2015年12月17日

聴かずに死ねるか !? テレ名盤 ”   Robben ’ s Birthday


 超久々の音楽ネタでッす !
昨日 = 12 月 16 日は、 My アイドル 『 Robben Ford 』 大先生の
Birthday でございました ♪♪♪
目出度し !!!
( リアル年齢には触れずに …… ネ )


 ☆ Happy Birthday to My Dearest ROBBEN !!! ☆



 今年は生憎ご来駕がなく、大ニュースとならなかった彼ですが、ツアー・ライブ等は着実に
こなしておいでのよーで。
ってゆーか、もうそろそろ “ Meditation Retreat ( お籠もり修行 ) ” の
期間かな ( “ 冬安吾 ” 的な ? ) 。
どうか十二分なメンテナンスと充電を!!
…… そして限りなきみほとけのご加護に与られますように〜 ☆☆☆


 因みに一昨日、仕事帰りの駅ナカ書店へ偶然 “ 呼ばれ ” てしまったのも …… 何かのご縁 ?
はぃ、それは 『 Guitar Magazine 』 1 月号 !
―― 名門ギター・ブランド 『 Fender 』 社製、名器中の名器 『 テレキャスター 』 の
プレイヤー大特集だったのだ。

 ん ? 『 テレキャスター ( テレ or テリー ) 』 ゆーたら、そりゃ当然ロベン先生を
外せるワケ無いじゃん !?
いつもの Vintage Blond ” テレ は彼の代名詞とも言える。

  コレを聴かずに死ねるか !? テレ名盤 Top 50 ” にランク・インしたのが、
2002 年のリーダー・アルバム ――


      『 Blue Moon 』

    100210_2107~010002.jpg   110116_1834~010002.jpg

 

 ん〜ふふふ ☆ 満足満足 !!
勿論アタクシも 「 ゾッコン !! 」 な名作のひとつであります。

 太く真っ直ぐ降り注ぐブライト・トーンの迫力と、艶やかで伸びやかなメロディーの豊饒 ♪
どこか Wet な情感も殊更、日本人のメランコリーに触れて来るようです。
「こぉんなワタシ好みな音ばかり弾く人、他にいないッ !! 」 ―― とのめり込みました。



 一方、より上位にランク・インした一人に 『 マイク・スターン 』 君のお名前が。
実は、ロベンに浮気するまで My アイドルであらせられたお方でした ( はぁと ) 。
やったぜ〜 !!


    100514_1057~010002.jpg   100514_1059~010002.jpg




 この二人の Guitar Virtuoso について申せば、 “ テレ論 ” はどうもヤヤコしい
ハナシとなるでしょう。
なぜなら Jazz 〜 Fusion 界の巨匠二人、よくよく真逆な要素で成り立っておいで
だからです ( 大汗 ) 。
一見一様に見える Fender テレキャスター型のギターから ( むろん、通すアンプの違いは
少なからずも ) 、両極の音楽が流れ出すミステリー ?
まァ、兎に角独断と偏見で語っちゃいますが。

 ギターのテクノロジーとか奏法とか、マニアックなポイントはノーコメントよ。
アタシ …… 駄目なもんでぇ ( 笑 ) 。
はぃ、あくまでも “ 音 ” = “ トーン ” 。
“ 音楽を聴く ” 立場としての感覚です。


 そもそも私が “ 初テレ ” 体験したのが、このマイク・スターン君のアルバム 『 Time 
In Place 』 なのだった !!
こんなギターの音、聴いたことなかった〜 ☆
テレだとかストラトだとかって知識が、アタマに入る前で。
誰にも似ぬそのトーンがナチュラル・ウッドの 『 テレ 』 から紡ぎ出される時、奏者持前の
スパルタンな体質と裏腹なクールでダークで、渇いた繊細さを感じさせる。
そのアルバムの一作前の 『 Upside Downside 』 が名盤認定されてましたが、
はぃ、めっちゃ愛聴しとりました〜 !!



 何しろ、ギター・トーンは不思議ですわァ。
単に “ 音色 ” を言えば、マイクのミステリアスな美しさに軍配かなァ〜 ? と再確認しつつ、
煌びやかに飛翔するロベン・トーンからも離れられないワタクシ。
だって、ロベンは今なおスタイリッシュ〜〜!! ( 笑 )


         i-robben-ford-into-the-sun-winyl.jpg





posted by 美緒ママ at 22:08| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

S.R.V.忌




   賑わしきレイ・ヴォーン忌のいなづまよ          かいう



 この句はフィクションです。
実際 いなづま ” は鳴らなかったんですけどね〜 ( 汗 ) 。
1990年の今日、当節屈指の若手 American Blues Guitarist /
Vocalist = 『 Stevie Ray Vaughan 』 さんが惜しくも、ホント
めちゃくちゃ無念なコトに ( !! ) 世を去ってしまいました。
ツアー移動途上のヘリコプター事故で …… 35歳の若さでした …… ( 泣 ) 。

 当時 ( いゃ、もといッ !! 現在も変わらず ) 世界中の Guitar Kids や
Blues & Rock Fan の熱きマナザシを集めていた彼、私も大好きでした ♪
それなのに、人生のド真ん中までも行ってなかったのに〜 !!
数々の快演・CD、そして極めつけの名盤 『 In Step 』 を残して逝ってしまった
Stevie …… 。

 後の遺作となった 『 Family Style 』 もとても素敵なアルバムで、並んで
Blues の道を歩いて来た実兄 『 Jimmie Vaughan 』 さんとの共演。
なまじナイスなコラボレーションが 「 涙〜〜 !! 」 ですよねぇ。

 これからも長く長く American Music 界に語り継がれるであろう彼を、
25回目の命日に、改めて偲びたいと思います。


 この地上サイコーの Blues Kid ” よ、永遠なれ〜〜 ☆☆☆

 



posted by 美緒ママ at 22:29| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

ROSSY


 引き続き YouTube を彷徨っていて、こんなん見つけました ♪


★ Roscoe Beck − Wasn’t It Fine

  https://www.youtube.com/watch?v=Jz1qHlHReJY


 我らがロベン先生の盟友 ―― ソロデビュー頃からバンド・パートナーであり、長い長〜い
親友のベーシスト 『 Rossy ( = Roscoe Beck ) 』 さん ♪
ブルース〜フュージョン界の凄腕プレイヤーです !!
『 Walk On 』 とゆーリーダー・アルバムのようですね。

 イントロ、初っぱなからギター友情参加 ( ? ) のロベン ♪
リッチ & メロウなトーンが超堪りませんなァ〜 ( はぁと ) 。



★ Roscoe Beck − Cotton

  https://www.youtube.com/watch?v=Z3c5yLrWpJY

 今度は、ギター全開のインスト !
現代の Blues レジェンド ―― 『 James Cotton 』 御大を迎えた一曲
ですねぇ ♪


 …… それにつけても、いゃ〜寡聞にしてこのアルバムの存在すら知らなくて ( 汗 ) 。
2005 年のリリースだったとは !?
Rossy ごめんなさ〜い !! ( 土下座 )
ホントに魅力的なベース・プレイヤーなのに。
でも、ロベンがこーして迎えられていること、殊更うれしッ ♪♪♪



 以前に公開されたセッションも ↓↓↓

★ BASS JAM − All Blues ”

  https://www.youtube.com/watch?v=HHHBl8cz7eY



 やっぱし黙契の友なんだわね〜 ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 01:42| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

和命忌




   盆過ぎの供花わりなしよ和命忌          かいう



 昨日、8月18日は、二十六年前 = 1989 年に亡くなったジャズ・テナーサックス・
プレイヤー 『 武田和命 ( かずのり ) 』 さんの命日でした。
ひと頃サックス・マニアだった茶緒パパが集め捲った、CD コレクションに一作あります。
 あ、そーゆー風で我が家、蓄積した CD は主にジャズ全般に渡り ( アタシのも混ぜると )
千枚以上 …… かも !? ( 苦笑 )

 で、久々に聴いてみました ―― 追悼作 『 Gentle November 』 。
没後二年の三回忌を期して ( ? ) 編集された、往年の名演。
ロリンズ・フォロワーらしき野太さとストイシズムが伝わります。
盟友の共演ピアニスト 『 山下洋輔 』 さんのライナーも泣かせますよォ …… ( ホロ ) 。

 旧盆には、ご家族や朋友たちの許へお帰りになったんでしょうか ? 和命さん。


 こちら ↓↓↓ は、 YouTube による 1984 年のライブ・ショー音源。

★ 武田和命  My One and Only Love 
( 一曲目は違いますね ! …… Now’s The Time ” でした )

  https://www.youtube.com/watch?v=vmliL1V5GDE





 ところでところで、お盆と言っても、我が家の “ お嬢 WANS ” に出入りは無いんですよ。
だっていつも此岸彼岸を、自由に行き来してますから〜 ♪♪♪ ( 笑 )

 101-0191_IMG.JPG  100204_1228~020001.jpg




posted by 美緒ママ at 23:39| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

残暑お見舞い 2015


  残暑お見舞い申し上げます !!

 『 立秋 』 を過ぎても、当節の猛暑は一向におさまる気配無し ( 汗 ) 。
あ〜〜もうッ …… って感じですが。

 さて、この 残暑お見舞い ” ってコトバが実はクセモノだ、って知ってました ?
ナ、ナ、ナンと お見舞い ” って言い回し、正式な日本語では 上から目線 ” なんですってよー !
だから 暑中お見舞い ” でも何でも、目上の方へ向けては失礼なんだそーな ?
えぇーッ ! …… ヤだ〜、うっそ〜 !? ( 大汗 ) 。 誰も教えてないじゃん ( 泣 ) 。
おのれ〜、よくも恥かかせてくれたなーッ、国語教育 !!!
ガッコの現場がしっかりしとらんから、こーゆー恥をさらすんじゃい。
どーしてくれよう ( 怒 ) 。

 …… って言っててもしょーがないので、正しい日本語を学ぶことにする。
なになに ? そーゆー時は 「 暑中 ( or 残暑 ) お伺い申し上げます 」 と書く ?
Oh 〜、了解ッ ♪ コレで赤恥さらさんで済む ?
 ん ? …… 加えて、目上の方へ手紙を認める時は段落とか句読点を省くべし …… ?
マヂかァ〜〜〜 !??? 知らんぞ、そんなの ( …… ハァハァ ) 。


 んなわけで、皆さま、改めまして、

 「 残暑お伺い申し上げます !! 」


 ちっとばかしカシコくなった ( かもしれない ? ) 美緒ママなのでした。



 とゆー大ボケなハナシはまぁこの辺にして、暑気払いにゃやっぱ Good Music でしょ ?
ロベン先生、先日のライブも良かったけど、こちら 『 INFINIY HALL 』 は映像が
超クリアーで、観ごたえもバッチリ ☆
クールなロッキン・ブルースのひと時に残暑を忘れさせて〜〜、ロベン先生 ♪♪♪


            140213_0136~010001.jpg


     ★ INFINIY HALL LIVE  Robben Ford

         https://www.youtube.com/watch?v=e01xjNoD4FM




posted by 美緒ママ at 17:50| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

Blues King




   夏銀河ブルースキング仰ぎけり          かいう



 先日鎌倉ランチの 『 BECK ’ S Cafe 』 で、 BGM に何故かバリバリのブルース・
ライブが流れてて、 「 Oh〜 ! 」 っとノってしまいました ♪
演奏者は分かりませんが、そーとー名うてのブルース・マンのセッションじゃないかな ?
ハィハィ、大歓迎ですよ〜ン ♪ “ ブルース好きオバサン ” 美緒ママと致しましては ( はぁと ) 。

 ん〜、それにしても誰かなァ ? …… シカゴ・ブルース系 ?
ビシッと決まったバッキングに、高音シャウト系のヴォーカル。
あ、ブルース・ハープもけっこーワザモノと見たぞ !!


 …… リズムに揺られながらふと思い出したのが、去る5月14日、89歳で長逝された
当代一の “ ブルースの巨匠 ” 『 B.B.King 』 氏のこと。

 言うまでもなく我がロベン・フォード先生をはじめ数多のブルース・プレイヤー、ロック・
アーティストたちの憧れの星 !!
ド素人の私も大好きでした。

 ブルース・プレイヤーにしちゃ異例なポピュラー・ヒット曲、かの有名な 『 Thrill 
Is Gone 』 で彼を知ったのは確か、まだ中学生の頃。
当時、多分四十代であったろうその黒人シンガー & ギタリストの、大人 Music なカッコ
良さにヤられましたね〜 ( 萌え ) 。

 それからでしょうか …… 男盛りな彼のブルース・チューンを聴きかじり、 “ ブルース嗜好 ”
にハマって行ったのです !!
共に洋楽ロックやジャズ好きだった My 弟クンと、レコードの B.B.氏を 繰り返し聴き
ました。
タカがローティーンのガキども、 「 百年早ぇーわッ !! 」 って言われそーだったかも ( 汗 ) 。
けど、好きなモンは好きなんだァ〜〜 ( 爆 ) 。
同世代の女子友らに変人扱いされながら、 “ ブルース愛・ジャズ愛 ” に酔ってましたね ( 苦笑 ) 。

 なぁんてツラツラ思い巡らし …… そんな “ ブルースの巨星 ” もとうとう本当の “ 星 ” に
なってしまわれたなァ〜と ( ホロリ ) 。

 しかし、ブルースは永遠に不滅ですよ、巨匠 !!
我がロベン先生をはじめ、貴方を慕う無数の崇拝者がその軌跡を辿り続けていますから !
そちらでリラックスして、一杯ヤりながら高みのご見物をど〜ぞ ♪♪♪



 ロベン先生も、大抵のライブで、巨匠の生まれ故郷をリスペクトしたオリジナル・ナンバー =
『 Indianola 』 を披露しています。
ライブ映えする名曲です。
ブルース・キングに捧げるには、実質 “ ブルース ” じゃありませんけど ( 笑 ) 。


 ★ Robben Ford - North city jazz @ blues fest 
                     Kosovska Mitrovica 2015

  https://www.youtube.com/watch?v=D8WhiEEuSII

 この ( たぶん最近の ) ライブでも、後半盛り上がりの一曲となってま〜す ☆





posted by 美緒ママ at 23:29| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

『 コレを聴かずにロベンを語るな !! 』  2015


 4月最新のアメリカン・ブルース・チャートのアルバム部門によりますと、ロベン先生の
『 INTO THE SUN 』 が、ナンと3位に初登場したようです !!
目出度し〜〜 ☆☆☆

 と、そんな新作につい苦言を呈してしまった先般 ( 大汗 ) 。
そこで、どー考えても不思議なんです ―― 世間の謗りとは無縁のごとき彼のパフォーマンス。

 一つには、当代ブルース界屈指のスター・プレイヤー 『 ジョー・ボナマッサ 』 が仕切る
『 Keeping The Blues Alive at Sea Cruise 』
での客演セッション ( 2月17日 ) 。
この3曲の完成度たるや !? ―― あっさりコレ出来ちゃうお方が、何故あんな不評を ?
合点が行きません !! ( 怒 )
 なおこのショーの立役者・ボナマッサと言えば、泣く子も黙る ( …… のか ? ) モダン・
ブルース・ギターの 雄 ” じゃない ?
そんな彼が ( 思いがけなくも ! ) ロベンをリスペクトしているらしく、以前コメントを
ネットに上げてくれました。
が、悲しいかな 英語トーク ” 解釈不能〜 ( 涙 ) 。
それでもロベンへの敬意はちゃんと聞き取れて、凄く嬉しかった ♪♪♪
まさか、あのボナマッサ様が ? ―― 「 ロベン・フォードなんか目じゃねーよ 」とでも
仰るお方かと思ってましたから ( 失礼 !! ) 。
 だって激早熟のこの天才がティーンエイジャーの頃、ロベン相手に怖いもの知らず的な
ギター・パフォーマンス ( YouTube で ) 見せつけてましたもん ( スゲーよ ) 。
あの 「 ロベンなんて追いつけ追い越せ !! 」 風な坊ちゃんが、実は憧れを抱いていたと
したら ? …… 本気で感動しますって〜 ☆

 斯くして今や、共に現代ブルース・シーンの名手同士として、貫録のソロ回しを展開 ♪
ンン〜〜、間違いナイッ!ってテクですね、ジョーさん。
そしてロベンは、やっぱり彼ならではの 音使い ” 。

 Oh !! イイなァ〜〜、ギター・ブルース ♪♪
大好き〜〜 ☆☆☆


★ Rock Candy Funk Party w / Robben Ford
  KTBA at Sea Cruise ―― Rock Candy ――
https://www.youtube.com/watch?v=As3CKjOnUGI

★ Rock Candy Funk Party w / Robben Ford
  KTBA at Sea Cruise ―― One Phone Call ――
https://www.youtube.com/watch?v=c2VAA7Oqctw

★ Josh Smith w / Robben Ford 
  KTBA at Sea Cruise ―― The Way You Do ――
https://www.youtube.com/watch?v=0mMmzB4ACQ0

 3つ目の、ギタリスト 『 ジョッシュ・スミス 』 とのセッションも、めちゃめちゃ
カッコいい〜ブルース・バッキングとソロじゃございませんか ♪♪♪
もう、この3編は永久保存版だー !!!




 さらに加えて、こちらも永久保存決定 …… 3月17日 のステージ !!


★ hr − Bigband und Robben Ford
http://www.hr-online.de/website/suche/home/mediaplayer.jsp?mkey=54814097&type=v&xtmc=robben+ford&xtcr=1


 北欧方面の Bigband との共演を、毎年お約束にしてるのか …… 過去にも幾度か
拝聴した ジャズ寄り ” 超オシャレなステージ。
今回は一段と素晴らしいッ !! ( 拍手〜〜 )


 以下、クレジット、

 1.Thump and Bump
 2.Cut You Loose
 3.Midnight Comes Too Soon
 4.( Blues )
 5.Traveller’s Waltz
 6.Most Likely You Go Your Way
 7.Everything I Do Gonna Be Funky
 8.Different People
 9.Sophisticated Lady
10.Top Down Blues
11.Poor Kelly Blues
12.Green Grass,Rain Water
[encore]
13.( Blues )
14.Please Set A Date / You Don’t Have To Go

 ドイツの 『 hr − Bigband 』 の圧倒的な安定感の上で、ロック、ブルース、
ジャズを軽々飛び越えるギター・ワールド ☆
これだもの、何度だって惚れ直してしちゃうよ、ロベン先生 ♪
ここには、私の欲しい音の全てが詰まっているのだ !!


 どうか、これらを聴かずしてロベンを語る勿れ !!! ( 笑 )




posted by 美緒ママ at 01:20| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

Robben Ford’s brand new  『 INTO THE SUN 』


       『 INTO THE SUN 』 by Robben Ford


         i-robben-ford-into-the-sun-winyl.jpg


   だいぶ遡りますが …… 去る3月31日、ロベン先生の新譜 CD がリリースされました〜 ♪♪♪


         150417_0220~010001.jpg

    いそいそとジャケット開いてみれば、想定外にスタイリッシュな Photos !!


             150331_2249~010001.jpg

   Oh〜〜 先生、モデル・ウォークとかしてません !? なんか方向性変わりましたァ ?



 収録曲は ――――

 1.ROSE OF SHARON
 2.DAY OF THE PLANET
 3.HOWLIN’ AT THE MOON
 4.RAINBOW COVER
 5.JTSTIFIED
 6.BREATH OF ME
 7.HIGH HEELS AND THOWING THINGS
 8.CAUSE OF WAR
 9.SO LONG 4 U
10.SAME TRAIN
11.STONE COLD HEAVEN

                     ―――― 以上。


 これらについては、先行の Full Album 試聴 ” で届いた聴き手から、残念にも
あまり芳しくない前評判が ( ガ〜ンン !! ) 。

 去年・一昨年と連続でリリースした、ジャズ or ブルース寄りな前二作との決定的な違いが、
ロック寄りなオリジナル・ナンバーであること。
そしてそれぞれが異なる方向性を持つ、とゆーか。
土台にロック・ブルースのレイドバック感を流しつつ、多彩な共演者の色合いを纏った結果、
「 トータル感や方向性が見えない 」 「 盛り上がりが無いまま終わってしまう ! 」
「 このアルバムはもう聴かないだろう 」
等々、旧来のコアなファン諸兄にかなりキツいお叱りを頂いちゃいました ( 大汗 ) 。
 …… まァ、やむを得ないですかね ?
共演者など、私的にもイマイチそそられる面子じゃなく ―― 『 Keb’ Mo’ 』 さんとか
『 Sonny Landreth 』 さんとか。
音楽傾向も然り ! ( ため息〜 )


 でも曲として、オープニングとエンディングは共に好きです♪
他、No.2,8,10,以外はリピートしてま〜す ☆

 ヘッドホンで大きく聴く音の粒立ちはクリアで、サイドに忍び入って来るリズム・ギターや
オルガン、リズム隊の効果は絶妙だし ♪
 でもなまじ、それらがセンスを逸してノイジーとか My テイストでなかったりすると、
耳障りになるのね ( 汗 ) 。
聴き手のエゴ !?

 結論は 大好きなロベン ” だけを聴き続けてればいいんだ、って思うから。
私としてのスタンスは変わらないですけど !


 The most favorite song …… 『 ROSE OF SHARON 』 の
 ライブがこちら ↓↓↓

★ Robben Ford at Guitar Center Hollywood

https://www.youtube.com/watch?v=1iHkHYkDBWA


             「 Nice !! 」




posted by 美緒ママ at 23:17| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

ROBBEN 先生 追加情報〜 ♪


 一身上少々慌てふためいていたコトがあって、こちらがしばしお留守になっておりました。
その間、浅い春も 『 雨水 ( うすい ) 』 を過ぎましたね。
レポ、追々遡って参ります ♪

 さて、先日の Album Trailer に続き、ロベン先生の 新譜 CD 『 Into 
The Sun 』 より ( オーディオのみですが )一曲フルコーラス試聴が登場しました !!


★ 『 High Heels And Throwing Things 』
  Robben Ford ft. Warren Haynes 

http://zumic.com/music-videos/157242/high-heels-throwing-things-robben-ford-ft-warren-haynes-soundcloud-audio-stream/


 いつになく Funk めな Rock tune ですね。
他のナンバーもこーゆー路線なのかしら ? …… と想像しつつ、まずは期待しております ♪




 また別に、 YouTube を彷徨っていて出くわした珍しい動画 !


★ 『 Nothing’s Changed 』
  Jimmy Witherspoon with Robben Ford
https://www.youtube.com/watch?v=9oJuiMrNmew


 1972 〜 3年、何と二十歳そこそこのロベンが憧れのブルース・シンガー 『 ジミー・
ウィザースプーン 』 に認められ、そのバックバンドへ参加した時代。
歌番テレビのスタジオ・ライブですかね ?
雄々しくシャウトするスプーン御大の背後で、憑かれたようにギターをかき鳴らす若者 ……
彼はどんな未来を胸に描いていたのでしょう。

 こうした超絶貴重な動画がこのほどネットに上がって、目にさせて貰えたのは、幸運としか
言えません !!
実に感慨深いことです。
世界中におられるコアなロベン・ファンの皆さんに、心よりお礼申し上げます ☆☆☆
末永く彼を応援して行きたいですね〜 ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 23:48| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

速報 !! Album Trailer 出た〜ッ ☆☆☆


 この度、ロベン先生自身のサイトに、新譜 CD 『 INTO THE SUN 』 Album 
Trailer がアップされました〜 !

 レコーディング・セッション風景と、何と、プライヴェートな おクルマ運転中トーク ” とで
構成された、ひと味違ったオッサレ〜〜な映像ですよ ♪♪♪  


  ★ http://robbenford.com/?p=896


 これまで無かったコトではありませんが、 キレイどころ ” もご参加で、ご機嫌な先生じゃ
ございませんこと ? ( ムフフ )


 CD ジャケット・コスチュームは生憎お召しでなかったですねー。
ちょっと『 S. R. V. 』寄りを期待したんだけど。
ギターに Gibson SG 系とか ? いつものテリーとか ?
けっこうロックめな曲調、楽しみにしときましょう ☆
( リリースまであまりに長いのが、ナンだわなァ …… )


 あ、それはそーと、思いがけないおクルマ ( 車内のみだが ) ショット拝見しちゃって、
妄想の病がイロイロと〜〜 !! ( 萌ッ )
あらァ〜、サンルーフ付き、ホワイト・レザー・シート !?
なに ? なに ? 何乗ってんの〜 ???

 めちゃめちゃ気になるよ …… ねぇ ?  ファン友 『 S 』 ” くん ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 01:26| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする