2017年10月26日

『 レボちん君 』 一歳〜〜 ♪♪♪


 折から颱風の合間、 本日 10 月 26 日 ( 木 ) 、我が 『 レボちん君 』 の “ 定期健診
( 十二ヶ月点検 ) ” に参りました。
もう一年過ぎた ? 早いもんですねぇ。


 予約の 13 時前に到着した、お馴染み 『 神奈川 SUBARU 鎌倉店 』 さん。


         KIMG1197.JPG


         う〜ん、すっきり秋晴れ !! イイ気分転換だ〜〜 ♪♪♪


 

 初対面の若い店長さんに迎えられ、店内へ。
担当はいつもの 『 S 』 君。 よろしくお願いしま〜す ♪



              点検整備に入った 『 レボちん君 』 。


         KIMG1198.JPG


       精悍なメカニックさん、無断で共演して貰ってごめんなさ〜い ( 汗 ) 。




      店頭には試乗車。 Oh〜 ! こちら新型 『 LEVORG 』 ですか。


         KIMG1199.JPG


         “ 1 . 6 L GT ‐ S ” ?
        あー 1 . 6 リッターでは上級グレードで、タイヤが 18 インチ ?
        アルミ ・ ホイールお洒落ですッ ♪


         KIMG1200.JPG




 ところで店内で待っていると、お天気だったせいか、平日と言うのに存外お客様が !?
ご夫婦連れが三組も、店内展示車の 『 LEVORG 』 を矯めつ眇めつ品定めしておられました。
バージョン ・ アップしたセイフティー ・ システム = 『 ツーリング ・ アシスト 』 が売り
ですかね ?
ほ〜 皆さん感触良さそう。 契約纏まるとイイですね〜 ♪


 あッそうそう、 『 S 』 君はこの日一件納車を済ませた由。
『 レボちん 』 の兄弟車 『 IMPREZA 』 君の上級車種とか。
良かったですね ♪
SUBARU 車益々の好評をお祈りしてますよ〜 ☆☆



 さて、およそ一時間で整備終了 ・ 洗車 & ボディーコーティング済んで、 『 レボちん 』
別状無くご帰還。 目出度し !!
中身リフレッシュして、外観もピッカピカ〜 ☆☆☆
『 S 』 君、『 鎌倉店 』 の皆様、お世話様でした ( 礼ッ ) 。




posted by 美緒ママ at 22:50| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

江の島へ !!  Gosyuin Traveller 103


 強力な颱風が迫っています。
「 早めの準備を !! 」 とメディアの警告に急かされるけど、何をどーすりゃイイのかわからん
状態。 いゃはゃ…… ( 汗 ) 。
まァ疲れてるんで、雨籠り・野分籠りとまいりましょう。


 さて Gosyuin Traveller は去る 10 月 11 日 ( 水 ) 、ファミリー
ドライブがてら茶緒パパの 『 江の島 』 参りとなりました ♪ ────

 『 江の島 』 は古来湘南随一の観光スポットとして周知、 また 『 鎌倉 ・ 江の島七福神 』
( 実質は八ヶ所 ? ) 札所でも著名。
しかし詳しくは存じ上げないので、美緒ママ、改めて調べてみました。
 すると、何と奈良時代の昔から修行の地であった由 !
現在に至り 『 江島神社 』 として、ご祭神 『 田寸津比賣命 』 様を祀る 『 辺津宮 』 様、
『 弁財天 』 様二柱を安置する 『 奉安殿 』 、 『 市寸島比賣命 』 様を祀る 『 中津宮 』 様、
『 多紀理比賣命 』 様を祀る 『 奥津宮 』 様が鎮座しています。


 この日茶緒パパの参じたのが 『 辺津宮 』 様。
片瀬の側からまず 『 江の島弁天橋 』 を渡り、青銅の鳥居、賑やかな参道を抜けると、


             PA119431.jpg


         鮮やかな朱の鳥居。
        奥に “ 竜宮城 ” ちっくな 『 瑞心門 』 が近付いて来ます。


         PA119433.jpg

         PA119432.jpg 



 こちらを抜け、長い階段を経て 『 江島神社 辺津宮 』 様へ到着です。



 参拝して、拝受の御朱印 ……


         『 江島神社 』 様           『 弁財天 』 様

      KIMG1180.JPG   KIMG1182.JPG 

 

          ご祭神様、両弁財天様、ありがとうございました !!
   次回はワタクシ・美緒ママも一緒に、島内の諸社諸堂へ伺えますよう期したいと存じます。




 ところで茶緒パパご一行は、それからランチ、兼、秋薔薇見物へ向かいました。


 厚木市山際 …… 『 レストラン 栗の里 and Rose Garden 』 。



   PA119458.jpg
                PA119462.jpg 

   PA119467.jpg
                PA119442.jpg




 そこはかと可憐な秋薔薇に和んだ、ランチタイムでした〜 ♪♪
 



posted by 美緒ママ at 14:43| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

Jing Chi 来た〜〜〜ッ ☆☆☆


 お待ちかねの 10 月 12 日、 Robben 先生、Jimmy Haslip &
Vinnie Colaiuta のスーパー ・ ユニット 『 Jing Chi 』 の新作
『 SUPREMO 』 到着〜 ☆彡



         KIMG1179.JPG



 折悪しくストレス・フルで疲れている最中、少々ハードな音源ではあるけれど ( 汗 ) 。
新譜対応のお約束 ── 取り敢えず集中的に聴き込む !!

 すると、ある意味難解な一作かもしれない。 テーマを捉えにくい転調や唐突なリズム ・
チェンジとか。
まぁ、そもそも解りやすいユニットじゃないけどね …… Jing Chi 。
とは言え、やっぱりテイストが違うような ?


 オープニング・ナンバーは、どこか Robben 旧作 『 Tiger Walk 』 を
思わせるハード ・ ロック ・ フュージョン = 『 THE MAJESTIC 』 。
スパルタンに唸りを上げるギターの暴れっぷりに、切り込んでくるレトロなブラスが妙に
往年の 『 Chicago 』 ちっくだったり !
二曲目や四曲目は、何だかソウル・ソングの歌伴 ?
殊に四曲目 『 SECRETS 』 はまるで 『 Janis Joplin 』 のバッキング
じゃん ?
 かと思えば、三曲目の 『 SHOWTIME 』 は五拍子を基調。 変調子を感じさせない
絶妙なドライヴ感に乗せられてしまった〜〜 ♪♪
リズム ・ セクションさすがに巧みだ !!
ギター ・ シンセの音色が Robben っぽくないのは、ちょっぴり残念だけど。
いゃ〜かっこイイわァ、この曲、一番のお気に入り〜 ☆☆☆
 次いで五曲目 = 『 ON GREEN PEPPER STREET 』 はガラッと
変わって Jazzy なテイスト。
恐らく往年の Miles ナンバーに準えたタイトル ?
曲調に、アタシまたも 『 Chicago 』 の 1st アルバムを思い出してしまった !
珍しくも本格的なピアノ ・ プレイを聴かせてる Robben 先生 ♪
意表を突くリズム ・ チェンジに驚かされたり。 嫌いじゃないけど ( 笑 ) 。
 さて、六曲目 = 『 CASABLANCA 』 は二番目にお気に入りのナンバーですよ。
クールでスペイシーな音世界。 左チャンネルに 『 Scott Henderson 』が
チラッと覗いた ? みたいな。
でも後半の右チャンネルは、超かっこイイ Robben 節 !! ( 萌え〜 )
 少々似たスローな九曲目 = 『 AT THE APOLLO 』 はいきなり 『 Michael
Landau 』 来たーーッ !
突然 『 レネゲ 』 かよッ !?

 と、まぁ、変貌し捲るサウンド …… ハァハァ …… 翻弄されました〜〜 ( 爆 ) 。
「 Jing Chi はこう 」 とかゆー概念のタガを外さんとイカン ?
リピートする内に見えて来るのかも ? 彼らの欲求とか目論見とか。


 …… と独断と偏見で書いてきましたが、アタシの耳も格別優秀じゃないし ( 苦笑 ) 。
当分浸ってみますよォ、 『 SUPREMO 』 ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 21:27| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

ぶらり 『 円覚寺 』 〜 ♪♪


 10 月 14 日は 『 安寧 』 予約完了した後、偶さか所用にて当の 『 円覚寺 』 様へ
出向きました。


         PB112620.jpg



 まず 『 山門 』 を経て 『 仏殿 ( 本堂 ) 』 のご本尊様へ挨拶。
それから 『 選仏場 』 の 『 薬師如来 』 様と 『 大慈大悲観音菩薩 』 様にお参りします。
さらに境内を進んで、 『 仏日庵 』 様の門前にて合掌。



 その向い側がちょうど 『 如意庵 』 = 『 茶寮 安寧 』 様なのです。
折しも 『 花むすび膳 』 ランチの入れ替えどきだったようで、事情を知らない観光客方が、
「 ここは何だろう ? 」 とゆー風に入って来て …… 庭先の 『 シュウメイギク 』 やら
『 黒ホトトギス ( ? ) 』 を撮ったりして出て行き。


              KIMG1165.JPG



 白花の 『 ホトトギス 』 は玄関前の花入れに。


              KIMG1168.JPG


 そうそう、ランチ予約を入れた来年一月には何の花が生けられるのかしらね ?
想像するのも楽しい〜 ♪♪


 山門を下りると、秋冷の木々の振り零す雫。 束の間の雨上がりに石階脇の苔が潤い、
可愛らしい椿のような小花が鮮やか !


    KIMG1171.JPG

                 KIMG1170.JPG


もしかして 『 茶 』 の花 ? …… あまり見たこと無いんだけど。


         KIMG1172.JPG




 ひとわたり、境内最奥の 『 黄梅院 』 様まで参ずると、いつもながら季節の草花がゆかしく
── フヨウ、サザンカ、濃色のシュウメイギク、名を知らぬ薄紫の小花、等々。
奥の 『 武山堂 』 にては 『 聖観音菩薩 』 様を拝み、本堂のガラス越しに 『 夢窓疎石 』 様
のお像へも合掌。



 戻り道は、選仏場脇から高台へ上がる 『 龍隠庵 』 様へ寄りました。



              KIMG1175.JPG


 期するところあっての訪拝でしたが、生憎にもお留守。
それではまたとゆーことで、ご本尊 『 遊戯坐正観音菩薩 』 様のお堂前で読経し、おいとま
しました。
石段途中の 『 和み地蔵トリオ 』 様、他諸仏様にご挨拶。
頭上の 『 カエデ 』 も、石の観音様前の 『 マンリョウ 』 もまだ色付いていませんが、
崖に珍しい蕾を見つけましたよ !


    KIMG1173.JPG   KIMG1174.JPG


         『 キイジョウロウホトトギス ( 紀伊上臈ホトトギス ? ) 』



 おや、今日は色々なホトトギスに出会いますね。
こちらの黄花種は当地では稀な、和歌山原産だそうですよ。


 思いがけぬ眼福をお土産に ♪
そして境内売店で当山オリジナルのお線香 『 円覚 』 を。


              KIMG1178.JPG



 さらに帰りがけ、茶緒パパ ’ s リクエストの 『 あがり羊羹 』 も調達して〜 ☆


              160122_2103~010001.jpg



 癒やしのひとときを楽しんだ日でした ♪♪♪



posted by 美緒ママ at 01:50| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

『 花むすび膳 』 予約完了 !!


 予てより我が家の超ツボ “ ランチ ・ スポット ” たる …… 北鎌倉 『 円覚寺 』 塔頭
『 如意庵 』 内 ── 『 如意庵茶寮 an - nei 安寧 』 様。 
本日 10 月 14 日 ( 土 ) はスペシャル ・ ランチ 『 花むすび膳 』 の営業日です。



         KIMG1099.JPG

               先月、 9 月 9 日のランチ ♪



 14 日が先の予約日に当たるので、ソッコー電話入れました !
結果、無事二名分の予約 Get〜 ☆☆
( 今度は、茶緒パパと二人でまったりして来ます ♪ )

 予約は来年、 2018 年 1 月 13 日 ( 土 ) 13 時 30 分。
スゴいっすね〜 、年内はとっくに満席 !
人気ぶりが窺えます。
 やはり “ お寺カフェ ” という “ スペシャル ” 感、就中、ホンマもんの 『 ご本堂 』 たる
“ 異世界 ” 感が推しどころ ?
ざっくばらんではなく 「 謹んでいただく 」 感がまた新鮮なのかな ? 現代人には。
 はぃ、勿論ご本尊様へ拝してから、お膳に向かわせて貰います。
本来なら 『 般若心経 』 くらい誦さねば、と思うのですが、まァ “ KY な人 ” に見られても
ナンなので、するならそっとわからないように ( 笑 ) 。
いゃ、折角お美しい 『 宝冠釈迦如来 』 様がおわすのですから、ゆっくりご対面させていただき
たいなァ、とも。
 

 加えて、忝くもご住職が直々調理を手掛けられる都合、仕方ないかもですが …… 当庵は御朱印
対応をされない由。 その点がかえすがえすも残念ッ !!
 こちらの “ カフェ営業 ” 以前も、 “ 一般拝観と御朱印 ” はナシだった由でしょうが。
こうしてご本尊様へ近々まみえることが出来るなら、書き置きの形ででも御朱印授かれると一層
嬉しいのに …… なんて我が儘がアタマをもたげます ( 汗 ) 。

 ご住職様、済みません !!
十二分な “ 口福 ” に与れますのにね、度を越えた願望でしょうか ?
そうつい願ってしまうくらい、素敵な “ お寺カフェ ” 体験なんですよ〜〜 ♪♪♪

 まずは一月が楽しみ〜 ☆☆☆
如何なる冬食材が調味されますかしら ?
そしてお約束の 『 胡麻豆腐 』 ! 誠に美味しいです ( はぁと ) 。
 ご住職様、スタッフの皆様、そして山海の滋味の提供者様に感謝 ♪
併せてご一堂のご本尊様、諸尊様、全うな食の恵みを再認識させていただき御礼申し上げます !!



 そもそも、仏道も諸宗教も志は同じであると推します。
嘗てお尋ねした同山塔頭 『 龍隠庵 』 のご住職 『 太田周文 』 様が、
「 キリスト教の方でもかまいません、訪れて和んでいただければ 」
と仰ったように、和やかで幸せな心地を賜りに参ります。
人の世の不安に揺らぐ時は殊更。


 ありがとうございます ……… 合掌。

 

posted by 美緒ママ at 21:25| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

先月の俳句学習  9 月第二週 & 第四週  2017


 先月、9月の 『 ランドマーク ・ プラザ 』 俳句教室をさらっておきます。
この月は、本年四月期の最終。
総仕上げの月なのに、相変わらず不調 ( !? ) 気味。
『 志田千惠 』 『 加藤静夫 』 両先生より色々ご指摘いただきました。



第二週 9 月 12 日

 《 型 ・ その4 》 番外編。
末尾を 『 をり ( をる ) 』 『 なり ( なる ) 』 『 たり ( たる ) 』 で終える。


 提出の三句ともイマイチですが …… 一句目、



   閼伽の井に塩辛蜻蛉来し日なり          かいう



 景の取材はよろしい、と静夫先生。 しかし 「 〜日なり 」 という限定が不要では ? と。
…… 形を工夫して、再考します。



 次に、



   雁首のごとく大菊晒しをり



 菊花展の大菊の、級首を晒すかのようにグロな展示を揶揄してみたんです。
季語とは称えるべきものであり、断じて貶めてはならない ── のでしょうが、そもそも
晒された大菊は美しいのか ?
あぁ無粋に並べられては、菊の風情も台無し !! 菊が可哀想で、訴えたくなった。
 すると静夫先生より 「 大菊を “ 雁首 ” と見た感覚は評価出来る 」 が、「 並びたる 」
くらいでも良いのでは ? と。
はぃ、考えてみま〜す !


 三句目は、



   柿剥くと亭主が立ってしまひたる



 コレは 「 柿を剥いたから ……… 立った 」 という “ 原因 〜 結果 ” に読まれてしまった !
真意は、ツレアイの方が柿でも剥くかと言って立ち上がった、とゆーことです。
「 柿剥くと言ひて亭主の立ってをり 」 とする ?
面白味が半減しますけどね〜、作者的には ( 苦笑 ) 。


 と、イマイチ “ 詰め ” の甘いかいうでございました ( 泣 ) 。




第四週 9 月 26 日

《 型 》 自由
『 ランドマーク・プラザ俳句教室 』 2017 年四月期 ── 最終日。
然れど成績は伸び悩んだまま ( 大汗 ) 。


 内、半分評価を得た句……



   秋涼したたみたたまれシャツの白           かいう



 全体のリズム感 ( ? ) には静夫先生の好感を得たものの、 「 シャツの白 」 が夏の季語
『 白シャツ 』 に読めてしまう …… というご指摘 !?
うゎッ、気付かなかったデス !!
もう一度検討し直しだ〜 ( 汗 ) 。

 

 次もイマイチ …… ( 笑 ) 。



   芋の子の別嬪なるを供へけり



 こちらでは 「 別嬪 」 というくだけた表現が俳句的か否か ? 選者の意見の分かれる
ところ、と。
えッ ? …… 寧ろ充分な “ 俳味 ” を感じたんですけど〜 !


 因みにもう一句、



   秋澄むや僧の購ふヨーグルト



 実景は確か、コンビニで “ 何か ” お求めのお坊様。
「 ヨーグルト 」 くらいに 「 購ふ 」 は大袈裟 ! と千惠先生のご指摘。
はァ …… 「 買ひたる 」 くらいでイイんですかね ? 先生。


 とゆーワケで、 △ か X となりました〜 ( 汗 ) 。


 感覚的ズレとゆーか履き違いは、何とも修正の難しいポイント ( ため息 ) 。
“ 当たって砕けろ !! ” を繰り返して行くしか無いかなァ〜 ? とゆー俳句学習なのでした。




posted by 美緒ママ at 02:27| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

Gosyuin Traveller 73  その 2 .


 昨日は巷の 『 体育の日 』 だったんですね ?
すっかり忘れ果てていました !
勤めを退いてしまうと “ 毎日が日曜日 ” で、祝祭日も関係ありません。
いやはや …… ( 汗 ) 。


 Gosyuin Traveller 3 月 9 日レポは続編。 『 梅 かまくら 寺社特別参拝 2017 』 参加の三回目。 西御門の 『 来迎寺 』 様へ伺います ♪ ────


 『 宝戒寺 』 様を後にいったん向かったのが、鎌倉市内二階堂。
この日の本命様にほど近い 『 荏柄天神社 』 様へお寄りしました。



         P3097881.jpg



      急な石階を上って ……


         P3097880.jpg

         P3097869.jpg

         P3097870.jpg


      『 御門 』 の扉には 『 梅 』 の定紋。


             P3097877.jpg



      『 手水舎 』 でお清めし、


         P3097874.jpg



      『 御本殿 』 の 『 天神 』 様へ、二礼 ・ 二拍手 ・ 一礼。


         P3097872.jpg

         P3097871.jpg



     帰途に 『 授与所 』 にてお授かりしたのが、


                 『 荏柄天神社 』 様

              KIMG1141.JPG


                 ありがとうございます !!



斯くして、 12 時 20 分頃のおいとましたでした。



 それから西御門へ向かい、12 時半過ぎの到着。
目的地のすぐ先には、文学者『 里見ク 』 氏が意向通りに建築したという旧居遺構 『 石川邸 /
西御門サローネ 』 が保存されています。


         P9151921.JPG

         P9151920.JPG



洋館の奥には、別棟の日本家屋。


         P3097882.jpg

         P3097883.jpg


      曜日限定で公開しているそうなので、いつか拝見してみたいものです。




 それでは、 13 時受付開始のメインイベント ── 『 梅 かまくら 寺社特別参拝 』 へ !



               時宗 『 満光山 来迎寺 』 様


         P3097884.jpg

         P3097885.jpg

         P3097887.jpg

         P3097890.jpg


 『 本堂 』 前へ、 13 時の受付よりだいぶ早く着いたのは、この回が ( 今年は ) 自由参加
となっていたから。
その場合、早目に現地申し込みをしないと、人数制限があるんです。
( 昨年の初参加時は、要申し込みの形でしたが )

 それを、たっての再訪希望したのは、偏にご住職 『 林学善 』 様の法話の面白さ故。
学善様は、当 『 時宗 』 寺院の大本山 『 遊行寺 』 様が経営する男子高校で教鞭をとって
おられ ── さすがプロ !?
聞き手を逸らさぬ話術に感服〜〜 ☆☆
縦し内容が同じだとしても、幾度も聴きたくなるトークはおそらく “ 話芸 ” の域に達して
おられるかも ?
楽しみ楽しみ〜 ♪♪♪


 因みに、この日のご本尊様との再縁を期し、予め庫裏で御朱印を賜りました。



              ご本尊 『 阿弥陀如来 』 様

             KIMG1148.JPG


      昨年と変わらずご住職ご母堂様の見事なご揮毫、ありがとうございます !!
      お元気で何より。 来年もお会い出来ると嬉しい〜 ☆



 さァそれでは、香華や燭の灯に麗々しく正厳された本堂へ。
ご本尊 『 阿弥陀如来 』 様、客仏 『 如意輪観音菩薩 』 様、 『 地蔵菩薩 』 様、諸尊様
にお迎えいただき。
変わらず気さくな学善様のご法話。
大変イケメンな( !? ) 副住職様と共に、今回も独特にメロディアスな 『 声明 』 を
お聴かせ下さり、ありがたく且つ楽しきご縁に与りました。
また来年もお目にかかりたく存じます !!


 そうして 13 時半頃始まり、 15 時過ぎに終了した特別参拝。
前回に引き続き、主催者 『 鎌倉十三仏詣実行委員会 』 様にもお世話になりました。


 本堂前庭の 『 薄紅梅 』 のゆかしい佇まいにも和む、 『 来迎寺 』 様でした。



         P3097886.jpg



posted by 美緒ママ at 00:16| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

『 梅 かまくら 寺社特別参拝 2017 / 来迎寺 』 GosyuinTraveller 73  その 1 .


 昨日の雨が午前中に上がって、偶さか平穏な連休となりました。
予定が変更になり、ぽっかり空いたんですが …… 日中は暑そうなので引き籠ります ( 苦笑 ) 。



 Gosyuin Traveller はまだまだ三月。 9 日 ( 木 ) に参加した
『 梅 かまくら 寺社特別参拝 / 来迎寺 』 レポと参りましょう ! ────


 大船駅経由、横須賀線で 10 時 39 分に鎌倉駅着。
道すがら、 56 分に着いたのが、


                『 鶴ヶ岡八幡宮 』 様


         P3097847.jpg



 お膝元で長く働いていたのに、参拝は滅多に出来ず。 失礼しておりました〜 ( 汗 ) 。
なので、この日改めてきちんとお参り。
有名な “ 大石段 ” を上がって、 『 本宮 』 前で二礼 ・ 二拍手 ・ 一礼。
お護りなどいただきました。

 石段脇には噂の “ 親銀杏 ” と “ 子銀杏 ” が !


         P3097848.jpg



            拝受の御朱印は、


                『 鶴岡八幡宮 』 様

              KIMG1137.JPG


               ありがとうございました !!



 それでは戻って …… 『 源氏池 』 の畔に沿うと、白い鳩さんがお出迎え ?


         P3097851.jpg

         P3097850.jpg



 その先の 『 旗上弁財天社 』 へ向かいます。


         P3097855.jpg


源氏池の小島へ掛かった橋を渡ると、 『 源頼朝 』 公の旗上げに因んだ 『 旗上弁財天 』 様
が祀られていました。 謹んで参拝 !


         P3097857.jpg


        界隈では 『 鎌倉七福神 』 の一ヶ所としても知られていますね。
 


 お若い神職様より授かった御朱印は ……


                『 旗上弁財天社 』 様

              KIMG1139.JPG


                ありがとうございます !!




 それでは、いつも賑わう境内を抜け、門前を東へ。
すると、幾度も伺っている外せない一刹 ──


           天台宗 『 金龍山 釈満院 円頓宝戒寺 』 様


         P3097859.jpg


           境内入り口を飾る梅 ……



 『 本堂 』 向拝に参ずると、提灯が印象的。 このあでやかさが好きだわ〜 ♪♪♪


   P3097864.jpg
                P3097863.jpg



 そして厳かながらも親しみ易い本堂内の諸尊を参拝し、一角の御朱印所にて ……


              ご本尊 『 子育 経読 地蔵尊 』 様

              KIMG1144.JPG


            『 弘法大師相模二十一ヶ所霊場 』 第一番

              KIMG1146.JPG


                ありがとうございました !!



 お参りを終えて前庭に出ると、本堂脇に枝垂れ梅が匂やか。


              P3097865.jpg

         P3097867.jpg


            白梅もシーズンのようです。



 そうして、 11 時 53 分頃おいとました 『 宝戒寺 』 様なのでした。



                        ──── To be continued.

posted by 美緒ママ at 00:24| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

Gosyuin Traveller 72  その 2 .


 昨夜 『 仲秋の名月 』 でしたね ? 気付いて、慌てて南の窓を開けると ……
Oh !! 皓皓たる月の光〜 ☆☆
俄かに冷えて来た夜気に、ひときわ冴え冴え …… 。
ススキもお団子も無かったけど、お月見させて貰えました〜 ♪♪♪


 さて Gosyuin Traveller は先回に続き、 『 定泉寺 』 様を後にして
次の目的地、隣接・鎌倉市の今泉へ ────


 14 時 25 分に到着したこちら、



            浄土宗 『 今泉山 一心院 称名寺 』 様


    PB236988.jpg  PB236989.jpg



 昨秋にも伺っている地元の古刹様。
鎌倉市とは言え、北鎌倉より更にひと山越えた市の北端、細々したバス路線の最奥。
ハイキング・コースの入口に構える一刹です。
折しもシルバー・ハイキングらしきご一行が下りて来たところで、
「 もう咲いているのか ? 」 「 何ていう桜だ ? 」
などと話しておられました。


         P3017805.jpg


    山門前の早咲き櫻 ── 『 カワヅザクラ 』 ?
   あでやかな櫻ですね ♪


  P3017836.jpg
                P3017834.jpg




 境内でも、櫻がご宗祖 『 法然上人 』 様ご幼少像を飾っています。


             P3017833.jpg


             愛らしくも利発そうな 『 勢至丸 』 様ね。



         さて、お参りした 『 本堂 』 は建て直したらしき真新しさ。


         P3017807.jpg


   向拝にて、ご本尊 『 阿弥陀如来 』 様へ 「 南無阿弥陀仏 」 をお唱えしました。
 


               それから奥の 『 弁天堂 』 様。


             P3017809.jpg




 更に進み、奥まったパワースポット ( なのか ? ) 『 陰陽滝 』へ !!
( 三十年くらい前に一度来ていたかも ? )


    PB236982.jpg  PB236980.jpg


       古くはもっと水量があったとか ?



 なお、こちらまでは嘗て参っておりましたが、トリに控えた ── 当山の別称とも言うべき ──
『 今泉不動 』 様へはお初。


             P3017811.jpg


『 不動堂 』 は、古びてすり減り苔も生じた ( かなり危なそうな ! ) 急階段の上なんです。


              P3017810.jpg

         P3017813.jpg


         途中ひと角曲がってさらなる勾配、 “ 鉄鎖 ” の手すり !?
         修験道じゃないって〜 ( 汗 ) 。
         はァ ……… 『 不動明王 』 様参りは体力勝負 ?



         P3017815.jpg


           いゃいゃ、辛うじて果たしましたよ、お堂前へ合掌。



             P3017822.jpg

         P3017820.jpg


 そして背後の高みより見下ろしておられる 『 大日如来 』 様と、従う 『 三十六童子 』 様
へも参拝。 あらゆる悪しきモノを調伏する 『 不動 』 様、よろしくお守り下さいませ〜 !!



             P3017827.jpg


            急階段を下りて、山懐の一刹を巡り終えました。




 そののち、庫裏にて梵妻様よりお授かりした御朱印 ……



               ご本尊 『 阿弥陀如来 』 様

              KIMG1132.JPG


                ありがとうございます !!




         P3017841.jpg



        斯くして 15 時 5 分頃駐車場をおいとました、お参りの一日でした。



posted by 美緒ママ at 22:47| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

「 田谷の洞窟へ行こう !! 」 Gosyuin Traveller 72  その 1 .


 カラッとした晴天に始まった十月ですが、それでも急な雨を降らせたり暑く照り付けたり、
空は依然気まぐれですね〜〜( ため息 ) 。


 さて Gosyuin Traveller は漸く 3 月 1 日 ( 水 ) 。 初っぱな
まず区内田谷町へ ! ────

 12 時 45 分、 助っ人 『 IMPREZA 』 君で出発。
12 時 57 分、近隣の駐車場に着けて …… 徒歩にてこちらへ。



             真言宗大覚寺派 『 田谷山 定泉寺 』 様


        P3017778.jpg



 当山は古くより 『 田谷の洞窟 』 と通称され、 『 田谷山 瑜伽洞 』なる修行洞窟で有名です。
近在の横浜市民なら、一度は行っておくべき名所 ?
はぃ、漸くうかがいましたよ〜 ♪   


 こじんまりした境内にてまず、『 修行弘法大師 』 様へご挨拶 …… 「 南無大師遍照金剛 」。


         P3017780.jpg



 そして本堂にはご本尊 ・ 阿弥陀如来様をはじめ、不動明王様、弘法大師様がおわすとの由。
向拝にて合掌・参拝。

             P3017795.jpg

         P3017786.jpg


               P3017787.jpg
    P3017785.jpg


            『 子安地蔵尊 』 様



 その後寺僧様にご案内を請い、説明を受けて堂宇背後の洞窟拝観へ。


            P3017783.jpg

            P3017784.jpg



 この史蹟 『 田谷山 瑜伽洞 』 は修禅道場として、鎌倉時代初期の開創以来江戸時代に至る
まで、連綿と掘り進められた岩窟です。
洞内には数知れぬ行者の手により、本尊 『 一願弘法大師 』 様をはじめ 『 四国 』 『 西国 』
『 坂東 』 『 秩父 』 各霊場札所本尊、 『 両界曼陀羅諸尊 』 等数多の御仏が刻まれています。
 人づてに聞く限り何かそら恐ろしさをおぼえ、足が遠退いていました。
が、意を決して体験してみるに …… はじめは確かに乏しい照明の中、手燭を頼りの “ 異界感 ”
“ 神秘性 ” に圧倒されはしたけれど。
しだいに慣れ、次々と石壁の御仏を拝んで行くにつれて、それぞれ刻まれた真言密教の行者様の
お心の尊さが偲ばれ、かの信仰と精進へ思いを馳せたのでした。

 想像を絶する長い洞より外へ出ると、やはり異世界であったような …… ?
浮き世へ戻って来た我々 “ 俗人 ” を迎えてくれたのは、前庭にほころぶクロッカス達 ♪♪



               P3017792.jpg
    P3017789.jpg



 
 それでは、寺務所の寺僧様 ( or 副住職様 ? ) へ御朱印をお願いしましょう。


              ご本尊 『 厄除阿弥陀如来 』 様

             KIMG1128.JPG


              ありがとうございます !!




KIMG1118.JPG KIMG1120.JPG


 併せて茶緒パパが 『 紺紙金字般若心経扇子 』 を求め、


 更に少々お尋ね ──
実はずっと以前、茶緒パパ三十代の頃、当山の息子さんと交遊があった筈なのですが。
その年回りにしては、かのお坊様が少々お若い。
すると、 「 たぶん兄だと思います 」 とのお返事。
なるほど !! 合点した茶緒パパでした。
「 兄は今、静岡のお寺におりまして 」
弟様の方が、このご実家のお勤めをしておられるのですね ?
大和尚様もきっとご安堵でしょう。


 ご挨拶して、 14 時 08 分に 『 定泉寺 』 様をおいとましました。




 ところで駐車場へ戻る道すがらに、以前から気づいていた古格ある神社。
お寄りしてみたこちら ……



                『 田谷御霊神社 』 様


         P3017798.jpg


           一の鳥居。



         P3017804.jpg


           二の鳥居。



    P3017800.jpg  P3017801.jpg


        狛犬君達。



         P3017799.jpg

               拝殿にて、二礼、二拍手、一礼。



 こちら 『 御霊神社 』 様は各所に鎮座しており、武将の 『 鎌倉権五郎景政 』 公の勇猛を
たたえ祀る社が多いそうで、当社も同様祭神とされています。 古くより 『 田谷邑 』 の鎮守様
として敬われてきたようです。
いつも素通りしていたので、この日はお参り出来て良かった。
ご縁に与り、ありがとうございました !!



                     ──── To be continued.



posted by 美緒ママ at 01:31| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする