2017年03月22日

初花 2017  


 昨日、東京の 『 ソメイヨシノ 』 の標本木が開花したそうですね。
3月21日 …… 春彼岸の真っただ中。
それも全国一番の開花で、東京に始まる 桜前線 ” は珍しい、かも ?
いやァ〜〜コチラすっかり放置の間に、早や花どき突入ですッ !!


 今朝は最寄りの櫻並木にも、ソメイヨシノの 初花 ” 発見 〜 ☆


         P3228060.jpg



  僅差で先んじた 『 コヒガンザクラ 』 も、小振りの花をちらほらと ♪


    P3228062.jpg

                P3228063.jpg


                  春爛漫の季が近づいています。




 なので我が家の食卓には、お約束のご飯茶碗が登場しました。


  080506_1539~02.jpg  080506_1539~01.jpg


             ★ 伊豆蔵幸治 作 『 色絵・染付櫻紋飯碗 』


       今季も恙無く健やかな 食 ” に恵まれますよう、祈るばかり !




posted by 美緒ママ at 23:36| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

七日


 ここ数日、季節らしい朝の寒さが来ていますね。
新年ももう七日、七種、松納。
今年もせわしく過ぎて行きます。

 去る四日は我が家のルーティン = “ 初炊ぎ ” なのですが、都合で一日遅れの五日に
なりました。


 お約束のご飯茶碗チェ〜ンジ !!


    110104_1455~010001.jpg

               110104_1453~010001.jpg

                  ★ 須田青華窯製 『 染付笹紋飯碗 』 



 今年は新年早々、茶緒パパが “ 病院ご飯 ” をいただくはめとなって …… 。
でも間もなく放免されたので、初炊ぎの “ おウチご飯 ” に滑り込み !
ありがたや〜 ♪♪
炊きたての銀シャリに感謝感謝 ! の年頭でございました。




posted by 美緒ママ at 23:44| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

立冬 2016


 『 立冬 』 を過ぎちゃいましたよォ !
ヒャ〜早いモンだ …… ( 汗 ) 。
しかも急激な寒さと木枯らし ?
縦に長い列島では、北の方からもう雪国かッ !?
うゎ〜、相模人はつくづく感謝せんと …… 。

 斯く平和なここらですが ( 苦笑 ) 。
当季、恒例の “ ご飯茶碗チェンジ ” しましたよ ♪


          091127_1237~01.jpg


          ★ 加藤作助窯製 『 美濃唐津麦藁手飯碗 』



 今年もお米の美味しい季節を、無事迎えられたことに 「 礼ッ !! 」 。 
“ ご飯の友 ” の慈味に沢山与れますように〜 ☆☆




 ところで月のアタマ、小恙にて “ プチ入院 ” しておりまして。
お陰さまで予後順調、既に社会復帰していますが。
“ おウチのご飯 ” はしみじみ嬉しいよね ♪

 そうそう、入院中いつになく早朝目が覚めて、窓に朝日が〜〜 !!
窓際のベッドだったので、有り難く拝んでみました ( 笑 ) 。


            KIMG0168.JPG



 それと入院した時、たまたま窓外のテラス・フェンスに止まっていた小鳥クン ♪


       1478053950019.JPG


 随分長く居て、テラスに獲物を補食しおもむろに飛び立って行きましたっけ。
そこはかとなく癒やされました。
小鳥クン、ありがと〜〜 ☆☆☆




   病棟の煉瓦のテラス小鳥来る          かいう




posted by 美緒ママ at 00:25| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

残暑 …… ?


 7 日、 『 立秋 』 が訪れ、 「 残暑お見舞い 」 の候となりました。
と言ったって、実質こっからが “ 猛暑 ”  酷暑 ” の真っ盛り〜 ( 大汗 ) 。
残暑なんてナマやさしいもんじゃござんせんッ !!!


 少しでも涼を取り入れたくて、お約束のご飯茶碗チェ〜ンジ ♪♪
せめて器を替え、美味しくいただいて身を養わなければ …… ですよね〜 。



        ★ 豊場惺也 作 『 美濃古染付飯碗 』


    DSC_56130001.jpg


               DSC_7391.JPG


                ★ 小林東五 作 『 堅手粉引 小盌 』




         どーぞ皆様、くれぐれもおいとい下さいませ〜〜 。





posted by 美緒ママ at 20:49| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

伊予の国から …… の ?


 毎年実家の菩提寺の 『 施食会 ( 施餓鬼会 ) 』 が済むと、七月も終わり。
この際のお寺レポは改めて …… とゆーことで ♪



 梅雨明け後の八月は気温が急上昇、ほんのちょっとの庭作業で滝浴びの汗ですーッ !!
そんな中、ざっと『 アジサイ 』 の枝剪りして、最後の最後、名残のひと毬供花にいただき
ました。


            P8038993.jpg

         P8039016.jpg



 それと花壇に伸び過ぎた 『 ラヴェンダー・セイジ 』 や、庭隅の 『 コエビソウ 』 も少々。


         P8038996.jpg

  P8038997.jpg  P8038993.jpg

  P8039008.jpg

                 P8039006.jpg


                    庭の 季節感 ” を室内に …… ネ。




 器は、実は母屋でだいぶ前からスポイルされていた 花瓶 ” クン。
少なからず気になってたんです …… どうか破損しないでくれ ! って。
 すると先日、なりゆきで 保護 ” することに ( 笑 ) 。
キレイに洗って確かめれば、幸いにも欠け・罅の無い完品。
良かったァ〜〜 ☆

 だってコレ、もしかしたら 『 砥部焼 』 ?


      KIMG0007.JPG   KIMG0008.JPG


高価なもんじゃなさそうだけど、素朴な厚手磁器に大らかな花絵染付の筆はこび。
イイのよねッ ♪♪


 実際その素性は ? …… と底を確かめると、


         KIMG0005.JPG


 ありました、この 銘 ” ... 『 梅 』 って漢字に見えませんか ?
インターネット検索の結果、ビンゴ〜〜 !!!
伊予は愛媛の砥部町でナンと明治 15 年 ( 1882 年 ) 創業、現在に至る地元で最古の
老舗陶窯 『 梅山窯 』 = 『 梅野製陶所 』 さんですってー !!
ほぉ〜〜 !?



 南国のゆったりずむを漂わす、簡素でさっぱりした風合い、けっこー好き〜 ☆☆
遠い伊予の国へはなかなか出掛けられないから、身ほとりでのどかな空気感を楽しませて
貰いたいな〜 ♪♪♪



            P8038987.jpg




posted by 美緒ママ at 22:04| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

立夏 2016


 5 月 5 日、 『 立夏 』 『 端午の節句 』 ですね。
昨日朝まで暴れた風雨が急激に晴れ、いきなり “ 真夏日 ” に ?

 今日も風の残る中、大型連休後半です。
皆様挙って観光地へ〜〜 !
しかし My ポリシー 「 人混みには近づくな !! 」 なので、まァ〜 ( 仕事以外は )
ほぼ無縁ですな ( 笑 ) 。
静かにおウチで過ごしましょう ♪




           そしてお約束の、ご飯茶碗チェ〜ンジ ☆☆


           080506_1541~02.jpg

         ★ 草の頭窯 青山禮三 作 『 美濃古染付 麦藁手飯碗 』


          この夏も、美味しいご飯がいただけますよーに ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 11:21| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

初花 2016


 今年の “ 初花 ” は、一昨日あたりだったように思います。
ちょうど 『 春彼岸 』 真っ只中。
あたふたと墓参に出歩きながら、駅までの櫻並木をキョロキョロ見回してました。

             で、恙なく発見〜〜 ☆

             120330_0902~010001.jpg



 毎年のお約束 …… も登場です。

           ★ 伊豆蔵幸治 作 『 色絵染付櫻紋飯碗 』

  080506_1539~02.jpg 080506_1539~01.jpg


 この飯碗とも、長い付き合いだなァ〜。
この季節に登場する習慣、どれだけ続いているんだろう ?




 そう、そー言えば我が家のお嬢 WANS も皆、櫻どきにご縁があったりするのよネ ♪

野良さんだったけど、 “ たぶん ” 四月頃生まれと推定された 『 麗生 』 。

         EPSON046.JPG

まさに櫻満開の中、我が家にやって来た 『 美緒 』 。
そしてちょうど櫻咲く季節、この世界に生を受けた 『 茶緒 』 ♪

             IMG_0076.JPG



 “ 櫻の申し子 ” な姫達は、今も仲良く春の空気をそぞろ歩いているでしょう。
もうすぐまた、櫻のトンネルを潜れるね ♪
みんなでお散歩が楽しみだよ〜ッ ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 21:58| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

Something Blue 2015


 もともと “ Blue ” ―― “ 瑠璃色 ” とかが好きです。
無意識に感知したりします。



   スペインの絵皿瑠璃色養花天          かいう



 この句をずいぶん昔、某俳句総合誌の “ 若手特集 ” に出させていただきました。
当時所属の結社 『 苑 』 主宰 『 泉田秋硯 』 先生のお薦めで、これを含む計五句の掲載。
タイトルを、確か 『 瑠璃いろ 』 とした気がして 就中この一句が眼目だったような。
が、その折の感激は、あまり遠い記憶でおぼろげ …… 。

 しかしその “ 色 ” は折節、私の前に現れます。
実はつい先日、思いがけぬ “ 出会い ” があったんですよね。


         150816_0321~020001.jpg

             ★ 小林東五作 瑠璃玉 ( 倣古 )

 玄海のカリスマ茶陶人 『 東五 』 先生から頂戴しました。
先生が十数年前作成された、倣古 ( = 李朝に倣った ) 瑠璃釉の “ 装飾品 ” らしい。
径 2.5 cm 程の、紐を通して提げるもの …… とか。
でももったいないので、取り敢えずは WAN たちと母の祭壇に飾りました〜 ☆

 残暑厳しき今、ひと滴の青く涼やかな “ 眼福 ” でございます ♪




 そうそう、先月には、 『 秋桜子忌 』 に当たる日に丸皿を一点求めていました。
前月入手した 『 林邦佳 』 作品に加えて、 “ Anniversary ” の一環かな ♪


         150816_0327~010001.jpg

             ★ 豊場惺也作 美濃古染付七寸皿

 およそ 23 cm とゆー大きさ、縁の僅かな湾曲、ほど良い深み。
そして、半磁半陶の生地に施された青色釉の絶妙 !
さらに今後は作成予定無し、と作者より聞くにつけ、超レア感にそそられる逸品、かも ?

 カラフルな夏野菜や肉類・魚介など、和洋中華普段使いの何にでもストライク・ゾーン広そう ♪
請う、ご活躍〜〜 !!


 こんな瑠璃色めく青は、まさに My Favorite ♪
“ Something Blue = 何か青いもの ” ―― 身の回りの縁起物みたいなお宝たち
ですよ ( はぁと ) 。



   瑠璃色の皿あがなへり喜雨亭忌          かいう





posted by 美緒ママ at 22:27| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

立秋 2015


 昨日8月8日は 『 立秋 』 。 暦の上ではもう秋です。
時候と実際の気候のギャップに、 俳句詠み ” が最も窮する季節〜 !

 気分だけでも 新涼 ” にあやかりたい、とお約束の 飯碗チェンジ ” を致しました。


         DSC_56130001.jpg

           ★ 窯下窯 豊場惺也作 『 美濃古染付飯碗 』


         DSC_7391.JPG

         DSC_7380.JPG

             ★ 小林東五作 『 堅手粉引小碗 』

 今年から ( ちょっとワケ有りで ) このコ ↑↑↑ も常用しようかな、と …… 。

 美味しいご飯で、今年の秋の味覚をしっかりいただけますように ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 15:18| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

37 th Anniversary ”


 去る6月13日、我々・茶緒パパ & 美緒ママの 37 th Anniversary ”
だったンですけど、お定まりに何ごとも無く過ぎ去りました。
お互い忘れていたワケじゃないものの、イベント化する気合ゼロ !! ( 爆 )

 でもまァ、代わりにってカンジで、久々に 器 ” を入手しましたよ。
当代玄人好みのカリスマ作家 『 林邦佳 』 先生旧作。


      ★ 林邦佳 作 『 染付点紋碗 』

  DSC_0410.jpg

               DSC_0409.jpg



      ★ 林邦佳 作 『 白磁碗 』

  DSC_0413.jpg

               DSC_0412.jpg


 共に、今後製作の見込めぬ希少品ゆえ、それぞれ 二人用 + スペア ” 分を確保。
白磁の方は、手持ちの2客に一客追加が出来ました !

 実質はそろそろ身の回り品を減らすべき年頃なれど、究極のレアものには …… 弱いわァ〜〜。
渋めだけど、この後の暮らしを潤わせてくれること、請け合いッ !!

 またとない 記念日 ” の 記念品 ” になりました。
『 邦佳 』 先生、ありがとうございます ♪♪♪
惜しみなく大切に愛用させていただきま〜す ☆☆☆



  
posted by 美緒ママ at 01:05| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする