2015年12月26日

「 そうだ、円覚寺へ行こう !! 」  Gosyuin Traveller 3  その 1.


 去る 11 月 11 日の記録です ――――

 この前の “ 建長寺界隈ぶらり ” にすっかり味をしめたワタクシ・美緒ママ、外せない
『 円覚寺 』 へとプランを進めました。

 『 北鎌倉 』 駅を降りて間近な …… とゆーか、寧ろ “ 寺域内の鉄道通過を ( 無理やり ? )
容認させられてしまった ” ことで有名なお寺。
その駅を含む周辺の侘びた佇まいが、大きく変わらないのは良いような、 ( 地元には ) 不便の
ような ? …… 微妙ですけど ( 苦笑 ) 。


 参道を横切るトレードマークの “ 山内踏切 ” を渡って、

         PB112861.jpg


                            『 総門 』 へ。

PB112612.jpg PB112611.jpg

         PB112623.jpg

             門内から外は紅葉の見頃っぽ〜ぃ。

         PB112616.jpg

           瓦に、開基 『 北条氏 』 の 『 三つ鱗 』 紋。



         PB112620.jpg


 …… そ〜ですね 、こちら何十年ぶりの訪拝となりますか。
先日 『 建長寺 』 の開放的だった雰囲気とは異なり、人出の寧ろ少ない、木々に深く覆われた
空気がしっとりです。
伽藍の造りは、同じ臨済宗だけに大差無いのでしょうが …… 。


         PB112632.jpg

           臨済宗円覚寺派大本山 『 瑞鹿山 円覚興聖禅寺 』 。



 御朱印は大寺院の例に漏れず、入山時 ( 料金 300円 @ ) に拝受。
朱印帳もしっかり、ご当山オリジナルを求めました。

             DSC_1027.JPG


      ご本尊 『 宝冠釈迦如来 』       『 円覚寺百観音霊場 』 第 一 番 
   
    DSC_1028.JPG   DSC_1037.JPG

                       


 さァ、お参りの順路は禅宗様伽藍の配置に従って。


           『 三解脱門 』

         PB112626.jpg

         PB112631.jpg

         PB112638.jpg



           『 仏殿 ( 大光妙明宝殿 ) 』

         PB112635.jpg

         PB112640.jpg

           『 宝冠釈迦如来 』 様を拝観。


         PB112643.jpg

         有名な天井画の 『 白龍図 』 ( 前田青邨画伯 監修 ) も。



             『 法堂跡 』 には ……

            PB112668.jpg

             『 シコンノボタン 』 が美しく。



           『 唐門 』 …… 格の高い五本定規筋。

         PB112669.jpg 

             PB112672.jpg

               軒の装飾も豪華 !


            右脇から 『 方丈 』へ上がり、

         PB112720.jpg

         PB112695.jpg


畳の広間から厳か且つ神秘的な 『 釈迦如来 』 様のライティングを拝します。

         PB112718.jpg


傍らに展示の仏画 『 五百羅漢図 』 にもまみえました。

   PB112697.jpg   PB112698.jpg


 続いて背後の廊より、池泉の庭を鑑賞。

PB112713.jpg PB112715.jpg

              PB112707.jpg


             塀外からのアングルもまた素敵〜 ♪

         PB112732.jpg 



 退出しては前庭の 古柏槇 ” を、

         PB112691.jpg


さらに 『 円覚寺百観音 』 石仏石碑群を巡拝。

PB112688.jpg PB112676.jpg

PB112683.jpg P1022983.jpg

   PB112685.jpg

                  PB112679.jpg

   PB112686.jpg


 こちらにて 結願 ” となるんですね ? …… 『 円覚寺百観音霊場 』 巡り。
即ち当本山を 発願 ( 第一番 ) ” として山内 “ 塔頭 ” より、各地の末寺を巡拝して
戻って来る長い々々旅なんです。
例の “ 塔頭 ” という一般参拝を許されぬ領域へ、踏み入れるスリリング体験にソソられ ……
( またもや動機フジュンか ? ) 。
改めてモチベーションが高まりました !



 一番近くの第四番札所が 『 佛日庵 』 様。

         PB112759.jpg


こちらは常時公開の塔頭で、大河ドラマでもお馴染み、鎌倉幕府八代執権 『 北条時宗 』 公
の菩提所です。古格ある御廟堂へ参り、

         PB112761.jpg


本堂の 『 地蔵菩薩 』 様、及び 『 十一面観世音菩薩 』 様を間近に拝ませていただきました。
瀟洒ながら親しみを覚える雰囲気でした。

         PB112762.jpg

         PB112760.jpg


     『 鎌倉二十四地蔵霊場 』 第十四番     『 円覚寺百観音霊場 』 第四番

    DSC_1031.JPG   DSC_1029.JPG



 続いても開門中の塔頭 ―― 境内突き当たりの第二番札所 『 傳衣山 黄梅院 』 様。
( 順不同は可とゆーことで )
院号が素敵ですね〜 ♪

PB112779.jpg PB112774.jpg


 足利氏代の菩提寺であった関係で、 『 丸に二ツ引き 』 の家紋が。

         PB112788.jpg

PB112789.jpg PB112792.jpg

 また、かの名僧 『 夢窓疎石 』 様塔所としても有名。

 境内は草木の自然な佇まい …… 

   PB112769.jpg

                PB112773.jpg

         PB112781.jpg
PB112786.jpg PB112782.jpg



 最奥へ進み、 札所本尊 『 観音堂 ( 武山堂 ) 』 の 『 聖観世音菩薩 』 様をお参り
すると、
             PB112771.jpg

やはり、幔幕に 『 二ツ引き 』 の染め抜き !


 なお “ 御朱印所 ” が見あたらないので、勇気を出して庫裡の呼び鈴を。
すると、お庭の自然な佇まいさながら爽やかなお坊様が丁寧にご対応下さったのでした。
( こちらのご住職は、ご本山現管長の 『 横田南嶺 』 老師様だそう !? )


           御朱印 ↓↓↓ 『 円覚寺百観音霊場 』 第二番

             DSC_1032.JPG


 本堂の方は今回失礼したので、いずれご縁がありますよう念じて。




 続いて、第三番札所へと進みます。
同じく山内塔頭の 『 萬富山 続燈庵 』 様 ―― 『 佛満禅師 大喜法きん 』 様の塔所です。

         PB112757.jpg

         PB112799.jpg

         PB112798.jpg

 庫裡へ札所本尊のお参りを請うと、梵妻様が広く明るい本堂へご案内下さいました。
ご本山風景を眺望する高台の、晴れ晴れしたロケーションです。
御朱印を待つ間、札所本尊 『 観音菩薩 』 様他、 『 釈迦如来 』 様、 『 薬師如来 』 様と、
美しいご三尊にゆっくり対面。
誠に清々しい一刹でした。

         PB112796.jpg



           御朱印 ↓↓↓ 『 円覚寺百観音霊場 』 第三番

             DSC_1033.JPG



                        ―――― to be continued.



posted by 美緒ママ at 00:03| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: