2019年02月10日

今年は “ 福 ” 巡り 〜〜 !! その 1 .  Gosyuin Traveller 131


 雪予報に翻弄されてる連休です。
まァ兎に角寒い〜〜ッ !!


 ところで、もう先月のことになりましたが。
1 月 20 日 ( 日 ) と 23 日 ( 水 ) の両日、熟年夫婦で新春の縁起物 = “ 七福神巡り ”
とゆーのを初体験して参りました。
地域と開催期間を検討した結果、 1 月一杯までという 『 藤沢七福神 』 様に !
エリアも多くとも数日で回れる近さです。

             KIMG3556.JPG



 Gosyuin Traveller 1 月 20 日 ( 日 ) 、 『 藤沢七福神 』 巡り初日の
片瀬〜江ノ島エリアを回ります ♪♪ ────


 まさに 『 大寒 』 の日ではありましたが、出だしはさほど寒くなかったなァ ♪ …… と。
JR大船駅から、 11 時発の湘南モノレール。
途中、腰越沖に遠望した海も穏やかに思えたのですが。
 11 時 14 分、湘南江の島駅 着。
おや、駅の入っているビルが改装されてた ?
高所を走るモノレールにつき、地上五階程の建物には新しく “ 展望デッキ ” が設けられて。
真新しいエスカレーターを繰り返し降り、地上へ到着します。



 さぁそこから徒歩にて、 11 時 22 分到着の巡拝一ヶ所目、幾度か伺っていますが、
七福神参りは初めての ……


              日蓮宗 『 寂光山 龍口寺 』 様 


         P1201252.jpg


 『 山門 』 に近付くと何やら人群れが …… 。


         P1201250.jpg


境内で 『 骨董市 』 が開かれていたのです。 恒例の行事なんでしょうね。
厳めしげなご当山が随分と和やかに、“ 庶民のお寺 ” 感に溢れていました。


         P1201249.jpg



 出店の間を抜けて、私達は 『 本堂 』 へ参拝。
ご本尊様、 『 日蓮聖人 』 様へお唱え、

 「 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 〜〜 」


そして七福神の内 『 毘沙門天 』 様へもお参り。
その後 『 藤沢七福神 』 様巡り用色紙を求め茶緒パパが押印、次にスタンプラリー台紙へも
押印し。
御朱印所にては、直筆のご揮毫をお願いしました ♪


             藤沢七福神 『 大毘沙門天王 』 様

             KIMG3555.JPG


         毘沙門天様、寺僧様、ありがとうございました !!




 11 時 39 分、おいとま。
続く、この日二ヶ所目の 『 江島神社 』 様を目指しました。
歩いて 江ノ電 江ノ島駅を過ぎると、古来の観光地 『 江の島 』 へ真っ直ぐ続く道に出ます。
今っぽい飲食店や古びた老舗和菓子店を過ぎるにつれて、何やら急に出て来た風 ( 汗 ) 。
すると、あれよという間に巻き始め、前方で海上が白くしぶいているではありませんか ?
内陸ではわからない、大荒れだっんですよ〜 !! ( 焦々 )

 果して陸続きの長い 『 弁天橋 』 がエラい難儀で、暴風としぶき、混ざった砂粒に叩かれ、
ほうほうのていで渡り切り。
海の天気は怖いなァ …… とつくづく。

 すっかりビビりつつの江の島到着。
「 この風じゃ、七福神さんだけで帰るぅ ? 」 と思わず弱音 …… 。


 有名な 『 青銅の鳥居 』 より、参道はご多分に漏れず観光客ラッシュ〜 !!
12 時頃、朱の鳥居前到着。


               KIMG3491.JPG



 あとは有名な 『 エスカー 』 頼り。 階段は使わず、体力温存 ! ( 笑 )


         P1201256.jpg

         P1201257.jpg



 最初に到着した 『 江島神社 辺津宮 』 様 ♪ ( 以下暫く画像無く …… 失礼 !! )

 ご本殿は建永元年の昔、鎌倉幕府将軍 『 源実朝 』 公により建てられ、再建〜現代の大改修
を経ておられる由。
その拝殿へは長蛇の列 …… さすが観光地 江の島 !?
 ご当社は三姉妹神の末の姫神 『 田寸津比賣命 』 様をお祀りします ☆
自覚する限りお初かもしれません。 改めてご挨拶、謹んで参拝。 

 二礼、二拍手、一礼 ……
 

 ちなみに並びの八角堂 『 奉安殿 』 にてお祀りする二柱の “ 弁財天 ” 様が、この日二ヶ所目の
ターゲット様です〜 ♪
 はぃ、江の島と言えば ! の 『 妙音弁財天 』 様 ── 艶なる雪白の裸形に琵琶を抱えたもうた
美神様 ☆ ( 男子は目の保養ですね〜 ♪ )
更に、かの 『 源頼朝 』 公の勧進されたと伝わる風格の 『 八臂弁財天 』 様 ☆☆( 県指定重文の
ご尊像 ! )
二柱の美神様の有り難き眼福に与り、美的オーラを賜った心地でした ♪♪


 それでは 『 奉安殿 』 外で、茶緒パパが件の色紙と 『 スタンプラリー 』 に押印。
直筆御朱印は社務所 御朱印所にて ……


              藤沢七福神 『 弁財天 』 様

             KIMG3546.JPG



及び、兼ねて御朱印を授かった境内社 『 八坂神社 』 様へもお参りし、


             八坂神社 『 蘇民将来 』 様

             KIMG3550.JPG


             ありがとうございました !!



 続いて再び 『 エスカー 』 へ乗って、参じたのがこちら、


              『 江島神社 中津宮 』 様


         P1201262.jpg


 ご当社は仁壽 3 年 『 慈覚大師 』 様創建、元禄 2 年に五代将軍 『 徳川綱吉 』 公により
権現造りの社殿が再建されました。
更に平成 8 年に、当時の艶やかな朱塗りを改修 ・ 再現したのが今の社殿だそうです。

  二礼、二拍手、一礼 !!


 ご祭神は中の姫神 『 市寸島比賣命 』 様。
かの姫神様の斯くもあらんと思われる艶やかさを彷彿と …… ☆☆
現代に至り、島内三社にそれぞれ祀られている三姉妹の女神様、というのがロマンティックで、
「 やっぱり聖域全制覇しようか ? 」 と考え直し。
大樹に覆われた境内、風も穏やかに感じられた故でもありました。



 次に三回目の 『 エスカー 』 に乗ると、島内のほぼ最高地点へ近付きます。
観光客のメイン・ターゲット = 有料庭園エリア 『 サムエル ・ コッキング園 』 を我々はスルーし、
先を急ぎます。
すると間もなく、気になっていたスポットが現れました !


           真言宗単立 『 最福寺別院 江の島大師 』 様


 P1201265.jpg P1201264.jpg


 嘗て 『 神仏分離 』 の悪政に苛まれるまで、江の島全体として栄えてきた神仏混淆を惜しみ、
近代になって改めて設けられた寺院様です。
いにしえ 『 弘法大師 』 様ご巡錫のご縁をゆかりに、拝させていただきました。
祭壇のご本尊は大きく立派な 『 不動明王 』 様でした。

「 南無不動明王〜〜 」


          お堂内で拝受した御朱印は、


               ご本尊 『 大聖赤不動 』 様

             KIMG3552.JPG


         ご本尊様、寺僧様、職員様、ありがとうございます !!
         なかなか得がたいご縁に与りました。



 という次第の江の島参り、この後思いもよらず Adventurous になってゆくのでした !!


                         ──── To be continued .




posted by 美緒ママ at 03:40| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: