2018年09月09日

「 “ シャクナゲの寺 ” へ行こう !! 」  Gosyuin Traveller 89


 昨日 8 日は、二十四節気の 『 白露 』。
「 陰気ようやく重なり、露凝って白し 」 という言葉から、秋らしさを漸く感じ、夜気に
白く露も降り始める頃、を意味します。
が、しかし ! です、度々言及するように、そもそも二十四節気の成り立ちが、古く中国
北部の寒さ厳しい地方の気候風土に由来したため、現代の体感とは一ヶ月以上ものズレを
生じています。
それをそのまま踏襲する “ 暦 ” の是非は兎も角、『 白露 』 という誠に美しい趣きと気候の
落差にはただただ嘆かれるばかり !!



 さて Gosyuin Traveller は一時 『 三浦二大霊場 巡拝 』 を離れて、
同 2017 年、 5 月 15 日 ( 月 ) の茶緒パパ 『 お婆ちゃん 遊山部隊 』 へ 同伴、
東京都町田市 〜 横浜市緑区訪拝をレポします ♪ ────


 この日は横浜市北端の青葉区から 『 こどもの国 』 を回って、町田市三輪町まで。


 『 シャクナゲ 』 で有名な “ 花の寺 ” と謳われるこちら ……


    真言宗豊山派 『 見星山 三輪院 高蔵寺 』 様


  P5159301.jpg
                 P5159353.jpg

  P5159299.jpg  P5159300.jpg

  P5159307.jpg  P5159306.jpg


             『 風神 ・ 雷神 』 様、 『 仁王 』 様方のお出迎え。



         P5159305.jpg

         P5159308.jpg



               『 弘法大師 』 様ご尊像へも合掌、ご挨拶。


             P5159313.jpg



     康安二年、足利将軍家の祈願寺として創建された、由緒ある古刹様の 『 本堂 』 へ。


         P5159314.jpg


              ご本尊 『 金剛界大日如来 』 様に合掌、お参り。




 御朱印は庫裏の窓口で梵妻様 ( ? ) より、お書置きを拝受しました。


         P5159316.jpg



   『 多摩新四国八十八ヶ所霊場 』 第十番    『 東国花の寺百ヶ寺 / 高蔵寺 』 様

     KIMG2968.JPG      KIMG2970.JPG


           ご本尊様、諸尊様、梵妻様、ありがとうございました !!

 
            お書置きの御朱印は、後日新調の朱印帳へ ♪♪

              KIMG2973.JPG



      参拝の後、境内奥へ進みますと、不思議な木の 『 龍 』 の縁起物 ?


         P5159319.jpg

         P5159320.jpg


         こちらは、手を触れると幸運に恵まれる(?) 『 五鈷杵 』 。



 そして、評判の 『 しゃくなげ苑 』 へ。


         P5159344.jpg

  P5159326.jpg  P5159331.jpg

             P5159329.jpg

         P5159328.jpg



           『 ボタン 』 も盛りに。

         P5159332.jpg



   シャクナゲは生憎ピークを過ぎていた模様。 もうちょっと早めが良かったかも〜 。



         P5159346.jpg


        シャクナゲ叢の先には、 『 石造七福神 』 様への順路 ……


  P5159337.jpg  P5159338.jpg

  P5159339.jpg  P5159340.jpg

  P5159341.jpg  P5159342.jpg

             P5159343.jpg



  近代になり、歌人 『 北原白秋 』 夫妻の訪拝もあり、当地で詠まれた短歌が歌碑に
 残されています。


         P5159348.jpg



 様々な由緒に彩られた 『 高蔵寺 』 様、癒やしの時間をありがとうございました。




 さて往路を戻る道すがら、茶緒パパ、実は津田沼辺りに某立派な 『 山門 』を見掛けていた
ので、立ち寄ることに …… 。 


             曹洞宗 『 慈雲山 大林寺 』 様


         P5159356.jpg


        Oh !! 改めて拝見すれば見事な 『 山門 』〜 ☆☆☆


   P5159360.jpg
                 P5159359.jpg

   P5159362.jpg
                 P5159361.jpg


    表に 『 仁王 』 様、背後に 『 四天王 』 様を配した、勇壮なご門です。



    門内の簡素で端正な禅宗寺院の佇まいに、 『 鐘楼 』 。


         P5159363.jpg



     諸仏様の尊像。


  P5159374.jpg
                 P5159375.jpg

         P5159369.jpg



       『 本堂 』 向拝にてご本尊 『 釈迦如来 』 様へ合掌、お参り。


         P5159364.jpg

         P5159368.jpg



         P5159365.jpg


       勿論こちらの二大祖様 = 『 道元禅師 』 様、及び 『 螢山禅師 』 様、
       ご尊像へも合掌、ご挨拶。奇しくもご縁に与り、感謝 !



 庫裏玄関へ御朱印を請えば、茶緒パパ、お若い副住職様 ( ? )より色々とお話を伺いました。
更に、「 よろしければ 『 五百羅漢 』 をご案内出来ますが 」 とのお誘い。
 しかしお婆ちゃんを待たせている事情あり、「 残念ですがまたの機会に 」 とお返事。
そう、コレがけっこー惜しかったんですね〜 ( 汗 ) 。
時を改めて伺います !! ( …… で、後日二人で再訪いたしました〜 ♪ )



          拝受の御朱印は、


               ご本尊 『 釈迦牟尼佛 』 様

              KIMG2975.JPG


        ご本尊様、諸尊様、副住職様、ありがとうございました !!



 帰りしな、山門より続く外壁を一巡するとかなりの長さ ?


         P5159385.jpg

         P5159383.jpg

         P5159382.jpg

         P5159380.jpg

             P5159381.jpg


 もう一つのご門や、小堂に 『 地蔵菩薩 』 様もいらして、往年さぞかし大寺であられたの
だろう、と察せられました。


 ありがたくおいとました 『 大林寺 』 。


 お陰様で恙無く帰着した一日でした。




posted by 美緒ママ at 16:28| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: