2019年04月01日

彼岸の櫻  Gosyuin Traveller 133


 四月です。 
先月下旬、俳句教室とか東京行き、 『 チューリップ 』 速報やらで立て込んでいて、
“ お彼岸 etc . レポ ” が月を越してしまいました。


 遡って 3 月 21 日 ( 木 ) 、 『 春分の日 = 彼岸の中日 』 は恒例の墓参 “ 実家編 ” 。
JR 辻堂 駅前 『 テラスモール湘南 』 で弟君と落ち合い、彼の車で菩提寺へ。
恙無く任を果たして来ました。

 その前日 20 日 ( 水 ) には墓参 “ 婚家編 ” 。 10 時半頃、菩提寺へ彼岸参り。
それからお婆ちゃんの “ お花見ドライブ ” 。



 Gosyuin Traveller も “ お付き合い ” して、港北区の札所寺院様を
訪ねました ────


 11 時過ぎ出発。 横浜新道 → → 第三京浜 → → 都筑IC に 11 時 55 分。
県道を経て 12 時頃到着の ……



              天台宗 『 圓瀧山 光明院 興禅寺 』 様


         DSC_5158.JPG


         DSC_5088.JPG


 道から少し下る参道、左手に 『 六地蔵 』 様と頭上の 『 安行櫻 』 ( 埼玉原産の早咲き櫻 )。


             DSC_5092.JPG


              右手に 『 福禄寿 』 様 ( 横浜七福神の内 ) 。



   DSC_5161.JPG   DSC_5160.JPG


          『 仁王 』 様の構える山門に、山号 『 圓瀧山 』 の扁額。


         DSC_5098.JPG




          まずは 『 本堂 』 ──


         DSC_5105.JPG

         DSC_5103.JPG


         『 光明院 』 へお参り …… 南無観世音菩薩 ……

       ご本尊 『 十一面観音菩薩 』 様、奇しくもご縁を賜りました。
        

 本堂内には 『 不動明王 』 様、 『 七福神 』 の 『 福禄寿 』 様もお祀りされているそうで、
併せて合掌。

 ご当山は創建を平安時代の仁寿年間、慈覚大師円仁様ご巡錫へ遡る古刹です。
長い歴史に盛衰を経て、今も幾つものお札所を兼務されています。



        境内を拝観すると左手の段上に、朱塗りの一際鮮やかな 『 薬王殿 』。


             DSC_5116.JPG

         DSC_5117.JPG


              『 薬師如来 』 様、お初に伺いました〜♪

             …… オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ ……


         DSC_5114.JPG


 軒を覆うがごとき櫻、こちらも 『 安行櫻 』 のようですね。 桃色がかった花色が美しい。


   DSC_5124.JPG   DSC_5123.JPG

             DSC_5128.JPG



 お堂の奥側には、 『 シダレザクラ 』 も咲き誇っています。
ちらほらご参詣の方々が挙ってカメラを向けて行かれる中、私達も、我を忘れてシャッターを
切りました !!


         DSC_5138.JPG
 
             DSC_5132.JPG
             DSC_5131.JPG
             DSC_5130.JPG



           艶やかなお堂と櫻の競演、誠に眼福眼福〜〜 ☆☆☆




 それでは、お待ちかねの御朱印拝受 !
庫裡玄関を訪ねますと、ご年配のお綺麗な梵妻様。
偶々お昼どきに当たってしまったにも拘わらず、快くご対応下さいました。


         お授かりした御朱印は、


            『 准秩父三十四観音霊場 』 第二十七番

              KIMG3830.JPG


              『 武相不動尊霊場 』 第七番

              KIMG3785.JPG


                 『 薬師如来 』 様

              KIMG3787.JPG


      ご本尊様、札所本尊様、ご住職様、梵妻様、ありがとうございます !!




          春のうららかな陽光に、山門から戻る参道は櫻の中。


         DSC_5141.JPG



 駐車場の奥の、更に華やかな 『 ヨコハマヒザクラ 』 ( たぶん ? ) も目を惹きました。


              DSC_5174.JPG

              DSC_5173.JPG



 12 時 50 分、上品で長閑やかな古刹様をおいとま。 12 時 57 分 都筑 IC より帰途へ。
14 時頃 遅ランチして、 15 時頃帰宅した春の一日でした。




posted by 美緒ママ at 01:28| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

My Standard


 毎年、冬からこの乾燥シーズンにかけて、必須の “ お助けアイテム ” がハンドクリーム。
昨年暮れに所有品を使い切ってしまいました。


 しかし、若かった頃は何かと忙しく慌ただしく、ハンドケアどころじゃなかった ?
…… 気がするよね。
今になって漸く、己が身を省みる余裕が ?
まして “ アラ還 ” 、やっぱりマストなハンドクリームですよ !


ぺたんこになった 『 Atrix / Beauty Charge ( Honey & Yuzu ) 』


         KIMG3324.JPG


 さてリピートするかどうか、思案のしどころ。
或いは良いチャンスと、別商品を開拓する ?



 で、インターネット検索〜 ♪
Amazon 等で順次購入したのが、



      『 Robusa de Coll./ Day Care Cream 』


      KIMG3407.JPG   KIMG3410.JPG



 『 松山油脂 / LEAF & BOTANICS GRAPEFRUIT HANDCREAM 』


         KIMG3323.JPG



             『 KIEHL’S / HAND SALVE 』


         KIMG3644.JPG



何れも甲乙付けがたく、最初に使い始めた 『 Robusa ── 』 をちょうど使い切った
ところです。


 そこへ先日の雑誌付録、 『 AVEDA / hand relief 』 でしょ ?

                ↓↓↓
              KIMG3612.JPG


             もう目移り半端なし〜〜 ( 汗 ) 。



 取り敢えず 『 Robusa ── 』 のリピートは如何に ?
この商品、なかなかの使い心地で、他に勝るとも劣らない ☆☆
テクスチャーがみずみずしく馴染ませ易く、それでいてベタつきが直ぐに消えてくれる。 
デスク ・ ワークの多い日常にとても助かります ♪
まぁ、他を使い込んでみてからでも、リピート有りかな ?


 ボディケア ・ アイテムにしろコスメにしろ、衣食住の必需品に “ My Standard
= 定番 ” が欲しい。
ソレさえ買い置けば、という安心感 ── その欠如の不安から開放されたい。
 ところが最近、せっかく定まっていたアイテムがとみに失われ始めた ! 
私には、まま有ることだけれど、愛する “ 定番品 ” の廃番化が後をたたず。


 「 こんなことなら 1 ダースも買っときゃ良かった〜 !! 」 と歯噛みしても後の祭り。
…… と繰り返す、いつまで学習しない生きものなんだ、自分 !?? ( 怒 )




posted by 美緒ママ at 00:29| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

めっちゃミーハーだった件 ♪♪♪  その 2 .


 二月末日の急に寒い雨ですが。
昨日までの春暖にうかされて、一段とミーハーしてました ( 笑 ) 。


 某日、我ながら激レアお買い物 ── ナンと “ 付録付き ” 女性誌でっす。
いゃ〜初買いですな ( 若い頃は買ってたけどさ、女性誌 …… 勿論 “ 付録ナシ ” の時代 ) 。
『 & ROSY 』 誌 ( オィオィ、アラフォー向けの本じゃ〜ん ? )。


 折しも女性誌 ( 美容誌もファッション誌も )付録激戦時代 ?
web 情報を漁りまくって、ターゲットを Lock On ♪

 当誌の付録は 『 Multi Liner 』 なるアイライナーが2色、



             KIMG3599.JPG

     KIMG3604.JPG    KIMG3605.JPG



と金沢 『 箔一 』 コラボの 『 オイルコントロール・ペーパー ( あぶらとり紙 ) 』 でした。
 アイライナー2本は 『 WHOMEE 』 ブランドの限定品で、レギュラー現品と換算したら
誌代の倍くらいに相当する !?
ほぉ〜 めっちゃお得やないかい ?
 まァ、アイライナーとかまめには使わない人種だけど、唯一所有の 『 BOURJOIS 』 製
のアイテムが古くなり過ぎ使えず …… ( 十年近く前のモノ !? …… 大汗 )
だって 『 BOURJOIS 』 さん、だいぶ前に日本撤退されてない ? ( リピート不能 )
なので、代替品 Get ♪ は助かる。
この先当分安心〜 ☆☆☆ ( ヤッホ〜 )


 ふむふむ、付録とは言えなかなか侮れませんぞ。



 さてその 『 & ROSY 』 誌、付録の評判がインターネットでたちまち沸騰。
ちょうど二日後、別エリアの書店を見て歩いた限りほぼ売り切れ状態 ?
さすがはネット、恐るべし !!

 ちなみにあたくしメが依然書店を徘徊してたのは、もう一冊雑誌を探していたから。
( 発売日より時間が経っていて、無いかもと案じつつ …… )
見付けられず諦めて大型店を出ようとした時、棚に背表紙、


『 ELLE gourmet × AVEDA special box 』


あれ ? …… もしや ? …… ラスト ・ ワン !? 
へぇッ、 “ 数量限定 特別版 ” とな ?
危ねぇ危ねぇ〜。
でも、残っててくれたんだ ? ありがたやッ!!

 当誌の狙いは、背表紙にあった『 AVEDA 』 。
オーガニック ・ ヘアケア & ボディケアの超老舗ブランドさん ♪
興味はあったけど、未体験。
その老舗様のハンドクリーム 『 hand relief 』 とフットクリーム 『 foot
relief 』 ( 各40gのハンディ・サイズ ) がおマケ ?


             KIMG3612.JPG



 又と無いお試しチャンス〜 ☆☆
ベストなハンドクリームを求めて、実は昨年来ジプシー中 ( 笑 ) 。
フットクリームも、乾燥シーズンの夫婦二人を癒やし救ってくれそう ♪♪


 “ 定番アイテム探し人間 ” には、強い味方かも ? 雑誌付録〜 ☆☆☆



posted by 美緒ママ at 17:20| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

春を招く?


 庭の雑木の根本にひっそり生息する球根 『 Snow Drop 』 。
あいにく土壌と相性よろしからず、一つ二つしか残っていません。
それでも日陰の寒さの中、一輪だけ花を付けました。


            P1207907.jpg



いじらしく健気な存在者。 誠にささやかではありながら、このコが開くと幸運が引き寄せ
られる ……… 守護符みたいな ?
今季過ぎたら、鉢上げしてあげようかな、何とか生き続けて欲しいこの球根。



 さて、去る24日 ( 日 ) は鎌倉の ネイルサロン 『 bird 』 へ。
ちょうど四週間ぶりのリニューアル。
辛うじて保つかと期待するも、二日程前とうとう剥がれ始めた〜 !! ( 泣 ) 。
やっぱり三週半がギり限界?


 ま、しかしリニュは楽しみなんです♪♪
( 茶緒パパ、スンマヘン、無駄にお金のかかるお婆で〜〜 !! …… 土下座 )
次はどんな風にしよー ? って想像したり、 My ネイリスト 『 みかさ 』 さんと相談したり ♪
止められない …… 他のことは諦めても、一番最後まで手離したくない “ 楽しみ ” ? “ 道楽 “ ?



 で、今回のコンセプトは ?
はぃ、結果的に 「 ベージュ以上、コーラルピンク未満 」 みたいになりました ♪



         KIMG3623.JPG

         KIMG3622.JPG



んん〜〜、大好きなヌーディー系なのに、何故か試してなかった色味ですね。
ご提案いただいて、そそられました〜 ♪♪♪


 この季節、知らず知らずピンクの気分に誘われてるのかも ?
春を待ち、小さな幸運を待つ心 ☆☆☆
満たして下さって、 『 みかさ 』 さんありがとうございました !!
何かイイことありそうで〜す ( はぁと ) 。




posted by 美緒ママ at 00:52| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

Gosyuin Traveller 132 A


 Gosyuin Traveller 1月23日 ( 水 ) , 『 藤沢七福神 』 藤沢市街地
巡りも漸く終章です ♪ ────


 『 レボちん君 』 は『 烏森皇大神宮 』 より往路を戻り、県道 43 号 ・ 東海道へ左折。
13 時 51 分、次の目的地に到着です。



              曹洞宗 『 引地山 養命寺 』 様


 P1231337.jpg  P1231331.jpg



 美緒ママ最もお馴染みのお宗派、 『 曹洞宗 』 様。
実家の菩提寺様の梵妻様もお親しいそうで、是非伺いたかった一刹です。


         P1231332.jpg



 由緒は、延文 或いは 天正年間 『 暁堂 』 による開山。
現在、国重文指定の 『 薬師如来 』 様坐像を本尊として本堂厨子内にお祀りします。
他でもない 『 お薬師 』 様〜〜 ☆☆☆


    南無薬師如来 オンコロコロ センダリマトウギ ソワカ ………



 ご開扉は寅年の御開帳時のみのため、今回はお姿を拝せませんでしたが。
しかし七福神 『 布袋尊 』 様は本堂向拝前にお出ましで、近々お目にかかれて感謝 ♪♪♪



 参拝の後、寺務所で拝受の御朱印はお書き置きでしたが、


      ご本尊 『 薬師如来 』 様         藤沢七福神 『 布袋尊 』 様

    KIMG3593.JPG      KIMG3594.JPG


         ご本尊様、布袋尊様、職員様、ありがとうございました !!




     では 14 時 04分 に駐車場を出まして、


          P1231330.jpg



旧東海道を戻り …… 藤沢橋信号を左折。
14 時 10 分、七福神様ではないけれど 「 この地へ伺ったら素通りは出来まい ! 」 という
ご名刹 ──



        時宗総本山 『 遊行寺 』 様こと 『 藤澤山 無量光院 清浄光寺 』 様


         P1231356.jpg

         P1231360.jpg


 幾度もお参りさせていただいています。 壮大、且つお親しげでもある佇まいがありがたい。
伺う度、ゆったりした心持ちでお参りいたします。

    南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 ………


 ご本尊様、諸尊様、ご宗祖 『 遊行上人 』 様、ありがとうございました。


 実は我々、こちら様の駐車場を暫しお借りしたく …… 。
道向かいに鎮座のご一社 『 諏訪神社 』 様が、元鎮守様に当たられた誼あり、七福神巡りの
お助けを願った次第です( 平身低頭 ! ) 。



 それでは急ぎ回らせていただきましょう ♪
まずは道向かいを少し戻り、14 時 30 分頃路地奥のこちらへ、



           高野山真言宗『 三島山 瑞光密寺 感応院 』様


         P1231338.jpg

         P1231339.jpg



 『 源実朝 』 公を開基、 『 道教 』 を開山として建保年間に創建。 藤沢宿では最古の寺院
と云われます。
『 薬医門 』 を潜りお邪魔しますと、古めかしい雰囲気ですね〜 。



         P1231340.jpg


            まず境内の 『 修行弘法大師 』 様へご挨拶。
            続いて 『 本堂 』 向拝にて合掌、参拝。

           南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛〜〜!!



 お堂内には、お目当ての 『 寿老人 』 様もお祀りされているようです。 併せてお参り ♪
ありがとうございます !!
そうしてお約束、茶緒パパ氏が色紙とスタンプ台紙へ印をいただきました。
更にご直筆御朱印を、と美緒ママ、庫裏へ …… 。
というのも当山、本堂内に 『 相模国準四国八十八ヶ所霊場 』 第一番の木造 『 弘法大師 』 様を、
境内に 第二十三番 石造『 弘法大師 』 様( 前庭のお大師様? ) を祀るお札所なのです! 

 ところが呼び鈴も見付からず、断念。


 さて、改めて境内を拝観しますと、



                『 三島明神社 』 様


           P1231341.jpg

         P1231342.jpg


 鳥居の奥の宝形作りの小堂、識者によると、明らかに仏教建築の唐様と見られるそうです。
確かに、お社には思えない。
しかも大変特殊な構造で、基部の上に乗る堂の部分が回転する …… ??
── あ、鎌倉 『 長谷寺 』 様の 『 経蔵 』 内 回転書架 『 輪蔵 』 のようなんだ !
へぇ〜 ? スゴいなァ !! しかし、何のために !?
お尋ねする術も無いのですが。



         P1231344.jpg


 お大師様、お寺の方のご在宅時にまたお伺いしてみます。
ありがとうございました。




 続いて 14 時 51 分、お巡り最終ポイントは道並びのこちら、



                『 諏訪神社 』 様


         P1231347.jpg

         P1231348.jpg

         P1231349.jpg



       石段を上り詰めると 『 拝殿 』 、
 

         P1231351.jpg



 前述のように、『 遊行寺 』 様の鎮守と祀られた由緒正しきご当社。
『 御本殿 』 に 『 建御名方富命 』 様 ・ 『 八坂刀売命 』 様、お二柱のご祭神をお祀りします。

    二拝、二拍手、一拝 ………


 また七福神の 『 大黒天 』 様は別の小祠にご鎮座でしたので、お参りし、


            P1231353.jpg

         P1231352.jpg


 並びの 『 聖徳太子 』 様、 『 祖霊神 』 様などの祠へもご挨拶いたしました。



 それでは社務所前で、七福神色紙とスタンプ台紙へ印をいただきます。
直筆の御朱印をお留守番の方へ伺いますと、宮司様がご不在の由。
直接ご自宅 ( 先程の 『 感応院 』 様ご近所 ) までお願いするそうなので、残念ですが、
時を改めましょう。



 斯くして私達の初めての 『 藤沢七福神 』巡りが恙なく完了。 二日間で終えられて、
ありがたいことでした。
 この後は、色紙とスタンプ台紙へ完歩印を頂戴します ♪
徒歩数分の 『 ふじさわ交流館 』 へ。


         P1231354.jpg



 小さくて見えませんが、色紙とスタンプ台紙 それぞれに印を押して貰ってます ♪♪


              KIMG3563.JPG


         KIMG3558.JPG

         KIMG3560.JPG



 加えて完歩の記念品 『 開運干支暦手拭 』 ──


  P2191353.jpg
                 P2191354.jpg


                 当品は、色紙には進呈、台紙は ¥100 で頒布とゆー
                 システムなので一点ずつ、都合二点 Get 〜〜 !!
                 楽しく回らせて貰いました ♪♪♪



 『 ふじさわ交流館 』 からは 『 遊行寺 』 様の表参道を戻りました。


  P1231357.jpg

                 P1231359.jpg


             傍らで 『 白梅 』 がほつほつほころび始めています。



 こうして 15 時 20 分頃駐車場を出て、帰途についた今回のお巡り。
七福神の寺社様、他、諸寺様、本当にお世話になりました。
また是非、お参りのご縁を賜りますように ──



posted by 美緒ママ at 01:33| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

今年は “ 福 ” 巡り 〜 !! その2 .  Gosyuin Traveller 132 @


 急に気温が上がって、季節が一歩も二歩も進んだようです。
巷じゃ引き続く “ インフルエンザ ” と早々の “ 花粉症 ” 、ダブルパンチが始まってますが。
う〜〜ッ、引き籠り解除はいつになるンだ !?


 さて先月の目出度い 『 藤沢七福神 』 巡り、ちゃっちゃと続けましょう ♪


              KIMG3556.JPG


 Gosyuin Traveller は 1 月 23 日 ( 水 )、藤沢市中心エリアを
巡ります !! ────


 幸い風弱く、割合暖かな日でした。
週日だし、混雑はほぼ考えにくいエリアなので 『 レボちん君 』 のご出動〜〜 ♪♪♪
11 時 31 分出発、快調に走行して藤沢市街地へ。
12 時 15 分、駐車場へ到着のこちら ……


                 相州藤沢『 白旗神社 』 様


             P1231320.jpg

         P1231294.jpg


         Oh〜 !! 立派な鳥居。
        ( 未踏のパワー・スポットってホント多過ぎですな〜 ☆☆ )



 ご当社、創建の時期は定かならずも、ナンと 相模一ノ宮 『 寒川神社 』 様のご祭神
『 寒川比古命 』 様を勧進奉つり、本来 『 寒川神社 』 と称された由。
まァ〜、大変親しみを覚えますね ♪
 それが後に 『 白旗神社 』 となったのは鎌倉期の源氏 ── 就中 『 源義経 』 公との所縁
からのようでした。
不遇にも兄 『 頼朝 』 公の勘気に触れて奥州にて滅ぼされた義経公 …… 。
忠臣 『 武蔵坊弁慶 』 共々 “ 級首 ” を鎌倉へ送られた後、現 白旗 の地に弔われた、との謂れ。
斯くして同社の御祭神としても祀られ、鎮魂されているのですね。
従って界隈には複数、義経公主従の級首に繋がる旧跡がある …… 故の聖域。 



             ひとまず 『 手水舎 』 でお浄め。


         KIMG3516.JPG

         P1231296.jpg


          出水口の上の 『 亀 』 さん、何となく面白い ♪



    それからお出迎えの 『 狛犬 』 君達。


  P1231298.jpg
                 P1231297.jpg



   ご本殿への階段を上がって、またも 『 狛犬 』 君 !
   がっちりガードしてくれてますね ♪♪

 
  P1231302.jpg
                 P1231301.jpg



             たどり着いた立派な 『 拝殿 』 。


         P1231303.jpg


              二拝、二拍手、一拝 ………


       ご祭神 『 寒川比古命 』 様、及び 『 源義経 』 様へ謹んで参拝。
       この日のご縁を謝し、この後のご加護を祈念 !!



 続いて石段を下りながら、途中に祀られている 『 義経公 鎮霊碑 』 へ合掌。


            P1231299.jpg

 

 段を下りきると、並びに 『 神輿殿 』 。
嘗て神輿庫であったところ、義経公主従の尊像を祀ります。
併せてこの度の眼目、七福神 『 毘沙門天 』 様がご開帳になってますよ〜〜 ♪
毘沙門天様、お目に掛かれて嬉しゅうございました !


 と、無事参拝を終えて社務所へ。
拝受の御朱院は ……


       『 相州藤沢 白旗神社 』 様        藤沢七福神 『 毘沙門天 』 様

      KIMG3581.JPG     KIMG3585.JPG


 併せて茶緒パパ氏も、色紙とスタンプ台紙へ朱印をいただきました。
ご祭神様、毘沙門天様、神職様、ありがとうございます !!



 12時30分頃、駐車場に 『 レボちん君 』 をお預けし、次の七福神様へ。
大鳥居前から一本南の R 467 へ出て、 12 時 38 分到着の、



           浄土宗 『 八王山 摂取院 常光寺 』 様


         P1231305.jpg

         P1231306.jpg

         P1231311.jpg



 鎌倉 『 光明寺 』 様末。 元亀年間 『 光明寺 』 様 二十七世 『 明蓮社光誉 』 の創建。
『 阿弥陀三尊 』 様立像を本尊にお祀りしておられます。


 まずは本堂向拝にて合掌。

  南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 ………


 続いてお堂手前の石造 『 福禄寿 』 様へお参りしました。


            P1231307.jpg


                ありがとうございます !!



 後、庫裏玄関前のテーブルで茶緒パパが色紙とスタンプ台紙へ印をいただく間、
美緒ママ、玄関チャイムを押してみたところ …… ご応え無くお留守の様子。
直筆御朱印は諦めとなりました。
 すると、確か先刻 『 白旗神社 』 でお会いしたお巡りご夫妻もチャイムを押され、
「 いらっしゃらないみたいですね ? 」
「 そうですね 」
と苦笑し合ったのでした。


 12 時 45 分頃、そこでご夫妻においとま。
私達は道並びのもう一刹へ〜〜 ♪


 そもそもこの界隈、美緒ママ ´ s お巡りスポット候補だったんですよ。
江の島然り、 『 相模国準四国八十八箇所霊場 』 のお札所が !!


 12 時 50 分、到着したのはその一ヶ所、元 『 白旗神社 』 の別当寺でいらした、



          高野山真言宗 『 白王山 般若院 荘厳寺 』 様


         P1231316.jpg



 R 467 を折れてすぐの境内。
( おぉ 『 シダレザクラ 』 の良き枝振り〜 ♪ 花どきに来たいわ ☆☆☆ )

 本堂へ伺うと、ご住職様 ( たぶん ? ) が出入りの仏具屋様 ( たぶん ? ) とお話し中。
が、 「 どうぞ中でお参り下さい 」 とご親切にお招き下さいました。
ありがたくお堂内でご本尊 『 不動明王 』 様を拝してから、庫裏玄関にて今度は梵妻様へ、
『 弘法大師 』 様と併せて御朱印をお願いすると、
「 お大師様は塀際の祠の中ですから 」
とご案内下さって。
ご住職には、ご用件の席を立って御朱印御揮毫いただき、恐縮 !!
丁寧でとても気持ちの良いご対応でした ☆☆☆


      ご本尊 『 不動明王 』 様 『 大師相模二十一ヶ所霊場 』 第二十一番 印

              KIMG3589.JPG 



           改めて境内へ出ると、お堂隣に大きなお大師様。


            P1231317.jpg


            お堂内には三体のお大師様。 皆様へ合掌♪

            南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛〜〜!!


            P1231313.jpg



        『 相模国準四国八十八ヶ所霊場 』 第四番 第十番 相模霊場 印

              KIMG3590.JPG


          ご本尊様、ご住職様、梵妻様、ありがとうございました!!
          これより更にお巡り叶いますよう、お守り下さい ませ。




 では 13 時 21 分、 『 白旗神社 』 様駐車場より七福神巡りを再開します。


 13 時 29 分、 『 レボちん君 』 到着したのがこちら、



         『 烏森皇大神宮 』 様


  P1231323.jpg

                 P1231329.jpg



    『 狛犬 』 君達へご挨拶 ♪


  P1231326.jpg
                 P1231325.jpg



                 『 拝殿 』 へ。


         P1231324.jpg


             二拝、二拍手、一拝 ………


 主祭神 『 天照皇大神 』 様をはじめ、 『 天手力男命 』『 天太玉命 』『 天児屋根命 』
『 天宇受売命 』『 石凝刀売命 』 の合祀神様方へ参拝です。

 起源を、九世紀、天長年間の御社殿造立より遡る、古き由緒の神域は広々と静かで、清々しい
佇まいでした。


 境内には摂社が多く各々へご挨拶の内、 『 恵比寿ノ宮 』 に祀る七福神 『 恵比寿 』 様へも。
茶緒パパが色紙とスタンプ台紙へ七福神の印をいただき、私が社務所にて、直筆御朱印を拝受。


     相州土甘総社 『 皇大神宮 』 様      藤沢七福神 『 恵比寿神 』 様

     KIMG3583.JPG     KIMG3586.JPG


         ご祭神様、恵比寿神様、神職様、ありがとうございます !!



 13時45分、ご縁を感謝しておいとましたのでした。



                       ──── To be continued .


posted by 美緒ママ at 01:17| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

香りの不思議


 庭で 『 水仙 』 が春寒に耐えています。
房咲き ( タゼッタ ) 種 『 グランド ・ モナーク 』 。


           P1241325.jpg          



早いと年越し前から花をつけ、春浅い今頃ピークを過ぎる …… のかな ?
近似種 『 日本水仙 』 のほぼ終わった後、ひとり主役を張っています。
姿の頗る美しい花ですが、唯一香りが “ 玉に瑕 ” !
どうしても好きになれない香調なのだよ ( 苦笑 ) 。 

 ところがッ……?
「 別に嫌じゃないよ。フツーに水仙の匂いだけど ? 」
と茶緒パパ。
ほォ〜 ! 驚いた、そんなに違うんだ ? 嗅覚。
不思議〜 !!


 “ 匂い ” の嗜好は “ 味 ” に次いで大きく分かれるものだけれど。 
匂い要素の持つ謎、つくづく知りたいと思う。
あ、勿論気付いてもいますよ、 “ 芳香 ” と “ 悪臭 ” は紙一重。
成分濃度の違いだけなのだ、と( 爆 ) 。



 お気に入りの芳香植物と言えば ── 『 イングリッシュ ・ ローズ 』 『 サザンカ 』
『 ロウバイ 』 、そしてやっぱり筆頭が 『 日本水仙 』 。
香気成分を調べると、シンナミックアルデヒド、ベンジルアルコール、ベンズアルデヒド、
オイゲノールというものが報告されており、その他にも各芳香植物の良い香りの要素を多数
併せ持っているようです。
 とは言え、中の何れかがもしかしたら 『 グランド・モナーク 』 に強められた “ 臭気 ” の
原因かもしれない。 確信は無いけれど。

 さすれば我が最愛の Fragrance とて香気成分のバランスによって、罷り間違えば、
他所サマには迷惑な “ 香害 ” ?
…… 恐縮 !!



 とゆー My “ 運命の香り ” 、先日とうとう我慢出来ず Amazon one click
ポチってしまった〜〜 ☆☆☆



   Christian Dior

      『 TENDRE POISON EAU DE TOILETTE 』


     KIMG3570.JPG   KIMG3579.JPG



 それこそこちらの香り要素こそ、最も詳しく知りたかったなァ。
今は廃番でもあり ( たぶん ? )、確認の術は無し。


 体感するのはトップに瞬間、苦みを含んだダーク ・ フローラル ── Dior Parfum
のシリーズ 『 POISON 』 を名乗るだけに “ 大人の悪女 ” を装う。
が、悪女のフリはすぐ消えて、ミドルのグリーン ・ フローラルな清涼感。
更にラストへと残るひんやりした甘さ。 和の薫香のように深く吸い込めば、しんしんと肺の隅々
を浸すが如く。


              KIMG3573.JPG



 花や具体的な何か …… にはまるで喩え当たらない、不可思議な香気。
それ故に、類似の香水が殆ど見当たらないのでしょうか ?


 取り敢えず茶緒パパ氏もお嫌いじゃないそうだから、実質 “ 香害 ” は発生していない ?
めでたしめでたし〜〜 ☆☆ ( 拍手 )




 それにしても、その日 Robben Ford 先生の旧作を調べることがあり、当代の
アメリカン ・ ブルース ・ レジェンド 『 Charlie Musselwhite 』 御大
の音源を聴き直していたところへ ……、 
ピ〜ンポ〜〜ン♪♪♪ とドアホン、届いた Amazon Box。
…… えぇ ? …… うっそォ !! …… だって夜中に注文して 24 時間も経ってないのに !?
何ちゅー早業 !?? 
Amazon さん、恐れ入り谷の鬼子母神 !! でございましたッ ☆☆☆ ( 笑 )




posted by 美緒ママ at 01:22| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

Gosyuin Traveller 131 A


 暦ではとっくに春だと言うのに、殊更厳寒が続きましたね。
明日以降は束の間春めくそうですが …… ?



 Gosyuin Traveller は、1月20日 ( 日 ) の 『 江の島 』巡りを
続けましょう ♪ ────


 『 江の島大師 』 様をおいとました我々、左手に海を見晴らしながら進むと、


         P1201266.jpg



 『 源頼朝 』 公ご寄進と云われる鳥居 !


         P1201269.jpg



鎌倉幕府のよくよくの心敬が偲ばれますよね。

 その先、遂に辿り着いた ……


              『 江島神社 奥津宮 』 様


         P1201270.jpg

         P1201272.jpg


               二礼、二拍手、一礼 !!


 姫神三姉妹の長姉 『 多紀理比賣命 』 様を祀ります。
この姫神様には或る伝説が伝わり、その中で夫婦の縁を結んだ 『 五頭龍 』 という龍神様が
おられました。
姫神様の社に並ぶ如く祀られている、こちらの 『 龍宮 ( わだつみのみや ) 』 様。


         P1201273.jpg



          予めお授かりした御朱印 ……


                 『 五頭龍大神 』 様

               KIMG3548.JPG


               龍神様、ありがとうございます !!
           貴方様と姫神様のロマンス伝説、ほっこりしました ♪♪


 ちなみに当地は、この後伺う聖地 『 江の島岩屋 』 ( 海際の岩窟で、江島神社の起源 )の
真上に当たるとか ? 



 それでは更に順路を進み、『 御岩屋道 』を辿ります。
実はかの『 岩屋 』こそ、私の最も心惹かれるスポットなのです ♪
そもそも古くよりの海食洞窟が信仰の対象とされ、『 弘法大師 』様、『 頼朝 』公をはじめ
鎌倉の武士達にも祈りの聖地として崇められました。
そこが 『 江島神社 』 発祥の地 !!
嘗て、満潮時には浸水に見舞われる岩窟のため、現在の三社へ遷されたとのこと。
斯様に神秘的な “ 岩窟霊場 ” へ、引き寄せられながら …… 。


 しかしこの先、思いもよらぬ Dangernus 体験が始まるとは !?
目前に驚くべき急階段が崖の底へ誘うと、荒れた海風が煽って来ます。
細く険しい石段を降り切ったところが、陸地のちょうど真反対。
足弱には辿り着くのも危うい場所でした。


 この先、白波砕ける岩場が『 稚児ヶ渕 』 ──


         P1201275.jpg


 こちらも有名な伝説の地。 ここへ入水した寺稚児の悲話です。
何という険しい崖へ !?


         P1201277.jpg


 しかしこの地、潮の引いた穏やかな日には崖下の “ 岩棚 ” まで降りて、散策出来るとか。


         P1201282.jpg


       生憎の時化波が誠に恨めしい。 ( 実際はもっとスゴいんで !! )



 それでは、そこから漸く 『 御岩屋 』への通路。
海際へ張り出した全長128mの 『 岩屋橋 』がこの日二番目の試練 !!
またまた吹き飛ばされそうな強風を必死に堪え、青い海原と怒濤を目に刻んだのでした。



         P1201293.jpg

         P1201289.jpg

         P1201286.jpg



 やっとこさ到着の 『 御岩屋 』 入り口で @ ¥ 500 を払って中へ。 ( 強風を逃れてホッと )
一人づつ貸し出された手燭をかざし、第一岩屋 ( 奥行き152 m ) へ。
以前体験した 『 田谷の洞窟 』 を思わせる “ 修行窟 ” です。
田谷より小規模ながら、岩壁に刻まれた写仏、安置された尊像群に自ず掌が合わさりました。

 就中古びた石造の 『 弘法大師 』 様 ── 『 相模国準四国八十八ヶ所霊場 第八十番 』 の
ご本尊様なんです〜 ☆☆
わたくしメがぼつぼつと巡っている県内のお札所本尊様。
お目にかかれて嬉しゅうございました ♪♪♪
管理寺は離れた手広の 『 青蓮寺 』 様塔頭 『 寶積院 薬王寺 』 様なので、後日伺って御朱印を
請いましょう。


 暗く静かな洞内の最奥に、先刻 『 奥津宮 』 で触れた 『 江島神社 』 発祥の地 !
稀なるご縁に感謝 …… 謹んで参拝いたしました。


 それでは順路を戻り、次の第二岩屋へ。   
こちらは短いお洞で、その最奥に鎮座するのが、 『 龍宮 』 の 『 五頭龍大神 』 様。
何と照明と咆哮の効果音で、 “ 動く龍神様 ” オブジェがお出迎え下さいます ♪
この、極悪非道であった龍神が姫神様へ懸想の末、従順なる善神へと心を入れ替えた、という
“ 姫神様 = かかあ天下 ” 伝説。
何とも人間味溢れるキャラクターならでは、いかついけどどこか愛嬌のある 『 五頭龍 』 様、
ファンになりましたよ〜 ☆☆☆



 ちなみに復路はまた 『 岩屋橋 』 で暴風の試練 !
そして勿論、 『 稚児ヶ渕 』 からは急階段を上らねばなりません !!
コレが何ともはや、茶緒パパ共々めっちゃ足に来まして …… 運動不足がつくづく身にしみた
次第でした ( 大汗 ) 。

 そうそう、後日調べでは ( 海が穏やかでさえあれば ) 『 稚児ヶ渕 』 付近から遊覧船に
乗れるとのこと ?
凪いだ日なら、 『 弁天橋 』 途中辺りまで一気に戻れてしまうのだった !
嗚呼、静かな日に来たかったよォ〜〜 ( 泣 ) 。



 と、何やかんやの珍道中、 14 時 35 分頃 江の島の麓まで戻り。
最期の難関 『 弁天橋 』 の暴風は ( 復路は往路にも増して強風に水飛沫 ! ) 一層満ちて来た
上げ潮が怖い程でした。
 すっかり風に当たり疲れて上陸。
やや曇った帰り道でしたが、風穏やかな陸地はあまり寒さも無く幸い。
帰路につく前に、もう一つだけ “ お約束 ” ── 片瀬に来たら忘れてならないお土産が、


   はいッ、 『 扇屋 』 製『 江ノ電もなか 』 ですよね〜〜 ☆

 KIMG3512.JPG  KIMG3513.JPG      

            ( 帰って、美味しくいただきました ♪ )




 それでは 15時04分、湘南モノレール 『 湘南江の島 』 駅を発って大船へ。
大船にて超遅ランチをいただいて、帰宅した一日でした !!




posted by 美緒ママ at 02:57| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

今年は “ 福 ” 巡り 〜〜 !! その 1 .  Gosyuin Traveller 131


 雪予報に翻弄されてる連休です。
まァ兎に角寒い〜〜ッ !!


 ところで、もう先月のことになりましたが。
1 月 20 日 ( 日 ) と 23 日 ( 水 ) の両日、熟年夫婦で新春の縁起物 = “ 七福神巡り ”
とゆーのを初体験して参りました。
地域と開催期間を検討した結果、 1 月一杯までという 『 藤沢七福神 』 様に !
エリアも多くとも数日で回れる近さです。

             KIMG3556.JPG



 Gosyuin Traveller 1 月 20 日 ( 日 ) 、 『 藤沢七福神 』 巡り初日の
片瀬〜江ノ島エリアを回ります ♪♪ ────


 まさに 『 大寒 』 の日ではありましたが、出だしはさほど寒くなかったなァ ♪ …… と。
JR大船駅から、 11 時発の湘南モノレール。
途中、腰越沖に遠望した海も穏やかに思えたのですが。
 11 時 14 分、湘南江の島駅 着。
おや、駅の入っているビルが改装されてた ?
高所を走るモノレールにつき、地上五階程の建物には新しく “ 展望デッキ ” が設けられて。
真新しいエスカレーターを繰り返し降り、地上へ到着します。



 さぁそこから徒歩にて、 11 時 22 分到着の巡拝一ヶ所目、幾度か伺っていますが、
七福神参りは初めての ……


              日蓮宗 『 寂光山 龍口寺 』 様 


         P1201252.jpg


 『 山門 』 に近付くと何やら人群れが …… 。


         P1201250.jpg


境内で 『 骨董市 』 が開かれていたのです。 恒例の行事なんでしょうね。
厳めしげなご当山が随分と和やかに、“ 庶民のお寺 ” 感に溢れていました。


         P1201249.jpg



 出店の間を抜けて、私達は 『 本堂 』 へ参拝。
ご本尊様、 『 日蓮聖人 』 様へお唱え、

 「 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 〜〜 」


そして七福神の内 『 毘沙門天 』 様へもお参り。
その後 『 藤沢七福神 』 様巡り用色紙を求め茶緒パパが押印、次にスタンプラリー台紙へも
押印し。
御朱印所にては、直筆のご揮毫をお願いしました ♪


             藤沢七福神 『 大毘沙門天王 』 様

             KIMG3555.JPG


         毘沙門天様、寺僧様、ありがとうございました !!




 11 時 39 分、おいとま。
続く、この日二ヶ所目の 『 江島神社 』 様を目指しました。
歩いて 江ノ電 江ノ島駅を過ぎると、古来の観光地 『 江の島 』 へ真っ直ぐ続く道に出ます。
今っぽい飲食店や古びた老舗和菓子店を過ぎるにつれて、何やら急に出て来た風 ( 汗 ) 。
すると、あれよという間に巻き始め、前方で海上が白くしぶいているではありませんか ?
内陸ではわからない、大荒れだっんですよ〜 !! ( 焦々 )

 果して陸続きの長い 『 弁天橋 』 がエラい難儀で、暴風としぶき、混ざった砂粒に叩かれ、
ほうほうのていで渡り切り。
海の天気は怖いなァ …… とつくづく。

 すっかりビビりつつの江の島到着。
「 この風じゃ、七福神さんだけで帰るぅ ? 」 と思わず弱音 …… 。


 有名な 『 青銅の鳥居 』 より、参道はご多分に漏れず観光客ラッシュ〜 !!
12 時頃、朱の鳥居前到着。


               KIMG3491.JPG



 あとは有名な 『 エスカー 』 頼り。 階段は使わず、体力温存 ! ( 笑 )


         P1201256.jpg

         P1201257.jpg



 最初に到着した 『 江島神社 辺津宮 』 様 ♪ ( 以下暫く画像無く …… 失礼 !! )

 ご本殿は建永元年の昔、鎌倉幕府将軍 『 源実朝 』 公により建てられ、再建〜現代の大改修
を経ておられる由。
その拝殿へは長蛇の列 …… さすが観光地 江の島 !?
 ご当社は三姉妹神の末の姫神 『 田寸津比賣命 』 様をお祀りします ☆
自覚する限りお初かもしれません。 改めてご挨拶、謹んで参拝。 

 二礼、二拍手、一礼 ……
 

 ちなみに並びの八角堂 『 奉安殿 』 にてお祀りする二柱の “ 弁財天 ” 様が、この日二ヶ所目の
ターゲット様です〜 ♪
 はぃ、江の島と言えば ! の 『 妙音弁財天 』 様 ── 艶なる雪白の裸形に琵琶を抱えたもうた
美神様 ☆ ( 男子は目の保養ですね〜 ♪ )
更に、かの 『 源頼朝 』 公の勧進されたと伝わる風格の 『 八臂弁財天 』 様 ☆☆( 県指定重文の
ご尊像 ! )
二柱の美神様の有り難き眼福に与り、美的オーラを賜った心地でした ♪♪


 それでは 『 奉安殿 』 外で、茶緒パパが件の色紙と 『 スタンプラリー 』 に押印。
直筆御朱印は社務所 御朱印所にて ……


              藤沢七福神 『 弁財天 』 様

             KIMG3546.JPG



及び、兼ねて御朱印を授かった境内社 『 八坂神社 』 様へもお参りし、


             八坂神社 『 蘇民将来 』 様

             KIMG3550.JPG


             ありがとうございました !!



 続いて再び 『 エスカー 』 へ乗って、参じたのがこちら、


              『 江島神社 中津宮 』 様


         P1201262.jpg


 ご当社は仁壽 3 年 『 慈覚大師 』 様創建、元禄 2 年に五代将軍 『 徳川綱吉 』 公により
権現造りの社殿が再建されました。
更に平成 8 年に、当時の艶やかな朱塗りを改修 ・ 再現したのが今の社殿だそうです。

  二礼、二拍手、一礼 !!


 ご祭神は中の姫神 『 市寸島比賣命 』 様。
かの姫神様の斯くもあらんと思われる艶やかさを彷彿と …… ☆☆
現代に至り、島内三社にそれぞれ祀られている三姉妹の女神様、というのがロマンティックで、
「 やっぱり聖域全制覇しようか ? 」 と考え直し。
大樹に覆われた境内、風も穏やかに感じられた故でもありました。



 次に三回目の 『 エスカー 』 に乗ると、島内のほぼ最高地点へ近付きます。
観光客のメイン・ターゲット = 有料庭園エリア 『 サムエル ・ コッキング園 』 を我々はスルーし、
先を急ぎます。
すると間もなく、気になっていたスポットが現れました !


           真言宗単立 『 最福寺別院 江の島大師 』 様


 P1201265.jpg P1201264.jpg


 嘗て 『 神仏分離 』 の悪政に苛まれるまで、江の島全体として栄えてきた神仏混淆を惜しみ、
近代になって改めて設けられた寺院様です。
いにしえ 『 弘法大師 』 様ご巡錫のご縁をゆかりに、拝させていただきました。
祭壇のご本尊は大きく立派な 『 不動明王 』 様でした。

「 南無不動明王〜〜 」


          お堂内で拝受した御朱印は、


               ご本尊 『 大聖赤不動 』 様

             KIMG3552.JPG


         ご本尊様、寺僧様、職員様、ありがとうございます !!
         なかなか得がたいご縁に与りました。



 という次第の江の島参り、この後思いもよらず Adventurous になってゆくのでした !!


                         ──── To be continued .




posted by 美緒ママ at 03:40| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

ちょっと遊んでみた “ ミラー ” 〜〜 ♪♪♪


 2 月 3 日 = 『 節分 』 。 明日からもう春ですね。
勿論、気候はこれからが忍耐のしどころ …… ですが。


 去る 1 月 27 日 ( 日 ) はネイル ・ リニューアルに参りました。
一月も末ながら、混雑はただならぬ鎌倉 !
裏道を辿って向かった My 癒やしのネイルサロン 『 bird 』 。

 この日は 「 寒波で極寒 ! 」と脅かされていた割に陽射しが明るく、既に春の兆し ?
…… って感じ。


 My ネイリスト 『 みかさ 』 さん、お世話になります。
ほぼ No Plan で来ちゃったけれど、道すがらの 「 冷たいけど明るい 」 …… って
イメージに惹かれて !  
こーなりました〜 ♪♪♪



     KIMG3524.JPG    KIMG3529.JPG    



 ごく微細な ( 肉眼でやっと見えるくらいの ) ラメ感のホワイト。 そこにアクセント
左右一ヶ所ずつ、シルバーのハーフ・ミラー ☆☆


 モードな真冬の Cool ?
いぇいぇ、寒さ厳しくても、陽射しの確かな春の明るさ、清々しさ ***


 どんなかな〜 ? …… ちょっと遊んでみたけれど ( 笑 ) 。



posted by 美緒ママ at 02:26| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする