2018年09月26日

Gosyuin Traveller 90  B


 この九月、思った以上に雨が多く、こういう秋は珍しい、と TV の天気予報で伝えて
いました。
『 秋彼岸 』 も過ぎた月後半と言うのに、颱風めく南風やら何やら、湿度の去らぬ日中は
依然蒸し暑く、夜間の冷えの割に悩まされ通しです。
はァ〜〜、ワタシに、涼しい日はいつ来るんでしょうか !? ( ため息 )

 とボヤいてないで …… ですね。


 すっかり放置になってた ( 大汗 ) Gosyuin Traveller 『 三浦半島
二大霊場 大開帳 』 巡拝 四回目、やっとこさ終章に漕ぎつけました ! ────


 5 月 16 日 ( 火 )、 『 レボちん君 』 の長かった巡拝珍道中 ( ? ) も漸く終盤に
差し掛かり、この日残す札所はあと二ヶ所。
 R 134 を北上して間もなく、三浦市から横須賀市に入りました。
芦名エリアを過ぎようという辺り …… 。

 15 時 33 分に到着した駐車場、


         P5169450.jpg


           往来に沿って幟が並び立っていますね。



          浄土宗 『 金剛山 長勝寿院 大御堂 浄楽寺 』 様


         P5169444.jpg

         P5169448.jpg



 ご所蔵の 『 不動尊 』 様開帳と、近隣より 『 薬師如来 』 様の出開帳を兼ねるご一刹。
既に何度かお邪魔している名刹様ながら、格別なスペシャル感にワクワクしま〜す ♪♪

 由緒は古く、 『 源頼朝 』 公の鎌倉に創建された 『 長勝寿院 』 様を移転したことに始まる、
とも、或いは ( 前出の ) 『 和田義盛 』 公が建てられた七つの 『 阿弥陀堂 』 の一宇、とも ?
また、 “ 近代郵便制度の父 ” 『 前島密 』 氏のご墓所もお守りされています。


 
 今回お目にかかるご本尊様方は、 この 『 本堂 』 の裏手 ……


         P5169445.jpg

             P5169446.jpg



奥の 『 収蔵庫 』 におわす、大仏師 『 運慶 』 作名品の希有なる …… 『 厄除不動明王 』 様。


         KIMG3081.JPG


              KIMG3079.JPG



 そもそも数多の寺宝、その内 5 体 ( 国指定重文 ) が 同 『 運慶 』 の真作として夙に
有名ですから !


              併せてご本尊 『 阿弥陀如来 』 様、

 
              KIMG3082.JPG


            眷属 『 日光菩薩 』 様、 『 月光菩薩 』 様も。


    KIMG3086.JPG     KIMG3088.JPG     
                        ( 以上画像は、写真葉書より )


 更に 『 毘沙門天 』 様も 『 運慶 』 作 ! ( 画像無しですが )


 また近在、長坂の浄土宗 『 金剛山 長寿院 無量寺 』 様よりご出張の 『 薬師如来 』 様 は、
鮮やかな黄金色のお体。 わりあい新しげなご尊像とお見受けしました。
 そうして収蔵庫におわす全てのご尊像に、併せて合掌、参拝。
総勢はとても言及し尽くせ無いので割愛しますが、斯様な素晴らしい一刹がひっそり地元に
馴染んでおいでとは !?
三浦半島、凄〜〜い ☆☆☆
誠に果報なひと時でした ♪♪♪


 受付では、以前もお目に掛かった ( たぶん ) 梵妻様と、世話人様方がご説明やら、
御朱印のご対応やら。


              『 三浦不動尊霊場 』 第二十番

              KIMG3074.JPG


           『 三浦薬師霊場 』 第十五番 (『 無量寺 』様 )

              KIMG3073.JPG


       ご本尊様、札所本尊様、諸尊様、皆様、ありがとうございました !!




 そう感動しまくってても先へ進まないから、次の札所へ …… 。
R 134 より結構細い道を奥へ、 16 時 5 分頃到着した、



            浄土宗 『 紫雲山 秋谷寺 正行院 』 様


         P5169466.jpg


 秋谷の山懐の静かな里寺様です。
ご由緒は鎌倉 ・ 正治年間と古く、かの 『 和田義盛 』 公が ( 『 木曽義仲 』 公に先立たれた
後の ) 『 巴御前 』 様を娶り、その菩提寺とされたとか。
三浦の歴史は各地に、本当に色濃く残されていますね。



         P5169454.jpg

             P5169455.jpg



 ご本尊様 『 阿弥陀如来 』 様、札所本尊 『 日月薬師如来 』 様へ合掌、参拝。


         P5169459.jpg

         P5169460.jpg



         拝受の御朱印は、


               『 三浦薬師霊場 』 第十七番

              KIMG3076.JPG


        ご本尊様、札所本尊様、ご住職様、ありがとうございました !!




 16 時 24 分においとまし、この日の巡拝を終了です。


 帰途は R 134 へ戻り、湘南国際村秋谷入口 信号を県道 217 号線へ。
このルートは R 134 の渋滞を緩和するため 2004 年に開通した由。
まず 『 久留和トンネル 』『 関根トンネル 』 という短いトンネルを抜けると、湘南国際村
の山を越え、 『 星山トンネル 』 を抜けて下ります。
するとお隣 葉山町上山口の県道 27 号線。そこを交差し更に先の 三浦半島中央道路へ進む
のですが …… そこから先は相次ぐトンネル !
『 新沢トンネル 』『 竜神トンネル 』『 南郷トンネル 』 と長短併せて 2 km 余りが殆ど
山の下です。
交通の便を図るショートカットとは言え、 大変な工事だったでしょう。
携わった方々に頭が下がります。
 勿論日本全国、道路トンネル橋梁工事等は数え切れなく続けられていますね。
古い歴史に触れながらあちこち巡っていても、こうした現代の様々な尽力にも感謝を
忘れてはならない ! と。
今後育って行く若い方達には、往古より様々な分野にわたって陰日向に尽力・努力が
成されてきたこと、必ず学んで欲しいと願います。


 そうして、現在まだ計画途上ルートの暫定終点より逗葉新道へ折れると、間もなく
横浜横須賀道路 逗子 IC 入口。 16 時 42 分に乗って、朝比奈 IC まで 10 分も
掛かりません。 至便な高速道路のお陰、誠にありがたや〜 ♪
環状 4 号を経て、 17 時 10 分頃帰宅。
新旧併せて様々に、感慨深い一日でした。




 
posted by 美緒ママ at 01:51| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: