2017年07月23日

「 滋賀の観音様に会おう !! 」  Gosyuin Traveller 44  その 1 .


 2017年 『 大暑 』 。 梅雨明けのちの猛暑の中 ?
ところが皮肉に、今日は翳って雨催い …… 。


 Gosyuin Traveller は 2016 年 7 月 27日 ( 水 ) 、昨年二度目の
上野散策レポ。 『 東京藝術大学大学美術館 』 へ ♪ ────

 幸いにして、ギリギリ曇り陽気に済んだ日でした。
まず 9 時 41 分発の京浜東北線快速。 生憎事故遅延ありつつ …… 東京駅に一旦下車。
上野東京ラインに乗り換え、 11 時 9 分上野駅着。

 およそ一ヶ月ぶりの上野の森 ! トーハク ( 『 東京国立博物館 』 ) 前を過ぎて、
11 時 20 分頃到着した会場の 『 大学美術館 』 。
モダンな建物で〜す ♪
                 P7276280.jpg

    P7276278.jpg



 さァそれでは、こちら ……



      『 観音の里の祈りとくらし展 U ── びわ湖 ・ 長浜のホトケたち ── 』



         P7276279.jpg



 当展、 My 憧れ 『 和蔵堂 』 の 『 十一面観音菩薩立像 』 様がお越しになるとの情報に、
わくわくと参じた次第 ♪
『 和蔵堂 』 は滋賀県長浜市西北端・西浅井町に構える浄土真宗寺院 『 和蔵山 善隆寺 』 様
にあります。 おいそれと伺える距離に非ず ( なので当チャンスは絶対 !! )


 展示室へ入ると、何と初っ端からお目もじ叶いました〜 ( はぁと ♪♪ ) 。
 

             善隆寺(和蔵堂)十一面観音立像.JPG


 『 観音様 』 お綺麗〜〜 ☆☆☆
合掌の後、真正面から、跪いて斜め下から、左右からも拝ませていただきました。
予備知識の写真画像は、さりげなく大陸系のおすまし顔。
けれど、直々にまみえた面差しはより柔和で愛らしい ♪♪♪
前回の上野初体験 ── 中宮寺 『 菩薩半跏思惟像 』 様とご対面して印象がかなり変わった
ように、う〜ん、やはり直にお会いするべきなんですね。

 そののち、ふた部屋に設えた会場狭しと見事に集結された有名仏・美仏様お歴々 !
湖北・長浜 “ 観音の里 ” より遥々、ようこそお越し下さいました。
ありがたきご縁でござります〜 ♪♪♪

 みほとけのお姿はそれぞれ個性的で、対面する度 「 Oh 〜 !!! 」 。
それにしても、総勢四十躯を越えるご尊像は圧倒されるばかり。
厳かさ、豊穣さ、優美さ、愛らしさ …… ずっと浸っていたいけれど、キリがありません。
後ろ髪引かれつつ諸像にご挨拶し、帰り際に再び “ My アイドル ” 様の御前へ。
改めてしっかり拝させていただきました。
ふっくらたおやか、且つ涼やかさもある面差しですよね ♪♪
『 観音 』 様、お会い出来て本当に嬉しゅうございました〜 ☆☆☆


 なお隣の展示室では 『 平櫛田中 コレクション展 』 を開催中。
こちらもまた素晴らしかったです !!
併せて眼福に与りました ♪



 んん〜美術館観覧とは、存外体力消耗しますよね。
14 時過ぎ、エントランスに戻ってホ〜ッと。


 やおら次のプランへ進もうと、念のため順路をインフォメーションへ確認 ♪
あくまでも念のためですよ。 だって地図上じゃ、ほぼ背中合わせだもの ── 『 寛永寺 』 子院
『 護国院 』 様。( こちとらエトランゼだからね、迷いたくないし )
ところが …… 受付嬢様、認識皆無 !?
改めてインターネット検索してます。
え〜〜ッ ! いくらジモティーじゃなくたって、仕事場の周辺案内位アタマ入れとけば ? ……
とちょっと唖然。 
結局、ネットの地図をプリントして下さった彼女でした ( 苦笑 ) 。



 そんなこんなで行ってみりゃ、やっぱ “ すぐソコ ” …… 14 時 15 分到着。


               天台宗 『 東叡山 護国院 』 様


         P7276282.jpg

         P7276292.jpg

         P7276286.jpg


 ご本尊 『 釈迦如来 』 様を奉じ、また 『 谷中七福神 』 の内 『 大黒天 』 様もお祀りされて
います。


 境内の、こじんまりながら雰囲気ある佇まいには 『 楽堂 』 も見られます。


         P7276284.jpg



『 本堂 』 へ上がらせていただき、
                 P7276291.jpg

  P7276288.jpg



 立派な堂内の外陣にて謹んで合掌、参拝。
それからインターホンにて御朱印を請うと、ご年配の上品な梵妻様がお出まし下さいました。
伺うに当山は古来繰り返す移築・焼失の後、本堂は享保年間の建築との由。
さすがの由緒・風格です〜 !!



 拝受の御朱印は ……


       本尊 『 釈迦如来 』 様           『 大黒天 』 様

     KIMG0945.JPG     KIMG0946.JPG


         お釈迦様、大黒様、梵妻様、ありがとうございました !!




 とゆーことで 14 時 30 分においとま。 次の目的地へ向かいます ♪♪



                        ──── To be continued.


posted by 美緒ママ at 15:39| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: