2015年01月04日

初炊ぎ




   雑煮とはやはり男の役目らし          かいう



 正月の “ お節料理 ” の重詰めとは、暮れに忙しく立ち働いた女性軍が正月に少しでも
骨休め出来るよう用意した保存食 …… との把握は私にもあったけれど。
加えて、某テレビ番組での蘊蓄 ――
上記と同様の理由で ( ? ) 、 “ 雑煮 ” も昔はナンと男性 ( 家長 ) が担当することに
なっていたとか !?

 へぇ〜 ? マジかァ !
んじゃ、やっぱ茶緒パパが作って正解だったのね〜 ♪ ( 笑 )


 って、それは兎も角 …… 。

 本日四日は、恒例の 『 初炊ぎ 』 の日です。
これより一年の “ 炊飯 ” が始まります。
飯碗もいつも通り改まりまして、目出度し目出度し !!


         110104_1455~010001.jpg

         110104_1453~010001.jpg

              ★ 須田菁華窯製 『 染付笹紋飯碗 』




 ついでに汁椀も、だいぶ古びて罅が深くなってきたので、スペアと替えました。


         110113_0953~010002.jpg

              ★ まる又漆器処製 『 拭き漆汁椀 』


 ん〜 、それにしたって何れ変劣らぬ “ 三十ン年 ” モノ ( 苦笑 ) 。
擦れや薄い罅は致し方ありません。

 遠い昔新婚旅行もどきで立ち寄った、木曽平沢の漆器店さん。
そこで求めて以来、ずっと愛用して来たお椀です。
途中一度塗り直しをお願いして、更にキャリアを伸ばしました。

 しかしさすがに、そろそろリニューアルが必要かなァ ?
端反りがとっても使いやすい形なんで、似たのを探さないとね〜 ♪




posted by 美緒ママ at 22:15| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: