2019年10月09日

先月の俳句学習 九月の締め  2019 


 去る 10 月 8 日は二十四節気の 『 寒露 』 でした。
旧暦にならっているため、当然現行の新暦には合致しません。
まして今年、月アタマまで残暑厳しく夏の再来めいていたから、もう 『 寒露 』 だなんて
言われましても !
 まァ数日前から、朝晩は漸く秋気が ?
雨やこの先も台風が不安だけれど、やっと季節が進んでくれるんでしょうか ?


 台風の進路には、先月末も翻弄されまして ……( 汗 )。
ただ俳句学習的には、月末〆切の俳句大賞応募句稿他の発送が済みホッとでした。
毎年九月のお約束 …… 『 毎日俳句大賞 』 が 23 日、 『 角川全国俳句大賞 』 が30日、
共に当日消印有効。
23 日〆の『 毎日 ── 』 は 《 自由題 》 と 《 テーマ詠( こちら今回はパス )》 。
30 日の 『 角川 ── 』 は 《 自由題 》 に 《 題詠 》 の 「 風 」 。
恙無く投函を済ませた時は、本当に肩の荷が降りました。
発表はたぶん来年。 結果は( 勿論 )「 天のみぞ知る ! 」 。

 何はともあれ参加したゾーッ、という意義 ? ( オリンピックか 〜ぃ!! )
世間的に応募自由の 『 俳句賞 』 モノは幾つもありますが、投句だってタダではなし。
良く選んで表現発散の場にしよう、と思います。


 表現とは、 無論 “ 手立て ” をしっかり学んだ着地点になります。
過程で素材を取捨選択する。その行為はあくまでも自らの責任 ・ 判断に依り、生きて在る
身辺 ・ 時間を反映するものでありたい。
 且つ “ 詩表現 ” 上のフィクションが望ましい場合も、方便であれどやはり “ 自分のフィク
ション ” でなければ ! ……… と思う。
これまで結構 「 個性的な内容を詠んでいますね 」 と解されたし、自認もしている。
生意気言うけれど、余所様の日常を借りたのでは発信する意味が無いよね ?
失敗を繰り返しつつも、自分の身辺取材を篩に掛けてゆくつもり。
一寸した区切りとなった九月末に、自己の指標を確認した感じ ♪♪♪



 加えて九月は、年イチの健康診断 = 『 特定健康診査 』 を申込む。
十一月後半に予約が取れて、煩わしさを一つ解消し、重畳な月末でありました〜 ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 02:04| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: