2018年02月15日

涅槃会とか


 今日は仏教の 『 涅槃会 』 、お釈迦様の亡くなった日とされています。
なので、多くのお寺では法要をされたのではないかしら ?
美緒ママ、生憎未だ臨んだことは無いんですが …… 所謂 『 涅槃図 』 を掛けておかれる暫くの
期間中、拝ませていただいた記憶があります。
超有名な大寺院でなくとも美しい 『 涅槃図 』 を拝観出来ますので、お出かけになってみては
いかがでしょう。


 ところで昨日 2 月 14 日 ( 水 ) 、巷が 『 St . Valentine ’ s Day 』
に賑わうこの日、わたくしメには亡きお義父さんの命日に当たります。
一家で、すぐそこの菩提寺へ墓参り。



               曹洞宗 『 本郷山 正翁寺 』 様


              KIMG1851.JPG



 行って墓参りして …… 毎度のことながら何と短時間 ?
まず My 『 薬師如来 』 様へご挨拶し、続いて 『 本堂 』 前でご本尊 『 虚空蔵菩薩 』 様へ
合掌 ・ お参りしても、さしたる手間は取りません。

 加えてこの日は、境内の別の石仏様も気になっていました。
それは、他所から移管されたと思われる古来の石仏 ── 地蔵様、観音様方々。
当山が地域でかなり古い由緒を持っているため、石像の ( 江戸前期まで遡る ) 時代性も地域の
文化財として注目されています。


        旧ご在所、

         KIMG0475.JPG



      左に 『 地蔵菩薩 』 様。 右の 『 聖観音菩薩 』 様には貞亨四年の銘有り。


               KIMG0479.JPG

               KIMG0476.JPG


      左 『 地蔵菩薩 』 様坐像、享和二年 『 回国納経供養萬霊等 』 の銘。
      右の小像は 『 馬頭観音菩薩 』 様で、通常の馬頭尊より可愛らしく、頭上の
      お馬様も優しげ。 文化四年 『 順禮西国秩父坂東百番供養塔 』 銘有り。




 しかしこの場所、偶々崖下だったため、上の地盤の強度に問題発覚 !
崩落の危険が無きにしも非ず !? ── すわ、エラいこっちゃ〜〜 !! と、住職様 ・ 大檀家様
・ 郷土史家様が色めき立った ?
何たって地元でも大変古い創建ですので …… 。


 斯くしてお引越しの運びとなった石仏様方。 新たなご在所は、新設の納骨堂前。


          KIMG1846.JPG

            ( 工事未完のため近くには寄れませんでした )



 “ 覆い堂 ” は現在、地元の工務店さんによって建築中です。
いずれ移転 ・ 開眼のご法要が ( 過年の My 『 お薬師 』 様と同様に ) 行われるでしょう。
一般の在家者にはなかなかご縁の稀な古仏の法要に臨めるなら、ありがたいこと !!
すごく楽しみになって来ました ♪♪♪


 尤も、嘗て長らく石仏様のおわしたご在所、昔ながらの崖下の木陰も良き佇まいでした。


         KIMG1844.JPG


この場所を離れてしまわれて、石仏様方もさぞかしお寂しいに違いありません。
けれど堪えていただかないと …… ですよね ?
いつ何時、自然災害に貴重なお体が損なわれてしまうとも限りません !!



 癒やしの石仏様、どうか末永く当地とこの菩提寺の歴史を証し続けて下さい。
そして My 『 薬師 』 様共々、心の拠り所として地元をお見守り下さいますように ☆☆☆



         KIMG1847.JPG


              DSC_0437.jpg




posted by 美緒ママ at 23:45| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: