2016年03月03日

『 梅 かまくら 寺社特別参拝 / 寿福寺 』  Gosyuin Traveller 15  その 1.  


 三月に入ったら、急にあったかいですね〜 ♪
アレルギー性鼻炎 ” の悪化は侮れない状況ですが…… ( 汗 ) 。
しょーもないので、もっと 佳きコト ” をレポしましょう !


 去る 2 月 5 日 ( 金 ) の記録 ――――
この日の Gosyuin Traveller ,実はお初の体験をしました。
年頭にインターネットで出会った 『 梅 かまくら 寺社特別参拝 ―― こころとむきあう ―― 』
とゆー企画です。
『 鎌倉十三仏詣実行委員会 』 様の主催によって、有名寺社多数のレアな参拝・見学に
与れるそーで。
通常未公開の堂内や庭園をご案内いただけるとあって、美緒ママ、食指の動かぬハズは無し !
早速葉書応募し、 全 18 企画中 4 件の “ 特別参拝 ” に “ 参加証 ” を得ました。

 そしてワクワク迎えた 2 月 5 日、今期初日の 『 寿福寺 』 様参拝です。
最寄り駅を 12 時ちょうどの京浜東北線に乗り、大船駅で 12 時 7 分発の横須賀線へ。
12 時 20 分頃、鎌倉駅着。
集合の 13 時にはだいぶ早かったので、御成通りをぶらぶらと向かいます。
ん〜、案外距離あるんですね …… 横須賀線路沿い ( 笑 ) 。

 『 総門 』 に着くと、どこぞの中学生の遠足 ( or 修学旅行 ? ) 的な団体さんが
出入りしていました。
そうそう、駅からも度々見掛けたから、今頃がシーズンなの ?
へぇ ? 昔はどーだったかなァ、もう忘れたけど ( 笑 ) 。



            臨済宗建長寺派 『 亀谷山 寿福金剛禅寺 』 様

         P2053747.jpg

         P2053762.jpg

            扁額に山号 = 『 亀谷山 』


         P2053748.jpg




             P2053751.jpg

               『 山門 』 への美しい参道




 突き当りの山門前に控えた主催者へ ( 一番か二番で ) 受付を済ませた後は、門脇から
回る奥の墓域のやぐらへ、 『 北条政子 』 様・子息 『 源実朝 』 様の墓所を訪ねました。
この日の仏縁、合掌にてご挨拶です。

             P2053761.jpg




 さて定刻の 13 時半が近付き、主催者の案内で入山。 こちらの山門内は通常非公開です。

         P2053752.jpg



        殊にこの本堂 = 『 興禅閣 』 内は滅多なことじゃ拝めません !

         P2053756.jpg


 けれどこの日は本堂内参拝に加え、研究者様の解説付きです ♪
またとない眼福・耳福〜 ☆
ただし堂内は撮影不可のため画像は無し。
なので感想のみにて、悪しからず !

 入堂して、まずまみえた偉大なるご本尊 = 『 宝冠釈迦如来 』 様。
脇侍に 『 文殊菩薩 』 様、そして 『 普賢菩薩 』 様。
こちらの 『 普賢 』 様は、今回の主催者が推奨する 『 十三仏詣 』 の第四番札所本尊
でいらっしゃいます。
『 普賢菩薩 ( 五官王 ) 』 は亡者の七罪 ( 殺生・ゆ盗・邪淫・妄語・綺語・悪口・
両舌 ) を裁くとのこと。
この 『 十三仏信仰 』 とは、仏教に道教や儒教を取り入れた日本独自の民間信仰だそうで、
巡拝すれば故人の追善となり、その功徳の行為により自身の救済にもなる、と。
こうした、今まで無縁だった 信仰 ” の神秘を垣間見ました。

 堂内には諸仏・諸尊像が多々。
殊に際立ったのが、堂高には不釣り合いな規模の 『 仁王像 』 一対 !
聞けば、嘗て 『 鶴岡八幡宮寺 』 ―― 神社 & 寺院、明治以前は共存が普通だったそうで ――
廃仏毀釈の劫火を逃れ、当山に安住の地を得たのでしょう。
このように、諸仏の数奇な運命と出会うのもご縁かも?

 因みにこちらの内陣以外にも、 『 寿福寺 』 様寺宝の諸仏・諸像はおわします !
奥に納まって『 観音菩薩 ( 『 鎌倉三十三観音霊場 』 第二十四番本尊 ) 』 様。
また 『 地蔵菩薩 ( 『 鎌倉二十四地蔵霊場 』 第十八番本尊 ) 』 様をはじめ、
『 薬師如来 』 様、『 栄西禅師 』 様が 『 鎌倉国宝館 』 に寄託されておられます。
( 先日しっかりご対面して参りまして ♪ 何れも見事な尊像で、殊に 『 地蔵菩薩 』 様
の美しさに魅せられました …… )
こうした多々所蔵を含め、 『 寿福寺 』 様が存続して来られた意義の大きさ、貴重さ。
それを実感する好機だったかもしれません。
春寒の堂内は殊更、浮世と隔絶されたようでした。

 なお今企画、今期の初日としての締め括り、本堂の諸仏供養に僧侶が招かれていました。
『 鎌倉十三仏詣 』 第一番札所の 『 明王院 』 副住職・仲田晶弘様。
若さに風格も備え、ユーモアを交えたトークの素敵な和尚様でした。
( あッ、もしや、過日伺った折お庭仕事されていたあの …… ?? )
「 明王院へも是非お越し下さい 」 と皆様へ笑顔 ♪♪
「 はぃッ、必ず !! 」 とお返事したくなっちゃいました〜 ☆
そうして、参加者も皆揃って 『 般若心経 』 読経 !!
とても印象深いひと時となりました。
若和尚様、解説者様、主催者様、そして 『 寿福寺 』 様ありがとうございます ( 礼ッ ) 。



 加えて、この折ラッキーだったのは …… 御朱印拝受。
“ ハードルの高さ ” ダントツな当山故、かなりビビってたんですが。
主催者様からアドバイス ――「 先に庫裏へ頼んでおいて、後で受け取れば大丈夫ですよ 」 ――
で、御朱印所のせわしげな梵妻様にちょっと気後れしつつ、でもこの際 ! と三種をお願いして
みました。
えーい、駄目モトだぁッ !! ( 爆 )
帰りがけ受け取りに行くと、案の定 「 住職に叱らましたよ、一度には一種類だけだって 」 と
言われてしまったのです( ギク ) 。
「 でも、まぁ、今日はいいですけど 」
ほォ〜〜ッと胸を撫で下ろした次第 ( 苦笑 ) 。
ありがとうございます !!!
                          コワかった庫裡の御朱印所も美しく……

P2053766.jpg P2053767.jpg

前庭の南天も輝いて見えました …… とさ ( 苦笑 ) 。



 斯くして難関 『 寿福寺 』 様の御朱印拝受、無事完了 !!


              『 鎌倉十三仏霊場 』 第四番

             DSC_1218.JPG


   『 鎌倉三十三観音霊場 』 第二十四番    『 鎌倉二十四地蔵霊場 』 第十八番

   DSC_1220.JPG   DSC_1222.JPG




 晴れ晴れと ( 緊張が解けて ? …… 笑 ) 向かう帰路、謹んで門に一礼致しました。


         P2053749.jpg




                        ―――― to be continued.




posted by 美緒ママ at 02:11| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: