2018年07月02日

梅雨の花 …… のハズだった !?


 七月に入りました。
二日は俳句の時候で 『 半夏生 ( ハンゲショウ ) 』 ── 『 カラスビシャク 』という草が生え、
農耕民族 ・ 日本人が古来 “ 田植えを終えておく目安 ” と言い伝えた由。
 また、同音の 『 半夏生草 ( ハンゲショウ ) 』 は 『 片白草 』 とも呼ばれる、当季の野草。

             DSC_8250.JPG


このユニークな植物は虫媒を促すため、花の下になる葉を ( あたかもレフ板のように ) 半分
白く変色させ、目立たせるとか。
ドクダミ科、湿地や陰った草むらの植物。 炎天はたぶん似合わない。




 我が庭では、早々な真夏陽と強風の試練にめげぬ薔薇の二番花 ♪♪


         P6309994.jpg

  P6300008.jpg  P6300012.jpg

         P6309996.jpg


             ハイブリッド・ティー系 『 Love 』




 先月には、例年どおり “ 梅雨の花 ” ………


         DSC_4343.JPG

   DSC_4183.JPG   DSC_4182.JPG


『 ヘメロカリス 』 ( もしかして 『 Crimson Pirate 』 ? ) がひと茎ながら
四輪を全うしてくれました。




 オリエンタルな 『 クロコスミア 』 も “ 梅雨の彩り ” …… だったハズ ?


             DSC_4351.JPG

         DSC_4359.JPG

         DSC_4348.JPG



          吹き倒されまい、と 『 ラヴェンダー ・ セイジ 』。


         P6300004.jpg

             P6300006.jpg



 
 そうそう、種零れを鉢上げした 『 イソトマ 』 もちらちら咲き出しました。


  P6300015.jpg  P6300016.jpg




 厳しくとも欠くべからざる日照の恩恵を、植物達は享受している ?




posted by 美緒ママ at 00:34| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: