2017年04月26日

Gosyuin Traveller 78  その3 .


 Gosyuin Traveller, 引き続き 『 観音寺 』 様レポです ────


         DSC_3241.JPG


 脇のスロープから上段に上がり、 『 法堂 』 の前へ進めば ……



         DSC_3255.jpg


      まさしくピンクの滝のごとき …… 『 ベニシダレザクラ 』 とゆーのかな ?


             DSC_3274.jpg


               間近に見る花色は存外淡いけれど ……


                   DSC_3271.jpg
          DSC_3272.jpg


 が、ソレがぎっしり集まると、俄然艶やかさを増すんです。
下段の 『 仏殿 』 の屋根に掛かる様も、あたかも京都や奈良の名刹かと見紛うほど ♪


         DSC_3273.jpg

             DSC_3253.jpg

         DSC_3266.jpg


            美しさにうっとり〜☆
           ベンチより仰いで、夢見心地のひとときでした。




 漸く我に帰った後、先回見つけた寺域奥の遅咲き 『 シダレ 』 を確かめることにしました。


    DSC_3285.jpg   DSC_3282.jpg


閼伽の水場へ降りかかる枝先に、辛うじて開き始めた艶麗な八重 ── 『 仙台八重枝垂 』とも
『 遠藤櫻 』 とも呼ばれる 『 ヤエベニシダレ 』 ではないですか ?
嗚呼、こちらも満開を見たかった〜〜 ( 泣 ) 。
未だ数輪のみの開花を惜しみつつ、前庭へ降りたのでした。



 さてさて、最終目的の御朱印拝受。
今回こそ ! と期待して庫裏玄関を訪ねてみれば …… またもご住職お留守。
ご対応の梵妻様がお気を遣われてか、 「 朱印帳をお預かりすればお書きいたしますが 」 と。
ならば、とお言葉に甘えさせていただきました。
垢抜けたモダンな若奥様でした。
きっとご住職もお若く、この格式ある古刹の大任を負い、平日のお仕事を持ちながら務めて
おいでなのでしょうか。
朱印帳の近日中の受け取りを約して、おいとましました。
お手数お掛けします ( 礼ッ ! ) 。




             DSC_3287.jpg


             DSC_3288.jpg


             観音様、またお邪魔させていただきますね。




 それから 『 レボちん君 』 と駐車場を出て、茶緒パパの提案あり。
戻りの道すがら、戸塚区汲沢町へ回ることにしたのです。
 


           真言宗大覚寺派 『 寶壽院 』 様


         PC187347.jpg


 寒さの頃、二度ほど伺った古刹様。
気になった樹齢百年越えと言う 『 シダレザクラ 』 がやはり指定名木で、一時弱っていたのを
樹木医の手当て等、メンテナンスを経た由。復活した美しい姿に会えました。


         DSC_3309.jpg

         DSC_3295.jpg

  DSC_3300.jpg

                 DSC_3303.jpg

    DSC_3306.jpg   DSC_3307.jpg


良かった、これからも末長く元気でね〜 ☆☆☆



 帰りの道すがら、戸塚町 『 親縁寺 』 様の櫻がコレまた凄そうでした !
わざわざ遠くへ行かなくても、近場の名木は有るんですよ〜 ♪




posted by 美緒ママ at 01:38| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

Gosyuin Traveller 78  その2 .


 Gosyuin Traveller , “ 枝垂れ櫻行脚 ” 続編です ────

 ほぼ一週間経った 4 月 7 日 ( 金 ) 、幸い晴れたので 『 レボちん君 』 と
泉区を再訪。
不動坂経由で、真っすぐ浄土宗 『 西林寺 』 様へ。


         DSC_3178.jpg


初回からのブランクで 『 シダレ 』 も散り気味か !? …… と焦りましたが、ギリギリ爛漫の
風情に間に合ったようです ♪♪


     DSC_3228.jpg

             DSC_3182.jpg



           見上げるに頭上を覆う櫻 !!


         DSC_3227.jpg


           圧倒的な枝ぶりに、改めて感嘆〜〜 ☆☆



         DSC_3191.jpg


            本堂からも壮観 !!!




 向拝ではご本尊と ( 翌日本番の ) 『 誕生仏 』 様へ合掌・ご挨拶。


         DSC_3190.jpg

         DSC_3211.jpg




 その後本堂脇から回ってみれば ……


         DSC_3194.jpg



背後墓域の 『 大櫻 』 ──── 『 ソメイヨシノ 』 の枝張りが本堂屋根をも隠さんばかり
じゃないですか !?


         DSC_3196.jpg


 屋根越しに見えるのが ↓↓↓  門前の 『 シダレザクラ 』 。


         DSC_3198.jpg

             DSC_3200.jpg


     背景の市街地がウソのような、 櫻浄土 ” でございました ( ため息 ) 。




 さて前庭へ戻り庫裡玄関へうかがうと、幸いご住職ご在宅 !


         DSC_3209.jpg


              御朱印拝受叶いました〜 ♪♪♪


               『 本尊 阿弥陀如来 』 様

              KIMG0598.JPG


               ありがとうございました!!
             来年も必ず拝したい 花の一刹 ” です。


             DSC_3215.jpg


             DSC_3184.JPG





 因みに正面のスーパー 『 生鮮館 タイガ 』 さんが気になって、買い物したり ( 笑 ) 。
その後に向かったのが …… 新橋町の曹洞宗 『 観音寺 』 様。


         DSC_3230.jpg

   DSC_3231.jpg

                 DSC_3292.jpg


 先回と打って変わって、晴天が清々しい。


DSC_3234.jpg DSC_3235.jpg

           『 観音 』 様、 『 地蔵 』 様 ……


         DSC_3232.jpg

         『 お掃除小坊主 』 君、またお邪魔します ♪



         DSC_3237.jpg


        まずお参りした 『 仏殿 = 大雄宝殿 』 の品格ある佇まい。



         DSC_3236.jpg


        お目当ての 『 シダレザクラ 』 は、一段上の 『 法堂 』 前。
        すっかり満開のようですね !


             DSC_3247.jpg


         その 『 シダレ 』 を潜って 『 法堂 』 前へ上がれば、


         DSC_3242.JPG


              『 観音禅寺 』 の扁額。



         DSC_3249.JPG

             DSC_3252.jpg


        色濃い 『 ベニシダレ 』 が流れ落ちるばかりでした !!



                          ──── To be continued.



posted by 美緒ママ at 23:20| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

『 レボちん君 』 の櫻行脚  Gosyuin Traveller 78  その 1 .


 今年の櫻はとかく、寒暖と風雨に翻弄され続け。
冬と春が急激に入れ替わる日本列島でありま〜す !!


 『 シダレザクラ 』 を追った Gosyuin Traveller もご多分に漏れず
雨がち ────

 3 月 31 日 ( 金 ) 、近場の 『 シダレ 』 情報に釣られ。
11 時 29 分、 『 レボちん君 』 “ シダレザクラ行脚 ” へスタートです。

 最初のターゲットが泉区岡津町の 『 西林寺 』 様 ── 横浜市の 名木 ” 指定を受けた
『 シダレザクラ 』 に逢いに。
『 明治学院大 』 沿いより舞岡熊ノ堂 〜 桜堂 〜 舞岡入口 〜 と信号を経て不動坂へ。
県道 401 号を北上する頃は、雨のドライブとなっていました !



              浄土宗 『 亀鶴山 一心院 西林寺 』 様


             P3318300.jpg

         P3318263.jpg

         P3318264.jpg

         P3318266.jpg



 手前の信号を曲がった時から既に目に入っていた花がすみは、まだ五・六分でしたが。
緩い石段を上がり切った境内 …… さすが名木ですね!!
雨にも拘わらず、櫻見物の方々のお参りが絶えません。

 私達もまず本堂向拝にて、ガラス越しの 『 阿弥陀仏 』 様を拝みました。


         P3318272.jpg

         P3318273.jpg

             P3318294.jpg


早くも設えられた “ 花御堂 ” のお釈迦様へ甘茶を注ぎ、一足早い 『 花祭 』 体験〜 ☆
これから 『 花祭 』 に向けて漸く櫻満開を迎えるって、ホント稀有な年だね。




          本堂より振り返ると、入口を飾る枝垂れ。


         P3318270.jpg

             P3318285.jpg


             空へ広がる枝ぶり。


         P3318292.jpg

             P3318289.jpg

             P3318286.jpg


重なって花満ちる 『 ヒガンザクラ 』 と相俟って、けぶるような櫻浄土 …… 。
繊細な趣きがよろしいですね、 『 ヒガンザクラ 』 系。
いゃ〜探せば市内にもあるんですね、こーゆー見事な風景 ☆


 やがて雨が本降りになってきて …… 櫻鑑賞終了。
庫裏玄関へ御朱印を請いますと、生憎にもご住職お留守との由。
再拝とゆーことになりました。
またの御朱印参りがてら、もう一度この 『 シダレザクラ 』 に出会えることを祈って。
お庭の『 六地蔵 』 様、 『 観音 』 様、 『 文殊 』 様にもご挨拶して、おいとま
したのでした。



         P3318287.jpg

    P3318276.jpg   P3318275.jpg




 さて 『 レボちん君 』 、かなりの雨の中を次の “ 櫻名所 ” へ〜 ♪
県 401 へ戻り、また北上した同区新橋町 ……


             曹洞宗 『 阿久和山 観音禅寺 』 様


         P3318301.jpg



 こちら様もご門前に駐車場。 ありがたや !!


         P3318365.jpg



雨を押してお邪魔させていただいた、石段上の立派な山門。


         P3318302.jpg

         P3318303.jpg


 伽藍は禅宗寺院らしい簡素且つ格のある構え。
『 山門 』 + 『 仏殿 』 + 『 法堂 』 とゆー縦一直線の配置は、近隣の里寺でなかなか
見掛けない !
しかも雛壇状にのぼって行くロケーションがプチ 『 永平寺 』 のようで、すっかり感激
しました。

 『 仏殿 ( = 大雄寶殿 ) 』 脇を回り、奥の上段へ上がると ……


               P3318340.jpg

   P3318338.jpg


 名木 『 シダレザクラ 』が 『 法堂 』 前に。


         P3318316.jpg


枝張りは広くないものの、中央の鉄柱の支えにより沢山の垂枝を吊り上げているところが、
樹の老齢を偲ばせます。

 細やかな花はピンクの濃淡。 『 ベニシダレ 』 なのでしょう。
一重ながら、密集すれば誠に艶やか ! 『 西林寺 』 様とは別の美しさです。


         P3318336.jpg

                P3318333.jpg

   P3318332.jpg



 ちなみにこちら様の櫻も、雨というのに何人かの先客に取り巻かれていました。
そのご一同が退出されて、漸くの静けさ。


         P3318320.jpg



           法堂から望む仏殿。


         P3318321.jpg

                 P3318325.jpg


            堂前の天水鉢へ、雨が激しく流れ落ちるばかり。




           最奥の小高い墓域からは法堂の雄大な屋根。

         P3318360.jpg




 静けさに暫し浸った後、庫裏玄関へ。

         P3318306.jpg


        御朱印をうかがったところ、こちら様もご住職ご不在中でした。




 雨の中、なお仕事に勤しむ庭師さん達以外、人声も無い境内。
『 観音 』 様や 『 地蔵 』 様、居眠り小僧さん達にひっそりと守られているようでした。


P3318352.jpg P3318305.jpg

         P3318346.jpg

         P3318345.jpg



                        ──── To be continued .



posted by 美緒ママ at 02:01| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

Gosyuin Traveller 77  その 2 .


 Gosyuin Traveller , 3 月 29 日 『 光則寺 』 レポ続けます ────



         P3298258.jpg


         P3298209.jpg



 春の花々を愛でた後、お婆ぁちゃんにはベンチで休んで貰って …… 。
わたくしメは待望の “ 御首題 & 御朱印 ” 拝受へ向かいました。
すると本堂隣接の客殿おもてで、鉢植えに水を遣る梵妻様とおぼしき方。
ご挨拶すると、生憎ご住職がお留守との由。
「 御朱印の方でしたらいたしますよ 」 と向かいの別棟をご案内いただき。
礼をして別棟へお願いし、日蓮宗専用の朱印帳を預けて、


          拝受したこちら ……

 
             KIMG0555.JPG


        そーです、インターネットで見かけたスッゴくお洒落な御朱印〜 ☆


  御首題 ” と呼ぶ方は日蓮宗独特の書体で揮毫される名号で、ご住職ご本人にしか書けない
ものかもしれません。
勿論、またの折を期します !

 いつぞや 4 月の末に伺った時も、数多の花々に目を奪われ …… 常に季節の華やぎを楽しめる
であろう当山。 

 夏にはこの池を、水辺の植物が飾っているかも知れません。


         P3298205.jpg



              また秋は、美しい堂宇に紅葉が映えるでしょうか。


               P3298206.jpg
 P3298215.jpg

          P3298224.jpg




          名残惜しくおいとました山門。


         P3298228.jpg

         P3298247.jpg


          彩色の古風な赤色に彫刻、


         P3298242.jpg

         P3298240.jpg



         その軒に切り取られて、咲き溢れる枝垂れ櫻 …… 。


         P3298241.jpg



 一団の外国人観光客が訪れ、門外では何人もの写真愛好家が大きなレンズを構えていたり。


 絵になる景色は参道沿いにも。
故人宅の瀟洒な日本家屋の門際に、蕾を膨らます 『 ソメイヨシノ 』 の枝ぶり。


 P3298188.jpg

                 P3298189.jpg




 塀際に印象的な 『 アメリカスモモ 』 の真っ盛り。


         P3298249.jpg



 またいつかの季節にきっと、花を愛でつつ参らせていただこうと念じたのでした。




posted by 美緒ママ at 13:39| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

櫻 光則寺  Gosyuin Traveller 77  その 1 .


 四月に入って、寒さながらも 『 櫻 』 の話題が飛び交っています。
なので、取り敢えず Up to date ” なネタを !

 3 月 29 日 ( 水 ) 、 Gosyuin Traveller となったこの日は家族で
鎌倉の春の花を観に ♪ ────


 11 時過ぎ、茶緒パパの弟 おいちゃん ” の車で一家四人。
目的地は長谷 ……


              日蓮宗 『 行時山 光則寺 』 様


         P3298186.jpg

             P3298250.jpg



 有名な 『 長谷寺 』 様の一本脇の小道から、こちらの参道へ導かれます。
ところがその曲がり角まで辿り着くのに、春休みのせいなのかしらね ? 平日とも言えぬ
どエリャぁ混みっぷり。
コレで土日になったらどーなっちゃうの !?
キャー、ひとりだったら絶対来ねぇよ、長谷 !! ( 怒 )
今日は、まァお付き合いだからね ( 苦笑 ) 。

 兎も角も貸し駐車場へ車を預けて …… 狭い歩道の人混みをかわし々々、お婆ぁちゃんを
促して何とか角まで。
そこからほんのひと折れで助かりますよ、 『 光則寺 』 様 ♪
こんなロケーションにまさかの瀟洒な一刹とは ? …… 観光客軍団は気付かないでしょうね。
重畳々々 !!

 果たして、参道へ雑踏の流れは無し。
奇しき発見は途中の道沿い。 何とコインパーキング三台分 !?
次の機会があったら、是非ご利用々々〜〜 ( 笑 ) 。


 って、それより何より発見と言ったら、山門の 『 枝垂れ櫻 』 〜〜 ☆


         P3298259.jpg

         P3298260.jpg


早咲きだったのですね …… そろそろ見頃を迎えよう、とゆー開きぶり ♪♪
これはアタリ〜 !!!
同じ 『 シダレ 』 にしても、花期の早い遅いはよみきれませんもの。


        頭上を雄大に覆う巨木より ……


         P3298248.jpg

         P3298246.jpg


         山門屋根の鮮やかな緑青色へ、なだれかかるゆかしさ。


         P3298198.jpg


 で、人間どもは門に僅かの入山料を払って、 花の世界 ” へ足を踏み入れるのですが。
山門にて自由配布している手書きプリントの 『 四季の山野草と茶花マップ 』 は、何度拝見しても
頭が下がりますヨ …… ( だってホント凄い植物の数 !! )



 さて門内は真正面に石碑 ── 『 立正安国論御勘由来聖筆碑 』 。


         P3298199.jpg


歴史に残る 日蓮上人 『 立正安国論 』 建白事件 ” ですね。
その経緯を記した石碑との由。
本堂に向かい、時代の激しい流れと明暗を、ひとたび偲ぶことにしましょう。


         P3298214.jpg

         P3298231.jpg

         P3298201.jpg



  ところで傍らには、お約束の 『 カイドウ 』 が ……


         P3298200.jpg

         P3298219.jpg


樹齢二百年に及ぶ 天然記念物 ” がまさに咲き始めたところ〜 ♪♪
これからの 『 ソメイヨシノ 』 の盛りと重なって、一気に華やぐことでしょう。



 さて、この時点で境内を彩るのはまだ幾種類かの花々です。
なお芽吹き前の木々が枯れ々々見せる中に、『 ミツマタ 』 、
P3298229.jpg P3298211.jpg



       『 ミツバツツジ 』


P3298235.jpg

                 P3298210.jpg



   黒み紅の 『 椿 崑崙黒 ” 』 、八重 『 白椿 』 、


P3298237.jpg

                P3298236.jpg



   『 アミガサユリ ( バイモ ) 』 に 『 スミレ 』 ……


P3298232.jpg P3298255.jpg



 さらに数え切れぬ控えの役者たちが、春真っ盛りの出番を待ち構えているようでした。



                        ──── To be continued .



posted by 美緒ママ at 01:13| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

Gosyuin Traveller 75  その 2 .


 また少々ブランク空きました。
櫻が咲いたとゆーのに冬の寒さがぶり返したり、せわしないですね。


 Gosyuin Travellerは大和市の “ 花のお寺 ” 、和みレポ続けます ────

 こちら 『 常泉寺 』 様は門前の参道や境内を彩る 『 ミツマタ 』 で有名だそうですが、
加えて境内にも数えきれぬ植栽・下草・鉢植えが溢れています !
ご住職、お花が大好き過ぎて、増やし続けてしまわれた ?

           この通り !? …… ↓↓↓

             P3178049.jpg



 境内は小道が、野山を行く如く無造作な草木の繁りを巡ります。


             お地蔵様に 『 ミツマタ 』 、


         P3178038.jpg

         P3178012.jpg


             石像様にも 『 ミツマタ 』 、



他にも春の花々 ── 『 水仙 』 『 ハナニラ 』 『 クリスマスローズ 』 『 木瓜 』 『 アセビ 』
『 ユキヤナギ 』 etc . 枯れ草の中から健気に咲き挙っていました。


 そんな一角、 水琴窟 ” が澄んだ音色を響かせていて。


         P3178032.jpg



            盆栽の鉢も良い佇まいだったり。

         P3178028.jpg

         P3178021.jpg




         P3178031.jpg


 惜しくも端境期の花木、花を終えた梅やこれからの櫻・枝垂れ櫻の見事な枝振りが、石像たちに
映えていて …… 。
勿論花の盛りはさぞかし、と偲ばれたのでした。



              中に、満開の早咲き櫻 !!


              P3178008.jpg

         P3178011.jpg

         P3178010.jpg


名を知らぬ品種ながら、とても華やかで惹かれます。
この枯れ味残る空間に、じき春色が一気に湧き上がると思えば、是非見届けたくなるもの。
またの機会があるとイイですが …… 。


   

         P3178043.jpg


 さてお庭散策の終わる頃、寺族様か職員様でしょうか、数多な鉢物、盆栽、植栽へ撒水を
始められました。
Oh,こうしたご尽力が賜物なんですね〜 ♪♪



 寺務所で御朱印を請い、小綺麗な応接スペースでご住職のご起毫を待つ間、
「 沢山のお花を丹精されて、お手数でしょうね 」 と労うと、とても喜んで下さいました。
 さらに、差し出した大本山 『 永平寺 』 様の朱印帳に気付かれたので、
「 菩提寺が曹洞宗でして、一昨年伺いまして以来、この朱印帳をお宗派専用にしております 」
とお答えしました。
すると存外感心されて、 「 中に、神社も何も一緒になさる方がおられましてね。いけないとは
申しませんが 」 と苦笑されます。
いゃ〜わたくしメ、 A 型の習癖で殊さらきっちり揃えたいんです〜 !
ここのポイント、存外好感度高し ? …… さすがご本山のお帳面は “ 黄門サマの印籠 ” か !?


  とゆーワケで、拝受の御朱印。


        本尊 『 聖観世音 』 様

     KIMG0549.JPG   KIMG0552.JPG


                    プレミア ↑↑↑ ( なのか ? …… ご自作のお歌 ♪♪♪ )


              和尚様、ありがとうございます !!



 そうしてつい長居をし、 16 時過ぎにおいとましたこの日なのでした。



 
posted by 美緒ママ at 23:24| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

春彼岸 2017  Gosyuin Traveller 75  その 1 . 


 遡って 3 月 17 日 …… 巷が 『 彼岸 』 に入った日、 Gosyuin Traveller
は なむなむドライブ ” へ ! ────

 今年は “ 入り ” がちょっと早いんだ、って気付いてはいたのに …… 初っぱなから、菩提寺
でもないのに “ 御朱印参り ” しちゃったなんて !?
和尚様、失礼しました ( 汗 ) 。

 とゆーのも暫しせわしくしていて、 『 レボちん君 』 の “ お参りドライブ ” がご無沙汰
だったんです。
茶緒パパの “ 「 どっか行こうよ 」 オーラ ” に誘われ、 14 時 11 分、些か遅過ぎの
出発 ( 苦笑 ) 。

 そう 『 レボ君 』 とは、何時のお寺以来かしらね ?
この日は R 1 を影取町信号から、藤沢バイパス経由で所謂 “ 藤沢町田線 ” = 現 R 467
を目指します。
バイパスの清掃事務所入口信号右折後、 『 石名坂環境事業所 』 先のコンビニへ。
それから北上し、善行入口信号を町田線へ !
…… って、もしかしたら今どき呼ばないんだっけ ? “ 藤沢町田線 ” 。

 はぃ、それは兎も角。
やや混みつつの国道が大和市へ入って、幾つめかの福田入口信号を目印に左折すると、小道を
ナビさんに導かれたのが ……


             曹洞宗 『 清流山 常泉寺 』 様


         P3177967.jpg

         P3177973.jpg


  お馴染み宗派の曹洞宗に加え、 かながわ花の名所百選 花の寺 ” と謳われるそーなので ♪



       まずは駐車場につけて ……


         P3178058.jpg



 真正面から詣でれば、参道の両脇をずうっと 『 ミツマタ 』 の植え込みが迎えてくれます。
生憎、まだ咲き始めってとこでしたが。


         P3177968.jpg

         P3177969.jpg

         P3177972.jpg


       咲き揃えば見事だそーです。 花の寺 ” 認定の所以でしょう ♪



        鄙び感のヨイ山門には、寺紋 『 抱き茗荷 』 の小幔幕が素敵。


         P3177974.jpg

         P3178051.jpg



 傍らの受付へ拝観料を払い、境内へ。
すると本堂へ真っすぐ向かう径周辺、様々な植栽・石像に彩られています !


         P3177975.jpg



     ひとまず本堂向拝にて、ご本尊 『 聖観音菩薩 』 様へ合掌・読経。


         P3178024.jpg

         P3178005.jpg



   向かいに 『 道元禅師 』 様尊像、なかなかイケメンでいらっしゃる〜 ( はぁと ) 。


             P3178003.jpg



          続いて、お約束の 『 六地蔵 』 様。


         P3177997.jpg 

    P3178017.jpg  P3177983.jpg


                  『 観音 』 様がた



P3177985.jpg P3177986.jpg


            『 福禄寿 』 様や 『 道祖神 』 様 ?



     P3177976.jpg

                P3177982.jpg


              もちろん禅宗の定番 = 『 羅漢 』 様たち !



     P3177993.jpg

                P3177977.jpg

 更には河童の 『 七福神 』 様やら、 『 籔内佐斗司 』氏の 『 せんとくん 』 まで ♪

             
 まるで 仏様テーマパーク ” だワ〜〜 ☆☆ とはしゃぎつつ、庭中を散策させて
いただいたのでした。


                     ──── To be continued.



posted by 美緒ママ at 18:38| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

Gosyuin Traveller 64  その 2 .


 Gosyuin Traveller , 『 真言宗大覚寺派 』 編を続けます。
今度は横浜戸塚区汲沢町、実はこちら様も再訪の一刹です ! ────



          真言宗大覚寺派 『 汲沢山 寳壽院 願行寺 』 様


         PC187345.jpg

         PC187347.jpg




 地元の 櫻の名所 ” とて、庫裏前の 『 枝垂れ櫻 』 の大木や、


             PC187349.jpg


墓域の 『 カワズザクラ 』 ( こちらは拝見してません ) が有名らしい。

 でもこの季節、寺域は 『 白梅 』 の静謐さに包まれていました。


         P1297450.jpg


       本堂の傍らにも、


         P1297451.jpg

         P1297461.jpg


 旧臘うかがった時、微かに膨らみ始めていた花芽が、


         PC187365.jpg


       見頃に  ↓↓↓

P1297460.jpg P1297458.jpg


    人影も無く、白梅のみ香る静けさ。


         P1297453.jpg



 前庭で迎えて下さったのは 『 修行弘法大師 』 様、  『 観音菩薩 』 様、


    PC187355.jpg   PC187354.jpg


ご本尊のお前立様か ( ? ) 『 不動明王 』 様。


             P1297455.jpg



   本堂向拝にてお参り。


         PC187353.jpg

         PC187351.jpg



 すると偶然にも、庭へお出ましのご住職とおぼしきお一人。
シブめの寡黙そうな方です。
以前一度お参りに伺った旨ご挨拶し、御朱印をうかがうと、 「 はい、お待ち下さい 」 と。


 しかし、それから随分お手間を掛けてしまったようです !
恐らく当院、こうしたご対応は殆どなさらないのでしょうね ( 汗 ) 。
奥に仕舞われてあった “ 御朱印 ” を、わざわざ出して来られたのかも !?

 スミマセ〜ン !! 滅茶苦茶レアな参詣者で …… ( 平身低頭 ) 。



         拝受の御朱印は、


               本尊 『 不動明王 』 様

             KIMG0488.JPG


               ありがとうございました !!




 以上で、この日の 『 真言宗大覚寺派 』 巡拝は終了。
近在のもう一刹、栄区田谷の 『 定泉寺 』 様は 『 田谷の洞窟 ( 瑜伽洞 ) 』 で言わずと
知れた名所ですが。
ちょっとしたプチ・トリビアも有って ── 実は茶緒パパ、その当代ご住職と若い頃知り合い
だった …… かもしれない !?
ま、先方様は最早お忘れでしょうが ( 笑 ) 。
後日改めて伺うことに ♪♪♪



 それでは 『 レボちん君 』 、 『 寶壽院 』 様の駐車場をおいとましましょう !!


         P1297469.jpg




posted by 美緒ママ at 22:01| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

大覚寺派を訪ねて  Gosyuin Traveller 64  その 1 .


 急激な寒の戻りに見舞われたり春一番が吹き荒れたり、春の初めは気紛れ。
風邪やインフルエンザが依然侮れぬとゆーのに、花粉症シーズンまで始まろうとは ?
お出掛けは 「 用心用心、また用心 !! 」 ですよォ〜 ( 泣 ) 。



 さて Gosyuin Traveller は遡って 1 月 29 日、本年のドライブ参拝
第二弾です ────
 
 この日 『 レボちん君 』 は近場ドライブ。
まず鎌倉市大船の ……


 真言宗大覚寺派 『 天衛山 福寿寺 多聞院 』 様
P1297448.jpg PB236956.jpg


 左手に 『 熊野神社 』 を奉ずる元別当寺様。

実は昨年、生憎ご住職のお留守中に初訪拝してしまいました ( 寺号標石は昨年の画像 ! ) 。
なので、アポを取っての再訪です ♪

 今回の訪問では梅が美しく咲き揃う季節。
まずは本堂前が …… 見事な紅梅〜〜 !!


         P1297440.jpg

         P1297447.jpg

    P1297436.jpg

                P1297437.jpg



その扉越し、本尊 『 毘沙門天 ( 多聞天 = 院号の由来 ) 』 様へ合掌・読経しご挨拶。

         PB236936.jpg



それから 『 波切不動尊 』 様のお堂前へもお参りし、
P1297445.jpg PB236933.jpg



 庫裏へお声掛けをと思った折しも、お玄関から梵妻様 ( ? ) 。
わたくしメが 『 真言宗大覚寺派 』 様専用に用意した朱印帳を、ご住職へお取り次ぎいただき
ました。
             KIMG0490.JPG



 前庭に暫し待つと、ご住職とおぼしき方が 「 本堂へどうぞ 」 とお招き下さって。
そもそも当院、ご本尊に加え兼務される二札所、と併せて三点の御朱印をお願いしたお手数、
恐縮していましたのに …… 。
「 お書きするあいだ、ごゆっくりお参りなさって下さい 」 とにこやかな和尚様。
感謝しつつ、静かな内陣を拝ませて貰いました。
本尊 『 毘沙門天 』 様へ直々まみえた祭壇は当然、密教テイストの賑々しさ。
祭壇前に用意されたお経も馴染み深い 『 般若心経 』 で、改めて焼香・読経して、ご本尊との
お巡り会いに謝しました。

 さらに目を引いたのが、脇間の札所本尊様や諸仏様方 ♪
『 一畑薬師如来 』 様をはじめ 『 粟船地蔵 』 様、『 岡野観音 』 様 …… 方々。
やがてご揮毫の朱印帳を持って戻られた和尚様がそれぞれをご説明下さり、茶緒パパと二人、
貴重なお勉強をさせていただきました。
穏やかで丁重なる和尚様に感謝 !

 またお参り後には、干支 ( 酉 ) 柄の綺麗な切り絵 ( 吉祥宝来 ) や、


         KIMG0493.JPG

              KIMG0496.JPG


『 後ろ観音 』 様の板絵もいただいてしまって …… 。


    KIMG0492.JPG    PB236938.jpg
                         ( 本堂扉のこちらが本家本元 ! )


  過分なるお心遣いに、大感激でした〜 ☆☆


       なお拝受の御朱印は、

                本尊 『 毘沙門天 』 様

              KIMG0481.JPG


   『 関東九十一薬師霊場 』 第二十一番    『 関東百八地蔵霊場 』 第九十番

    KIMG0486.JPG     KIMG0484.JPG


              水茎も実に達筆ですね〜 ☆☆☆
          優しき和尚様、諸仏様、ありがとうございました!!



 名残惜しくおいとますると、お庭に 『 とげぬき地蔵 』 様、そして幾多の石仏様。
謝して合掌。
                PB236940.jpg

    PB236957.jpg



      庫裡の古格ある和建築も白梅に映えて …… 、


         P1297441.jpg


            和やかに癒やされたひと時でした〜 ♪♪♪



                        ──── To be continued .


posted by 美緒ママ at 23:38| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

三浦の春を待ちかねて  Gosyuin Traveller 63


 去る 1 月 25 日 ( 水 ) に遡りますが 、朝 8 時 40 分より茶緒パパのプチ手術後
通院 & 診察だった日。
昼頃帰宅し、コンディションも良好とゆーことで、気晴らしのドライブに出てしまいました !
( イイのかァ ? …… 苦笑 )


 Gosyuin Traveller , 春の三浦巡拝を待ちかねて、ちょいとひとっ走り
下見 ( ? ) ” です ♪ ────


         1485335810991.JPG


 13 時 19 分、 『 レボちん君 』 久々の出動。
環状 4 号線〜朝比奈越え〜鎌倉・明石橋信号〜ハイランドさくら道〜久木ハイランド入口〜
逗子・池田通り〜桜山トンネル〜葉山トンネル、と経て。
横須賀市秋谷〜芦名へ、 「 おぉッ ! 」 っと言葉に尽くしがたき鮮やかな海と 『 富士山 』の
絶景を楽しみつ、 14 時 17 分到着の ……


        浄土宗 『 金剛山 勝長寿院 大御堂 浄楽寺 』 様


  1485335850893.JPG 1485335778165.JPG

         1485335373445.JPG

         1485335386461.JPG

         1485335509075.JPG

  1485335627170.JPG 1485335700975.JPG



 鎌倉 『 光明寺 』 様末とゆー当山、長閑な海辺の素朴な里寺とお見受けしたところ、
どうして、鎌倉幕府の有力者 『 和田義盛 』 によって建立された由緒正しき古刹。
しかも仏教文化財という観点では、とんでもなく貴重な存在 ?
なぜなら収蔵庫に、国指定重要文化財 ( ほぼ国宝級 !? ) をご所有なのです !
第一に、かの高名な仏師 『 運慶 』 真作との誉れ高きご本尊 『 阿弥陀三尊像 』 。
次いで同作 『 木造不動明王像 』 & 『 毘沙門天像 』 。
凄いで〜す !!

 通常の非公開が惜しまれつつ、この日はお庭の 『 延命地蔵尊 』 様のみ参拝。


         1485335441466.JPG



 庫裏玄関で御朱印ご対応下さった梵妻様に、今期の 『 三浦霊場 』 ご開帳を確かめると、
やはり当山 『 不動明王 』 様、及びお近くより 『 薬師如来 』 様も出開帳、と。
「 是非お巡りしたいと思います 」 と申し上げれば、
「 どうぞお出掛けください。とても賑わいますから 」 とにこやかにお招きいただきました。


 では、ひとまず拝受の御朱印、


       本尊 『 阿弥陀如来 』 様     『 三浦二十八地蔵霊場 』 第十九番

     KIMG0444.JPG    KIMG0446.JPG


                ありがとうございました!!



     1485335660656.JPG    1485335733495.JPG

     境内の石仏様や石塔。



 更にこちらでは、墓域に歴史的著名人がおひと方 …… 、


             1485335787876.JPG


『 前島密 』 氏 ── 近代郵便制度の創始者と讃えられる業績に感謝し、墓前に合掌して
参りました。


              1485335542017.JPG


   高台の墓域からは薄っすらと、海越しの富士山も望めました。
                      ↓↓↓

              1485335611993.JPG




 さて14時45分、駐車場をおいとました 『 レボちん君 』 と私達。
帰路を林交差点から三崎街道へと。
それから通研通り〜岩戸〜満願寺入口を左に見て、 15 時 12 分、横横道路・佐原 IC へ。
港南台 IC を 40 分頃に出て、お参りドライブを終了です。

 良く晴れて、葉山を横須賀市秋谷へ抜ける海が明るく、富士山が本当に美しい午後でした。





posted by 美緒ママ at 11:15| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする