2017年07月30日

本門寺リピーター  Gosyuin Traveller 95  その 1 .


 このシーズン、日本文化では慣習的に 『 お施餓鬼 』 から 『 お盆 』 へのひとしきり、
何とはなしに落ち着かぬせわしい気分になります。
いゃ、我が家は別段 本家筋 ” じゃないから、墓参りついでの親戚を持て成したりする
こともありません。
が、仏事のしきたりを逸せぬように …… 意識すれば緊張します !
 もとより 寺院 ” や 仏様 ” を敬うのは吝かでありませんが、ソレがいったん己が
父祖・先祖となってくると、妙にナマナマシくて怖いです〜 ( 誠に申し訳無くは思うん
ですがね …… 汗 ) 。
札所巡り ” ならば意気揚々と出掛けるクセにねー !!
ホントご勘弁を〜〜 ( 土下座 ) 。



 では、こちらはワクワク出向いちゃう Gosyuin Traveller , すっかり
間遠になっていた 池上・リピート編 ” 参ります ♪♪ ────

 前回訪拝より凡そ四ヶ月後の 6 月 9 日 ( 金 ) 、確かこの日も晴れて暑かったな〜 。
件のグルメ 『 本門寺たくあん 』 を調達に、出掛けることにしました。
( 『 日蓮大聖人 』 様、ドーキがフジュンでごめんなさい !! …… 汗 ) 。


 12 時 14 分、 『 レボちん君 』 と出発。
19 分に日野 IC から横横道路 〜 横浜新道、 12 時 32 分に第三京浜へ。
54 分に降りて、またちょっとミスコースしながらも ( …… アチャ ) 、 13 時 35 分には
『 本門寺 』 様駐車場に到着しました。
あ、前回とほぼ同じ位置か ?

 参拝はちゃんと 『 仁王門 』 より ……


         P6098822.jpg

 P6098851.jpg  P6098850.jpg

         P6098849.jpg

         P6098852.jpg

         P6098821.jpg


 この日はまず本堂へお参りしてから、前庭のお堂へも …… そののち、主に先回未踏の場所を
目指す予定。 


               大切な 『 日蓮大聖人 』 様ご尊像。


             P6098823.jpg


        恐れ入りますが、またお邪魔させていただきます ( 礼ッ ! ) 。



         P6098824.jpg


   では墓域を逸れた辺り、気になっていたお堂 『 妙見堂 』 様へ案内板を辿って …… 。
するとその手前、塔頭様が一刹 !
ご門が開いていたので、お参りさせていただきました。


                日蓮宗 『 不変山 永寿院 』 様


             P6098825.jpg

         P6098826.jpg


 しんと静かで明るい境内へ参拝してみると …… 向拝傍らに …… ん ? スタンプ台 ?
えッ、スタンプラリー !?
用意された小冊子 『 池上の寺めぐり 』 を参照すれば、


              KIMG0846.JPG


ご本山オフィシャルの “ 訪拝スタンプラリー ” なのでした ♪
( あれッ、もしかしたら先回も貰った ? この冊子 )
由来は ── 『 日蓮大聖人 』の高弟 『 日朗上人 』 様の師への奉仕・献身を偲び、その徳へ
報恩の講会を本山以下二十四ヶ寺が行っている由。
『 朗師講 』 と呼ぶその講中一連を巡り、池上の歴史と佇まいに触れる “ 小さな旅 ” として
企画されたこちら。
ほぉ ? …… 塔頭好きは、けっこーソソられるじゃないですか ♪♪
折角だから始めてみよう ! ってことで、 1 st スタンプ Get 〜 ☆


           朗師講 第二十四番 『 永寿院 』 様


         KIMG0847.JPG


               ありがとうございます !!



 あ、ご本山オフィシャルだから、勿論不届きモノじゃないよね ( 笑 ) 。
…… 楽しみが増えました ♪♪




 ご門より出ると、道向かいが 『 妙見堂 』 様の裏手となっています。


         P6098827.jpg

         P6098828.jpg


 “ 妙見 ” とゆーと “ 妙見信仰 ” = 古代中国を経て伝わった “ 北辰・北斗七星信仰 ” が思い
起こされますね ( 陰陽道とか修験道とか ? )
殊に日蓮宗は深いご縁があるようで。


 お邪魔した寺域は木々鬱蒼として、アジサイに囲まれたどこか神秘的な空間。
“ 星座 …… 天文信仰 ” のイメージがそう感じさせるのかな。



               『 妙見堂 』 様


         P6098830.jpg

         P6098833.jpg


 大変に古色蒼然たるお堂です !
扉外からお参りした 『 妙見菩薩立像 』 様 ( 非公開のようですが ) 。
かの有名な 『 加藤清正 』 公のご息女 『 瑶林院 』 様 ( 紀州徳川家藩主室 ) が奉納した
と云われます。

 おゃ、こちらの向拝にも何かご用意が ?
例のスタンプではなく 『 池上七福神 』 様のお札でした。


             『 樹老人 ( = 寿老人 ) 』 様

             KIMG0842.JPG


          お堂に合祀されておられるようです。
          改めて掌を合わせ、お札に印を押して拝受しました。
          ありがとうございました !!



 実はこちら、この急階段下の塔頭 『 照栄院 』 様の管理となっているそうで。
( 今回階段は下りませんでしたが、先回門前へご挨拶した塔頭様であろう、と )


         P6098829.jpg



 その階段両脇の斜面からお堂周りには、多数植えられた 『 アジサイ 』 !
院主様ご夫妻のご尽力とか ── お心映えが偲ばれます。


               濃アジサイ

         P6098835.jpg


             可憐なヤマアジサイ

         P6098832.jpg

         P6098831.jpg


        種々の涼やかな彩を楽しませていただきました。


         P6098836.jpg




 さてさて、そちらからもう一度背後へ戻ると、何やら大きな石塔が …… ?


         P6098837.jpg

         P6098846.jpg

         P6098838.jpg


           『 万両塚 』 …… と云うのですね ?


         P6098845.jpg


説明書きによると、隣接している先ほどの塔頭 『 永寿院 』 様に帰依された、紀州家ご息女
( = 初代鳥取藩主室 ) 『 芳心院 』 様の墓所とのことで、慎んでお参り。


 するとその周辺を、さらに意外な景色が囲んでいました。
…… えーッ ? 古代遺跡 !?


         P6098844.jpg

             P6098842.jpg

         P6098840.jpg


         P6098841.jpg


            『 堤方権現台古墳 』 ?


         P6098843.jpg


 こちらのような場所で ? …… 驚きです。
いゃ〜、どこでどんなお勉強するかわからんもんですな ! !



                       ──── To be continued .


posted by 美緒ママ at 15:27| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: