2016年04月11日

「 そうだ、仏日庵へ行こう !! 」 Gosyuin Traveller 24  その 1 . 


 櫻吹雪が舞い急いでますね …… 。


 Gosyuin Traveller 順不同になりますが、花どきあんまり外れないウチ、
レポいっときましょう !

 4 月 4 日 ( 月 )、 WANS記念日 ” ――――
予定変更でオフになったこの日、諦めていた 『 北条時宗公毎歳忌 』 のお参りが叶いました。

 本降りの雨が止んだ後、お馴染み 『 お薬師 』 様へご挨拶し、満開の櫻の中を駅へ。
最寄り駅 12 時 41 分発・京浜東北線 → → 大船駅経由・横須賀線 → → 12 時 50 分
北鎌倉駅着。


         P4044697.jpg

           あっという間デス ! 近いね〜、北鎌倉。
           嬉しくなっちゃう ♪



              P4044615.jpg



臨済宗円覚寺派 大本山 『 瑞鹿山 円覚寺 』 様。


P4044613.jpg P4044617.jpg

                           早速、境内へ。



         P4044619.jpg



 そちこちの櫻を愛でて観光客がそぞろ歩くも、予想外に静か。


P4044623.jpg P4044624.jpg

         P4044625.jpg




 お目当ての 『 仏日庵 』 様には、 「 今日は北条時宗公のお命日です 」 と木札。
特別に入山も無料です〜 ♪


P4044652.jpg P4044653.jpg


 だのに門内、 ( 恐れていた … ? ) お茶席待ちの着物軍団が見あたらない !
気抜けするほどひっそりした境内は、数人の参拝客のみ。

 「 お茶会はもうお済みになったのですか ? 」 と受付の女性に訊ねると、
「 最近はやっていないんです 」 とか。
え〜 ? そーなのか。 ビビって損した !

 「 法要は午前中でしたが 」 と仰るので、
「 はぃ、伺いたかったけれど、かなり降っていたんで …… 」 と言い訳。
「 来年はきっと午前中に ♪ 」
法要の式次を見学に、再訪を期しました。



       参拝は、境内中央の開基廟へ。


         P4044650.jpg

         P4044627.jpg


 ふっくらと色白な僧形像にまみえ、数え年 ( ? )僅か 33 歳で早世された初々しさの
残るお姿を思えば切ないようで ………… 合掌。

 また、同堂にお祀りされているお像は確かご子息とご令孫とか ?
それぞれにご対面したような不思議な心持ちでした。



          御朱印は ……

                 『 北条時宗公廟 』

             DSC_1585.JPG


 ここでわたくしメ、一つ訂正があります。 この御朱印、 『 時宗忌 』 のみのプレミアムだ
と思い込んでました。
ところがそーじゃなかったッ !? 嗚呼、勘違い〜〜〜 ( 恥ッ ) 。

 でもまァ ――― 兎も角、祥月命日 “ 四月四日 ” 当日に参れたからヨシとしましょう。



       御朱印もう一種、

              『 円覚寺百観音霊場 』 第四番

             DSC_1590.JPG

            専用朱印帳への再拝受。 改めてお願いしました。




 長閑な境内では、由緒ある茶室 『 烟足軒 』 の戸が開かれ、内部が公開されています。
簡素な趣き …… 。

              P4044639.jpg

P4044640.jpg P4044645.jpg

P4044642.jpg P4044641.jpg




 境内の庭を彩る春の花も素朴で …… 誘われるままにレンズを向けました。


    渋さが魅力の、『 アミガサユリ ( バイモ ) 』

    P4044637.jpg  P4044646.jpg



           『 タチツボスミレ 』

         P4044647.jpg



         『 シロスミレ 』 …… 何の種類かしら、清らかな白。

         P4044635.jpg



『 ムラサキケマン 』 …… 野草もこちらではどこか雅 ♪

    P4044644.jpg  P4044648.jpg

                             『 アシビ 』



         P4044649.jpg

           山門外には 『 ショカツサイ 』 の叢。




    庵を出ると、 『 白鹿洞 』 へなだれる 『 ヤマブキ 』 。

  P4044656.jpg

                 P4044655.jpg



 それは溢れるように、奥の塔頭 『 黄梅院 』 様へと続くのでした。



                        ―――― to be continued.



posted by 美緒ママ at 13:41| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: