2016年05月27日

『 泉田秋硯 』 忌


 今日 5 月 27 日は、我が俳句の先師 ( 結社 『 苑 』 時代よりずっと私淑し続けている )
『 泉田秋硯 』 先生のお命日でございます。
丸二年目 …… 三回忌 ” ですかね。
 奈良 『 Y 寺 』 塔頭様にあるご墓所のお膝元で、法要が営まれたのでしょう。
緑滴る奈良の山里を、遠く想像します。
眼を閉じれば …… 爽やかな初夏の風が吹き抜けているか、今日のような梅雨冷えの雨に
包まれているか。

 昨年弔問に伺ったのは、ご自宅のご仏前でした。
なのでご墓所は存じ上げません。
でもいつの日か必ずや、奈良へ出向きたいと願っています !


 何れにせよ 『 秋硯 』 先生はいつまでも我が師、我がアイドルであり、そして私は永遠に
『 秋硯 』 ファンであり続けるであろう、と。

 大胆で粋で、歯切れ良くユーモラス、しかし決して格を失わない 秋硯節 ” を愛して
止みません !!



   なほ癌を養ふ死者や流れ星          秋硯



 いつもまず頭に浮かぶこの一句。
暖かさと冷徹さを併せ持った視点が、忘れられない …… 。
 勿論、他にも数え切れない名句。
繰り返し触れながら、その俳句感性のお足もとにほんの少しでも近づけられれば幸い。
なァ〜んて、天上の先生にしつこく憧れ続けておりまーす ♪♪♪



posted by 美緒ママ at 23:27| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: