2016年08月14日

実家のお盆


 8 月 13 日 ( 土 ) ―― お盆に入りましたね。
美緒ママの生まれ育った湘南の地域では、この旧暦で修すならわしです。
その辺りから鎌倉の北限 〜 横浜市西端 ( 茶緒パパんちの地元 ) は、同じく “ 旧盆 ” 圏
であるらしく。
さらに菩提寺のご宗旨・曹洞宗まで一緒で …… ご縁を覚えずにはいられません。
まァ、お宗旨如何でどーと言うコトもないんですが、 “ お寺好き ” 美緒ママにはちょっとした
“ 萌えネタ ” ? ( 笑 )


 さて、 13 日午前中婚家 ( 及び同墓地内の親戚筋 ) の墓参りを済ませて、午後は実家の
方へ。
今年から弟クンと二人行動となったお寺のしきたりごと。
半ば “ 道楽な ” 御朱印巡りと違い、粛々となぞって行くだけです。
敬虔な信心とかは、正直持ってませんから、ケッコー後ろめたいけど ( 汗 ) 。
毎度 「 済みません …… 」 とゆう気分で手を合わせます ( 土下座 ) 。

 そんな有り様ながら、この日弟クンの車と待ち合わせて向かった菩提寺。
15 時からの旧盆法要 ―― だいぶ早目に着いたので、先に墓参を済ませ、本堂の檀家席の
イイ場所を確保 ! ( 扇風機がしっかり当たる椅子席で〜す ♪ )

 やがて参列の檀家様で満席になると、ご住職を導師に法会の開始。
檀家席の先頭には老和尚・正允様も控え、読経をコラボしておられました。
ご長男の住職様の声明が朗々と、亡きお祖父様 『 黙善禅師 』 様そっくりになられた、とは
弟クンの感慨で。
それに比し、お父上・正允様のお声が掠れているのはやはり寂しい気が …… 。
それでもせっかくなのでお二人に和して、私も小声でご一緒させてもらいました。
『 修證義 』 とゆーお経です。
開祖 『 道元禅師 』 様が著された 『 正法眼蔵 』 より引用した教えで、経本には珍しく
漢文でなく、日本語の文体で記されています。

 美緒ママ常備の “ My ポケットお経本 ” に載っているので、初めてお唱えしてみたんです。
( 第一章 『 総序 』 〜 第二章 『 懺悔滅罪 』 )
ん〜なかなか良い気分 ☆☆
聴くや聴かずでボーッとしているより、遥かにヨイ !!
これからも機会があったら、お唱えしてみよ〜 ♪
もの事は、丁寧にあたる方が心地イイかもね。 



 と、そんなこんなで、ほぼ一時間の法要が終了。
それから檀家様がたは三々五々、ご先祖様を迎えて帰られます。
私達も、弟クンの自宅まで “ 祖父母や母 ” をお連れする …… と言うべきなんでしょうが。
そーゆーファンタジーは苦手なため、やめときます ( 平身低頭 ) 。
 そもそも集合住宅暮らしの弟クンは、 “ 迎え火 ” とかは控えておいた方が安全、とゆーこと
にしているので。
お仏壇のお線香で代用です。
直会の献杯して、ご供養しました。



 心の有りようは時代によって、表現を変えていきますしね。
何をしても自由、とゆー意味ではありませんが、柔軟にフレキシブルに対応して参りましょう !!





posted by 美緒ママ at 23:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: