味わえませんが …… 。




             まずは 『 本堂 』 向拝へ ……


         P1100269.jpg

  P1100271.jpg  P1100270.jpg

         P1100263.jpg


        ご収蔵の 『 弥勒菩薩 』 様と、ご本尊 『 大日如来 』 様、
        扉越しながら合掌、お参り。




 さて境内には小堂やご尊像、色々お祀りされています。


                   『 鐘楼 』


             P1100248.jpg



         『 不動堂 』                『 太子堂 』


  P1100249.jpg  P1100250.jpg



                 『 弘法大師 』 様


             P1100251.jpg

  

 それから 『 ぼけ封じ観音菩薩 』 様 …… 是非々々しっかりお参りしておかねば !!


              P1100252.jpg




 また墓苑への参道に 『 子育水子地蔵菩薩 』 様。


  P1100258.jpg  P1100257.jpg


                             …… 南無地蔵菩薩 ……



       お庭は松も立派な庭園。


  P1100275.jpg  P1100274.jpg



 そちこちに “ 春待ち ” の花木達。
殊更 『 御室櫻 』 ── 旧代ご住職が京都のご本山より苗を移植なさってお育てに。


  P1100264.jpg  P1100267.jpg


早咲きの 『 河津櫻 』 、続く 『 染井吉野 』 『 八重桜 』 と刻々愛でられるそう。
また傍らには、皆様の丹精の証しとおぼしき 『 牡丹 』 も沢山植えられていました !
絶対拝見に来たいでーす ☆☆



 当季は寒中にめげぬ 『 臘梅 』 が蕾を膨らませて、


   P1100254.jpg  P1100256.jpg


            辺りはやがて、芳香に包まれることでしょう。




 その後、庫裏玄関へ御朱印を請いますと ……


                 ご本尊 『 大日如来 』 様
             『 新四国東国八十八ヶ所霊場 』 第七十八番

               KIMG1688.JPG 

        ( 『 金澤観音霊場 』 の六番、七番は非対応のご様子でした )



         門前参道にお祀りされた 『 横浜金沢七福神 』 大黒天様

             P1100243.jpg

               KIMG1695.JPG


    京都 ・ ご本山へお出まし間際の老住職様にご対面叶い、嬉しゅうございました。
   またお出掛け仕度中の副住職様、ご揮毫ありがとうございました!!
   ご当山特製お菓子のお供物も賜り、恐れ入ります ♪♪


               KIMG1692.JPG



 戻り際、梵妻様 ( ? )がお茶にお招き下さいましたが、お婆ちゃんを車に待たせて
いたため、お気持ちのみいただきました。 感謝感謝 !!!
お花の季節にでも、是非また伺いま〜す ☆☆☆



 15 時 25 分、駐車場をおいとました私達。
R 16 より六浦信号右折、環状 4 号へ入り帰途についた盛り沢山な一日でした。



posted by 美緒ママ at 16:35| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする