2017年10月29日

「 そうだ、浅草へ行こう !! 」 Gosyuin Traveller 46  その 1 .


 またもや、颱風がらみの雨に降り込められてます。
食料品は沢山買い込んであるから、引き籠り〜ッ !!
 

 さて Gosyuin Traveller は書き落としの去年 10 月 13 日 ( 金 ) 、
長らく掛け声ばかりで叶わなかった、東京 ・ 浅草 『 浅草寺 』 様初訪拝へ ! ────

 そもそも、どうして 『 浅草寺 』 様かと申せば、一昨年ハズみでスタートしてしまった
『 坂東三十三観音霊場 』 巡りの、武相エリア最終とゆー重要スポットだからで〜す。


 当日 ( ウチらにしては ? ) 割と早めの京浜東北線 9 時 33 分発で出発。
大船駅発 44 分の上野東京ラインで、10 時 35 分 上野駅着。
45 分発の東京メトロ銀座線に乗り換え、 10 時 50 分浅草駅着。


         PA136539.jpg

         PA136538.jpg



       すると、 Oh〜 ! すぐ 『 雷門 ( 風雷神門 ) 』 なんですね ?


             聖観音宗 総本山 『 金龍山 浅草寺 』 様


         PA136541.jpg

             PA136542.jpg


 こちらは当ご門の守護神のおひと方 …… 女神姿の 『 金龍 』 様。 男神 『 天龍 』 様と
一組で、正面を向く 『 風神 』 『 雷神 』 様と背中合わせにお祀りされている由。
よろしく、お参りさせていただきます !( 礼ッ )




 さて、噂に違わぬ仲見世商店街の雑踏を潜り抜ければ、 『 宝蔵門 』 に到着です。


         PA136546.jpg



 そこからが本格的な参詣〜 ! 先に見える大屋根がご本堂 = 『 観音堂 』 ?


         PA136549.jpg



 それでは、参詣者に賑わうこちらへ。


         PA136577.jpg


 ご本尊は 『 聖観世音菩薩 』 様。 何と飛鳥時代、推古天皇の頃にまで遡る、古い由緒を誇る
と云われます。( 秘仏のためご対面は叶いませんが ) 。


               KIMG1196.JPG



 志した 『 坂東三十三観音霊場 』 巡りの札所本尊 ── 第十三番に当たられる故、謹んで合掌、
読経、「 南無観世音菩薩〜 」 。



          堂内の吊り燈籠も素敵〜 ♪♪


         PA136552.jpg



 本堂を出ては、その壮麗な佇まいを見返り ……


   PA136578.jpg

                PA136554.jpg




      奥の 『 影向堂 』 へ。


         PA136572.jpg


干支を表わす計八仏のご尊像をお祀りするこちらは、当山の朱印所ともなっているので、参拝後
お授かりいたしました。


            『 坂東三十三観音霊場 』 第十三番

             KIMG1194.JPG


          『 昭和新選江戸三十三観音霊場 』 第一番

             KIMG1183.JPG


 当、初番なる 『 江戸観音 』 札所、折角なのでオリジナル朱印帳を専用帳にしよう、と調達。
すると朱印所の方がご親切に、表紙に表書きを入れて下さいました。

             KIMG0954.JPG


               ありがとうございます !!



 その後は境内の諸堂諸社を巡拝。


     『 橋本薬師堂 』 様


   PA136565.jpg
                PA136567.jpg


 何と 『 徳川家光 』 公建立と伝わる、山内で現存最古の建築で、 『 薬師如来 』 様と眷属を
お祀りします。
他ならぬお薬師様なれば、しっかりお参り !! 「 オンコロコロセンダリマトウギソワカ〜 」



            『 淡島堂 』 様


         PA136564.jpg

 『 淡島明神 』 様と 『 虚空像菩薩 』 様を脇壇に 『 阿弥陀如来 』 様を中尊に奉安。
元禄年間の古建築 ?
一時期仮本堂とされ、平成になって “ 曳屋作業 ” で移された由 !
いゃ、昔頻繁に行われていたらしい寺社の “ 移築 ” とか、当堂の “ 曳屋 ” も、どんだけ凄い
技術なんだ !? …… って日本建築、ホントに脱帽ですよ ( 汗 ) 。



 また、写真無しですが 『 銭塚地蔵堂 』 様は石塔の上に石の 『 六地蔵 』 様をお祀り。
磨滅した銘に “ 正徳三年 ” が読め、塔の下に 『 寛永通寳 』 が埋められていたそうで
『 銭塚 』 と名付く …… 。
「 銭に困りませんよーに 」 と合掌 ? ( 笑 )



 こちらは 『 金龍権現 』 様と 『 九頭龍権現 』 様 


         PA136573.jpg



     『 久米平内堂 』 様 


PA136598.jpg PA136599.jpg



            有名な 『 五重塔 』 は生憎修復中でした。 


             PA136563.jpg



 その他にも諸仏様 ……


          PA136596.jpg

    PA136569.jpg   PA136553.jpg




 ところで、境内の一角におわす 『 浅草不動尊 』 様と 『 三宝荒神 』 様。
実は 『 宝光山 大行院 』 様と称される天台宗寺院のお堂で、 『 浅草寺 』 様が嘗て天台宗で
あった頃の子院様かもしれません。
改めて参拝 !


   PA136604.jpg
                 PA136605.jpg

   PA136603.jpg


 『 なでぼとけ 』 様もいらしたので、撫で撫でさせて貰いました。
改めて拝顔すると、ナンと超美仏様じゃございませんかッ !?? ( はぁと )
大変大変ありがとうございました〜 ♪♪♪




 また寺院の守護神たる、立派なお社 『 浅草神社 』 様。


             PA136579.jpg



    狛犬クン達、


   PA136582.jpg
                 PA136581.jpg



 ご祭神は 『 浅草寺 』 様の草創にかかわったとされる人物 = 『 土師真中知命 』 様、
『 檜前浜成命 』 様、 『 檜前武成命 』 様が三柱お祀りされています。

    二礼、二拍手、一礼。


   PA136583.jpg

                 PA136584.jpg


                    網を象ったものか、社紋が素敵です ♪♪



      社務所にて拝受の御朱印 ……


                『 浅草神社 』 様

             KIMG0943.JPG


              ありがとうございました !!


                         ──── To be continued.



posted by 美緒ママ at 19:43| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: