2018年10月08日

三浦薬師霊場 & 不動尊霊場 その 5 .  Gosyuin Traveller 91  @ 


 十月も早や 『 寒露 』 ですね ( …… って、ちっとも寒くないけど〜 !! ) 。
先月末、 Robben 先生騒ぎで吹っ飛んでしまった 『 三浦 』 巡拝レポ。
ぼつぼつ再開いたしましょう ( 笑 ) 。



 Gosyuin Traveller 、 『 三浦半島二大霊場 丁酉大開帳 』 巡拝五回目
となる、横須賀市へ『 レボちん君 』 の出動でした ────


 5 月 18 日 ( 木 ) 10 時 3 分に出発、10 時 13 分 横浜横須賀道路 港南台 IC
→ → 10 時 41 分 浦賀 IC を降りると、県道 208 号線から 210 号線へ。
最初の目的地は西浦賀、わかり易い道沿いのご一山、



               浄土宗 『 放光山 延壽院 常福寺 』 様


             P5189467.jpg



 ところが生憎、参道の入口の工事中という状況だったのです。
門内の駐車スペースへどうにも入り辛い気配につき、駐車を諦め、近いコンビニ駐車場を、
今回も利用することにしました。
10 時 59 分、 『 レボちん 』 と茶緒パパをお客さん役に残して、美緒ママ、すたこら
参拝です !



            では 『 常福寺 』 様、改めてお邪魔します ♪


             P5189468.jpg

         P5189469.jpg



 ご当山には興味深いご由緒が色々お有りのようで …… 。
室町時代 ・ 文明年間に鎌倉 『 光明寺 』 様の圓蓮社教譽上人によって創建。
江戸期、下田より奉行所が移された後に脇本陣も務めた、格式ある一山です。
墓域には奉行所与力の墓所をはじめ、虫歯供養の由来を持つ 『 珊譽女 』 なる身分の高い
女性の位牌を守っています。
また、当地に遊郭を経営していた 『 江戸屋半五郎 』 がのちに遊女らを哀れんで解放し、
『 深本 』 という僧になった逸話と墓所も伝えています。


 以来長く地元に敬われたご当山では、秘仏の大変小さな 『 薬師如来 』 様が開帳され、
『 本堂 』 の 『 阿弥陀如来 』 様共々お参りが叶いました。



         P5189470.jpg



 更に 『 波切不動明王 』 様へも参拝し、御朱印を拝受。



      『 三浦薬師霊場 』 第八番         『 三浦不動尊霊場 』 第七番

     KIMG3136.JPG      KIMG3138.JPG


     ( 加えて 『 三浦地蔵尊霊場 』 の第三十二番、三十四番も兼務されているので、
     是非またお巡りしてみたいです ♪ )


     ご本尊様、札所本尊様、ご住職様、ありがとうございました !!



         P5189471.jpg


 おいとまして戻れば、巡礼笠を被ったより本格的な巡拝者の方達と入れ違いに。
石階を上って行く後ろ姿も味わい深く、庶民の信仰の長らく続く霊場なのですね。
ご縁を賜りありがたいことでした。


 とゆーワケで、代表の参拝を果たして急いでコンビニへ。
11 時 19 分に合流。 再び県道 210 号線を、次の札所へ向かったのでした。




 さて 11 時 30 分、今度は無事駐車場に入れたこちら、


         P5189478.jpg



              浄土宗 『 真宝山 宗圓寺 』 様


         P5189472.jpg

         P5189474.jpg

         P5189473.jpg


              お揃いの白い前垂れの石仏様達。



         P5189476.jpg

         P5189477.jpg


 『 本堂 』 が真新しく、ご住職にご案内いただいたお堂内も清々しい佇まいです。
ご本尊 『 阿弥陀如来 』 様共々、札所本尊 『 大聖不動明王 』 様にお参りいたしました。
 ちなみにご当山は鎌倉 『 光明寺 』 様の末寺。 本山第十五代住職 『 天達義順上人 』を、
天文年間に初代住職として迎えています。
こうして偶さか浄土宗の古刹を巡りながら、色濃く遺った 『 光明寺 』 様のご威光を感じずに
いられません。


 御朱印をご対応下さったご住職は ( 浄土宗で時に見かける ) 有髪の “ ロマンスグレイ ”
( あッ、コレ死語か !? ) ダンディでいらっしゃいました ♪



               『 三浦不動尊霊場 』 第八番

              KIMG3140.JPG


        ご本尊様、札所本尊様、ご住職様、ありがとうございました !!




 11 時 45 分、駐車場をおいとま。
これより 『 レボちん君 』 は再び R 134 を走って、野比へ向かいます。
京浜急行の踏切を越え進むと、これはこれは随分広々と開けたロケーションが !


     11 時 57 分到着した三ヶ所目、


             浄土真宗本願寺派 『 五明山 最宝寺 』 様


             P5189481.jpg

         P5189482.jpg

         P5189488.jpg

             ( 参道を振り返るとこ〜んな感じ )



             P5189486.jpg


 こちらの入口からお邪魔すると、 『 本堂 』 内はとても厳か〜 !!
世話人様 ( ? or 寺僧様 ) のご案内で参拝。
ご本尊 『 阿弥陀如来 』 様、 札所本尊 『 高御蔵薬師 』 様、 『 源不動 』 様。


 ご当山、古く 『 源頼朝 』 公が 『 薬師如来 』 様を本尊に、鎌倉に建立された
『 高御蔵 五明山 最寳寺 』 が始まりです。
元々天台宗であったところ、開山である公の甥 『 明光上人 』 様がお念仏の教えに
帰依し浄土真宗に改宗された由。
 後に北条氏の弾圧を逃れて当地に移ったそうで、なるほど ── 斯かるご由緒
でしたか !
札所本尊様のお名前に納得がいきますね。



   拝受の御朱印は、



     『 三浦薬師霊場 』 第十一番       『 三浦不動尊霊場 』 第十一番

     KIMG3143.JPG      KIMG3145.JPG


       ご本尊様、札所本尊様、世話人様、ありがとうございました !!




 12 時 15 分頃おいとま。
さぁ続いて、先の津久井エリアに札所様が二ヶ所あるので、向かうことにします ♪



                      ──── To be continued .



posted by 美緒ママ at 22:03| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: