2017年02月17日

先月の俳句学習  1 月第二週 & 第四週  2017


 今年に入ってから、 『 ランドマーク・プラザ 』 俳句教室レポが手付かずのままでした。
先月、実は二回とも都合でお休みしてしまったんです。
従って出句は “ 欠席投句 ” の形 ── 『 志田千惠 』 『 加藤静夫 』 両先生方より後日
紙面のみでの評でした。
そこんところ、やっぱり直々にご指南いただかないとね〜、充分な学習にならん !!
 

 とは言ってもせんないコトだし …… わかる範囲で振り返ってみましょ〜。



第二週目 1 月 10 日

《 型・その 3 》 応用編
「 上五 」 〜 「 中七 」 〜 「 下五 ( 体言 + かな ) 」
一物俳句の かな ” 。 季語の位置は自由。



   年越しの酒売る御成銀座かな          かいう



 一句目は一応情景としては及第。
取材は、商店街の 「 〜〜 銀座 」 にやんごとなき「 御成 」 と付く鎌倉の裏駅です。
年末に忙しく年酒をさばく商店の、庶民的な活気を言いたかったのが、如何に ?
ご指摘では、 「 売る 」 ではなく 「 買ふ 」 にしてもよろしい、と。
…… あッ、そーか ? 店を客観する買い手のスタンスがはっきりする、と気付いた !!
さすが 『 静夫 』 先生〜〜 ☆
ご添削、ありがたく頂戴しますッ ♪♪



   良く晴れて七日明けたる術後かな



 二句目は中七の 「 七日明けたる 」 が効いているか ? の問題、と。
例えば 「 雪嶺が見えた 」 とか具体的な景色を描いた方が上下が生きる、とご指摘でした。
あ〜、誠にごもっとも ( 大汗 ) 。
「 良く晴れし雪嶺仰げる術後かな 」 といたしましょうか、先生 ♪
 


   入院の荷やネルシャツに貝ボタン



 三句目。 「 ネルシャツに貝ボタン 」 のノリは、入院 ( or 入院の荷づくり ) が
楽し気に読めてしまう、と。
はぁ、なるほど ?
とゆーか詠み手は 「 入院 」 のマイナス・イメージに対抗して 「 何の、メゲるまいぞ ! 」
と気合を入れたかったんだけど、通じませんかね ? ( 爆 )




続いて第四週目 1 月 24 日

《 型・その 4 》
「 上五 」 〜 「 中七 」〜「 下五 ( 用言 + けり ) 」

 この回は課題の型での出来が悪く、ダメ出し多くいただきまして〜 ( 泣 ) 。
駄作にて、封印 …… 。
唯一、型以外の一句が及第しました。



   反故にせし約束よ雪降りかかる          かいう



 句またがりの上下のドラマチックな展開に惹かれる、と評していただき大感動 !!
先生に 通じ ” ましたね、嬉しい〜 ♪
なお 「 よ 」 の一言を入れるか、「 雪の 」 とする方法を考えるか、は作者のチョイス、
とも。
そーですね、先生、「 反故にせし約束雪の降りかかる ( or 降りしきる ) 」を
いただいちゃいます〜 ☆

 以上で終わった 1 月。
自分的に好きな句が受け止めて貰えるのは、本当に嬉しい〜 ♪♪♪
だからなおさらに、もっと 『 静夫 』 先生に通じる句を作りたい !! です。
これからも精進精進 …… 。



 しかしまァ、この月さすがにイロイロ忙しかったせいか、月末の 『 角川俳句 』 誌
投句をすっぽり失念〜 ( ガ〜ンンン ) 。
あちゃ〜 !! …… 珍しくヤっちゃいましたよォ ( ため息 ) 。

 “ 忙しい ” と、人間、ココロを忘れる !? …… なんちて、言い訳だ。


 

posted by 美緒ママ at 02:38| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: