2016年09月18日

お正月でもないのに !?  Gosyuin Traveller 34  その 1 .


 今期、初っ端から異例な颱風ラッシュです。
今も、南方の颱風 16 号を危ぶんでいる日本列島。
秋彼岸の真っただ中に …… どーなるんでしょう !? …… ハラハラ …… 。


 さて Gosyuin Traveller は 5 月 31 日レポ。 初詣でもあるまいに
『 寒川神社 』 ですか ? ────

 はぃ、行っちゃいました〜 ( 笑 ) 。
近頃の My 御朱印ブームに触発され、 “ 神社 ” 系にそそられ始めた茶緒パパ。
「 なら、やっぱ “ 相模一宮 ” 『 寒川神社 』 からじゃん ? 」 ってことで。



 10 時 50 分 『 バブリー君 』 で出動、 ( 少々寄り道しながら ) 11 時 50 分頃
駐車場に到着 !
お正月とは打って変わって、静かな境内へ参じました。

 ちなみに、実際は駐車場から 『 手水舎 』 経由のショートカットで入ったんですが、


    P5315515.jpg   P5315517.jpg



しばし戻って順路をご紹介。  
まず参道の外れから …… 『 神池橋 』 を渡った三ノ鳥居。


         P5315559.jpg


 そこより深緑の神の杜へ。


    P5315543.jpg   P5315544.jpg



 右手には噴水の 『 神池 』 ( 後ほど寄ります ) 。
そこから進んだ所には 『 南門 』 …… この奥、急に神域感が増して !


         P5315542.jpg

             P5315545.jpg



         潜った真正面には 『 客殿 』 、その他社務所等 ?


         P5315538.jpg



 そして左方には、狛犬 『 ン 君 』 と 『 ア 君 』 に守られて ……


    P5315519.jpg   P5315518.jpg


          『 神門 』 ── この偉容こそ “ 相模一宮 ” かな ?


         P5315520.jpg

          正月のねぶた飾りが無くて、シンプル & ノーブル ♪♪


             P5315524.jpg

               謹んで潜らせていただきました。



          すると遂に到着、 『 本殿 』 の御前 !!


         P5315521.jpg


         P5315535.jpg

                 P5315539.jpg

                 P5315536.jpg

    P5315523.jpg


 さすがに立派です。 派手さは無く、簡素で厳かな佇まい。
『 拝殿 』 前にて、ご祭神 『 寒川大明神 』 様へ一礼・二拍・二礼しました。


 一画には 『 渾天儀 』 ── 天文・方位を司る当 “ 八方除 ” 社の象徴と言えましょうか
( コレがモチーフの御朱印帳、超かっこイイので入手予定 ♪ ) 。


    P5315530.jpg   P5315529.jpg




 さぁて、お参りを終えたら待望の御朱印拝受ですよ。
神様系は初めてなので、けっこう緊張 …… 。 どちらへお願いすればイイの ? 
お札授与所の巫女さんに訊ねると、朱印帳は売店で求め、客殿へお願いする由。
早速、門外の売店へ急ぎ、お目当ての朱印帳を Get 〜 ☆☆


         DSC_2101.JPG

              Oh , nice !!


 こちらを持って門内へとって返し、客殿の職員さんにお願いしました。


              漸く拝受〜〜 ♪♪♪


             DSC_2100.JPG

                ありがとうございます !!


 神社様の御朱印はあくまでも “ 参拝の証し ” ですが、嬉しく頂戴しました。




 斯くして初体験の後は、次のターゲットへ向かいましょう。
当 『 寒川神社 』 様には、他の神社同様、かつて ( 明治の “ 廃仏棄釈 ” 前までは )
寺院が共存していました。
そうした来歴のお寺へ伺ってみます。


 神社境内に東隣した一刹、曹洞宗 『 龍寳山 興全寺 』 様。


         P5315557.jpg

         P5315548.jpg

         P5315558.jpg


 古くより 『 寒川神社 』 歴代神主様の菩提寺であり、御祭神 『 寒川大明神 』 を守護神と
する神仏混淆のお寺です。

 境内には大きな 『 相模地蔵菩薩 』 様 !


    P5315546.jpg   P5315556.jpg



       また 『 とんがらし地蔵 』 様や南北朝時代の “ 宝篋印塔 ” なども旧跡。


             P5315547.jpg



 地元の畜豚を供養する 『 畜霊碑 』 も心に残りました。


P5315549.jpg P5315550.jpg



 お参りの後、御朱印をお訊ねしてみたところ、お授けはなさっておられるそうですが、
「 生憎住職が留守をしておりまして …… 」 と若い寺僧様 ( or 副住職様 ? ) 。

 またお伺いしましょう。
P5315553.jpg P5315552.jpg



                        ──── to be continued.



posted by 美緒ママ at 23:28| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: