2014年12月12日

庭 & 花壇改造計画 2014  春への憧れ


 11日、南から暖気の来襲 !
大雨と、冬には珍しい猛烈な湿気でしたな …… 。
世の奥様・お嬢様方には、乾燥から束の間のオアシスでしょうか。

 我が家でも、植えたばかりの花壇の新人さんたちが存分に潤ってるかしら ?
今後の寒気と乾燥に備えて、ね。
 
 とゆーところで、来シーズンの “ 春花壇計画 ” をレポ致します。
まず9日、出ついでに回った近所の園芸店 『 ニーズランド 』 で、去年同様パンジー苗を
調達しました。
タイミングはともあれ、寒波前にギリ滑り込みセーフ !
茶緒パパと各々チョイスした 『 パンジー 』 計二十株 ♪
 そしてついでに ( 去年の挫折にも懲りず ? ) 、 「 残り物には福がある ( !? ) 」 と、
残っていたチューリップ球根、二品種 27球を総浚い。


★ 『 クイーン・オブ・ナイト / Tulipa cv. Queen of Night 』
  一重晩生系。
  昨年の花壇植え以来忘れがたい、ダーク・バーガンディーの名花です ♪

 P4066469.JPG  P4066472.JPG



★ 『 シャーリー / Tulipa cv. Shirley 』
  一重晩生 ( トライアンフ ) 系。
  クリーム色の咲き始めから白へ変わり、そこに薄紫の縁取りが現れ、やがて花弁全体に
  広がっていくとか。

        141215_0007~010001.jpg

          ここで出会うのもご縁かな〜、なんて ( 笑 ) 。


 と、 翌10日、「 目出度く植えつけ完了〜 ♪ 」 を目指した筈が …… 。
花壇に入れて行くうち球根足りなくなるは、仕上がって見ればパンジーの隙間目立つは !!
何度やったら学習すんだか、スペースの算段 !?
―― 嗚呼、我ながら算数的頭脳の無さにゃガックリ …… ( トホホ ) 。

 結局予感的中でしたね。
大型園芸店まで 『 バブリー君 』 とばして貰うコトに ( 汗 ) 。
茶緒パパ、スンマセン ! 不肖のツマがお手数かけます …… 。

 急行した園芸店 『 グリーン・ファーム 』 さんは夏に移転リニューアルされた新店舗。
旧店舗よりほんの少し近くなってて、店内の造作は往時とほぼ似た感じ。違和感はナシ ♪
ただ、駐車場が狭いかな〜 ?
ハイ・シーズンにゃ、土日なんてドえりゃぁ大混雑になりそーだ !
従ってウチらみたいなリタイア組は専ら、平日昼間と心すべし。

 まァ、それは兎も角。
ナンと、ここに導かれたのは案外な “ 怪我の巧妙 ” だったかも〜〜 ☆
何故って、チューリップ球根の山、山ッ ! ―― こんなシーズン終盤にして、頭クラクラ
しそうな量と品揃え !?
「 減ってこれですから。最初はも〜スゴかったんですよ 」 と店員さん。
さっすが大規模店だワ。
いゃいゃ、目移りし捲りつつ漸くチョイスしたのでした。

 以下、ラインナップ ―――

★ 『 レムズ・フェイバリット / Tulipa cv.Rem’s Favorite 』
  トライアンフ系の一重。
  “ レンブラント咲き ” なる新品種で、この白に紫のツートーンは超スタイリッシュ ♪

            141214_1501~010001.jpg


 もう一種も新品種 ?

★ 『 シルクロード / Tulipa cv. Silk Road 』
  シルキーな白地が次第に、クリームやピンクの色幅を持つニュアンスに彩られるという ……
  何やらロマンティックな八重咲きです !!

            141214_1502~010001.jpg



 さらにまさかまさか、憧れの原種にソーグーするとは ?

★ 『 サファイア・スター ( アルバ・コエルレア・オキュラータ ) / Tulipa 
  humilis cv. Alba Coerulea Oculata 』
  神秘の “ 蒼いチューリップ ” !! ―― やや早咲き、極短茎。

            141214_1459~010001.jpg




 おまけに 『 ムスカリ 』 も、執着だった一種に 「 出会っちゃった〜 ! 」 。

★ 『 ムスカリ・アズレウム / Muscari Azureum 』
  爽やかな水色のフリフリ花。葉の徒長も無く、育てやすいようです。

            141214_1458~010001.jpg



 これ程の出会いがあるなら、 『 グリーン・ファーム 』 今後も絶対外せないよねッ!!

 結果来春は、今年と全く違った花壇間違いな〜しッ ☆☆☆




posted by 美緒ママ at 00:05| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: