2017年10月04日

「 田谷の洞窟へ行こう !! 」 Gosyuin Traveller 72  その 1 .


 カラッとした晴天に始まった十月ですが、それでも急な雨を降らせたり暑く照り付けたり、
空は依然気まぐれですね〜〜( ため息 ) 。


 さて Gosyuin Traveller は漸く 3 月 1 日 ( 水 ) 。 初っぱな
まず区内田谷町へ ! ────

 12 時 45 分、 助っ人 『 IMPREZA 』 君で出発。
12 時 57 分、近隣の駐車場に着けて …… 徒歩にてこちらへ。



             真言宗大覚寺派 『 田谷山 定泉寺 』 様


        P3017778.jpg



 当山は古くより 『 田谷の洞窟 』 と通称され、 『 田谷山 瑜伽洞 』なる修行洞窟で有名です。
近在の横浜市民なら、一度は行っておくべき名所 ?
はぃ、漸くうかがいましたよ〜 ♪   


 こじんまりした境内にてまず、『 修行弘法大師 』 様へご挨拶 …… 「 南無大師遍照金剛 」。


         P3017780.jpg



 そして本堂にはご本尊 ・ 阿弥陀如来様をはじめ、不動明王様、弘法大師様がおわすとの由。
向拝にて合掌・参拝。

             P3017795.jpg

         P3017786.jpg


               P3017787.jpg
    P3017785.jpg


            『 子安地蔵尊 』 様



 その後寺僧様にご案内を請い、説明を受けて堂宇背後の洞窟拝観へ。


            P3017783.jpg

            P3017784.jpg



 この史蹟 『 田谷山 瑜伽洞 』 は修禅道場として、鎌倉時代初期の開創以来江戸時代に至る
まで、連綿と掘り進められた岩窟です。
洞内には数知れぬ行者の手により、本尊 『 一願弘法大師 』 様をはじめ 『 四国 』 『 西国 』
『 坂東 』 『 秩父 』 各霊場札所本尊、 『 両界曼陀羅諸尊 』 等数多の御仏が刻まれています。
 人づてに聞く限り何かそら恐ろしさをおぼえ、足が遠退いていました。
が、意を決して体験してみるに …… はじめは確かに乏しい照明の中、手燭を頼りの “ 異界感 ”
“ 神秘性 ” に圧倒されはしたけれど。
しだいに慣れ、次々と石壁の御仏を拝んで行くにつれて、それぞれ刻まれた真言密教の行者様の
お心の尊さが偲ばれ、かの信仰と精進へ思いを馳せたのでした。

 想像を絶する長い洞より外へ出ると、やはり異世界であったような …… ?
浮き世へ戻って来た我々 “ 俗人 ” を迎えてくれたのは、前庭にほころぶクロッカス達 ♪♪



               P3017792.jpg
    P3017789.jpg



 
 それでは、寺務所の寺僧様 ( or 副住職様 ? ) へ御朱印をお願いしましょう。


              ご本尊 『 厄除阿弥陀如来 』 様

             KIMG1128.JPG


              ありがとうございます !!




KIMG1118.JPG KIMG1120.JPG


 併せて茶緒パパが 『 紺紙金字般若心経扇子 』 を求め、


 更に少々お尋ね ──
実はずっと以前、茶緒パパ三十代の頃、当山の息子さんと交遊があった筈なのですが。
その年回りにしては、かのお坊様が少々お若い。
すると、 「 たぶん兄だと思います 」 とのお返事。
なるほど !! 合点した茶緒パパでした。
「 兄は今、静岡のお寺におりまして 」
弟様の方が、このご実家のお勤めをしておられるのですね ?
大和尚様もきっとご安堵でしょう。


 ご挨拶して、 14 時 08 分に 『 定泉寺 』 様をおいとましました。




 ところで駐車場へ戻る道すがらに、以前から気づいていた古格ある神社。
お寄りしてみたこちら ……



                『 田谷御霊神社 』 様


         P3017798.jpg


           一の鳥居。



         P3017804.jpg


           二の鳥居。



    P3017800.jpg  P3017801.jpg


        狛犬君達。



         P3017799.jpg

               拝殿にて、二礼、二拍手、一礼。



 こちら 『 御霊神社 』 様は各所に鎮座しており、武将の 『 鎌倉権五郎景政 』 公の勇猛を
たたえ祀る社が多いそうで、当社も同様祭神とされています。 古くより 『 田谷邑 』 の鎮守様
として敬われてきたようです。
いつも素通りしていたので、この日はお参り出来て良かった。
ご縁に与り、ありがとうございました !!



                     ──── To be continued.



posted by 美緒ママ at 01:31| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: