2018年09月05日

Gosyuin Traveller 88  A


 今年何度目かの颱風の最中です ( 汗 ) 。
尤も当地は ( 誠に幸いにも …… ) 吹き返しの暴風雨ですが。
ルートに当たった地域の皆様、心よりお見舞い申し上げます !!!

 

 Gosyuin Traveller は 『 三浦半島二大霊場 丁酉歳開帳 』 三回目レポを
続けましょう ───


 5 月4 日、馬堀海岸の 『 浄林寺 』 様を出て再び R 16 へ。 『 観音崎 』 へ向かう手前の
走水を目指します。


 『 走水神社 』 を目印に R 16 から折れると、道は狭まり …… ひゃ〜 ヤバいよ、対向車 !!
はぃ、幸い無事通り抜けまして ( 笑 ) 、こちらの境内へ ……



               曹洞宗 『 走水山 大泉寺 』 様


         P5049248.jpg


 13 時 20 分、境内の駐車場へ 『 レボちん君 』 を停め、


             P5049250.jpg

         P5049251.jpg


                まず、お地蔵様方にご挨拶♪



    そうして段上の 『 本堂 』 へ。


  P5049253.jpg  P5049254.jpg



 曹洞宗は菩提寺様の宗派だから、特別に親しみを覚えます。
天正年間、三浦郡代官頭 『 長谷川 』 氏により復興のこちらは、今でも割合規模の大きい一刹で、
参詣客も少なくないようでした。


         P5049257.jpg

         P5049258.jpg



 本堂正面撮り損ねましたが …… 堂内は広く、ゆったり。
ご住職に迎えられ、まず須弥段中央のご本尊 『 延命地蔵菩薩 』 様へ合掌、ご挨拶。
当三浦の 『 地蔵尊霊場 』 札所本尊に当たられ、市の重文指定を受けています !
是非開帳歳にご縁を繋げたいもの。
また傍らにはこの度の 『 薬師如来 』 様が控えておいでで、合掌、参拝〜 ☆☆


 曹洞宗寺院との出会いが嬉しく、ご本尊の御朱印も一緒にお願いしちゃいました。
持参の本山朱印帳へ、ご住職直筆のご揮毫に感謝〜〜 ♪♪♪



     『 三浦薬師霊場 』 第ニ十番      『 三浦地蔵尊霊場 』 第三十番

     KIMG2944.JPG     KIMG2965 (1).JPG


         ご本尊様、札所本尊様、ご住職様、ありがとうございます !!



            高台の境内からは、走水港の眺望。


         P5049256.jpg

         P5049259.jpg



 さぁ、それでは 『 大泉寺 』 様の駐車場に 『 レボちん君 』 をしばし預けて ( 住職様、無断で
済みません !! ) 、道沿い直近の札所様まで歩きます。
民家の間の細い道の突き当たりにこちら ……



               浄土宗 『 本水山 覚栄寺 』 様


         P5049261.jpg

         P5049262.jpg



          この巡拝ではよく、お寺から海が見えますね !


         P5049266.jpg


        庶民的な町並みに親しまれる佇まいが、好ましい ♪♪♪



         P5049263.jpg

         P5049265.jpg


  当山創建は古く室町後期の永正年間、 『 載誉屋道上人 』 の開山とされます。
『 本堂 』 前で回向塔婆のお綱に触れて、参拝。

 御朱印を庫裏玄関にてお願いすると、ご住職より本堂内へお招きいただきました。
ご本尊 『 阿弥陀三尊 』 様、 『 薬師如来 』 様、ご縁に感謝 !


         拝受の御朱印は ……


               『 三浦薬師霊場 』 第六番

              KIMG2945.JPG


        ご本尊様、札所本尊様、ご住職様、ありがとうございました !!



         P5049267.jpg


 『 六地蔵 』 様へもお礼。 13 時 54 分 『 覚栄寺 』 様においとま。
『 大泉寺 』 様へ駐車を感謝しつつ、次の鴨居へ向かいます。




 『 観音崎 』 へ向かう道を外れ、内陸のアップダウンをナビされて …… 坂を登った高台には、


               曹洞宗 『 鴨居山 能満寺 』様


         P5049269.jpg


 駐車場の都合で、こちらの裏門から失礼することに。
と言うのも ( 後で判明するのですが ) 当山の表参道とは、高台の反対側の長い石段を下った
所なのでした !! ( クルマ、多分無理 ? )


 とゆーことで門内に 『 レボちん君 』 を停め、順路を進みます。
まず石段を下った平場に、


         P5049270.jpg


   回向塔婆、お堂は 『 瑠璃閣 』 ? …… あ、早速こちらに札所本尊様ですね !


             P5049273.jpg

         P5049271.jpg

             P5049295.jpg


     『 多光薬師如来 』 様と仰るようです。 奇しきご縁に感謝いたします !!



             P5049272.jpg


             お堂の傍らには 『 地蔵菩薩 』 様も。



         P5049293.jpg

             P5049276.jpg


          更に段を降りて行くと、こちらにもお薬師様 ♪



        そして深い緑の木立に、堂宇の佇まいが 『 本堂 』 でしょうか ?


         P5049294.jpg

         P5049279.jpg

         P5049277.jpg


          ご本尊 『 虚空蔵菩薩 』 様へ合掌、参拝。



 その後、寺務所へうかがうと、垢抜けた女性の職員様 ( or 梵妻様 ? ) のご対応。
曹洞宗なので、持参の大本山朱印帳へご本尊様もお願いしたところ、
「 本尊は 『 虚空蔵菩薩 』 様です 」 とのお返事。
思わず、菩提寺の本尊様と同じ、と申し上げれば、「 そうですか、どちらのお寺ですか ? 」
などとお話が弾み、朱印帳の色々な御朱印をご覧になり、 「 随分回っておられますね 」 と。
奥の寺僧様にご揮毫いただく間、歓談を楽しませて貰いました ♪♪

 やはり、宗派を纏めた朱印帳はお褒めいただくことが多く、“ すぐれモノ ” ですよ〜 ☆☆



      『 三浦薬師霊場 』 第七番        本尊 『 虚空蔵菩薩 』 様

     KIMG2948.JPG     KIMG2966.JPG


     ご本尊様、札所本尊様、寺僧様、職員様、ありがとうございました !!



 ゆっくり寛ぐ境内には大きな 『 ソテツ 』 や 『 サルスベリ 』 が茂り、どこかおおどかな南の
気配を醸します。


         P5049278.jpg


                  P5049287.jpg
  P5049286.jpg


         見晴らす海は鴨居の港。



        港の町へ下って行く石段がそのまま、表参道となっているそうです。


             P5049292.jpg

             P5049291.jpg

         P5049290.jpg

『 鴨居山能満寺 入口 』 ↑↑↑ と標石にあります。



 静かで穏やかな雰囲気に後ろ髪を引かれながら、14 時半頃おいとました『 能満寺 』 様。



 帰途は 『 レボちん君 』 お馴染みの横浜横須賀道路へ。
浦賀 IC 14 時 36 分 〜 54 分 には 港南台 IC を降りて、恙なく三回目を終了したの
でした。




posted by 美緒ママ at 00:37| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: