2017年08月28日

晩夏の Cool ☆彡


 この晩夏のストレス発散ひとつ ── 懸案だったネイル・メンテナンス !!

 去る 8 月 23 日 ( 水 ) 、超久々のサロン 『 bird 』 行き〜〜 ☆☆
My ネイリスト 『 ユカ 』 さん、ご無沙汰しちゃってごめんなさい。
辛うじて状態の戻りかけたこのタイミングに、お願いしました ♪♪
“ 縦割れ癖 ” に苛まれる四本分をジェルで修復 & 保護、他六本は通常のジェル仕上げ。
カラーは肌馴染みの良いカフェ・オ・レ色をシンプルに …… 甘さの無いトーンと、左右一ヶ所
ずつラインストーンのきらりが Cool 〜 ☆☆


     KIMG1030.JPG     KIMG1019.JPG



 惜しむらくはあまりにデリケートな色味でね !
携帯カメラ経由じゃ、リアル発色してませ〜ん ( 泣 ) 。

 でも、実際には大好きなアースカラーですし ♪
ユカさんにはいつもいつも、癒やしと元気の素をいただいています。
ホントにありがとうございました〜 ☆☆☆



posted by 美緒ママ at 12:58| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

「 港南区を巡ろう !! @ 」 Gosyuin Traveller 68


 激暑の後、依然猛暑だァ〜〜ッ !! ( 庭で滝汗〜 )


 Gosyuin Traveller は、心地良かった浅春の 『 港南区日野 』 界隈を
散策します ♪ ────

 予てより気になっていた隣接区日野エリア。
実働の途絶えているらしき古い霊場 ── 『 金澤三十四観音霊場 』 の札所が点在しています。
古来の “ 朱印 ” そのものが最早失われていたり、対応を停止している寺院様も少なくない
ようですが …… それでも近在なので、訪ねてみたいと思います。


 2 月 16 日 ( 木 ) 12 時 05 分出発、20 分頃、鎌倉街道より 『 日野中央公園 』
駐車場へ in 。
“ ピンチヒッター ” 『 IMPREZA 』 君を預けて …… 人間サマは運動しないとイカンので、
徒歩にてお巡りです。

 まずは公園を突っ切った先の ……


           高野山真言宗 『 日野山 真如院 徳恩寺 』 様


         P2167569.jpg


 寺院建築には珍しい “ 長屋門 ” 様式の山門と、植栽の 『 リュウゼツラン 』 が独特の
外観をかもしています。 コレけっこう有名らしい ?


         P2167570.jpg

         P2167571.jpg



 境内は広くないものの、本堂・庫裏の他に、重厚な客殿も構えておられます。


         P2167578.jpg



 もうひとつ驚いたのが大きな檻 ── 何と 『 クジャク 』 さんじゃないですか ?


         P2167577.jpg


生憎細かい網目でよく見えなかったけど、お水飲んでました〜 ♪
動物園ならぬ、意外な所で出会ったもんです !


 それはそーと、肝心のお参りをしなきゃ、ですね ( 笑 ) 。


             本堂向拝で合掌・読経。


          P2167573.jpg


 その後庫裏へお声掛けすると、ご対応の梵妻様、
「 生憎住職が留守で、手書きが出来ませんが。 判でよろしければ 」 とのこと。
せっかくなのでお願いしました。 ご住職のご揮毫はまたの機会に、とゆーことで。


      ご本尊 『 延命地蔵尊 』 様     『 金澤観音三十四ヶ所霊場 』 第二十四番
                     『 新四国東国八十八ヶ所霊場 』 第六十九番


     KIMG0986.JPG     KIMG0989.JPG


                ありがとうございました !!



   P2167583.jpg
                 P2167579.jpg


                 長閑な境内には 『 フクジュソウ 』 も鮮やかに ♪♪




 続いては、敷地続き ( ? ) の ……


                 『 春日神社 』 様


         P2167586.jpg

         P2167588.jpg


 鎌倉街道を通る度、予々気になっていたご神域です。 嘗てはお隣 『 徳恩寺 』 様が別当を
務めておられた由。



         P2167587.jpg


急な石段を高台まで上ると、狛犬くん達に迎えられ、


  P2167592.jpg
                 P2167591.jpg



              古く簡素なお社前へ。


         P2167590.jpg

         P2167593.jpg


               拝殿へお参り。



 その後社務所へ向かうと、他のご参詣の女性が呼び鈴を押しておられました。
が、生憎ご不在の様子。 残念ながら要再訪、とゆーことですね。


         P2167597.jpg


             ご祭神様、またお目に掛かります。


         P2167596.jpg


 下り行くにも、誠に怖い急な石段でした !!
おいとまして、次の目的地へ。
いったん鎌倉街道へ出て公園を過ぎ、信号先の 『 日野公園墓地 』 を目指します。


 そのエリアに構えるのが、曹洞宗 『 成寿山 善光寺 』 様。
霊園最寄りの石材店に並んだ現代的な建物へ様子を窺うに、もしやご法要中 ? …… 的な気配。
なので、お声掛けを見合せました。
またいつかのご縁に、とゆーことでこちらも今回はパス。



 それではこの日最終の目的地へ、鎌倉街道を渡り野庭団地への坂を上ります。
住宅地の中に “ 光明寺下 ” の信号 ! 何とも分かりやすい ?
…… が、その位置はお寺の真裏だったけどね ( 汗 ) 。

ぐるっと山門前へ回り込むと、


             高野山真言宗 『 福聚山 光明寺 』 様


         P2167599.jpg

    P2167601.jpg   P2167600.jpg

         弘法大師様、お地蔵様、お参りさせていただきます。



         P2167602.jpg

         P2167603.jpg

         P2167612.jpg


               本堂向拝にて合掌・読経。



 ご住職に拝受の御朱印は、


          『 新四国東国八十八ヶ所霊場 』 第六十八番

             KIMG0988.JPG


               ありがとうございます !!



 因みに 『 金澤三十四観音霊場 』 第二十五番の御朱印は非対応のようですね。
おいとまし振り返れば、大きな銀杏の裸木や紅梅が印象的でした。


P2167604.jpg P2167607.jpg



 さぁそれでは日野中央公園へ戻り、助っ人 『 IMPREZA 』 君と帰りましょう。
14 時 15 分頃駐車場を退出して、無事お巡りを終えたこの日でした。



posted by 美緒ママ at 01:52| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

郵便局はどこ ?


 「 東京の最高気温が 36 ℃ に !? 」 って言われた 25 日、上大岡へ銀行の用事に
出向きました。
信託系の銀行のため、我が家の最寄りには支店が無〜ぃ ( 汗 ) 。
なので 『 レボちん君 』 を駆って、出発したのでした。

 上大岡駅ビルの駐車場につけて、ビル繋がりの銀行へ。
幸い用件はすぐ済んだので、続いて二つ目の用足しへ。

 ところが、肝心の目的地が探せません。
『 上大岡駅前郵便局 』 ── 茶緒パパのスマホではすぐ近い筈なのに、看板も見えな〜い !
あれぇ〜 ? …… とビルの角を奥へ進むに、小さ〜な扉が。
あッ、何だココか !
地下へと細い階段を降りれば到着。
良かった、この日の内に済ますべきコトがあったんです。
それは、『 毎日俳句大賞 』 投句料の払込み。
無事完了いたしました〜〜 ♪♪♪


 因みに投句稿の発送は翌 26 日の消印有効。
『 ランドマーク・プラザ教室 』 で 『 鷹 』 の先生方より発破掛けられてました。
…… そりゃそーだわね、どシロウトは “ 当たって砕ける ” しかないもの。
が、しかし、数打ちゃ当たる ? …… ンなわけねーだろ ! 簡単に。
だいたい、沢山々々応募句を作り続ける気力・体力・創作力ったら、ハンパないじゃん ?

 ソレがあったら苦労はせんゾ〜 、とボヤきつ、抵抗を繰り返す毎日であります ……… ハハハ。




posted by 美緒ママ at 15:44| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

今月の俳句学習 8 月 第二週 & 第四週  2017


 今季最も暑かった日 ( ? ) が過ぎて、まだまだ暑さ厳しいです。
今月の俳句学習 ── 『 ランドマーク・プラザ教室 』 レポへ参りましょう。
いつもどおり 『 志田千惠 』 『 加藤静夫 』 両先生にご指導いただきました。


第二週 8 月 8 日

《 型 ・ その 4 》
「 上五 ( 季語 ・ 体言 ) 」 + 「 中七〜下五 ( 用言〜けり ) 」 
取り合わせの句に、強い切り字の 「 けり 」 。

 この日は成績悪く、 △ X X って感じ …… ! ( 汗 ) 

 唯一 △ の句が、



   初あらし我がジーンズの膝に穴          かいう



 中七〜下五の言い回しはユニークさを褒められ、季語もそれなりに宜しい、と。
だのに ( 実は〜 ) 「 初 」 の漢字表記を間違えてた ?
キャー、 “ 表記間違い ” は、句会本番じゃそれだけでも落選なのだ〜〜 ( ガーン ) 。 
しかも宿題の 《 型 》 はゼンゼン不出来で、この自由な型のみ …… ?
どーしましょ !? …… って感じですよね !!

 もォ〜、暑さボケだなんて言い訳にもならんわァ〜 ( 泣 ) 。
とゆーダメダメな体たらくどした ( シュン ) 。



 それでは気を取り直し ……

第四週 8 月 22 日

《 型 ・ その 4 》
「 上五 」 〜 「 中七 」 〜 「 下五 ( 〜けり ) 」
一物俳句の 「 けり 」。 ひといきに言い放つ強いリズム。

 この回は辛うじて、 〇 △ X って感じでした ♪
及第句、



   足裏の切り傷ひとつ夏終はる          かいう



 水辺の体験として具体的な景が想像され、季語も適切 …… と両先生の評をいただけました。
ずっと記憶に残る小学生時代の、 『 山北 』 の川原の思い出です。
傷の感触まで蘇る気がします。

 あ ? でも、コレってやっぱり 《 型 》 以外ですね ? …… いやはや ( 汗 ) 。


 △ は 《 型 》 の句 、



   空蝉のどうなとせよと転げけり          かいう



 「 空蝉はそもそも中身が無く、意思も無い 」 ( 千惠先生ご指摘 ) から …… 辻褄は
合わない。
そんなことは当然承知で 「 “ こう見えた ” 、と感覚として味わうしかない句でしょう 」 と
静夫先生のコメント。
「 X 」 ではないんですよね ? 先生。

 因みに 《 型 》 のボツ句は、 



   犬の仔の竃馬みつけてしまひけり          かいう



 これは飼い主にしかわからない “ 苦笑 ” 要素だったようで、 「 状況がわからない。
見つけて仔犬がどうなったのかを伝えた方が良い 」 とのこと。
“ 限定 ” 的な背景は無理、とゆーことですね ?
わかる人に笑って欲しかったんですが〜 。 自費出版 『 句集 』 用ですかね ?

 と、色々勉強しました。
勿論ルールは守り、時にスカーンと言い切ることを躊躇わず、捉われずに挑戦すべし ! ──
そんな気がした今月でした。


 なおこの日は講習後、夏の恒例 『 暑気払い 』 の一席が設けられました。
両先生へのお礼、そして皆の親睦会として。
春から三名の新会員を迎え、益々賑やかになった今期。
先生・皆様、改めて宜しくお願いしま〜す♪♪♪ 



posted by 美緒ママ at 01:31| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

“ チョイス ” ─── どれを選ぶ ?


 昨日 ・ 8 月 19 日 ( 土 ) 、念願の Robben 先生 “ 来日ライブ ” 予約日が
やって参りました〜 ♪ ( わくわく ! )
で、選択肢、まずは Venue ── これは勿論 『 COTTON CLUB 』 。
それと Date ── こちらが悩みどころだったけど。
決断したのは 11 月 19 日 ( 日 ) の 2 nd set。 
もしアンコールで盛り上がったとしても、直近の東京駅から下り線、何とか帰れる !!
( いゃ、僻地居住者はそーゆー問題が有るんですよォ。 )
…… と、そんなこんなでインターネット予約完了 !! 目出度し〜〜 ☆彡


 実は今回、メンバーも内容も “ 未知数 ” なのだけれど。
イイや〜、ステージの Robben に逢えるなら …… とゆー気分で参じます ( 笑 ) 。
 そそられた気持ちが自ずと導かれるなら、 “ アリ ” でしょう。
望んで叶わないのは、そもそも無縁 ? ( そーゆー体験は多々あるので …… )



 “ チョイス ” は、生きている限り繰り返す。
選び取ったこと、選ばなかったこと、 “ 選べ ” なかったこと。
結果として今が有り、半分は為るべくして為った、とゆー気もする。
判断の結論は或いは、然るべく引かれた軌道かもしれない ?



 11 月までのロング・スパンで希望すること、幾つかリストアップしてみた。
その中の、一番望んでいるひとつを叶えようと思う。
神経を逆撫でする “ ネイル・トラブル ” ── 修復しがたく傷んでいたコンディションが
漸く上向きになって来たんです。 だから一気に解決したい !!
常々視野に入る指先がきちんと保護されていれば、大いに癒やしと励みになるから ☆☆☆


 すっかりご無沙汰だったネイルサロン 『 bird 』 へ、予約入れました〜 ♪♪
自分に活を入れる “ チョイス ” です。



posted by 美緒ママ at 23:15| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

Gosyuin Traveller 67  A


 天気予報にあったのか、宵頃突然の豪雨・雷 ( ドッヒャ〜 ) 。
出掛け帰りの足を止められてしまいました !!
およそ一時間雨宿りして、幸い止んだので帰宅。
すると遅くに再び、豪雨・雷鳴 …… ひどく不安定なお天気でした。
こんな荒模様は早く脱したいもんですねぇ ( ため息 ) 。



 さて Gosyuin Traveller は 『 覚園寺 』 レポ 後編へ参ります ────

 『 黒地蔵 』 様のお堂に参り、 拝観の一巡を終えたところで、私達は先の朱印所へ急ぎ
ました。 折から順昌様も御朱印をしたためておいでです。
先に書き終えてあった朱印帳には、


      ご本尊 『 薬師如来 』 様    『 相模国大師二十一ヶ所霊場 』 第三番

    KIMG0501.JPG    KIMG0502.JPG


           ご本尊様、お大師様、ありがとうございます !!




 それから一行は 『 客殿 』 の 『 茶話会 』 へ招かれました。
冷える浅春の外気から、暖かな席に落ち着いてホッと。
梅昆布茶とお菓子のご接待も嬉しく。

 まずは副住職様から、参加者へのお労い。
続いて、ゲストにお迎えした鎌倉小町通の有名な和紙店 『 社頭 』 ご店主様のトーク。
貴重な某和紙について、現物見本と興味深い解説が眼福・耳福 ♪♪♪
お土産にはオリジナル絵葉書もちょうだいしたのでした。 

 『 茶話会 』 お開きの後、順昌様へお礼に参じた美緒ママ。
すると訪拝への労いに加え、 「 あ、先日はどうもお世話になりまして 」 と丁寧なるお言葉。
実は順昌様、美緒ママの仕事先のお客様なのでした。
「 いいえ、こちらこそありがとうございました 」 と改めて返礼。
当山ご住持一族 『 仲田 』 様とは、偶然にも旧知のご縁あった仕事先 !
京都の名刹 『 醍醐寺 』 現管長となられた叔父上 『 仲田順和 』 座主様がお若い頃、顧客の
お一人であったらしく …… 。
ご一家の感性が偲ばれる逸話です。


 やがて佇まい佳き 『 客殿 』 を辞し、二時間程の稀有な 『 特別参拝 』 を終えた私逹は
惜しみつつ 『 覚園寺 』 様をおいとま。
順昌様、皆様、そして主催者様、お世話になりました !!




 再び 『 大塔宮 』 よりバスに乗り、 早や “ 日常 ” への回帰です。
鎌倉駅前へ着けば、生身は “ お三時 ” も過ぎた遅いランチを渇望しています。
幸いお気に入りカフェ 『 Vivement Dimanche 』 の席があったので、


         P5275093.JPG

             120225_1258~010001.jpg


絶品 『 オムライス 』 に決定。 Y ちゃん共々、美味しくいただきました〜 ☆☆☆
 


 斯くして夕方鎌倉駅を発って、有意義に終えた一日でありました。




posted by 美緒ママ at 23:49| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

『 梅 かまくら 寺社特別参拝 2017 / 覚園寺 』 Gosyuin Traveller 67  @ 


 この夏の常ならぬ不順な気象に、少々メゲています。
予期せぬタイミングで忍び寄って来たプレ ‟ 熱中症 ” 、暑さのせいとは限らない
ところが怖い !
どちら様もくれぐれもお気をつけて。


 で、記事はすっかりおマヌケですが、未だ寒かった頃の ‟ 書き残し ” へ遡ります。


 Gosyuin Traveller , 2 月 12 日 ( 日 ) 『 梅 かまくら 
寺社特別参拝 』 参加レポ、第二弾 ────

 JR 大船駅 11 時 46 分発の横須賀線で 52 分鎌倉駅着。
しばし時間調整してから、駅前で待ち合わせたのは ── はぃ、女子友の 『 Y 』 ちゃん ♪
実は今回、茶緒パパが欠席のため、スペシャル・ゲストに Y ちゃんをお誘いしたのです。
合流した鎌倉駅前は陽射しポカポカ。 でも日陰のバス停は寒い …… 春料峭。
Y ちゃん、日向ぼっこしながら行きましょうね〜 ♪

 4 番バス停 を12 時 25 分発、 『 大塔宮 』 行き。
およそ 20 分で着いた 『 大塔宮 ( 鎌倉宮 ) 』 様へ、時間があるのでお参りする
ことにしました。
 拝殿にて、Y ちゃんと並んでニ礼 ・ ニ拍手 ・ 一礼。
傍らの社務所で一緒に、御朱印拝受です。


             KIMG0979.JPG


茶緒パパ以外の誰かとこんな風に寺社参拝って、珍しいな〜 ( 笑 ) 。




 さァそれでは、この日の本命を目指しましょう !
徒歩 10 分程の古刹 ……


         真言宗泉涌寺派 『 鷲峰山 真言院 覚園寺 』 様


         KIMG0448.JPG

         KIMG0450.JPG

      KIMG0447.JPG   KIMG0449.JPG


 山門前で、主催者 『 鎌倉十三仏詣実行委員会 』 様の受付を済ますと、門内には早くも
参加者様の集団。
順序は逆になりますが ( 済みません ) 、取り急ぎ寺務所へ朱印帳 ( 当ご宗派専用に
新調したこちら ↓↓↓ ) を


     KIMG0499.JPG


 預けてから一団に加わりました。


 定刻 13 時半頃、副住職 『 仲田順昌 』 様のご挨拶あり、その案内に就き従って
一行はゾロゾロ境内奥へ ( 生憎撮影不可なエリアにつき、写真は無しです ) 。
通常の ‟ ガイド付き参拝 ” には昨年伺った美緒ママでしたが、順昌様のご案内はお初 ♪
( 実はこの日、順昌様にお会いするのが楽しみだったんです。 その理由は後ほど )

 まず参じた 『 薬師堂 ( 本堂 ) 』 にて、去年の記憶を確かめつつお話を伺いました。
当堂では本尊 『 薬師三尊 』 様をはじめ眷属 『 十二神将 』 様、客仏 『 鞘阿弥陀 』 様
などなど ── ほぼ重文級のご尊像や貴重な建築を拝観。
それらを、かつて苦難の時代に守り通された歴代ご住職方、そして志を引き継がれる順昌様。
温厚な佇まいの内に、秘められた決意のようなものを感じました。



 さてそれから、一同は境内奥の “ 非公開エリア ” へと進みます。
驚くばかり深い森には、梅林の華やぎ。
雨後の湿りを残す土に大樹の根を踏み越えながら、到着したのが 『 棟立の井 』 ──
かの 『 鎌倉十井 』 の内で、最も出会いがたい史跡です。
古い小さな木橋を参加者一人一人が慎重に渡り、崖の窟を覗き込めば …… ちょうど軒めく
岩盤の張り出しの下、水を湛える所謂 “ 横井戸 ” 。
悠久の時を経て、なお涸れぬ水脈の奇跡を思いました。 



 さらに奥へ踏み入ると、古びた門が現れます。
その門内が一山の最も核心たる 『 開山御廟所 』 。 近付くにつれ、ひときわシンと
空気の冷えるような …… ?

 目前に壮大な 『 宝篋印塔 』 がニ基、どっしりと苔むしていました。
開山塔は 『 智海心慧 』 様、大燈塔に二代 『 大燈源智 』 様をお祀りです。
当二祖様へ毎日の悲喜こもごもを聴いていただいている、と順昌様。
浮薄な現代にあって、斯く仏教者たる任を生きる若和尚様の心の拠り所 ? …… と思えば
寒さながら温もりも感ずるようで。
合掌 ・ 礼拝し、さらに回りを数多取り巻く小振りの代々住持様墓塔へも掌を合わせ、稀有な
ご縁を謝しました。



 やがて名残惜しまれつつ、戻る復路。梅の香り再び。
往古より少しも変わらぬような森の深さに、群れ歩く集団の気配さえ吸い込まれてしまいそう
でした。
 異境の深淵より浮上するかに戻りながら、左手の 『 旧内海家住宅 』 という江戸期名主
住宅の遺構、続いて 『 十三仏やぐら 』 『 千躰地蔵堂 』 についてご説明がありました。
( なおこちらの内部へは、通常拝観の折に案内されます )

 しかしてトリに控えておられるのが 『 地蔵堂 』 の 『 黒地蔵 』 様。
当の名高きお地蔵様 ── その謂われを 「 地獄へ墜ちた亡者を憐れみ、業火を加減してやらん
と自ら焚いて下さる故、常に黒く煤けておられる 」 と伝えます。
 因みにこちらのご縁日がまた特異な 『 黒地蔵盆 』 。
毎年 “ 8月10日の午前0時から ” 始まるご縁日だそーです !!


             P1273444.jpg



深夜の闇に灯籠や提灯のともる …… 境内奥へと解放された神秘の世界への参拝、とのこと。
ほぉ〜 、如何なる行事 ? と興味津々ながら、夜中と言ったって暑さの真っ盛り ?
さすがに尻込みしてしまうなァ ( 汗 ) 。


 あ、それとご当山、もう一つの ‟ 夜参り ” ── 他でもないこの日夕刻、折からの
『 涅槃会 』 に因んだ行事が催される由 !
見れば、境内そこここに置き灯籠が用意されています。
「 よろしければご参拝下さい 」 と副住職様。
…… え ? …… また選りによってこの寒さの夜に !?
「 ちょっと厳しい気温だよね …… 」 と Y ちゃんと二人、ため息モノでした。


 いやはや、 ‟ ほんまもん ” の信心とは偏に忍耐あるのみ ── かしらね !?



                     ──── To be continued.


posted by 美緒ママ at 22:40| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

盂蘭盆会  2017


 この八月、東京で連日降雨を観測 ── 何と 48 年ぶりのことと驚かれたそーです。
どうりで、毎日蒸し暑い筈だわ !
 そー言やァ梅雨明け後も、存外な雨続きや台風余波。
ちっともカラリと晴れてくれなかったし ( 怒 ) 。
やっぱそーなんだ ?

 即ち高湿度の “ 溽暑 ” !! …… も〜ソレだけで疲労するし ( 泣 ) 。
殊に “ 来る ” みたいなんだよね、持病の 『 筋緊張性頭痛 』 に。



 そんな中を 8 月 13 日 ( 日 ) 、恒例の 『 盂蘭盆会 』 。
婚家の菩提寺へは前日下準備に行って、草取り ( 幸い僅かながら ) と墓石拭い。 
当日が改めての墓参〜盆迎え。
 そちらを済ませると、午後からは実家の菩提寺へ ( これも慣例 ── ヨメに行きゃぁ
否応無く二軒分ですワ、大変よ〜 ! ) 。

 尤も実弟クンの車に同乗なんで、ありがたい ♪
菩提寺の 『 盂蘭盆法要 』 へ向かい、本堂に参列です。 
今年は扇風機前の特等席を Get !!
読経の 『 修証義 』 から後に、却って眠気を兆してしまいました〜 ( 爆 ) 。
気付いたらシメの 『 回向 』 …… ?
ヤバッ、マジ寝たか !?
本当に “ トランス ” に入りそうですよ、お盆の声明 !!



 そんなこんなで 『 法要 』 が済むと、参列の檀家さん三々五々と墓所へご先祖様を
お迎えに。
我々も徐に …… と、思ったらショック !!
供花の花束が完全売り切れ〜〜 ( ガーン ) 。
やむを得ず、お線香のみで合掌。
暫しお留守になる墓所だから、お許しいただきましょうかね。

 お盆明けまでには必ずお花供えておきますから、と平身低頭!!
次回からは必ず持参しましょうね〜〜、仏花。


 …… と少々おマヌケな墓参だったのでした〜 ( 苦笑 ) 。



posted by 美緒ママ at 13:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

ノカンゾウ と 熱中症


 ベランダのプランターに 『 カンゾウ 』 の季節がやって来ました。


             P8109237.jpg



 猛暑の中、ちっとも元気そうでない株ふたつから、ひゅるひゅるっと細〜い ( ホントあり
得ない細長さの !? ) 花茎を二本伸ばし、一日花を開きます。


                P8109234.jpg
      P8109241.jpg



 古代にはこの花の淡い “ 橙赤色 ” が憂いを忘れさせると伝え、 『 ワスレグサ ( 忘れ草 ) 』
の呼び名もあり。
…… ん〜 、そーゆー感覚は解りづらいけれど ( 笑 ) 。


 因みに “ 八重 ” のものを 『 ヤブカンゾウ ( 薮萱草 ) 』 、 “ 一重 ” は 『 ノカンゾウ
( 野萱草 ) 』 と呼び慣わすそうなので、コレは 『 ノカンゾウ 』 ですね。
一見楚々と儚げながら、日毎蕾をあげ、絶えず咲き継ぐ律儀ものです ♪
今年また、一茎に十輪以上、秋までに二十越えの花を見せてくれるかも ?



          P8109245.jpg
            P8109227.jpg


          二本目の花茎。 こちらの花芽もこんなに蕾が …… ♪♪



 第一輪目を記録に納めようとカメラを持って出て、他の被写体へも目移り。


          『 ラヴェンダー・セイジ 』 が盛りの花壇。


         P8109230.jpg

         P8109229.jpg



            植え込みの 『 シュウメイギク 』 も早々蕾を覗かせています。


                  P8109252.jpg

            P8109251.jpg

P8109250.jpg




 色々撮り続ける内、仕舞いには徒長した枝々が気になりだして、つい庭鋏で枝伐り〜 !!
ところが、ゴミ袋をひとつ半ばかり一杯にしたあたりで、あまりの滝汗と不快感に、慌てて
中断しました。
いゃ〜 “ 熱中症 ” 初期症状か !? 炎天下でもなかったのに ( 大汗 ) 。

 危ない危ない !!
油断大敵の季節でしたね〜 ( 爆 ) 。
  



posted by 美緒ママ at 01:10| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

Robben 先生 ご降臨〜 !!!


 前記事で偶々、彼のことアップしていたんで。
…… えッ ? …… あれって予感 !? ── というめっちゃ嬉しいサプライズ〜 ☆☆☆

 我らが Robben Ford 先生、 11 月に来日あそばしますッ ♪♪♪ 
拍手〜〜 !!!


 もォッ、三年半のお見限りじゃん ? ( 怒 ) …… ってゆーか実は昨秋 『 渡辺貞夫 』 御大
のツアー・メンバーで来てたんですよ、東京。
しかし何たって世界の 『 ナベサダ 』 じゃぁ、情報知った時にゃ無論 Sold Out !!
そらそーだろうさ、と涙を飲んだワケです。
その時からすると、凡そ一年ぶり ?


 情報源は、我が弟のような “ 音楽ライター ” 『 I 』 君 ♪
予てより、 Robben のことでは多大なお世話になっており。
恩に着てま〜す、 I 君 ( 平身低頭 ) 。


 彼のメールによれば日程は、

南青山 『 BLUE NOTE TOKYO 』 11 月 14 日 ( 火 ) 〜 15 日 ( 水 )
丸ノ内 『 COTTON CLUB 』     11 月 17 日 ( 金 ) 〜 19 日 ( 日 ) 
                                各々 2 セット。


 同行メンバーは、

  Casey Wasner( g.vo. )
  Ryan Morado ( b.)
  Derrek Phillips ( ds.)


以上、浅学にして存じ上げない方々ですが …… 。



 いゃそれにしても、懐かしいなァ〜 、ライブハウス。
かつて何度か出向きました、 Robben に逢いに。
因みに我が家的には、丸ノ内が断然便利。
だって “ 東京駅から徒歩数分 ” の、アクセス抜群〜 ♪
1 st Set を選べば、新幹線で “ 『 大阪 』 日帰り ” すら可能 ! 
( 現にソレ、やってのけた音友が複数いました )



 さぁ兎に角、 19 日の予約開始までに Venue と日にちを決めなけりゃ〜 ♪♪
嬉しい悩みが出来ましたッ ☆☆☆


  Thank you , Robben 〜〜 !!! 




            KIMG0958.JPG



posted by 美緒ママ at 23:15| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする