2018年05月06日

立夏 2018


 庭の植え込みの茂みに、 『 ユズ 』 がひっそり花をつけました。



         P5201074.jpg




足もとでは 『 アップル・ゼラニウム 』 が可愛い小花をつづり、茎葉に触れると林檎のような
香りを漂わせます。
初夏ですね。


         P5044314.JPG




 昨日 5 月 5 日は 『 端午の節句 』 = 『 立夏 』 。
ゴールデンウィークが何事もなく過ぎ去り、それは無論 “ 幸い ” の一つであったりするの
ですが。


 そのささやかな幸いと、新たな季節の食卓の幸いに謝して …… 飯碗を模様替え !



            080506_1541~02.jpg


          ★ 草の頭窯 青山禮三 作 『 美濃古染付麦藁手飯碗 』 



             今年もひと夏、お世話になりま〜す ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 23:45| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

初花 2018


 3 月 21 日 ( 水 ) = 『 春分の日 』 、春彼岸 中日。
何てコト !? 時ならぬ寒さから雪になりました〜 ( ガーン ) 。
お陰で彼岸中日の墓参りが順延に !!
まァ、 “ 櫻に雪 ” ってのも無くはないけど …… 。
いそいそ咲き出した 『 ソメイヨシノ 』 が縮こまってしまう ?



 そうそう今季は、生憎 “ 初花 ” を見つけ損ないました ( 泣 ) 。
今週始め頃にはもう咲いてたようですが。
なので遅れ馳せの登場 …… お約束の “ ご飯茶碗 ” ♪♪♪



           ★ 伊豆蔵幸治 作 『 色絵 ・ 染付櫻紋飯碗 』


  080506_1539~02.jpg  080506_1539~01.jpg



 寒さにめげぬ櫻を応援したいですね。



posted by 美緒ママ at 16:58| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

器の形状  節分 2018


 戊戌年 『 節分 』 を迎えました。
習わしの 『 豆撒き 』 はパスで ( 土下座 ! ) 、 『 恵方巻 』 も単に晩御飯だったから、
ゼンッゼン縁起物にならな〜い ( 汗 ) 。
 ってそもそもアタシら関東人、 『 恵方巻 』 にゃご縁無かったんですよねー。
ほんの数年前まで知らなかった習慣。 西の方ではとてもポピュラーらしいですけど ?


 んで、一応買ってみた巻き寿司ですが、それだけじゃ寂しいんで。
茶緒パパ “ 鍋奉行 ” 殿ご提案にて 『 おでん 』 をプラス ♪
勿論、名 “ おでん奉行 ” であるパパ殿のこと、 いつも通り「 濁りの無いつゆ 」 が自慢の
美味し〜い 『 おでん 』 完成デスッ ☆☆☆ ( 拍手〜〜 ! )
んふふ、こーゆー寒い季節には堪えられんですなァ ( はぁと ) 。



 さて、そこでちょっと思案。
これまで 『 おでん 』 を盛るのに、陶器の深皿を使っていました。
でも 「 もちっと小深い方がヨくない ? 」 ってコトで、幾らか小さくて深目な鉢に盛って
みたんです。
すると、この納まりが実にイイ ♪♪


             DSC_72790001.jpg

         DSC_73050001.jpg

          ★ 小林東五 作 『 無地刷毛目文字入り平向付 』



 達者な轆轤の立ち上がりがとても美しい、 『 東五 』 先生の “ 平向付 ” 。
径 17 cm ばかりのサイズにしては、見込みの深さが存外の容量です。
つゆもそこそこ張れて、思いがけず使い易くて ♪
いゃ 『 おでん 』 には少々贅沢な器だと思ってたから、ちょっと発見でした ( 笑 ) 。
折角有るもの、どんどん多用途に活用せねば勿体ないですね。


 器の “ 形状の美 ” と “ 使い易さ ” は、自ず比例するのかもしれません。




posted by 美緒ママ at 23:51| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

今日は 小寒  昨日は “ 初炊ぎ ”


 ひとまず恙無くスタートした 2018 年 ( 平成 30 年 ) ももう五日。
またの呼び名を 『 牛日 』 、二十四節気の 『 小寒 』 = 寒の入りに当たります。
暦の上で最も寒さ厳しい 『 寒 』 の始まる日、とされていますが、言うまでも無く太陽暦の
気候とは食い違い、以降、最低気温を記録する時期は例年 『 立春 』 を大分過ぎた頃になる
のです。
 
 と、そーゆー解説は稿を改めまして …… 。
文字通り寒かった今日、幸いにも予報の “ 白いモノ ” は未だ舞い降りていません。
明日晴れれば、幾分気温も上がりそう …… ?
風邪の兆しで自粛していたお出掛け、解禁しちゃおうかな ♪
なぜなら、ワタクシとしたことが、未だ初詣にも行ってないじゃん !? ( 汗 )



 と、まぁこんな年明けですが ( 笑 ) 、取り敢えず果たした初ルーティン ──── 四日の
“ 初炊ぎ ” 。 三が日明けて初めて白米を炊く日ですよ〜ン ☆
理屈は、もう何度か語ってるかもしれないので割愛 ( 苦笑 ) 。


 兎に角 ! 茶緒パパが新年早々 “ 病院ご飯 ” になった去年と違い、今年の “ 初おウチご飯 ”
は目出度いぞッ、うん、目出度い目出度い !!!


      恒例のこちらでいただきました〜 ☆☆☆



         110104_1455~010001.jpg

         110104_1453~010001.jpg


              ★ 須田菁華窯製 『 染付笹紋飯碗 』



 春の “ 初花 ” までの三ヶ月弱、日本の庶民の “ 食 ” が豊かでありますように〜 ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 20:02| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

立冬  2017


 『 立冬 』 を過ぎました。
実質日中は未だ暑くて、半袖シャツを着る有り様なのだけれど。
朝晩はそれなりに暖をとるようで …… いゃはゃ、翻弄されます。



 しかしルーティンは恒例の如く、晩秋より冬への飯碗です ♪♪♪



             091127_1237~01.jpg


             ★ 加藤作助窯 製 『 美濃唐津麦藁手飯碗 』




 “ 食 ” の豊かな季節をサポートして貰いましょ〜 ☆☆




posted by 美緒ママ at 15:39| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

立秋 2017


 『 立秋 』 が過ぎました。
今年も秋の ‟ ご飯茶碗 ” が登場です。



         DSC_56130001.jpg


            ★ 窯下窯 豊場惺也 作 『 美濃古染付飯碗 』



         DSC_7391.JPG


              ★ 小林東五 作 『 粉引堅手小碗 』



 この涼やかな佇まいに、依然暑さ去らぬ季節を癒やされたいと思います。
そうそう、秋は ‟ 新米 ” も楽しみですね〜〜 ♪♪
『 立冬 』 までの三ヶ月余り、お世話になります !!



posted by 美緒ママ at 00:26| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

COOL & WARM


 今日は、身辺の Cool と Warm な優れものをご紹介します。
まずは数年前にいただいた引き出物 ── チタン ” という金属のタンブラー ( or コップ ? ) 。


             KIMG0894.JPG


『 ホリエ 』 なるメーカーさんの出している 『 純チタン 二重タンブラー 』 です。
表面の仕上げによって種類が有り、こちらは 『 白樺 』 。


              KIMG0897.JPG


 チタンは軽く強く錆びない金属で、アレルギーの原因にもなりません。
なので医療に利用されたり、またイオン化しないので金気・雑味が出ず、飲み物の風味を
損なわないそうです。
しかも中身の熱さ冷たさを長く保ち、且つ表面への熱伝導が穏やか !
確かに冷たさは伝わりにくく、結露もしません。
熱さの方は、暫くはイイんですが、そのうちキツくなりますね〜 ( 苦笑 ) 。
ちょっと 看板に偽り ” 有り ?
 とは言っても、この薄さで二重構造って、よく出来てます !!
専ら冷たい飲み物用の、 Cool な愛用品 ☆




 さてお次は今年の到来モノ ── 黒漆塗りの 『 丸スプーン 』 。


         KIMG0893.JPG

         KIMG0892.JPG


 輪島の漆工芸家 『 瀬戸國勝 』 氏のお品です。
木製のカトラリーって、陶磁器への当たりが優しく安心感高いですよね。
しかもこの少々珍しい平たさは存外掬いやすく、なかなか重宝 ♪
 また黒漆の仕上げはマットではなく、かと言ってツヤツヤでもなく絶妙。
Warm な感じが、とてもお気に入り〜 ☆☆
機会が有ったら買い足したいな、と思ってます。


 しかし日常の愛用品は沢山欲しいワケじゃなく、納得ゆくモノが過不足なくあればイイ ♪♪
断捨離 ” は難しいので極力増やさず、 お迎えする ” 時はよくよくチョイス !!
コレが肝要〜〜 ☆☆☆



posted by 美緒ママ at 00:33| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

笊が欲し〜〜 ♪♪


 「 笊が欲しィ〜〜 !! 」
この季節になると、毎年言ってるかも ……。
あ、お素麺盛る笊なんだけど。
先週、今年の “ 初素麺 ” 解禁となりまして ♪
そ―なって改めて気付く …… 竹笊が無いッ ! ( 汗 )
で、その都度、買いに行かなきゃ〜 ! って思うのに、何故だか未だ買えてない ( 苦笑 ) 。


 嘗てよく車で通っていた道すがら “ 荒物屋 ” さんとゆーか、笊や籠、箕、竹箒をはじめ、
何と神棚のお社まで売ってる店を見かけました。
そこへ、いつか寄ってみたかった。
けど、その方面へ車を向けることが、今や無くなってしまった。

 なので、どこかでそんな店にソーグーしたいなァ …… と。


 上質な竹笊はホームセンターの台所用品売場や、簡単な民芸屋とかには置いていません。
使用する竹材、表皮の部分をきちんと使っていないといけないんです。
昔、祖母から聞いた気がして。 
お値段もたぶんそれなりなんでしょうね。

 そうだ、インターネットで調べてみよ〜。
今年こそ 「 竹笊 Get !! 」 だゼ ♪♪



 あ、でも当座は仕方無いので、箸置きででも風情出しとくか〜 ( 汗 ) 。


         KIMG0863.JPG

                  『 蛇籠箸置き 』



 “ 蛇籠 ” とは昔、夏場の河川氾濫を防ぐため、堤防などに積んだものとか。
大きな筒型の粗い竹籠に石を積め、数メートルから十数メートルに及ぶこともあったそうです !
現代文明以前の、人間の苦慮と知恵ですね。

 “ 蛇籠編む ” ── 季語の夏の項目にあります。
いにしえびとの尽力を知るよすが。
和食の佇まいの中に偲ぶことも、ひとつの学びかと心得ます。



posted by 美緒ママ at 19:10| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

立夏 2017


 5 月 5 日、 『 立夏 』 ── 暦の上ではもう夏。
存外、マジ夏陽気の ゴールデンウィーク ” ですね。
仕事に通う鎌倉の人出は例年にも増して、そりゃあスゴいことになってますが。
道行く観光客もさぞかし汗だくじゃないかなァ、とゆー感じで。
それでいて夕方となれば急に冷え込むから、風邪引かないようご用心ご用心 !!

 不安定な今どきの陽気、しっかり体調をキープしないとね。
とかくいい加減になってしまう食生活を正して …… って一番苦手なポイント ( ため息 ) 。
でも最近いただいてるお米が美味しいので、ちゃんと心がけて行こうかな ♪




           お約束の ご飯茶碗 ” も然るべくチェンジ !!
          気分リフレッシュで〜す ☆



          ★ 草の頭窯 青山禮三 作 『 美濃古染付麦藁手飯碗 』


            080506_1541~02.jpg


      さぁて初夏の美味しい ご飯の友 ” 、何から賞味いたしましょう !?




posted by 美緒ママ at 23:31| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

初花 2017  


 昨日、東京の 『 ソメイヨシノ 』 の標本木が開花したそうですね。
3月21日 …… 春彼岸の真っただ中。
それも全国一番の開花で、東京に始まる 桜前線 ” は珍しい、かも ?
いやァ〜〜コチラすっかり放置の間に、早や花どき突入ですッ !!


 今朝は最寄りの櫻並木にも、ソメイヨシノの 初花 ” 発見 〜 ☆


         P3228060.jpg



  僅差で先んじた 『 コヒガンザクラ 』 も、小振りの花をちらほらと ♪


    P3228062.jpg

                P3228063.jpg


                  春爛漫の季が近づいています。




 なので我が家の食卓には、お約束のご飯茶碗が登場しました。


  080506_1539~02.jpg  080506_1539~01.jpg


             ★ 伊豆蔵幸治 作 『 色絵・染付櫻紋飯碗 』


       今季も恙無く健やかな 食 ” に恵まれますよう、祈るばかり !




posted by 美緒ママ at 23:36| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする