2017年02月24日

大覚寺派を訪ねて  Gosyuin Traveller 64  その 1 .


 急激な寒の戻りに見舞われたり春一番が吹き荒れたり、春の初めは気紛れ。
風邪やインフルエンザが依然侮れぬとゆーのに、花粉症シーズンまで始まろうとは ?
お出掛けは 「 用心用心、また用心 !! 」 ですよォ〜 ( 泣 ) 。



 さて Gosyuin Traveller は遡って 1 月 29 日、本年のドライブ参拝
第二弾です ────
 
 この日 『 レボちん君 』 は近場ドライブ。
まず鎌倉市大船の ……


 真言宗大覚寺派 『 天衛山 福寿寺 多聞院 』 様
P1297448.jpg PB236956.jpg


 左手に 『 熊野神社 』 を奉ずる元別当寺様。

実は昨年、生憎ご住職のお留守中に初訪拝してしまいました ( 寺号標石は昨年の画像 ! ) 。
なので、アポを取っての再訪です ♪

 今回の訪問では梅が美しく咲き揃う季節。
まずは本堂前が …… 見事な紅梅〜〜 !!


         P1297440.jpg

         P1297447.jpg

    P1297436.jpg

                P1297437.jpg



その扉越し、本尊 『 毘沙門天 ( 多聞天 = 院号の由来 ) 』 様へ合掌・読経しご挨拶。

         PB236936.jpg



それから 『 波切不動尊 』 様のお堂前へもお参りし、
P1297445.jpg PB236933.jpg



 庫裏へお声掛けをと思った折しも、お玄関から梵妻様 ( ? ) 。
わたくしメが 『 真言宗大覚寺派 』 様専用に用意した朱印帳を、ご住職へお取り次ぎいただき
ました。
             KIMG0490.JPG



 前庭に暫し待つと、ご住職とおぼしき方が 「 本堂へどうぞ 」 とお招き下さって。
そもそも当院、ご本尊に加え兼務される二札所、と併せて三点の御朱印をお願いしたお手数、
恐縮していましたのに …… 。
「 お書きするあいだ、ごゆっくりお参りなさって下さい 」 とにこやかな和尚様。
感謝しつつ、静かな内陣を拝ませて貰いました。
本尊 『 毘沙門天 』 様へ直々まみえた祭壇は当然、密教テイストの賑々しさ。
祭壇前に用意されたお経も馴染み深い 『 般若心経 』 で、改めて焼香・読経して、ご本尊との
お巡り会いに謝しました。

 さらに目を引いたのが、脇間の札所本尊様や諸仏様方 ♪
『 一畑薬師如来 』 様をはじめ 『 粟船地蔵 』 様、『 岡野観音 』 様 …… 方々。
やがてご揮毫の朱印帳を持って戻られた和尚様がそれぞれをご説明下さり、茶緒パパと二人、
貴重なお勉強をさせていただきました。
穏やかで丁重なる和尚様に感謝 !

 またお参り後には、干支 ( 酉 ) 柄の綺麗な切り絵 ( 吉祥宝来 ) や、


         KIMG0493.JPG

              KIMG0496.JPG


『 後ろ観音 』 様の板絵もいただいてしまって …… 。


    KIMG0492.JPG    PB236938.jpg
                         ( 本堂扉のこちらが本家本元 ! )


  過分なるお心遣いに、大感激でした〜 ☆☆


       なお拝受の御朱印は、

                本尊 『 毘沙門天 』 様

              KIMG0481.JPG


   『 関東九十一薬師霊場 』 第二十一番    『 関東百八地蔵霊場 』 第九十番

    KIMG0486.JPG     KIMG0484.JPG


              水茎も実に達筆ですね〜 ☆☆☆
          優しき和尚様、諸仏様、ありがとうございました!!



 名残惜しくおいとますると、お庭に 『 とげぬき地蔵 』 様、そして幾多の石仏様。
謝して合掌。
                PB236940.jpg

    PB236957.jpg



      庫裡の古格ある和建築も白梅に映えて …… 、


         P1297441.jpg


            和やかに癒やされたひと時でした〜 ♪♪♪



                        ──── To be continued .


posted by 美緒ママ at 23:38| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: