2017年03月08日

雛の日 クルマの日 ?


 三月に入って一週間 …… 『 啓蟄 』 も過ぎまして。
三月と言えばやはり三日 ── お節句には毎年恒例の “ あるモノ ” ♪
今回、美緒ママ出勤日ではなかったため、わざわざ出掛けて Get だよ〜 、 “ 雛ケーキ ” !!

 はぃ、今年のは 『 LA MAREE DE CHAYA 』 ですッ。


         DSC_3069.JPG


 ちょっと控え目なビジュアルだけど …… ( 笑 ) 。


         DSC_3076.JPG


WANS 代表で 『 美緒ねぇ 』 似のビアディー・フィギュアさんと 『 茶緒 』 画像。
それから愛車 『 レボちん君 』 のお写真も。
みんなでお祝い〜☆



 とゆーのもその夕方、 『 レボちん君 』 が “ 入院 ” 先の 『 神奈川 SUBARU 』
鎌倉営業所から、やっとご帰還あそばされたのでした。
『 レボ君 』 目出度し〜 ♪♪♪


         1478750608077.JPG



 とは言いながら、 “ 助っ人 ” 『 インプレッサ君 』 を連れて行く間、彼とのお別れも
唯ならず名残惜しぃ〜〜 ( 涙 ) 。
何故って、とっても 優れモノ ” だったんで〜す ♪
『 カー・オブ・ザ・イヤー 』 受賞の理由を実感 !!

 手堅くしっかりした走り、軽快で過不足無い乗り心地、また上級車にも引けを取らぬ最新式
安全対策の充実 ! ── それらを必要不可欠な装備として、大変手頃な価格帯に納めてみせた
『 SUBARU 』 さん、ヤッてくれました。
その超絶コスパぶりが、辛口モーター・ジャーナリスト諸氏を唸らせた所以 ?

 実車はハッチバックのノンターボ 『 1.6i ‐ L EyeSight 』 モデル。
って、実はちょっと驚いたの !
助っ人働きして貰ってる間ず〜っと、よもや “ 1.6L ” とは気付きもしなかった ……
余裕の力感。
「 峠を攻め 」でもしなけりゃ、充分でしょ ? ( 爆 )



   全長は 『 レボ君 』 よりかなり短くコンパクト …… 且つ居住性に不足は無し。


         DSC_3063.JPG

         DSC_3062.JPG

         DSC_3054.JPG

           お顔がキュート ♪


         DSC_3067.JPG

    DSC_3057.JPG

                 DSC_3064.JPG



    インテリアは小ざっぱりと SUBARU 流。 ゴチャつかなくてよろしい〜。


         DSC_3060.JPG



         小排気量ノンターボで、エンジン回りもあっさり !?


         DSC_3052.JPG


      いゃいゃ、アレだけ走れりゃ、十二分に いい子 ” ですって〜 ☆




 『 神奈川 SUBARU 』 鎌倉営業所では、担当セールス 『 S 』 君へも大アピール
して来ました。
「 本当に良いクルマだから、いっそう自信持ってどんどん売って下さいね〜 ♪ 」 って。

 そうそう、誰か新車を買いたい人が居たら、私も思いっ切りお進めしちゃいますよ―ッ !
「 新型 『 インプレッサ 』 すッごくイイから、絶対試乗してみて ♪ 」 ( 笑 ) 。


 『 SUBARU 』 さん、これからも応援してまっす〜〜 ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 02:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

先月の俳句学習  2 月第二週 & 第四週


 寒の戻りが続いています。
今日からは 『 弥生 』 …… 三月というのに。
昨日 『 ランドマーク・プラザ 』 俳句教室の帰り、駅からの道すがら 『 緋寒桜 』 も
開き始めたのにね。


         P3058078.jpg


春はまだまだ定まりません。

 それでも、この二月は二度の俳句教室へ無事出席出来て、感謝感謝 !!



 では昨日の第四週、 2 月 28 日の首尾は ……

《 型・その4 》 応用編
下五を 「 〜 をり( をる ) 」 「 〜 なり ( なる ) 」 「 〜 たり ( たる ) 」 で
終わる。

 出句三句中、必ずどれかの型で作るべし !
で、及第の一句、



   庫裏うらの廃れ花壇の芽吹きをり          かいう



 こちら、幸いにも意図した通り 『 志田千惠 』 『 加藤静夫 』 両先生にご解釈いただき、
「 負のイメージ → → 正のイメージ → → ささやかな明るさ 」 という流れをお褒め下さい
ました。
キャッ、うれぴです〜 ッ ☆

 また、もう一句 ……



   店先のラスクに日脚伸びてをり



 こちらは題材は良いが、季語 『 日脚伸ぶ 』 を引きのばしたところが冗漫になって失敗、と。
『 日脚伸ぶ 』 のまま使う工夫をすべし、とのご指摘。
再考いたします !

 なお三句目は、題材的に無理があり伝わらない、とゆー結果にて封印。



 さて遡っての第二週、 2 月 14 日は ……

《 型・その 4 》
一物俳句の 「 下五 〜 けり 」

 及第をいただいた一句、



   横浜の名もなき坂の霙れけり          かいう



 まず、ポイントは地名 ( 固有名詞 ) が効いているか否か。
この場合の 『 横浜 』 はよろしい、とのことでした。
「 霙降る某ありふれた坂 」 という雰囲気に似合ったようです。
ビンゴ〜〜ッ !!

 しかし他はちょっと …… 。



   托鉢の日陰に斑雪汚れけり



 「 上五 」 を要再考 !
「 托鉢 」 とゆーよりは 「 教会 」 などの方が ? と 『 志田 』 先生。
以下のフレーズはよろしい、そうなので。
それでは、 「 聖堂の日陰に斑雪汚れけり 」 などではどうかしら ?
推敲案として残しておきます。


 依然遅々たる進歩ですが、 通じた ” ことを励みにやって参ります !!





posted by 美緒ママ at 12:23| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

Gosyuin Traveller 64  その 2 .


 Gosyuin Traveller , 『 真言宗大覚寺派 』 編を続けます。
今度は横浜戸塚区汲沢町、実はこちら様も再訪の一刹です ! ────



          真言宗大覚寺派 『 汲沢山 寳壽院 願行寺 』 様


         PC187345.jpg

         PC187347.jpg




 地元の 櫻の名所 ” とて、庫裏前の 『 枝垂れ櫻 』 の大木や、


             PC187349.jpg


墓域の 『 カワズザクラ 』 ( こちらは拝見してません ) が有名らしい。

 でもこの季節、寺域は 『 白梅 』 の静謐さに包まれていました。


         P1297450.jpg


       本堂の傍らにも、


         P1297451.jpg

         P1297461.jpg


 旧臘うかがった時、微かに膨らみ始めていた花芽が、


         PC187365.jpg


       見頃に  ↓↓↓

P1297460.jpg P1297458.jpg


    人影も無く、白梅のみ香る静けさ。


         P1297453.jpg



 前庭で迎えて下さったのは 『 修行弘法大師 』 様、  『 観音菩薩 』 様、


    PC187355.jpg   PC187354.jpg


ご本尊のお前立様か ( ? ) 『 不動明王 』 様。


             P1297455.jpg



   本堂向拝にてお参り。


         PC187353.jpg

         PC187351.jpg



 すると偶然にも、庭へお出ましのご住職とおぼしきお一人。
シブめの寡黙そうな方です。
以前一度お参りに伺った旨ご挨拶し、御朱印をうかがうと、 「 はい、お待ち下さい 」 と。


 しかし、それから随分お手間を掛けてしまったようです !
恐らく当院、こうしたご対応は殆どなさらないのでしょうね ( 汗 ) 。
奥に仕舞われてあった “ 御朱印 ” を、わざわざ出して来られたのかも !?

 スミマセ〜ン !! 滅茶苦茶レアな参詣者で …… ( 平身低頭 ) 。



         拝受の御朱印は、


               本尊 『 不動明王 』 様

             KIMG0488.JPG


               ありがとうございました !!




 以上で、この日の 『 真言宗大覚寺派 』 巡拝は終了。
近在のもう一刹、栄区田谷の 『 定泉寺 』 様は 『 田谷の洞窟 ( 瑜伽洞 ) 』 で言わずと
知れた名所ですが。
ちょっとしたプチ・トリビアも有って ── 実は茶緒パパ、その当代ご住職と若い頃知り合い
だった …… かもしれない !?
ま、先方様は最早お忘れでしょうが ( 笑 ) 。
後日改めて伺うことに ♪♪♪



 それでは 『 レボちん君 』 、 『 寶壽院 』 様の駐車場をおいとましましょう !!


         P1297469.jpg




posted by 美緒ママ at 22:01| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

大覚寺派を訪ねて  Gosyuin Traveller 64  その 1 .


 急激な寒の戻りに見舞われたり春一番が吹き荒れたり、春の初めは気紛れ。
風邪やインフルエンザが依然侮れぬとゆーのに、花粉症シーズンまで始まろうとは ?
お出掛けは 「 用心用心、また用心 !! 」 ですよォ〜 ( 泣 ) 。



 さて Gosyuin Traveller は遡って 1 月 29 日、本年のドライブ参拝
第二弾です ────
 
 この日 『 レボちん君 』 は近場ドライブ。
まず鎌倉市大船の ……


 真言宗大覚寺派 『 天衛山 福寿寺 多聞院 』 様
P1297448.jpg PB236956.jpg


 左手に 『 熊野神社 』 を奉ずる元別当寺様。

実は昨年、生憎ご住職のお留守中に初訪拝してしまいました ( 寺号標石は昨年の画像 ! ) 。
なので、アポを取っての再訪です ♪

 今回の訪問では梅が美しく咲き揃う季節。
まずは本堂前が …… 見事な紅梅〜〜 !!


         P1297440.jpg

         P1297447.jpg

    P1297436.jpg

                P1297437.jpg



その扉越し、本尊 『 毘沙門天 ( 多聞天 = 院号の由来 ) 』 様へ合掌・読経しご挨拶。

         PB236936.jpg



それから 『 波切不動尊 』 様のお堂前へもお参りし、
P1297445.jpg PB236933.jpg



 庫裏へお声掛けをと思った折しも、お玄関から梵妻様 ( ? ) 。
わたくしメが 『 真言宗大覚寺派 』 様専用に用意した朱印帳を、ご住職へお取り次ぎいただき
ました。
             KIMG0490.JPG



 前庭に暫し待つと、ご住職とおぼしき方が 「 本堂へどうぞ 」 とお招き下さって。
そもそも当院、ご本尊に加え兼務される二札所、と併せて三点の御朱印をお願いしたお手数、
恐縮していましたのに …… 。
「 お書きするあいだ、ごゆっくりお参りなさって下さい 」 とにこやかな和尚様。
感謝しつつ、静かな内陣を拝ませて貰いました。
本尊 『 毘沙門天 』 様へ直々まみえた祭壇は当然、密教テイストの賑々しさ。
祭壇前に用意されたお経も馴染み深い 『 般若心経 』 で、改めて焼香・読経して、ご本尊との
お巡り会いに謝しました。

 さらに目を引いたのが、脇間の札所本尊様や諸仏様方 ♪
『 一畑薬師如来 』 様をはじめ 『 粟船地蔵 』 様、『 岡野観音 』 様 …… 方々。
やがてご揮毫の朱印帳を持って戻られた和尚様がそれぞれをご説明下さり、茶緒パパと二人、
貴重なお勉強をさせていただきました。
穏やかで丁重なる和尚様に感謝 !

 またお参り後には、干支 ( 酉 ) 柄の綺麗な切り絵 ( 吉祥宝来 ) や、


         KIMG0493.JPG

              KIMG0496.JPG


『 後ろ観音 』 様の板絵もいただいてしまって …… 。


    KIMG0492.JPG    PB236938.jpg
                         ( 本堂扉のこちらが本家本元 ! )


  過分なるお心遣いに、大感激でした〜 ☆☆


       なお拝受の御朱印は、

                本尊 『 毘沙門天 』 様

              KIMG0481.JPG


   『 関東九十一薬師霊場 』 第二十一番    『 関東百八地蔵霊場 』 第九十番

    KIMG0486.JPG     KIMG0484.JPG


              水茎も実に達筆ですね〜 ☆☆☆
          優しき和尚様、諸仏様、ありがとうございました!!



 名残惜しくおいとますると、お庭に 『 とげぬき地蔵 』 様、そして幾多の石仏様。
謝して合掌。
                PB236940.jpg

    PB236957.jpg



      庫裡の古格ある和建築も白梅に映えて …… 、


         P1297441.jpg


            和やかに癒やされたひと時でした〜 ♪♪♪



                        ──── To be continued .


posted by 美緒ママ at 23:38| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

2 月 14 日が過ぎて


 今年も 2 月 14 日 ” が過ぎました。
ワタクシ・美緒ママにとっては第一義に 『 バレンタイン・デイ 』 ではなく、亡き義父の
お命日とゆー意味合いの日です。
今年はお姑さんの都合で、翌 15 日になりましたが。


 幸い穏やかな梅日和、歩いて一、二分の菩提寺 『 正翁寺 』 様墓地へ詣でます。
寺領は小さな丘の傾斜地。 本堂の背負う斜面に配された墓域は、林中にひらけた空間から
近在を見遥かす割合気持ちのいい環境。
一家でお参りの後、墓域入り口にひっそり佇む石像群へも合掌しました。
 実は当山 『 正翁寺 』 は地元の古刹様。
ずい分古い年号の刻まれて、お姿のゆかしいお地蔵様や観音様が回国供養に祀られています。



     KIMG0478.JPG   KIMG0476.JPG



当地の郷土史家や仏像愛好者方には、必見スポットとか ?
更に、門脇の 『 目の薬師 』 = 『 薬師瑠璃光如来 』 様へも勿論お参り〜 ♪



 さて、そうして帰宅してお義父さんの仏壇へ、以前は 『 バレンタイン 』 にかこつけた
チョコレートをお供えもしたのですが、気付いたら今年はやめていました。
家族で ご飯 ” に出掛けて、それでイイか ? と。


 自己嫌悪の元凶たる 気の無いポーズ ” は、少しづつ減らしてゆくのが今後の課題
かもしれない ?
 本気の 終活 ” には程遠いけれど、身ほとりを少しづつ淘汰し削ぎ落として身軽に、
自分を解放してゆけたらなァ ! …… との願望がつのるこの頃です ( 苦笑 ) 。




posted by 美緒ママ at 23:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

先月の俳句学習  1 月第二週 & 第四週  2017


 今年に入ってから、 『 ランドマーク・プラザ 』 俳句教室レポが手付かずのままでした。
先月、実は二回とも都合でお休みしてしまったんです。
従って出句は “ 欠席投句 ” の形 ── 『 志田千惠 』 『 加藤静夫 』 両先生方より後日
紙面のみでの評でした。
そこんところ、やっぱり直々にご指南いただかないとね〜、充分な学習にならん !!
 

 とは言ってもせんないコトだし …… わかる範囲で振り返ってみましょ〜。



第二週目 1 月 10 日

《 型・その 3 》 応用編
「 上五 」 〜 「 中七 」 〜 「 下五 ( 体言 + かな ) 」
一物俳句の かな ” 。 季語の位置は自由。



   年越しの酒売る御成銀座かな          かいう



 一句目は一応情景としては及第。
取材は、商店街の 「 〜〜 銀座 」 にやんごとなき「 御成 」 と付く鎌倉の裏駅です。
年末に忙しく年酒をさばく商店の、庶民的な活気を言いたかったのが、如何に ?
ご指摘では、 「 売る 」 ではなく 「 買ふ 」 にしてもよろしい、と。
…… あッ、そーか ? 店を客観する買い手のスタンスがはっきりする、と気付いた !!
さすが 『 静夫 』 先生〜〜 ☆
ご添削、ありがたく頂戴しますッ ♪♪



   良く晴れて七日明けたる術後かな



 二句目は中七の 「 七日明けたる 」 が効いているか ? の問題、と。
例えば 「 雪嶺が見えた 」 とか具体的な景色を描いた方が上下が生きる、とご指摘でした。
あ〜、誠にごもっとも ( 大汗 ) 。
「 良く晴れし雪嶺仰げる術後かな 」 といたしましょうか、先生 ♪
 


   入院の荷やネルシャツに貝ボタン



 三句目。 「 ネルシャツに貝ボタン 」 のノリは、入院 ( or 入院の荷づくり ) が
楽し気に読めてしまう、と。
はぁ、なるほど ?
とゆーか詠み手は 「 入院 」 のマイナス・イメージに対抗して 「 何の、メゲるまいぞ ! 」
と気合を入れたかったんだけど、通じませんかね ? ( 爆 )




続いて第四週目 1 月 24 日

《 型・その 4 》
「 上五 」 〜 「 中七 」〜「 下五 ( 用言 + けり ) 」

 この回は課題の型での出来が悪く、ダメ出し多くいただきまして〜 ( 泣 ) 。
駄作にて、封印 …… 。
唯一、型以外の一句が及第しました。



   反故にせし約束よ雪降りかかる          かいう



 句またがりの上下のドラマチックな展開に惹かれる、と評していただき大感動 !!
先生に 通じ ” ましたね、嬉しい〜 ♪
なお 「 よ 」 の一言を入れるか、「 雪の 」 とする方法を考えるか、は作者のチョイス、
とも。
そーですね、先生、「 反故にせし約束雪の降りかかる ( or 降りしきる ) 」を
いただいちゃいます〜 ☆

 以上で終わった 1 月。
自分的に好きな句が受け止めて貰えるのは、本当に嬉しい〜 ♪♪♪
だからなおさらに、もっと 『 静夫 』 先生に通じる句を作りたい !! です。
これからも精進精進 …… 。



 しかしまァ、この月さすがにイロイロ忙しかったせいか、月末の 『 角川俳句 』 誌
投句をすっぽり失念〜 ( ガ〜ンンン ) 。
あちゃ〜 !! …… 珍しくヤっちゃいましたよォ ( ため息 ) 。

 “ 忙しい ” と、人間、ココロを忘れる !? …… なんちて、言い訳だ。


 

posted by 美緒ママ at 02:38| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

三浦の春を待ちかねて  Gosyuin Traveller 63


 去る 1 月 25 日 ( 水 ) に遡りますが 、朝 8 時 40 分より茶緒パパのプチ手術後
通院 & 診察だった日。
昼頃帰宅し、コンディションも良好とゆーことで、気晴らしのドライブに出てしまいました !
( イイのかァ ? …… 苦笑 )


 Gosyuin Traveller , 春の三浦巡拝を待ちかねて、ちょいとひとっ走り
下見 ( ? ) ” です ♪ ────


         1485335810991.JPG


 13 時 19 分、 『 レボちん君 』 久々の出動。
環状 4 号線〜朝比奈越え〜鎌倉・明石橋信号〜ハイランドさくら道〜久木ハイランド入口〜
逗子・池田通り〜桜山トンネル〜葉山トンネル、と経て。
横須賀市秋谷〜芦名へ、 「 おぉッ ! 」 っと言葉に尽くしがたき鮮やかな海と 『 富士山 』の
絶景を楽しみつ、 14 時 17 分到着の ……


        浄土宗 『 金剛山 勝長寿院 大御堂 浄楽寺 』 様


  1485335850893.JPG 1485335778165.JPG

         1485335373445.JPG

         1485335386461.JPG

         1485335509075.JPG

  1485335627170.JPG 1485335700975.JPG



 鎌倉 『 光明寺 』 様末とゆー当山、長閑な海辺の素朴な里寺とお見受けしたところ、
どうして、鎌倉幕府の有力者 『 和田義盛 』 によって建立された由緒正しき古刹。
しかも仏教文化財という観点では、とんでもなく貴重な存在 ?
なぜなら収蔵庫に、国指定重要文化財 ( ほぼ国宝級 !? ) をご所有なのです !
第一に、かの高名な仏師 『 運慶 』 真作との誉れ高きご本尊 『 阿弥陀三尊像 』 。
次いで同作 『 木造不動明王像 』 & 『 毘沙門天像 』 。
凄いで〜す !!

 通常の非公開が惜しまれつつ、この日はお庭の 『 延命地蔵尊 』 様のみ参拝。


         1485335441466.JPG



 庫裏玄関で御朱印ご対応下さった梵妻様に、今期の 『 三浦霊場 』 ご開帳を確かめると、
やはり当山 『 不動明王 』 様、及びお近くより 『 薬師如来 』 様も出開帳、と。
「 是非お巡りしたいと思います 」 と申し上げれば、
「 どうぞお出掛けください。とても賑わいますから 」 とにこやかにお招きいただきました。


 では、ひとまず拝受の御朱印、


       本尊 『 阿弥陀如来 』 様     『 三浦二十八地蔵霊場 』 第十九番

     KIMG0444.JPG    KIMG0446.JPG


                ありがとうございました!!



     1485335660656.JPG    1485335733495.JPG

     境内の石仏様や石塔。



 更にこちらでは、墓域に歴史的著名人がおひと方 …… 、


             1485335787876.JPG


『 前島密 』 氏 ── 近代郵便制度の創始者と讃えられる業績に感謝し、墓前に合掌して
参りました。


              1485335542017.JPG


   高台の墓域からは薄っすらと、海越しの富士山も望めました。
                      ↓↓↓

              1485335611993.JPG




 さて14時45分、駐車場をおいとました 『 レボちん君 』 と私達。
帰路を林交差点から三崎街道へと。
それから通研通り〜岩戸〜満願寺入口を左に見て、 15 時 12 分、横横道路・佐原 IC へ。
港南台 IC を 40 分頃に出て、お参りドライブを終了です。

 良く晴れて、葉山を横須賀市秋谷へ抜ける海が明るく、富士山が本当に美しい午後でした。





posted by 美緒ママ at 11:15| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

良きにつけ悪しきにつけ


 先日 『 梅 かまくら 寺社特別参拝 / 禅居院 』 よりの帰り際 …… 。


              DSC_1253.JPG

     DSC_1256_01.JPG   DSC_1254_01.JPG



 冷たい霙の中、門前で主催者様においとまし石段を下りかけた時、茶緒パパが鎌倉街道の
バスに気づいた !
「 あッ、上大岡行き !! 」
「 え〜 ? ウッソ〜 」
瞬時お寺参拝は消し飛び、二人でダッシュしてました。
幸い、すぐ先の停留所でバスへ滑り込みセーフ ☆☆
ヒャ〜、バクバクしたけど、助かったァ ♪
極寒の外を長く歩かずに済んだわ。
 って、殆ど千載一遇 ?
なぜなら、多くて一時間に一本程度の路線だもの ( 汗 )  。
“ みほとけの思し召し ” ですかね ? …… なんちゃって ♪
ありがとうございま〜す !!



 世の中、このトシまでやってりゃイロイロあるもんで。
その前日には、何と 『 レボちん君 』 がプチ事故に遭遇しまして ! ( キャ〜 )
結果としては ( たぶん ? ) 、クルマ同士の物損事故の範囲と思われ、ともあれ人間サマには
殆ど衝撃無く、助かったワケです。
そーゆー程度で済んだだけ、守られたと弁えます !!

 勿論 『 レボちん君 』 にしてみれば随分な負傷で、早速 『 SUBARU 』 の修理工場へ
ご入院 !
ご帰還は三〜四週間先らしい。 
一日でも早い回復を祈るばかり …… ( 涙 ) 。



 然るに、その間の助っ人 ( 代車 ) として早速やって来てくれたのが、新品の兄弟車種
『 IMPREZA SPORT 』 クンです ♪♪



     KIMG0473.JPG

                KIMG0472.JPG


 しっかり役立ってくれてますよ。 ありがとう〜 ☆☆☆
擦りむいたりしないよーに、茶緒パパ気を付けましょうね !



 そうそう、このコもご加護に与れますよう、 『 川崎大師 』 の交通安全祈祷ステッカーを
バッチリ貼ってま〜す ♪♪♪


             P2139084.jpg




posted by 美緒ママ at 23:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

『 梅 かまくら 寺社特別参拝 / 禅居院 』  Gosyuin Traveller 66


 先日庭で思いがけず、鉢植え球根の 『 原種チューリップ 』 に発芽を見つけました。
『 ムスカリ・ラティフォリウム 』 の鉢にも発芽、早い 『 M.アズレウム 』 には花芽が
覗いてる〜 ♪
と “ ささやかな春 ” に浮き立っていたのに …… 。
昨日・今日と極寒の雨 ! それが霙になり …… やがて雪 !? ( ひゃァ〜 )
 

 でもそんな昨日、我が家二人はお出掛けでした。
Gosyuin Traveller 『 梅 かまくら 寺社特別参拝 』 2 月 9 日 ──── 


              DSC_1254_01.JPG



 昨年来楽しみにしているこの企画がスタートし、 My 参加初回のこの日が、


           臨済宗建長寺派 『 石屏山 禅居院 』 様


         DSC_1255_01.JPG

              DSC_1256_01.JPG


道向かいの臨済宗大本山 『 建長寺 』 様の、境外塔頭です。
基本的に一般拝観謝絶の浄域ゆえ、当企画が大変貴重なチャンス。
かねがねその門前を横目で通る度、部外者に窺い知れぬ領域へ妄想をそそられてました。
その秘密の園へ遂に足を踏み入れると思えば、ソワソワ〜 ♪

 生憎の寒波、冷たい雨も何のその ! …… でもないか ?
やっぱ超さぶ〜ッ …… 嗚呼、禅刹は参詣も修行ですかッ ( 泣 ) 。

 しか〜し北鎌倉、近さはめっちゃ救い ♪
12 時 10 分発の京浜東北線で大船へ。 26 分発の横須賀線で、待ち時間あったにしても
30 分にはもう駅到着。 それから歩いて 12 時 45 分頃 ── 集合場所・門前へ折れると、
緩やかな階段上に見知ったお顔が ! 
去年お世話になった 『 鎌倉十三仏詣実行委員会 』 の担当者様でした。
今年もよろしくお願いします !
 会費を納め参加証を首に下げ、境内の前庭から玄関へ。
お出迎えの ( たぶん ) 梵妻様に、他参加者様と本堂へ案内されると、暖房の効いた外陣の
お席は早や満杯近い盛況。
雨天にも拘わらず、企画の人気ぶりが窺えました。


 茶緒パパと二人、端の席へ着き、本堂内を眺めつつ待つと、定刻 13 時をやや過ぎ
住職様がご登壇。 開会のご挨拶です。
お見受けするにいかにも “ お坊様 ” 然とされ、且つお話しぶりの磊楽な楽しい和尚様で
いらっしゃいます ♪
軽いジョークで場を和ませ、臨済宗普及の来歴、当院の成り立ち、ご本尊様、諸仏諸像様に
ついてテンポ良くご講話下さいました。
 殊更、祭壇中央のご本尊 = 『 聖観音菩薩半跏ふ坐 ( 遊戯坐 ) 像 』 様のたおやかな
美しさはもとより、由緒も分かりやすくご紹介いただき。
更に左手の坐像 = ご開山 『 大鑑禅師・清拙正澄 』 様、右手の 『 摩利支尊天 』 様
( 開山様の念持仏 ) の来歴も興味深く。
ホント軽妙洒脱なご住職のトーク、 ( こう申しちゃナンでしょうが ) まるで噺家さんの
ように引き込まれました ♪♪
僧職 ” の方と言うのは、或る意味 話術 ” のプロでもありますからね。

 加えて講話の後、参加者全員で諸尊へ 『 般若心経 』 を唱和して、ひと通り段取りを
終えて。
参加者順次お焼香してから、自由に内陣拝観となり。
まず祭壇左手のお軸より拝見させていただき、先刻和尚様ご説明にあった 『 涅槃図 』 への
お心遣いに感銘。
「 来週にはお釈迦様ご入滅の 『 涅槃会 』 ですのでね、この絵を掛けさせて貰いました 」
と。
壁面、左右の極めて微細な 『 曼荼羅図 』 に驚かされ、中央に哀調とあでやかさを
湛えた 『 涅槃図 』 。 何れもが中央アジアの仏画家のお作であるとの由。
ふと思い出しました、過日寒川の 『 安楽寺 』 様で拝見した美麗な 『 両界曼荼羅 』 !
そう、 『 南泉寺 』 様でも別意匠の 『 曼荼羅図 』 を拝見しましたっけ。

 続いて、祭壇を左手から 頂相 ” の形に木彫されたご開山 『 大鑑禅師 』 様。
中央 『 大悲閣 』 の扁額 ( 先々代住職ご揮毫 ) の許、遊戯坐に寛がれる 『 聖観音 』 様。
レースの如宝冠が華やかで、かの 『 水月観音 』 様に勝るとも劣らぬ麗容です。
更に右手には 『 摩利支尊天 』 様。 猪の支える蓮台にふくよかな女神のお姿でした。

 そうそう、祭壇の手前に大きな 『 お鈴 』 !
和尚様、「 今も毎日ゴンゴン叩いてますがね 」とお笑いになった、実に二百数十年前の銘が
語る歴史。
 他に漏れず、何度も焼失と再建を繰り返された当院の苦難の中で、生き残って来た奇跡 !!
同様に、外陣頭上に二重折上げ天井の形ではめ込まれた、旧本堂の天井画。
格子の中にそれぞれ草花・鳥獣をあしらった、美しい意匠でした。
過不足無きメンテナンスの、さぞや大変であったろうと偲ばれます。

 こうした寺院様のたゆまぬご尽力によって、古格ある文化財の継承される奇特、本当に
頭が下がりました。
得難い眼福・耳福・心の潤いに癒やされたひと時でした。


 なおこの日の参加者全員分、書置きでご用意下さった御朱印が、


               本尊 『 聖観音菩薩 』 様 


             KIMG0442.JPG


               ありがとうございます !!


 用意された お守り ” も一種拝受して、暖かな本堂を名残惜しくおいとましました。
生憎だったのが、折から極寒の霙と化した天候。
お庭に咲き出した白梅をゆっくり撮るゆとり無く、14時20分過ぎに退出しました。
来年またの機会に恵まれれば、必ずや梅日和に再拝したいものです。

 住職様、梵妻様、主催者様、お世話になりました。
またとない良き時間でした。



          DSC_1252_01.JPG





posted by 美緒ママ at 23:44| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

特定健康診査 結果


 二月に入って、鎌倉・若宮大路に 『 タマナワザクラ 』 を見ました。
例年よりぐっと早いような気がします。


 KIMG0401.JPG  KIMG0381.JPG


日脚の伸びる季節とは言え、夕方に近く光量不足でか、ピントがボケボケですね …… 。
もう一度、明るい時刻に撮ってみましょう。



 さて昨日 7 日 ( 火 ) 、旧臘 22 日に受けた 『 特定健康診査 』 の結果が漸く
届きました。
年を跨いだにしても、随分時間が掛かったものですね。
事務処理、相当混み合っていたんでしょう。
『 神奈川県予防医学協会 』 様、常々大変ご多忙な中お世話になってまーす …… 礼ッ !

 然して、当然案じていた結果。
今回、 S 癌と D 癌 ( = 自主受診分 ) は無罪放免 ♪
『 特定健診 』にのみ、 “ 要経過観察 ” と書かれちゃいました〜 ! ( 汗 )
ん〜 ? “ 肝機能検査 ” 値が、基準範囲 をほんの 1 〜 2 ポイント越えてるンです。 
えー ? 初めてですよォ。 ちょっと焦る …… 。
でも対応については、 「 来年も必ず検査を受けましょう 」 とのこと。
何か早急な対策が要るワケじゃ無さそうだし、 “ 健診 ” は引き続き毎年受けるつもりだし。
そうそう、何かのついでにホームドクターの内科さんに、ちょっと訊いてみようかな。



 なお、美緒ママ懸案の 眼科アフターフォロー ” も、 1 月 17 日にて最終の通院、
月末で 点眼治療 ” 終了となりました。
院長の 『 Y 』 先生から、 「 順調にすっかりキレイになってるよ。おめでとう ! 」 と
握手〜〜 ♪♪
ありがとうございます、これでホッとです。


 気掛かりだった幾つかがアタマを離れ、穏やかな春を楽しめるとイイな〜〜 ☆☆




posted by 美緒ママ at 01:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする