2015年01月02日

御降 ……


 新年初っ端ですが、俳句の話をします。
俳句で五つに分けるシーズンの 新年 ” の括りに、 『 御降 ( おさがり ) 』 という季語が
あります。
正月の元日、乃至は三ガ日の内に降る雨や雪を呼ぶのですが。
別称 『 富正月 』 ―― これが降るとその年は豊作、という吉兆を言い伝えるからだそうです。

 そんな 『 御降 』 が昨日降ったんです !!
いゃ、予報に脅された割にゃ穏やかっぽい朝じゃん ? …… と嵩を括ってたら、案の定黒い雲が
襲って来まして。気付いた時には、ナンと雪が〜 ?
えぇーッ ! 元日からァ〜〜 !?
パラパラころころした硬い雪に、見る間に白さを増す屋根・草木・花壇 !!


     150101_1234~010001.jpg  150101_1234~020001.jpg


 やがて、いったん小雪から止んだように見えて、しかし今度は大きな雪片になって降り継ぐ。
激しさを増し、花壇のパンジーの隙間をさらに埋めていきます。


     150101_1243~010001.jpg  150101_1236~010001.jpg

     150101_1235~010001.jpg  150101_1235~020001.jpg


 あわや、と去年の大雪を思い返した一時でした。



   御降の小雪にひょっとした不安          かいう

   御降の吉兆なれど雪が嫌



 結果、幸か不幸か積雪には至らず、雪は儚く消えました。
寒さながらも、まずまずの年明けですかね〜〜☆

     150101_1241~010001.jpg


posted by 美緒ママ at 00:40| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: