2018年01月13日

初詣 2018  Gosyuin Traveller 114  その 1 .


 Gosyuin Traveller , 少々遅れ馳せの初詣レポ。 1 月 10 日 ( 水 ) に
参じました ♪ ────


 “ お婆ちゃん遊山 ” のファミリー ・ ドライブ …… 13 時 31 分に出発。
環状 3 号から青砥坂信号を R 16 へ右折。 続いて東富岡信号を左折〜直進。
13 時 53 分、金沢区富岡東のこちらへ ……


     真言宗御室派 『 花翁山 慶珊寺 』 様
P1100204.jpg KIMG1681.JPG

         P1100203.jpg



 脇道を入った奥に駐車場。
格式ある 『 真言宗御室派 』 の境内はしんと静謐 ── 広くはないけれど実に整然。


         P1100224.jpg

 

姿美しいクロマツを中心とした植栽には、丁寧な手が入っているようです。


         P1100217.jpg

         P1100220.jpg

         P1100223.jpg



 品位ある 『 本堂 』 にはご本尊 『 大日如来 』 様をはじめ 『 愛染明王 』 様、『 十一面
観音半跏像 』 様をお祀りとのこと。


         P1100225.jpg

         P1100221.jpg


           向拝より堂内を偲び、合掌。


 江戸初期、開基 『 豊島明重 』 公が父母の菩提を弔い、その後自らと子息の悲運と供養墓を
伝えることになった、追悼の浄域。
初めて参じ、謹んでお祈りさせていただきました。
また 『 弘法大師 』 様巡錫の写し霊場としても、待望の参拝。
  …… 南無大師遍昭金剛 ……



          境内一角には元県知事 『 長洲一二 』 氏の石碑。


             P1100210.jpg



 梅の花芽が間近な花どきを待ち、


  P1100214.jpg  P1100215.jpg

              P1100212.jpg



桜の枝振りも牡丹の芽も ── 春を待つとりどり ♪♪ ( 花どきを是非拝見してみたいなァ〜 ) 。




           『 山門 』 脇の 『 孫文先生上陸之碑 』


          P1100202.jpg


 更に 『 ヘボン先生滞在 』 等 …… 由緒多い古刹様です。




 さて庫裏玄関へ御朱印を請うと、お出ましの若い梵妻様。
「 生憎住職が留守をしておりまして、書き置きでよろしければ 」
勿論ありがたく拝受。
「 …… 直筆は住職のおります時に、是非またおこし下さい 」 とお気遣い下さいました。



                ご本尊 『 大日如来 』 様   
           『 新四国東国八十八ヶ所霊場 』 第七十一番

             KIMG1683.JPG


               ありがとうございます !!

       ( なお 『 金澤観音霊場 三十二番 』 はご対応無いようでした )


 そうして 14 時 17 分、再訪を期しておいとました 『 慶珊寺 』 様。




 次いで再び R 16 へ戻り、宮の前信号を左折して間も無く …… 14 時 21 分に到着した
のは地元の鎮守、


         『 富岡八幡宮 』 様


   P1100230.jpg

                P1100232.jpg

    P1100231.jpg

                P1100228.jpg




 古く 『 源頼朝 』 公の 『 恵比寿神 』 勧請へと創設を遡る当社は、 『 拝殿 ( 覆い堂 ) 』
中の古来の 『 本殿 』 に応神天皇、神功皇后、比売神、天照皇大神、八幡神を合祀したと
云われます。


          P1100233.jpg


             拝殿 …… 内部に朱塗りの本殿が鎮座。
                二礼、二拍手、一礼 !

           新年ならでは、参拝者が次々とみえていました。



         P1100235.jpg


         傍らには 『 横浜金澤七福神 』 の 『 恵比寿神 』 様。
         古来よりのお恵みに与らせていただきま〜す ♪♪



         社務所にて拝受の御朱印は、


           『 富岡八幡宮様 』 『 ハマのえびす様 』

             KIMG1684.JPG 


               ありがとうございます !!



 そして 14 時 45 分頃、当社をおいとました私達は次の目的地へ向かったのでした。



                       ──── To be continued .



posted by 美緒ママ at 02:05| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: