2017年10月17日

Jing Chi 来た〜〜〜ッ ☆☆☆


 お待ちかねの 10 月 12 日、 Robben 先生、Jimmy Haslip &
Vinnie Colaiuta のスーパー ・ ユニット 『 Jing Chi 』 の新作
『 SUPREMO 』 到着〜 ☆彡



         KIMG1179.JPG



 折悪しくストレス・フルで疲れている最中、少々ハードな音源ではあるけれど ( 汗 ) 。
新譜対応のお約束 ── 取り敢えず集中的に聴き込む !!

 すると、ある意味難解な一作かもしれない。 テーマを捉えにくい転調や唐突なリズム ・
チェンジとか。
まぁ、そもそも解りやすいユニットじゃないけどね …… Jing Chi 。
とは言え、やっぱりテイストが違うような ?


 オープニング・ナンバーは、どこか Robben 旧作 『 Tiger Walk 』 を
思わせるハード ・ ロック ・ フュージョン = 『 THE MAJESTIC 』 。
スパルタンに唸りを上げるギターの暴れっぷりに、切り込んでくるレトロなブラスが妙に
往年の 『 Chicago 』 ちっくだったり !
二曲目や四曲目は、何だかソウル・ソングの歌伴 ?
殊に四曲目 『 SECRETS 』 はまるで 『 Janis Joplin 』 のバッキング
じゃん ?
 かと思えば、三曲目の 『 SHOWTIME 』 は五拍子を基調。 変調子を感じさせない
絶妙なドライヴ感に乗せられてしまった〜〜 ♪♪
リズム ・ セクションさすがに巧みだ !!
ギター ・ シンセの音色が Robben っぽくないのは、ちょっぴり残念だけど。
いゃ〜かっこイイわァ、この曲、一番のお気に入り〜 ☆☆☆
 次いで五曲目 = 『 ON GREEN PEPPER STREET 』 はガラッと
変わって Jazzy なテイスト。
恐らく往年の Miles ナンバーに準えたタイトル ?
曲調に、アタシまたも 『 Chicago 』 の 1st アルバムを思い出してしまった !
珍しくも本格的なピアノ ・ プレイを聴かせてる Robben 先生 ♪
意表を突くリズム ・ チェンジに驚かされたり。 嫌いじゃないけど ( 笑 ) 。
 さて、六曲目 = 『 CASABLANCA 』 は二番目にお気に入りのナンバーですよ。
クールでスペイシーな音世界。 左チャンネルに 『 Scott Henderson 』が
チラッと覗いた ? みたいな。
でも後半の右チャンネルは、超かっこイイ Robben 節 !! ( 萌え〜 )
 少々似たスローな九曲目 = 『 AT THE APOLLO 』 はいきなり 『 Michael
Landau 』 来たーーッ !
突然 『 レネゲ 』 かよッ !?

 と、まぁ、変貌し捲るサウンド …… ハァハァ …… 翻弄されました〜〜 ( 爆 ) 。
「 Jing Chi はこう 」 とかゆー概念のタガを外さんとイカン ?
リピートする内に見えて来るのかも ? 彼らの欲求とか目論見とか。


 …… と独断と偏見で書いてきましたが、アタシの耳も格別優秀じゃないし ( 苦笑 ) 。
当分浸ってみますよォ、 『 SUPREMO 』 ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 21:27| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: