2017年09月12日

元気のモト !!!



 不肖わたくしメが “ 永遠のアイドル ” と崇めてやまぬ、 Robben Ford 先生 ♪
その “ インターネット追っかけ ” を続けて行く上で、最良 & たぶん最強のメディアである
『 YouTube 』 様。
嘗て別メディアでの頗る付き “ 名演 ” が、あろうコトか削除されてしまって、も〜メチャクチャ
嘆いていたところへ …… 救いの神が現れました !!
投稿主様、嗚呼、何とお礼申したら良いのでしょう !? ( 目がハート ☆彡 )
地獄に仏とはこのことだ〜〜 !!!

 このまま、また削除とかされませんよーに ( 祈るッ ) 。
だって、二度と観られぬかと諦めていた “ あの快演と雄姿 ” ですもの〜 ☆☆☆



★ Robben Ford & hr Bigband
『 Cut You Loose 』
 https://www.youtube.com/watch?v=c-5qpHJDCyE


https://www.youtube.com/watch?v=ThuAummZ_-0


https://www.youtube.com/watch?v=yXgixgCnii0 


★ 『 Poor Kelly Blues 』
 https://www.youtube.com/watch?v=26YGkyo3lSY


★ 『 Please Set A Date / You Don’t Have To Go 』
 https://www.youtube.com/watch?v=HSznq9psrOQ



 はァ〜〜、この音が聴きたかったのー ♪♪♪
ここんところ何かと疲れてたんだけど、お陰で元気出ました〜 ☆☆☆


            GRP_0986.JPG



          Thanks , Robben!!!  
                 Thanks , YouTube !!!



posted by 美緒ママ at 00:58| Comment(2) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

Robben 先生 続々と〜〜 ☆☆☆


6日の未明、件の音楽ライター 『 I 』 君からメール。

── 『 JING CHI 』 の新作が出ます ! ──

 へ ? …… えぇ〜ッ、マジで !?
ヒャ〜お久しぶりッ、 JING CHI 様 ♪♪♪


 『 JING CHI 』 ( ジン・チと読む、中国語由来 ) は我がアイドル Robben 
Ford 先生の音楽活動の一環。
スパルタンな “ ハード・フュージョン ” を求道するトリオ・ユニット。
ちょいかじりのロベン・ファンじゃノーマークな ( アタシも昔はそーだった !! ) ……
ってゆうマニアックな路線なんだよ、コレが。
しかも実動自体がかなりレア ( 汗 ) 。
 何故ならメンバーの Vinnie Colaiuta ( ヴィニー・カリウタ ) 氏は周知の
如く、業界きってのファースト・コール・ドラマー。
ベーシスト、Jimmy Haslip ( ジミー・ハスリップ ) 氏もクロウトさんの評価が
凄いし。 まして彼、確か、国 ( 米国 ) 外居住者だっけ ?
加わるサイドメンも、それぞれに腕利きミュージシャンときては …… 。
そりゃ、なかなか集まれない筈 ( ため息 ) 。

 なので 2002 年の結成以来、 CD はスタジオ版二作とライブ版一作出しただけ。
後は、ほぼ休眠状態 ( ? ) だった。


 ★ 『 CRAZY HOUSE 』 from 1st album 『 JING CHI 』

   https://www.youtube.com/watch?v=dGciyc8OrH8




 それが今年、まるで冬眠から覚めたかのよーに 13 年ぶりのリリース !?
うぅ〜〜、期待せずにゃおれまへんがなー !!! 


 The 4th album 『 SUPREMO 』  by  JING CHI
                  来る 10 月 11 日、リリース ( 予定 )



 さぁ、Robben 先生 & 諸兄がた、存分に暴れまくってくんなまし〜〜 ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 02:24| Comment(2) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

“ チョイス ” ─── どれを選ぶ ?


 昨日 ・ 8 月 19 日 ( 土 ) 、念願の Robben 先生 “ 来日ライブ ” 予約日が
やって参りました〜 ♪ ( わくわく ! )
で、選択肢、まずは Venue ── これは勿論 『 COTTON CLUB 』 。
それと Date ── こちらが悩みどころだったけど。
決断したのは 11 月 19 日 ( 日 ) の 2 nd set。 
もしアンコールで盛り上がったとしても、直近の東京駅から下り線、何とか帰れる !!
( いゃ、僻地居住者はそーゆー問題が有るんですよォ。 )
…… と、そんなこんなでインターネット予約完了 !! 目出度し〜〜 ☆彡


 実は今回、メンバーも内容も “ 未知数 ” なのだけれど。
イイや〜、ステージの Robben に逢えるなら …… とゆー気分で参じます ( 笑 ) 。
 そそられた気持ちが自ずと導かれるなら、 “ アリ ” でしょう。
望んで叶わないのは、そもそも無縁 ? ( そーゆー体験は多々あるので …… )



 “ チョイス ” は、生きている限り繰り返す。
選び取ったこと、選ばなかったこと、 “ 選べ ” なかったこと。
結果として今が有り、半分は為るべくして為った、とゆー気もする。
判断の結論は或いは、然るべく引かれた軌道かもしれない ?



 11 月までのロング・スパンで希望すること、幾つかリストアップしてみた。
その中の、一番望んでいるひとつを叶えようと思う。
神経を逆撫でする “ ネイル・トラブル ” ── 修復しがたく傷んでいたコンディションが
漸く上向きになって来たんです。 だから一気に解決したい !!
常々視野に入る指先がきちんと保護されていれば、大いに癒やしと励みになるから ☆☆☆


 すっかりご無沙汰だったネイルサロン 『 bird 』 へ、予約入れました〜 ♪♪
自分に活を入れる “ チョイス ” です。



posted by 美緒ママ at 23:15| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

Robben 先生 ご降臨〜 !!!


 前記事で偶々、彼のことアップしていたんで。
…… えッ ? …… あれって予感 !? ── というめっちゃ嬉しいサプライズ〜 ☆☆☆

 我らが Robben Ford 先生、 11 月に来日あそばしますッ ♪♪♪ 
拍手〜〜 !!!


 もォッ、三年半のお見限りじゃん ? ( 怒 ) …… ってゆーか実は昨秋 『 渡辺貞夫 』 御大
のツアー・メンバーで来てたんですよ、東京。
しかし何たって世界の 『 ナベサダ 』 じゃぁ、情報知った時にゃ無論 Sold Out !!
そらそーだろうさ、と涙を飲んだワケです。
その時からすると、凡そ一年ぶり ?


 情報源は、我が弟のような “ 音楽ライター ” 『 I 』 君 ♪
予てより、 Robben のことでは多大なお世話になっており。
恩に着てま〜す、 I 君 ( 平身低頭 ) 。


 彼のメールによれば日程は、

南青山 『 BLUE NOTE TOKYO 』 11 月 14 日 ( 火 ) 〜 15 日 ( 水 )
丸ノ内 『 COTTON CLUB 』     11 月 17 日 ( 金 ) 〜 19 日 ( 日 ) 
                                各々 2 セット。


 同行メンバーは、

  Casey Wasner( g.vo. )
  Ryan Morado ( b.)
  Derrek Phillips ( ds.)


以上、浅学にして存じ上げない方々ですが …… 。



 いゃそれにしても、懐かしいなァ〜 、ライブハウス。
かつて何度か出向きました、 Robben に逢いに。
因みに我が家的には、丸ノ内が断然便利。
だって “ 東京駅から徒歩数分 ” の、アクセス抜群〜 ♪
1 st Set を選べば、新幹線で “ 『 大阪 』 日帰り ” すら可能 ! 
( 現にソレ、やってのけた音友が複数いました )



 さぁ兎に角、 19 日の予約開始までに Venue と日にちを決めなけりゃ〜 ♪♪
嬉しい悩みが出来ましたッ ☆☆☆


  Thank you , Robben 〜〜 !!! 




            KIMG0958.JPG



posted by 美緒ママ at 23:15| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

7 月の Robben Ford


 My 永遠のアイドル = Robben 師匠の直近 ( 先月 ) のライブを YouTube
に見付けました !
暫く飢えてたんで、ビンゴ〜〜 ☆☆☆


 『 SUPERSONIC BLUES MACHINE 』

  : Lance Lopez ( g .vo . )
    Fabrizio Grossi ( b . )
    Kenny Aronoff ( ds . )
    Alex Alessandroni ( kb . )
 with Special Guest 
  : ROBBEN FORD ( g .vo . )


 ……… イカツいおっちゃん達と、ブルーズなロックをやってます ♪
イヨッ、待ってました〜ッ ☆☆


 Live at Callahan´s Music Hall  
         July 13th , 2017 @ Michigan



★ CRAZY

https://www.youtube.com/watch?v=N6FJETIDmkk



★ SUNSHINE OF YOUR LOVE

https://www.youtube.com/watch?v=GfQxIJvCbL8



★ GOOD TIMES

https://www.youtube.com/watch?v=pgQffgd7cd4



★ GOING DOWN

https://www.youtube.com/watch?v=4cg_fTFt_x4



 ルーズなヴォーカルとキレキレのギター・ソロ …… 堪能させていただきました ♪♪♪
Robben 先生、感謝感謝 〜〜 ☆☆☆



             KIMG0961.JPG




posted by 美緒ママ at 02:53| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

聴かずに死ねるか !? テレ名盤 ”   Robben ’ s Birthday


 超久々の音楽ネタでッす !
昨日 = 12 月 16 日は、 My アイドル 『 Robben Ford 』 大先生の
Birthday でございました ♪♪♪
目出度し !!!
( リアル年齢には触れずに …… ネ )


 ☆ Happy Birthday to My Dearest ROBBEN !!! ☆



 今年は生憎ご来駕がなく、大ニュースとならなかった彼ですが、ツアー・ライブ等は着実に
こなしておいでのよーで。
ってゆーか、もうそろそろ “ Meditation Retreat ( お籠もり修行 ) ” の
期間かな ( “ 冬安吾 ” 的な ? ) 。
どうか十二分なメンテナンスと充電を!!
…… そして限りなきみほとけのご加護に与られますように〜 ☆☆☆


 因みに一昨日、仕事帰りの駅ナカ書店へ偶然 “ 呼ばれ ” てしまったのも …… 何かのご縁 ?
はぃ、それは 『 Guitar Magazine 』 1 月号 !
―― 名門ギター・ブランド 『 Fender 』 社製、名器中の名器 『 テレキャスター 』 の
プレイヤー大特集だったのだ。

 ん ? 『 テレキャスター ( テレ or テリー ) 』 ゆーたら、そりゃ当然ロベン先生を
外せるワケ無いじゃん !?
いつもの Vintage Blond ” テレ は彼の代名詞とも言える。

  コレを聴かずに死ねるか !? テレ名盤 Top 50 ” にランク・インしたのが、
2002 年のリーダー・アルバム ――


      『 Blue Moon 』

    100210_2107~010002.jpg   110116_1834~010002.jpg

 

 ん〜ふふふ ☆ 満足満足 !!
勿論アタクシも 「 ゾッコン !! 」 な名作のひとつであります。

 太く真っ直ぐ降り注ぐブライト・トーンの迫力と、艶やかで伸びやかなメロディーの豊饒 ♪
どこか Wet な情感も殊更、日本人のメランコリーに触れて来るようです。
「こぉんなワタシ好みな音ばかり弾く人、他にいないッ !! 」 ―― とのめり込みました。



 一方、より上位にランク・インした一人に 『 マイク・スターン 』 君のお名前が。
実は、ロベンに浮気するまで My アイドルであらせられたお方でした ( はぁと ) 。
やったぜ〜 !!


    100514_1057~010002.jpg   100514_1059~010002.jpg




 この二人の Guitar Virtuoso について申せば、 “ テレ論 ” はどうもヤヤコしい
ハナシとなるでしょう。
なぜなら Jazz 〜 Fusion 界の巨匠二人、よくよく真逆な要素で成り立っておいで
だからです ( 大汗 ) 。
一見一様に見える Fender テレキャスター型のギターから ( むろん、通すアンプの違いは
少なからずも ) 、両極の音楽が流れ出すミステリー ?
まァ、兎に角独断と偏見で語っちゃいますが。

 ギターのテクノロジーとか奏法とか、マニアックなポイントはノーコメントよ。
アタシ …… 駄目なもんでぇ ( 笑 ) 。
はぃ、あくまでも “ 音 ” = “ トーン ” 。
“ 音楽を聴く ” 立場としての感覚です。


 そもそも私が “ 初テレ ” 体験したのが、このマイク・スターン君のアルバム 『 Time 
In Place 』 なのだった !!
こんなギターの音、聴いたことなかった〜 ☆
テレだとかストラトだとかって知識が、アタマに入る前で。
誰にも似ぬそのトーンがナチュラル・ウッドの 『 テレ 』 から紡ぎ出される時、奏者持前の
スパルタンな体質と裏腹なクールでダークで、渇いた繊細さを感じさせる。
そのアルバムの一作前の 『 Upside Downside 』 が名盤認定されてましたが、
はぃ、めっちゃ愛聴しとりました〜 !!



 何しろ、ギター・トーンは不思議ですわァ。
単に “ 音色 ” を言えば、マイクのミステリアスな美しさに軍配かなァ〜 ? と再確認しつつ、
煌びやかに飛翔するロベン・トーンからも離れられないワタクシ。
だって、ロベンは今なおスタイリッシュ〜〜!! ( 笑 )


         i-robben-ford-into-the-sun-winyl.jpg





posted by 美緒ママ at 22:08| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

S.R.V.忌




   賑わしきレイ・ヴォーン忌のいなづまよ          かいう



 この句はフィクションです。
実際 いなづま ” は鳴らなかったんですけどね〜 ( 汗 ) 。
1990年の今日、当節屈指の若手 American Blues Guitarist /
Vocalist = 『 Stevie Ray Vaughan 』 さんが惜しくも、ホント
めちゃくちゃ無念なコトに ( !! ) 世を去ってしまいました。
ツアー移動途上のヘリコプター事故で …… 35歳の若さでした …… ( 泣 ) 。

 当時 ( いゃ、もといッ !! 現在も変わらず ) 世界中の Guitar Kids や
Blues & Rock Fan の熱きマナザシを集めていた彼、私も大好きでした ♪
それなのに、人生のド真ん中までも行ってなかったのに〜 !!
数々の快演・CD、そして極めつけの名盤 『 In Step 』 を残して逝ってしまった
Stevie …… 。

 後の遺作となった 『 Family Style 』 もとても素敵なアルバムで、並んで
Blues の道を歩いて来た実兄 『 Jimmie Vaughan 』 さんとの共演。
なまじナイスなコラボレーションが 「 涙〜〜 !! 」 ですよねぇ。

 これからも長く長く American Music 界に語り継がれるであろう彼を、
25回目の命日に、改めて偲びたいと思います。


 この地上サイコーの Blues Kid ” よ、永遠なれ〜〜 ☆☆☆

 



posted by 美緒ママ at 22:29| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

ROSSY


 引き続き YouTube を彷徨っていて、こんなん見つけました ♪


★ Roscoe Beck − Wasn’t It Fine

  https://www.youtube.com/watch?v=Jz1qHlHReJY


 我らがロベン先生の盟友 ―― ソロデビュー頃からバンド・パートナーであり、長い長〜い
親友のベーシスト 『 Rossy ( = Roscoe Beck ) 』 さん ♪
ブルース〜フュージョン界の凄腕プレイヤーです !!
『 Walk On 』 とゆーリーダー・アルバムのようですね。

 イントロ、初っぱなからギター友情参加 ( ? ) のロベン ♪
リッチ & メロウなトーンが超堪りませんなァ〜 ( はぁと ) 。



★ Roscoe Beck − Cotton

  https://www.youtube.com/watch?v=Z3c5yLrWpJY

 今度は、ギター全開のインスト !
現代の Blues レジェンド ―― 『 James Cotton 』 御大を迎えた一曲
ですねぇ ♪


 …… それにつけても、いゃ〜寡聞にしてこのアルバムの存在すら知らなくて ( 汗 ) 。
2005 年のリリースだったとは !?
Rossy ごめんなさ〜い !! ( 土下座 )
ホントに魅力的なベース・プレイヤーなのに。
でも、ロベンがこーして迎えられていること、殊更うれしッ ♪♪♪



 以前に公開されたセッションも ↓↓↓

★ BASS JAM − All Blues ”

  https://www.youtube.com/watch?v=HHHBl8cz7eY



 やっぱし黙契の友なんだわね〜 ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 01:42| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

和命忌




   盆過ぎの供花わりなしよ和命忌          かいう



 昨日、8月18日は、二十六年前 = 1989 年に亡くなったジャズ・テナーサックス・
プレイヤー 『 武田和命 ( かずのり ) 』 さんの命日でした。
ひと頃サックス・マニアだった茶緒パパが集め捲った、CD コレクションに一作あります。
 あ、そーゆー風で我が家、蓄積した CD は主にジャズ全般に渡り ( アタシのも混ぜると )
千枚以上 …… かも !? ( 苦笑 )

 で、久々に聴いてみました ―― 追悼作 『 Gentle November 』 。
没後二年の三回忌を期して ( ? ) 編集された、往年の名演。
ロリンズ・フォロワーらしき野太さとストイシズムが伝わります。
盟友の共演ピアニスト 『 山下洋輔 』 さんのライナーも泣かせますよォ …… ( ホロ ) 。

 旧盆には、ご家族や朋友たちの許へお帰りになったんでしょうか ? 和命さん。


 こちら ↓↓↓ は、 YouTube による 1984 年のライブ・ショー音源。

★ 武田和命  My One and Only Love 
( 一曲目は違いますね ! …… Now’s The Time ” でした )

  https://www.youtube.com/watch?v=vmliL1V5GDE





 ところでところで、お盆と言っても、我が家の “ お嬢 WANS ” に出入りは無いんですよ。
だっていつも此岸彼岸を、自由に行き来してますから〜 ♪♪♪ ( 笑 )

 101-0191_IMG.JPG  100204_1228~020001.jpg




posted by 美緒ママ at 23:39| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

残暑お見舞い 2015


  残暑お見舞い申し上げます !!

 『 立秋 』 を過ぎても、当節の猛暑は一向におさまる気配無し ( 汗 ) 。
あ〜〜もうッ …… って感じですが。

 さて、この 残暑お見舞い ” ってコトバが実はクセモノだ、って知ってました ?
ナ、ナ、ナンと お見舞い ” って言い回し、正式な日本語では 上から目線 ” なんですってよー !
だから 暑中お見舞い ” でも何でも、目上の方へ向けては失礼なんだそーな ?
えぇーッ ! …… ヤだ〜、うっそ〜 !? ( 大汗 ) 。 誰も教えてないじゃん ( 泣 ) 。
おのれ〜、よくも恥かかせてくれたなーッ、国語教育 !!!
ガッコの現場がしっかりしとらんから、こーゆー恥をさらすんじゃい。
どーしてくれよう ( 怒 ) 。

 …… って言っててもしょーがないので、正しい日本語を学ぶことにする。
なになに ? そーゆー時は 「 暑中 ( or 残暑 ) お伺い申し上げます 」 と書く ?
Oh 〜、了解ッ ♪ コレで赤恥さらさんで済む ?
 ん ? …… 加えて、目上の方へ手紙を認める時は段落とか句読点を省くべし …… ?
マヂかァ〜〜〜 !??? 知らんぞ、そんなの ( …… ハァハァ ) 。


 んなわけで、皆さま、改めまして、

 「 残暑お伺い申し上げます !! 」


 ちっとばかしカシコくなった ( かもしれない ? ) 美緒ママなのでした。



 とゆー大ボケなハナシはまぁこの辺にして、暑気払いにゃやっぱ Good Music でしょ ?
ロベン先生、先日のライブも良かったけど、こちら 『 INFINIY HALL 』 は映像が
超クリアーで、観ごたえもバッチリ ☆
クールなロッキン・ブルースのひと時に残暑を忘れさせて〜〜、ロベン先生 ♪♪♪


            140213_0136~010001.jpg


     ★ INFINIY HALL LIVE  Robben Ford

         https://www.youtube.com/watch?v=e01xjNoD4FM




posted by 美緒ママ at 17:50| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする