2015年07月30日

二十ン年ぶりの ?


 つらつら思い返すに、今年の夏は “ 二十ン年ぶりの 〇〇 ” が続いている。
まず、何と一昨日まで寝室に冷房を入れてなかったんです !
先日 『 大暑 』 が過ぎ、もう月末って頃にやっと ?
コレは我ながら意外。
勿論窓を全開、上掛けは布団カバーだけ、首巻き保冷剤に、蚊取り線香必須 …… で耐えて
ましたが。
さすがに、ね ( 苦笑 ) 。

 だいたい居間のエアコン 『 しろくまクン 』 の冷房が、7月11日からでしたし。
え ? …… 七月ッ ? …… 二十ン年ぶりじゃん、こんな遅いの !
だって〜 WAN 暮らしじゃ、五月にもなりゃとっくに “ 要冷房 ” だもんねぇ …… ( 汗 ) 。

 尤も今年は六月の長雨と梅雨冷え。
その前後の暑さは、茶緒パパの我慢大会 ( ? ) に付き合って辛抱した〜〜 。


 …… ん〜 、それくらいって、エアコンなんか普通家に無かった頃の、懐かしい暑さかも ?
当時湘南は、摂氏31度にもなりゃもう大騒ぎでしたよ。
ちょっぴりレトロな和建築の実家で夏を過ごした子供時代。
濃く甘い麦茶、そうめん、扇風機 …… 。
風鈴と簾の下がった軒は深く、球根を下げ干すにちょうど良さそうだったなァ。



   軒下に球根乾く帰省かな          かいう



 夏の夜を透かし見せていた葭屏風、蚊帳、南部風鈴、祖母の団扇の風。
祖母は明治生まれらしく、日常ほぼ和服で過ごしたひとでした。
それでも流石に真夏は、 “ アッパッパ ” なるムームーみたいな簡単服を着たもんで ( 笑 ) 。
そんな出で立ちに小柄な体を包んで、アイスクリームの手作りとかもしてくれました。
結構ハイカラなひとだったよね〜 ♪
かねのボウルに牛乳と卵黄と砂糖を入れ、塩を混ぜた氷に当てて冷やしかき混ぜ。
散々カシャカシャやってると固まって来て、超〜素朴なアイスクリームになる、って寸法。 
その味の記憶は最早薄れましたが、アイスクリームと祖母のことは忘れがたく甦って来ます。



   葭屏風祖母の指輪の似合ひたる          かいう



  手づくりアイスクリーム ” は最早過去の産物となり、その頃の祖母の年齢を、孫はもう
とっくに過ぎて。
今やアツアツの濃い麦茶の代わりに、冷え冷えの麦酒を嗜む日々でございます …… ( 笑 ) 。




         P9260081.JPG





posted by 美緒ママ at 15:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: