2018年06月03日

鎌倉の名店


 また鎌倉ネタになりますが。
JR 駅近の中心エリアに詳しい方なら、ご存知かと思います。
嘗て小町通に風格ある店舗を構えていた、老舗の茶匠 『 枝村園 』 さん。
黒光りするような和風建築がどっしり風格を醸す、界隈の名店でした。
詳しくは存じませんが、数代に亘って繁盛して来られたのではないかしら?
仕事で鎌倉へ通っている間、折々お寄りしたものです。

 ひと頃、当代が店舗を移られましたが、小町の小道奥で営業を再開、古いご贔屓筋を
安堵させたことでしょう。
そーですね、本当に良かった ♪ 
私は全然 “ お得意さん ” じゃありませんが、 ( 仕事絡みで ) 小町に長く関わった一人
として 『 枝村園 』 さんの存続は嬉しい〜 ☆☆


 トラディショナルな静岡煎茶の香りと風味 ── なのかな ? とは思うけど、正直の
ところ良くわかってない …… ( 汗 ) 。
それでも、他所のお茶を同じように淹れた時気付いたりする。
嗅覚と味覚の記憶は今も間違い無く、 “ 滋味 ” を察知するのでしょう。
「 嗚呼、やっぱり 『 枝村園 』 さんと違う〜 」 って。



 そんなこんなの先月 17 日、凡そ一ヶ月ぶりの鎌倉。
JR 駅から小町通りの大混雑をすり抜け、小道へ曲がり、そのまた路地へ折れた先に、
老舗の名店がひっそり迎えてくれるのです。
若い頃評判のイケメンさんでいらしたご主人が、今なお男前な笑顔で応じて下さいます。
日本茶の清々しささながらの雰囲気も健在でした。

 折しも “ 新茶 ” の頃。
お勧めいただいた静岡 ・『 本山 』の新茶 ( この時初めて知ったのですが、いつもの
銘柄だとか ) 。


              KIMG2437.JPG


『 枝村園 』 さん、美味しいお茶をありがとうございます。 またお伺いしますね。



 さてお次は、もう一つの目的地へ。
小道へ戻って真っ直ぐ、ひとつ十字路を突っ切った左手に煉瓦タイルのお洒落な
『 Zelkova Terrace 』さん 。
…… その一階中程に、我が名店 = ネイルサロン 『 bird 』 が。


 My ネイリスト 『 みかさ 』 さんのお出迎え。
気さくな鎌倉ビューティーの笑顔と洗練された物腰、店内の雰囲気も素敵 ♪♪


 この日のカラーは、 “ スキニー ” から少し “ ミルクココア ” へ寄せてみました。


     KIMG2412.JPG   KIMG2407.JPG

              KIMG2402.JPG



 こちらも誠に魅了されるお色味ですね。大好きです〜 ☆☆☆
次回もまたコレ ! …… ってお願いしたいくらい気に入りました。
けれどまた、微妙なニュアンスの違いを求めてしまうかもしれません。


 常に自分の目前に置かれ、人前にさらされる “ 指先 ” 。
きちんと整えられている安心感は少なからぬ余裕と、自信をもたらしてくれます。
『 みかさ 』さんに感謝 !!


 鎌倉の静かな小路の名店達は、掛け替えのない癒やしスポットと言えるのです。




posted by 美緒ママ at 00:02| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: