2018年10月28日

Purplish Autumn


 今年、例年に増す猛暑と薮蚊と嵐に挫折して、すっかり放置だった庭。
台風が荒らして行った今は、
                PA201168.jpg

   PA201178.jpg


      この 『 ホトトギス 』 が盛りを過ぎて …… 。
     好きですよ、この色。いかにも “ 秋 ” って感じ。



 今季のトレンド ・ カラーも “ パープル 〜 ボルドー ” だし ♪
── って、それはファッション業界が勝手に決めるんでしたっけ ? ( 爆 )



 だから、じゃないけど、去る 15 日のネイル ・ リニューアル、


             KIMG3163.JPG


         “ 赤みパープル + 逆フレンチのゴールド ・ ミラー ”


 サロン 『 bird 』 にて、ネイリスト 『 みかさ 』 さんの繊細なお仕事。
感謝です ♪♪♪
My “ イエロー ・ ベイス 色黒 ” 肌も、秋らしく彩られて嬉しぃ〜 ☆☆
 



 …… いゃ、正直言うとね、こちら ↓↓↓ に寄せてみたワケ ( 萌〜 ) 。


            yjimage.jpg



       『 PURPLE HOUSE 』 by Robben Ford
                        ( 10 月 24 日、リリース )


 Robben 先生、ソロ作では 『 Into The Sun 』 以来三年ぶり。
この間に、昨年の JING CHI 新譜 『 SUPREMO 』 、及び EP 盤 ( ミニ ・
アルバム ? ) 『 Made To Last 』 のリリース、自身のバンドで来日と先月の
JING CHI 来日 …… と目まぐるしく。
また収録曲 内幾つかは、昨年からライブや映像で聴いていたりして、既に親しみを感じる
ものでもあり( 笑 ) 。

 それにも増して、どう言えば良いのか、全曲を通して聴き終えた時、悪い意味では無い
“ 予定調和 ” …… 感 ?
ギターばりばりのフュージョン・プレイヤーでは勿論なく、かと言ってセンスの良過ぎる
ブルース・マンでもない ── 終始肩の力の抜けた楽なスタンスで “ Rock ” している
『 Robben 』 とゆーか。

 

  1. Tangle With Ya

  2. What I Haven’t Done

  3. Empty Handed

  4. Bound For Glory

     https://www.youtube.com/watch?v=lUnsTBAVv10

  5. Break In The Chain

  6. Wild Honey

  7. Cotton Candy

  8. Somebody’s Fool

  9. Willing To Wait




 バンドは、昨年の来日ライブで堪能した鉄壁なる布陣 ──



   Casey Wasner ( g .prc .)

   Ryan Madora ( b .)

   Derrek Phillips ( ds .)



 彼らを従え、デュエット ・ ヴォーカル、メイン ・ ヴォーカル、ギターのゲストも
招いた和気あいあいな仕上がり。

 レコーディング ・ スタジオ名に因んだらしきアルバム ・ タイトル 『 PURPLE 
HOUSE 』 に由来する色調や、ジャケット裏の写真はどこか懐古的でほろ苦い “ 南 ” の
気配を思い起こさせる。


             KIMG3193.JPG


珍しくアコースティックを印象付けた音楽観、気負わぬヴォーカルの “ ちょい渋め ” な
味付け …… にもなおさら ?

 どの曲も主張し過ぎないのに、いつの間にか脳裏に棲みついていて。
就中、押さえ気味のギターや綺麗な声色に、懐かしげな風景や空気が感じ取れる ……
3、4、5、6、9、の歌心に惹かれました。



 厳密には、聴き込む時間がまだまだ足りてませんが、暫くぶりに全曲通してリピート
するアルバムとなっています。




posted by 美緒ママ at 01:44| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: