2019年02月27日

めっちゃミーハーだった件 ♪♪♪  その 1 .


 え〜〜 あたくし、先天的ミーハーのようでいてそうでないような、でもやっぱり
めっちゃミーハーだった !?
テレビとインターネットに、あっさり踊らされてるこの頃でございます ( 笑 ) 。



 先日テレビ番組で北鎌倉界隈が紹介された中に、見知らぬお店 !


 『 Chocolaterie CALVA 北鎌倉 門前 』



 当節ブームのチョコレート・ショップ ? ほぉ、最近出来たのかしら ?
ちょうど横須賀線で通るついでがあったので、さっそく北鎌倉で下りてみました。
駅間近なお店は瀟洒な和テイストで ( テレビの影響か日曜日のせいか ) 沢山のお客さん !
Oh,お洒落なモノにゃ目の無い現代人 ? …… のフリしてしれっと混ざってみたぞ〜 ( 笑 ) 。
 

         KIMG3633.JPG

         KIMG3638.JPG

                  ↑↑↑ ショッパーのロゴ ♪



 番組では、こちらのお店オリジナル商品 ── チョコレートに羊羮を重ねた棹菓子を押して
いましたが。
目を引いたのは 『 羊羮チョコレート 』 より、アートなバラ売り。
三十数種類とはあんまり多過ぎて、お店にお任せのチョイスで ……


              KIMG3631.JPG

         KIMG3628.JPG

                求めた 10 個中の 5 個。



 その他にも バータイプの二種 ( マカデミア × オレンジ、クルミ × ラムレーズン )。
食べちゃってから気付いた !!( 画を撮り忘れましたッ )
どれも上質で美味しかったけど、このラムレーズンは絶品 !!!
キャ〜美味しいッ ☆☆☆
自称 “ ラムレーズン ・ チョコ ” 好きとしては、捨て置けぬ Quality だ〜〜 ♪♪♪


 はァ〜〜、またまた困ったモノに出会ってしまいました ( 汗 ) 。



 
posted by 美緒ママ at 16:42| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

梅仕事 2018  その 2 .


 そう言えば雲の姿が秋めいて、風にもどこか季節の移り変わりを感じます。
それでも、気温だけがまだまだ下がりません。
颱風の置き土産のように、湿度を含んだ熱風が荒れています。

 更に自然の猛威のあちこち爪痕を残す中、大過無かった場所は、誠にありがたく思わねば
なりませんね。
平穏に感謝しつつ ……. 。



 それでは 『 茶緒パパの梅仕事 』 レポ、次の段階へ Step up !!
今季は “ 梅雨明け ” が異例に早かったため、梅の “ 干し ” 段階の基準にならず、『 土用 』 が
目処になった次第。




7 月 21 日 ( 土 )

 ちょうど前日 20 日が 『 土用 』 の入りに当たったので、文字通り “ 土用干し ” となった
『 梅ちゃん 1号 』 。
茶緒パパ、意気揚々と梅ちゃんを並べました。


          取り敢えずこんな色から ……


         DSC_4552.JPG

         DSC_4554.JPG



          夕方、取り込む間際にはこんな風。


         DSC_4570.JPG




7 月 22 日 ( 日 )

 “ 土用干し ” 二日目。


         DSC_4592.JPG

         DSC_4596.JPG


                 …… と色付いて来まして。




7 月 23 日 ( 月 )

 三日目、遂に最終日を迎え、


             P7230380.jpg

         P7230375.jpg

         P7230379.jpg



 『 梅干し 1号 2018 』 として完成 !! おめでとうございま〜す ☆☆☆ 


 この後はタッパー容器で数年、冷蔵庫にお眠りいただきます。
昔ながらの濃い塩分濃度で漬ける我が家では、塩気を長めに慣らしてマイルドになって
いただくのが肝要。
三年後辺りを、楽しみに待ちましょう ♪♪♪




 さぁ、片や 『 梅ちゃん 2 号 』 は ……


7 月 31 日 ( 火 )

 十日遅れで “ 干し ” に入って、


         P7310531.jpg



 青梅の時点で半量 ── 個数は随分少ないで〜す !
そもそも梅自体も大きかったせい、と茶緒パパ。



         P7310533.jpg


              夕方にはかなりイイ感じ〜 ♪♪♪



             P7310562.jpg

         P7310559.jpg




8 月 1 日 ( 水 )

 二日目は ……


         P8010611.jpg

         P8010613.jpg



        こう、仕上がって。


         P8010593.jpg




8 月 2 日 ( 木 )

 三日目、最終日となり、


         P8020662.jpg

         P8020663.jpg




 斯くして 『 梅ちゃん 2 号 』 無事干し上がり、 『 梅干し 2 号 2018 』 として
『 1 号 』 共々恙無く保存されたそうな ♪♪

 まずは、目出度し目出度し〜〜 ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 23:54| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

梅仕事 2018  その 1 .


 夏はとっくに去った筈なのに、残暑 ( どころじゃない酷暑 )がいっそうつのって
おります !! ( ガーンンン )


 まァ夏場は、暑くなけりゃ成らぬ用もアリですが。
そーゆーひとつ、真夏の風物 ── 『 茶緒パパの梅仕事 2018 』 を復習って
おきましょう。
本年茶緒パパは、何故か二回に分けて梅を漬けました。
とゆーか、一回目を漬けていたら、もうちょっとって気になった …… らしい ?


 では、まず第一弾から ♪


6 月 9 月 ( 土 )

 茶緒パパ、梅漬け用の 『 南高梅 』 を 2 kg 購入。
早速、梅の塩漬けを始めました。
 勿論、道具類 ── “ 5L 漬け壜 ” “ 中蓋 ” “ 重石 ” “ 笊 ” “ ボウル ” 等の洗浄 ・
アルコール消毒に留意 ( この辺抜かり無し ! 仕事が丁寧であります ☆☆ ) 、
梅を洗い臍を取る。
後、塩をまぶした梅を ( 更に塩と重ねながら ) ガラス壜へ詰め込みます。
その上へ重石を乗せ、 14 時 48 分 『 梅ちゃん 1 号 』 準備OK ♪ であります。


            DSC_4164.JPG


 さぁ、これからは梅ちゃん達と塩のお仕事 !
『 梅ちゃん 1 号 』 が塩によって、 『 梅酢 』 を浸出させるのを待つワケですが …… 。



6 月 10 日 ( 土 )

 実は前夜の内、早々梅酢が滲み出し、壜底に溜まり始めていました。
以降増えて、二日目には梅の嵩の中程まで上がります !


            DSC_4171.JPG


これは大変順調 ・ 無事な進展 …… とのこと。 茶緒パパ、ひとまずホッと ☆☆



6 月 11 日 ( 月 )

 梅漬け三日目。
この日優秀にも、梅の嵩最上部まで梅酢が上がったので、


        DSC_4174.JPG



 取り敢えず “ 漬け ” 状態をキープ。 梅雨明け 〜 土用頃の “ 干し ” 段階を待つことに
なりました。




 以降、 毎日 『 梅ちゃん 1 号 』 を観察していた茶緒パパ。
もうひとつある、 “ 4 L 用漬け壜 ” も使えるんだよな〜 、と思い付いたらしい。




 とゆーことで、第二弾へ突入〜!!


6 月 18 日 ( 月 )

 茶緒パパ、 『 南高梅 』 をまた一袋買って来ました。 今回は 1 kg 。
初回同様段取りして 17 時 55 分、 『 梅ちゃん 2 号 』 の “ 漬け ” 開始 !


            DSC_4366.JPG



6 月 19 日 ( 火 )

 すると早くも二日目で、梅酢が梅の嵩近くまで上がってます ♪
素晴らしい〜〜☆☆ ( パチパチパチ )


            DSC_4371.JPG

        DSC_4370.JPG



6 月 20 日 ( 水 )

 おや、梅の嵩を越えたようにも見えますね。


        DSC_4375.JPG



が、梅の上辺に凹凸が出来ているので、なるべく均等に梅酢に浸かるよう、ならして
おきます。


            DSC_4378.JPG




 はぃ、この後は 『 梅ちゃん 1 号 』 『 2 号 』 とも “ 漬け ” 状態をキープ。
時間差で “ 干し ” 段階へ入るわけですが。


 それは、次回レポをお楽しみに〜〜 ☆☆☆


                        ──── To be continued .


posted by 美緒ママ at 00:45| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

☆☆ 花むすび膳 ☆☆  その 2 .


 『 花むすび膳 』 at 『 an‐nei 安寧 如意庵茶寮 』 レポ、続編参ります。


 三ヶ月待った “ 癒やしのランチ ” は ── お約束の京都 『 柳櫻園 』 の 『 焙じ茶 』で
幕が上がったわけですが。


         KIMG1711.JPG


ん〜 、これこれッ、九月以来だわァ ♪♪
香りと味の濃さ …… さりながら雑味も渋みも無い ! 爽やかな風味だけが残ります。


 …… 浸っているうちに、各テーブルへ “ 点案 ( お品書き ? ) ” とお膳が運ばれました。
設えは先回同様、黒塗りのシンプルな角盆に朱塗りの皿小鉢、焼締向付、他磁器やガラス器。



             ぱっと見にも美味しそう〜〜 ♪♪♪


         KIMG1712.JPG



            しかも ! 私の膳には 『 椿 』 がひと枝、


         KIMG1714.JPG



            茶緒パパの方には 『 臘梅 』 の枝が〜 ☆


         KIMG1713.JPG



 あ、前庭の奥、いっぱ花を付けた臘梅の大木が見えますね ♪
関係の方しか入れない位置だから、その芳香はさぞかし ?
あちらから、日々のお膳にいただくのかしら ?
また、椿や山茶花も山内に沢山咲いていました。




        お品書き …… 『 平成戊戌睦月十三日 花むすび膳点案 』


         KIMG1710.JPG



 朱の塗りに盛られたのは、

 一、黒豆ご飯

 餅米でしょうか …… 紅くないお赤飯のようで美味しい ♪
たっぷり盛られてましたが、茶緒パパお代わりもいただく。
私は、残念ながら諦め。


 一、菜げんちん汁
 
 禅門お約束の 『 けんちん汁 』 。発祥は 『 建長寺 』 様ですが、たぶん諸寺独自の
工夫が有る ?
こちら様は青菜に豆腐、松の実 ( ? ) をちらり。
醤油とゆーより味噌めく味付け ? 加えて微かな胡麻油感と、謎の薬膳味が特長 !
「 何のスパイスだろ〜 ? 」 と茶緒パパ、毎回疑問符。
でも何でもイイや、慈味深くて美味しいもの ♪♪ 
私はこっちの方をお代わりしたかった ( 笑 ) 。


 一、胡麻豆腐

 コレぞ真っ先に箸が向く、禅門の定番ですね !
間違いのない美味〜 ☆☆
家庭では不可能な丹精の賜物でしょう。


 さてここでちょっと、小皿の逸品に触れておきます。

 一、沢庵

 お初にお目にかかりました ♪ たまさか先回メニューには無かったので、期待大。
ほぉ〜、裏切らないお味でした !
甘さの無い、塩漬けの超シンプル “ 沢庵 ” ? されど奥底にじんわり旨味 ☆☆
ご住職テイストだとしたら、やっぱりただ者ではいらっしゃらないと判明。

 いゃ〜〜 、上記の “ 一汁一菜 ” とこの沢庵だけで、十二分に御馳走ですワ ♪


 ついでにもうひと品のお漬物が、

 一、浅漬け

 ガラス小鉢のこちらはサラダのようにフレッシュな、蕪の浅漬け。
あっさり瑞々しさが身上。


 では再び朱塗り椀の、

 一、開運包み

 いかにも和食の優しい味付け。 お揚げの中に春雨やら野菜やら、色々な素材が細々
詰まって、煮含められてます。


 焼締向付けには主菜、

 一、山芋フライ

 ひと口 …… ほほぅ、牡蠣フライの “ 擬き ” かな ?
なかなかボリューミー。


 一、南瓜いとこ煮

 醤油を用いない ( たぶん ? ) 上品な煮物。 控えめな出汁と清々しい甘さ ♪
小豆のトッピングも優しい。

 更には青みの莢豌豆 ( スナップ ・ エンドウ ? ) さえ、緑美しき塩茹でと思いきや、
実に繊細なるお味付けが ♪
ご住職、感服つかまつりましたッ !! 



         P1130595.jpg




 おーっと、まだデザートが控えてましたね ☆

 一、抹茶ブラウニー


   KIMG1715.JPG

                 KIMG1716.JPG


 米粉と抹茶を使い、硬めのケーキを模されています。
しっとり苔むした石畳のような ? …… コンセプトも素敵で、極めつけは “ 甘味 ” 感 ☆
これまでのどのお料理にも夫々、一歩引いた頃合いを見定めておられるご住職、お食後に
何て過不足無い甘さ ? 大好きですぅ〜 !!



 またのチャンス、必ずや予約を取るぞッ、と決心してお堂をおいとましました。
豪奢ではないけれど、心配りの行き届いた設え ・ おもてなしで、予約待ちをしても伺いたい、
癒やしの空間でした〜 ☆☆☆



 15 時からのカフェ・タイム待ちのお客様と入れ替わりに玄関を出れば、脇の植え込みに
何と 『 白梅 』 が綻んでいました ♪♪


   P1130610.jpg

                 P1130608.jpg


                  今日初めての梅。 嬉しい収穫でもあります ☆




   P1130607.jpg



 『 如意庵 』 様、ご住職様、スタッフの皆様、初春の佳きひとときを本当にありがとう
ございました !!



posted by 美緒ママ at 01:31| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

初春グルメは華やかに  ☆☆ 花むすび膳 ☆☆  その 1 .


 季節は早や 『 大寒 』 を迎え、 文字通り大寒波の予報 !
…… ではありますが、こちらでは今暫く “ 初春気分 ” に浸ってみようか、と。
年頭の超お洒落なスペシャル・グルメです ☆☆☆


 去る 1 月 13 日 ( 第二土曜日 ) 精進ランチ 『 花むすび膳 』 at 『 an ‐ nei 
安寧  如意庵茶寮 』 in 塔頭 『 如意庵 』 of 『 円覚寺 』 。


 電話予約日から二、三ヶ月待ちのこちら ── その理由を九月の初体験で合点した私達は
懲りず、次の申込み日に電話を入れたのでした。
そうして Get ! した二席。 マジ三ヶ月先とは ? ( 笑 )
はァ〜、そーなんだね。
ウチらが観念してこんなに “ 待つ ” ったら、 Robben のライブくらいだのに !!
「 メシくらいでそう延々と待ってられるかぃッ ! 」 って了見、あっさり返上 ( 爆 ) 。

 外食ポリシーに大きな方向変換した切っ掛け ── 『 安寧 』 さんには無論 “ 味覚 ” 以外の
モチベーションが多々有るからなんです。



 当日、 13 時少し前の横須賀線で着いた北鎌倉駅より、まず 『 円覚寺 』 様へ …… 。


             P1130541.jpg



 すると、 当山の “ アイドル猫ちゃん ” ♪♪


         P1130544.jpg

         P1130543.jpg


 『 しいちゃん 』 or 『 かなちゃん 』 ? …… 短毛だから 『 しいちゃん 』 ?
他の参拝客さんにかまわれつつ、おっとりマイペースに看板猫業を果たしていました。
むふ、ラッキーの予兆 ? …… 更にワクワク〜 ♪



 さぁ、こちらへ伺ったらお約束 …… 『 三門 』 を潜って気持ちを改め、 


         P1130546.jpg

         P1130621.jpg


         P1130549.jpg


『 仏殿 』 にてご本尊 『 宝冠釈迦如来 』 様へ参拝、
「 本日ご縁を得まして、これより尊き食のお恵みに与ります。ありがとうございます 」
続いて 『 選仏場 』 の 『 薬師如来 』 様、及び 『 遊戯坐観音菩薩 』 様へも必ず お参り
致します。



         すると茶緒パパカメラマン、お堂辺りの 『 梅 』 の蕾をチェック !


                 P1130554.jpg

   P1130553.jpg

                 P1130555.jpg

   P1130558.jpg


      生憎 “ いまひと息 ” ってところでした。


 折しも 『 居士林 』 門前には長蛇の列。 “ 土曜座禅会 ” への参加者のようで ……
おぉ、ストイックな精神統一を目指すのね ?
美味の煩悩へまっしぐらなワタシ、ちょっと引け目。




 そうこうする内、時間も頃合い。
『 如意庵 』 の標石を右に見て石段を上がりますと ……


   P1130564.jpg

                 P1130563.jpg



 真正面の石垣に、可愛らしい看板とお品書き。 このセンスに、まずノックアウト !


         P1130566.jpg

         P1130565.jpg



 向かいの塔頭 『 仏日庵 』 様を背景のロケーションも素敵 ☆☆


         P1130616.jpg



                 茶緒パパが先導して、


               KIMG1701.JPG


               『 山門 』 へ。


         P1130569.jpg


              簡素な玄関脇に控える、新年飾り。


               KIMG1708.JPG



         しかし、その奥から始まるのは美世界 !!


         P1130606.jpg

             P1130584.jpg 

          P1130575.jpg


     式台玄関に生花と扇。 新年の淑気に華やかさを添えます。
   円相の吊り花生には 『 椿 』 ( 色が捉えられず残念 ! 愛らしいピンクでした ) 。



   P1130583.jpg

                 P1130579.jpg


 背後の立派な屏風、絵襖。 華美ではなく、禅刹の渋さあり。
( 夢中で眺めてて、他のお客様の撮影をお邪魔してしまったみたい …… ごめんなさ〜い )



 さて、予約名を呼ばれ案内された席は、ご本尊おわす 『 本堂 』 の左手座敷でした。
テーブル席に荷を置き、まず何はともあれお参りです。

 ご本尊 『 宝冠釈迦如来 』 様へ、他のお客様に続いて合掌。
脇へ避けて 『 般若心経 』 を黙読させていただきました。



 その後、改めてゆっくり拝見した客室は左奥に 『 床の間 』 。


             P1130586.jpg


 掛けもの ( 掛け軸の書 ) はおそらく、新年に相応しい禅語、乃至は由緒ある禅門の筆。
読み仰す器量の無さが恨みながら …… ( 平身低頭 ) 。


               KIMG1717.JPG


 けれどこちらはわかります ── 床の左上、青竹掛け花生へ 『 千両 』 と挿した 『 芽柳 』 を
ひと結びして長〜く床へ流す 『 掛柳 』 です。
これぞ格式有る新年の祝ぎ !
床前に座し、見上げた視線をすうッと下ろせば線の美しさ ……


               KIMG1723.JPG

               KIMG1719.JPG


            まるで 『 長谷川等伯 』 だわぁ、とため息。


         KIMG1720.JPG


                 渋い香炉もお似合いです。



 一方右側の飾り棚には、干支に因んだ愛らしい仔犬の柄の …… 工芸京団扇 ?


               KIMG1722.JPG


               大変繊細な細工のようでした。



 と、食前からこんなに盛り上がってどーなる ? ( 笑 )



         KIMG1711.JPG


 定刻 13 時半少し過ぎ、待望の 『 焙じ茶 』が運ばれて、いよいよ 『 花むすび膳 』の
始まり始まり〜〜 ♪♪♪



                         ──── To be continued .



posted by 美緒ママ at 02:09| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

結果オーライ !!  お年玉 ☆☆☆


 今年の “ 買初 ” って、厳密には元日に年賀葉書の買い足しだったんだけど ( 笑 ) 。
ちゃんとその気で出掛けたのが二日。
茶緒パパ兄弟と三人、フツーに某大型スーパーへ食料品の補充って感じで ♪


 店内を一通り巡って物色した後、何か珍しい銘柄とかあったらな〜、とビール・コーナー
をチラ見。
はぃ、美緒ママめ、半下戸の “ 隠れビール好き ” なもんですから ♪

 するとッ、ナンとゆー驚き ? …… そこに並んでいたのは !?

 幻の ( …… でもないか ? ) My most favorite Label ── 川越産
『 COEDO 』 の 『 白 』 じゃない !! 

 えーーッ ? …… どーしてアナタがここに !?
だってだってぇ、 “ 無濾過 ” の Hefe Weizen ( ヘフェ ・ ヴァイツェン )
スタイルは常温保存出来ないから、なかなか店頭に並ばないのよォ ( 汗 ) 。
めっちゃレアだわ〜 ( と、ソッコーお買い上げ ♪♪♪ ) 。



             P9305591.JPG

         P9305594.JPG




 ちなみに My イチ押しのこの Weizen スタイルとは、まずビールとは思えぬフルー
ティーな香りに、ふんわりした細やかな泡立ち、そして白濁黄金色をしています。
無論味わいのマイルドさはピカイチ !
 なぜなら原料から特徴的で、普通のビールと異なり小麦麦芽が 50 % も使われている
らしい。
そもそも Weizen は “ 小麦 ” って意味なんだ ?

 あ ! ビールって大麦から作る ? …… ってさえ、知らなかった〜。
“ 地ビール好き ” 失格だぜ。 スンマヘ〜ン ( 土下座 ) 。



 何はともあれ、結構な “ お年玉 ” Get して御機嫌に帰宅。
── と、その直後に起こった某アクシデントは、この際ナイショ〜 ( 苦笑 ) 。


 結果オーライ !!
でイイよねッ、美味しかったから〜〜 ♪♪♪



posted by 美緒ママ at 00:48| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

『 花むすび膳 』 予約完了 !!


 予てより我が家の超ツボ “ ランチ ・ スポット ” たる …… 北鎌倉 『 円覚寺 』 塔頭
『 如意庵 』 内 ── 『 如意庵茶寮 an - nei 安寧 』 様。 
本日 10 月 14 日 ( 土 ) はスペシャル ・ ランチ 『 花むすび膳 』 の営業日です。



         KIMG1099.JPG

               先月、 9 月 9 日のランチ ♪



 14 日が先の予約日に当たるので、ソッコー電話入れました !
結果、無事二名分の予約 Get〜 ☆☆
( 今度は、茶緒パパと二人でまったりして来ます ♪ )

 予約は来年、 2018 年 1 月 13 日 ( 土 ) 13 時 30 分。
スゴいっすね〜 、年内はとっくに満席 !
人気ぶりが窺えます。
 やはり “ お寺カフェ ” という “ スペシャル ” 感、就中、ホンマもんの 『 ご本堂 』 たる
“ 異世界 ” 感が推しどころ ?
ざっくばらんではなく 「 謹んでいただく 」 感がまた新鮮なのかな ? 現代人には。
 はぃ、勿論ご本尊様へ拝してから、お膳に向かわせて貰います。
本来なら 『 般若心経 』 くらい誦さねば、と思うのですが、まァ “ KY な人 ” に見られても
ナンなので、するならそっとわからないように ( 笑 ) 。
いゃ、折角お美しい 『 宝冠釈迦如来 』 様がおわすのですから、ゆっくりご対面させていただき
たいなァ、とも。
 

 加えて、忝くもご住職が直々調理を手掛けられる都合、仕方ないかもですが …… 当庵は御朱印
対応をされない由。 その点がかえすがえすも残念ッ !!
 こちらの “ カフェ営業 ” 以前も、 “ 一般拝観と御朱印 ” はナシだった由でしょうが。
こうしてご本尊様へ近々まみえることが出来るなら、書き置きの形ででも御朱印授かれると一層
嬉しいのに …… なんて我が儘がアタマをもたげます ( 汗 ) 。

 ご住職様、済みません !!
十二分な “ 口福 ” に与れますのにね、度を越えた願望でしょうか ?
そうつい願ってしまうくらい、素敵な “ お寺カフェ ” 体験なんですよ〜〜 ♪♪♪

 まずは一月が楽しみ〜 ☆☆☆
如何なる冬食材が調味されますかしら ?
そしてお約束の 『 胡麻豆腐 』 ! 誠に美味しいです ( はぁと ) 。
 ご住職様、スタッフの皆様、そして山海の滋味の提供者様に感謝 ♪
併せてご一堂のご本尊様、諸尊様、全うな食の恵みを再認識させていただき御礼申し上げます !!



 そもそも、仏道も諸宗教も志は同じであると推します。
嘗てお尋ねした同山塔頭 『 龍隠庵 』 のご住職 『 太田周文 』 様が、
「 キリスト教の方でもかまいません、訪れて和んでいただければ 」
と仰ったように、和やかで幸せな心地を賜りに参ります。
人の世の不安に揺らぐ時は殊更。


 ありがとうございます ……… 合掌。

 

posted by 美緒ママ at 21:25| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

芙蓉のころ  その 2 .


 台風一過、急に残暑がつのったり、曇ればまたひや〜ッとしたり …… 不安定この上ない
毎日ですね。


 レポは、日にちがあいてしまいましたが “ フヨウの頃の北鎌倉 『 如意庵茶寮 安寧 』
ランチ ” 後編です。

 年来憧れだった月イチ・第二土曜のみのスペシャル・メニュー …… 『 花むすび膳 』 に
ありつけた日。
食事の膳が引き上げられた後に、もう一つ小さなお盆のもてなしが続きます。
食後のデザート ……



 一、柚子ゼリー
 

         P9099997.jpg



 あッ、ゼリーと思って口に入れたら、ちょっと驚きますよ !
淡〜い柚子風味の、さらさらした繊細な舌ざわり …… これは ? …… 滑らかな白餡が溶かし
込まれている !?
スッと消えてゆく甘味 ( 当然 『 和三盆 』 ですよね ? ) と、初めての食感。
目新しい ♪
締めのデザートまで手を抜かない、和尚様の拘りですね〜 ☆


 精進料理はとかく淡白で満足度が低い ? …… と案じられますが、どーしてそんなコトは
無いのだ ! 偏に味付けのセンスですよ ♪
いゃ〜気に入りました ☆☆☆
 次は是非々々 “ 冬メニュー ” を賞味したいもの。
堂内空調の点からしても、晩秋〜夏前がベター ? 

 しかし何れにせよ、今からじゃ年内予約は既に満席 !? ( 汗 ) 。
早くとも年明けですから ( 苦笑 ) 。
人気ハンパないですよね。
うんうん、是非外さず予約入れよう〜〜 ♪♪♪



 と、そうこうするうち、楽しい “ お寺ランチ ” もおひらき。
ちょうど出ていらした、作務衣姿のご住職 ( ? ) にご挨拶して、 『 如意庵茶寮 』 様の
風雅なお玄関をおいとましました。
ご馳走さま。 ありがとうございました〜〜 ☆☆


 出しなに庭先をちょっと拝見。
本堂の白壁に、簾の陰が素敵 ♪


  P9090001.jpg

                 P9090002.jpg


                    こちらにも白とピンクのフヨウが盛り。




         P9090005.jpg


 後ろ髪引かれつつ山門を …… 。
正面に、開山 『 北条時宗 』 公のご廟所 『 仏日庵 』 様がフォトジェニック !!

 秋暑の中、楓樹の高みを渡る風がさらさら。


         P9090008.jpg



 下りて戻り道に、 『 正統院 』 様の入り口。


         P9090015.jpg



 その先を 『 妙香池 』 に沿って …… 。



         P9090017.jpg



 『 寿徳庵 』 様下へと続く、しっとり苔むした側溝。



   P9090022.jpg

                P9090021.jpg


                     道向かいには、本山 『 方丈 』 の池泉の庭。
                     建築の佇まいも端正。




 そのあたりを過ぎると、有名な座禅堂 = 『 居士林 』 山門。
青楓にせよ紅葉にせよ、撮影スポットとして名高く、カメラ男子がよくレンズを構えています。


         P9090027.jpg

         P9090023.jpg




 復路になりましたが、 『 仏殿 』 前でご本尊様にお参りし、この良き日に感謝〜♪
すると、やがて木の間越しに現れたこちら …… 『 三門 』 。


         P9090026.jpg

             P9090025.jpg


           いつ拝んでも整然と簡素な禅宗建築、好きで〜す ☆彡



 
 また詣でる機会が楽しみな、 『 円覚寺 』 様なのでした ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 19:30| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

芙蓉のころ ── 北鎌倉 “ 精進ランチ ”  その 1 . 


 去る 9 月 9 日 ( 土 ) 、スペシャルな北鎌倉行きを果たしました。
12 時 39 分 大船駅発、 41 分 北鎌倉駅に着けばすぐそこの 『 円覚寺 』 様 !
当大本山の境内塔頭 『 如意庵 』 様にて、噂の “ 精進ランチ ” がいただけるので、
夏前から予約を入れていたんです。

 当庵、一昨年初めて “ カフェ ・ タイム ” に伺って以来、どーしても気になっていた
毎月第二土曜日のみの、精進ランチ 『 花むすび膳 』 。
お初の今回茶緒パパと、元仕事先のオーナー様をお誘いしての三名。
漸く念願叶ったワタクシめは、殊更わくわくドキドキな参上でした。


 秋暑ながらからっと晴れた土曜日、境内には 『 フヨウ 』 の花が盛りです。


  P9090019.jpg

                 P9090020.jpg



              到着した塔頭 『 如意庵 』 様。


             P9090014.jpg



 石段途中の石垣に、花を添えた小さな看板 ──


            『 an ‐ nei 安寧
                         如意庵茶寮 』


         P9090010.jpg

         P9090011.jpg


           “ お品書き ” にも可愛らしい豆柿やらミニ瓜 ?



         P9090009.jpg

         P9090013.jpg


 眼を転ずるに、 『 山門 』 へといざなう石階を鬱蒼と覆う楓と竹林。



             P4044671.jpg



   門内の 『 玄関 』 は、式台のしつらいが目を引き ── 初秋の今は “ 燈籠 ” ですね。


         P9090003.jpg


  傍ら、控えめに生けた 『 木槿 』 も涼やか。 偏にご住職のセンス ?



 呼び鈴を振ると、予約客が順次案内されます。
庵内は庭へ開け放たれた夏座敷。建具の葭戸や半ば下りた簾が、なお残暑の頃の風趣。


         P9099998.jpg


現代の住宅事情では得難い、貴重な季節感に浸れます。
それでも席はテーブルなのでラク。 年輩客にはありがたい。
唯一残念だった室温。 冷房で閉めきるには、さすがに無理な広さなのでしょう。


 ではまず、隣室なるご本尊の祭壇へ合掌・参拝のご挨拶。
── 『 宝冠釈迦如来 』 様、これより山海の植物の命の恵みに与ります冥賀、心より
感謝申し上げます ! ──



 13 時 30 分の定刻を暫し過ぎ、 “ 点案 ( お品書き ? ) ” と “ 焙じ茶 ” が
運ばれて参りました。

         P9099990.jpg

         P9099992.jpg


         Oh ! かの上質な焙じ茶 ── 京都 『 柳櫻園 』 様 ?
         たっぷりいただきます。



 ややあって、お待ちかねの 『 花むすび膳 』 がざんぐりした黒い角盆にて供されました。


         P9099993.jpg


 各お盆には ( 向うはしで見えにくいのですが ) 季節の花が添えてあり、こちら茶緒パパの
には 『 ススキの穂 』 、女性向けには 『 シュウカイドウ 』 のひと茎でした。
和尚様の素敵なお気遣いですね〜 ♪♪



 それではいただきます。

 一、 炊込ごはん
 一、 菜げんちん汁
 一、 胡麻豆腐

 …… お精進らしい朱塗の器に盛られています。
 『 炊込ごはん 』、美味しい。 塩味をさほど感じないのに、この “ こく ” は何処から ?
── 上質な “ 油揚げ ” ?
こーゆー “ こく感 ” 大好き〜 ( はぁと ) 。
 けんちん汁は存外しっかり味。 薬膳な感じ有り。
胡麻豆腐もさすが禅刹、間違い無く滋味深し !!


 加えて陶器 ( 素敵な焼締 ) の向付に、

 一、 車麩のフライ
 一、 里芋の胡麻よごし 青みのオクラ添え。

 こちらも美味しい ♪
メインのフライ、ボリューム有り。
里芋も甘さ控えめな胡麻衣、上品〜 ☆


 そして小付の品々、

 一、 水菜のお浸し
 一、 トマトのレモン・ジュレ
 一、 マスカットの白和え

 …… と、ひんやりあっさり。
お浸しは馴染みある味わいに、隠れた椎茸がツルっとアクセント。
プチ・トマトは意外性。
中就私は、マスカットと白和え衣の相性が発見でしたよ ♪
白和えも、なるほど禅門の得意技 !
んん〜 、結構々々〜 ☆☆☆

 おなかがしっかり満たされたのでした。


                      ──── To be continued.



posted by 美緒ママ at 01:58| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

本門寺グルメ


 今年の Gosyuin Traveller 、既にリピートしているスポットが
幾つかあります。
東京・池上 『 本門寺 』 様もその一つ。
何故通ってしまったかと言うと、買いたいモノがあったンで〜す。 
何と …… たくあん ” 。
えー ? 何でワザワザ !? …… ってツッコむよネ ( 笑 ) 。
だって美味しかったんですも〜ん ♪♪♪


 いきおい “ 好み ” の問題になりますが、美緒ママの偏食は黄色くて甘い、いわゆる
『 東京たくあん 』 が駄目なんです ( って、勝手にしろ ! ってハナシか …… 爆 ) 。
それ以外も、けっこー甘口多し。
 ところがそこへ、 “ たくあん ” の歯ごたえを叶えてくれた稀有なる枯れ色。
これぞ、畏くも 『 本門寺 』 様のお名を冠する たくあん ” !!



         KIMG0797.JPG



 初めてのお味でした。 甘味が殆ど無いのに、しっかりした風味と僅かなピリ辛。
ムフフ、これだけでご飯イけまっせー ♪♪
以降、たくあんはココに決まり〜 ッ ☆☆☆


 そもそも出会いは約四ヶ月前、 2 月 2 日、美緒ママ ’ s 『 本門寺 』 デビューの
折だったのでした。



posted by 美緒ママ at 17:00| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする