2018年10月11日

Gosyuin Traveller 91  A


 Gosyuin Traveler 『 三浦半島二大霊場 丁酉歳大開帳 』 巡り、
五回目を急ぎ続けます ! ───


 横須賀市野比を出た 『 レボちん君 』 は隣の隣、津久井の札所様へ。
R 134 から長沢駅入口 信号を右折、京急長沢 駅のガードを潜った後、一帯に広がる
団地 『 長沢グリーンハイツ 』 の外周に沿って進むのですが。
門前駐車場へのアプローチは団地の中を抜ける、とゆー裏技が要る ?
( いゃいゃ、ここでヒルんじゃいけない ! …… 何とか駐車場へ入って )


     12 時 24 分に到着の、


            臨済宗円覚寺派 『 安戸山 荘厳禅寺 』 様


         P5189491.jpg

             P5189492.jpg



         P5189495.jpg

         P5189496.jpg



 ご当山は、お馴染み北鎌倉 『 円覚寺 』 様の末寺に当たり、美緒ママお巡り継続途中の
『 円覚寺百観音霊場 』 札所のおひとつであります。
なのでこの度、ご縁を兼ねて伺えるのは二重の幸い〜 ☆☆ とわくわくでした。


 『 本堂 』 前にちょうど、先客の巡拝者様が説明を受けておいでで、ご挨拶してお堂内へ
上がりました。
すると、須弥壇にご本尊 『 十一面観音菩薩座像 』 様 ( 『 三浦観音霊場 』 の札所本尊
でもいらっしゃいます ) 、脇仏に今回の札所本尊なる 伝運慶作 『 胎籠不動明王 』 様。
共に合掌 ・ 参拝させていただきました。
 なお参拝者へご説明されていた老婦人が、ご住職のご母堂様と判明 !
お留守のご住職に代わって札所ご対応をなさるようで、お不動様を、
「 小さくて見づらいですが、おなかに小窓が開いて 『 愛染明王 』 様がいらっしゃるのが
わかりますよ。是非ご覧になって 」
とご案内下さいました。
改めて拝観すると、なるほど小さな明王様が合掌されています。
お不動様共々拝めて、ダブルにありがたや〜〜 ☆☆

 またご母堂様の仰るに、ご住職ご不在のため、御朱印は公式朱印帳へ巡拝者各自で押す
ようになっているとか。 ( 従って墨書は非対応 )
…… ほぉ、そーゆーシステムでしたか ?
他の巡拝者様も珍しがって、楽しんでいましたね ( 笑 ) 。


    ではでは、ワタクシも挑戦 ! ───


              『 三浦不動尊霊場 』 第十二番

              KIMG3146.JPG


 あっ、朱がちょっと薄くなっちゃった〜 ( 焦ッ ) 。 あ〜ぁ、と茶緒パパに言われる。
ともあれご本尊様、札所本尊様、ご母堂様、ありがとうございました !!



         P5189498.jpg


    お綱が結ぶ回向塔婆の先は、お庭に溢れる緑。


   P5189494.jpg

                   P5189500.jpg



 ちなみに帰りがけ、ご母堂様へお尋ねしたのが 『 円覚寺百観音霊場 』 札所の件。
結果、ご対応はご住職在宅日 ( 主に休日 ) の電話アポを取って、ということです。
あぁそうでした、今日日お若いご住職は、別のお仕事を兼業したりされますものね。
次回は必ず、お電話入れてから伺いま〜す ♪♪
お世話になりました !



         P5189504.jpg




 とゆー次第で、 12 時 55 分においとま。
さぁ次なる札所はすぐ近く。


  12 時 58 分到着した、


             高野山真言宗 『 七寳山 東光寺 』 様


         P5189506.jpg

         P5189508.jpg


            『 仁王門 』


  P5189510.jpg  P5189509.jpg  


    『 仁王 』 様、お邪魔させていただきます !



         P5189513.jpg


 とても古い建築の 『 本堂 』 = 『 醫王殿 』 へ上がると、札所本尊 『 薬師如来 』 様
をはじめ、天台密教の中心『大日如来』様、他数多くのご尊像へお目文字が叶いました。
合掌 ・ 参拝。
そうした堂内、年配の寺僧様の絶妙なトークがご由緒を語られ、参拝の身は一頻り
いにしえの空気に浸ります。

 ご当山は天平の昔、名僧 『 行基 』 行脚の折、 『 三浦富士 』 の霊験により創建された
とか。 故に 『 三浦富士大権現 』 を称し、一時荒廃した後、当地を治めていた平安期の
武門 三浦一族に連なる 『 津久井次郎義行 』 公の庇護を受け、祈願寺として再び栄えた
そうです。


 お参り後は、別棟でお若いご住職 ( or 副住職 ? ) 様に御朱印をお願い。
その建物にもおわす古格あるお薬師様や、他色々とお話を伺えました。



              『 三浦薬師霊場 』 第二十一番

              KIMG3148.JPG


      手持ち朱印帳に賜った直筆の墨書

               本尊 薬師如来 『 醫王殿 』 様

              KIMG3160.JPG


      ご本尊様、札所本尊様、ご住職様、寺僧様、ありがとうございました !!




         P5189514.jpg


          境内の『 鐘楼 』 、撞かせていただけるようですね。



         P5189516.jpg


          傍らに鎮座する 『 萬国 一之宮 両部大明神 』 様。



         P5189512.jpg


               『 猿田彦大神 』 様 石碑。



 諸尊様、お邪魔いたしました。



 13 時 28 分、 R 134 へ戻って少し引き返し、行政センター東側 信号を左折。
県道 27 号線 → → 通研通 → → 三崎街道 → → 林交差点 信号 で R 134 へもう一度
入る “ ショートカット ” ですね。
横須賀市の西海岸エリアに入ったワケですが、実は前回巡れなかった、界隈の札所様を
フォローするつもりです ♪


 13 時 40 分頃、佐島入口 信号を左折。
が、ここからが何と、札所巡りの “ 試練 ” !? ── 古刹様は往々にして、極細道の
アプローチ。 更に駐車場は無し ! こちらもそうしたお札所でした ( 大汗 ) 。

 駐車スペースを探して佐島を迷走〜!!
ぐるっと回ってまた R 134 に出てしまった ?
しかも 『 レボちん君 』 、 “ 名誉の負傷 ( ? ) ” まで負ってしまって …… ( 泣 )。
いゃいゃ難儀しました。
致しかたなく今度もスーパー ( 『 京急ストア 』 ) の駐車場利用。

 またまた、美緒ママ 徒歩での単身参詣。
うわ、確かにメッチャ路地だよ、参道 ! 脇道の神社には、 K 車くらいならまぁね、
って駐車スペースあったけど。


  P5189518.jpg  P5189520.jpg


   兎に角トコトコ歩いて 14 時 10 分頃到着の ……


             浄土宗 『 降鏡山 無量光院 福本寺 』 様


         P5189523.jpg


               お地蔵様、お邪魔しますね〜♪



             P5189521.jpg


                  石段上がって、



         P5189525.jpg


           漸く 『 本堂 』 へ ! 謹んで合掌 ・ お参り〜 ☆☆



 ご当山は、大本山鎌倉 『 光明寺 』 様の末寺帳に明応二年の起立とありますが、詳細な
記録は明治期の火災で焼失してわかりません。
が、当地の檀家様の七割もが 『 福本 』 姓を名乗ることから、往古 『 福本 』 一族が氏寺
として創建したと考えられます。
 いずれにせよ、今なお 『 薬師如来 』 様 ・ 『 不動明王 』 様共に札所本尊を兼ねて、
地元に敬愛されたご一山とお見受けしました。

 お堂の佇まいもよろしく、石階の上から海へ開ける見晴らしの中に、昔から民の暮らし
を見守って来られたのだろう、と偲ばれるようです。


         P5189527.jpg



 拝受の御朱印は、


     『 三浦薬師霊場 』 第十六番        『 三浦不動尊霊場 』 第十九番

     KIMG3151.JPG      KIMG3153.JPG


       ご本尊様、札所本尊様、ご住職様、ありがとうございます !!



 さぁ、気付けば 14 時半 ? …… のんびりしちゃいられません。
待ち合わせのスーパー駐車場へ、馳せつけた美緒ママでしたッ !!




                    ──── To be continued .



posted by 美緒ママ at 01:10| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: