2014年12月07日

岩瀬 〜 今泉   俳句 − ing !!




   冬の日や岩瀬今泉へとありく          かいう



 4日、『 神奈川 SUBARU 』 の営業所で点検を待つ間、待茶緒パパと出かけた
ぶらり散歩。
つのり始めた冬の冷気の中、美緒ママには絶好の ウォーキング ” 気温でした。
でも、茶緒パパには少々寒目だったかもね〜 ( 笑 ) 。

 『 SUBARU 』 からまず鎌倉方面へ南下、 『 砂押橋 』 信号を左折して砂押川沿いへ。
鎌倉市最北端、山を隔てて横浜市南端に接する “ 岩瀬〜今泉 ” 地区です。



   粟船へ下る流れや冬ざるる

   岩瀬とや山茶花こぞり水流れ



 暫く歩いたところで道を逸れ、出会ったのが 『 岩瀬山正定院 西念寺 』 。
こぢんまりした境内に 『 岩瀬保育園 』 が併設された、浄土宗のお寺です。



   風の子の白息寺の保育園

   園児らの歓声たかし冬澄める

   西念寺さまへ細道冬紅葉

   西念寺銅葺きしるき行成忌



 山門までの道には、ちょっと気になるお宅が …… 。



   薪積んで煙突出して冬構

   煙突に薪ストオブのにほひかも



 ふいに記憶が戻りました ! ―― あぁ、 小さい頃実家でお風呂を焚いていた薪の匂い。
あの匂いと、良く似ていたんですよね …… 。



   岩瀬には野梅庭梅枯れ尽くす

   枯木梅枝節ひそと芽を孕み

   藁屋根の下のたつきも年の内



 岩瀬の道々には、どこか昔の懐かしさが漂っているようでした。
さて 『 七久保橋 』 信号を過ぎると、 『 円海山・北鎌倉緑地保全地区 』 に沿う辺りから、
『 今泉 』 の地名が見えて来ました。
景色はまた少し趣きを変えます。



   仰ぎしは小さき鳥居枯れ葎

   切り立ちし階に小寒き祠かも



 この辺りの景色には、さらに旧家然とした家構え。



   茶の花や蔵の白壁九曜紋

   蔵見せて石垣組みて冬屋敷



そして何故か、庭々に目立ったのが 『 皇帝ダリア 』 なんです。



   旧家なり皇帝ダリア冬咲かせ



 ところで、もう少しで 『 白山神社 』 や 『 称名寺 』 を回れそうな辺りまで来た頃、
降り出した雨が少々怪しくなってしまいました。
そこでやむなく U ターン ! ( ため息 )

 戻りながら、ひっそり佇む石仏さまに掌を合わせて …… 。



   やうやうに読み取る石碑冬の雨

   馬頭尊読めぬ石碑としぐれそむ

   毀る石地蔵におはす冬珊瑚



 本降りになりそうな雨を急ぎつつも、立ち寄ったのは 『 亀鏡山護国院 大長寺 』 。
独特な山門から広い石段を上がり、立派な本堂・庫裡・方丈 …… 手入れの行き届いた
境内に 『 徳川家康 』 公とゆかりの宝蔵、鐘楼、家畜供養塚などを配した、風格ある
浄土宗の古刹です。
 余談ながら美緒ママ、こちらの梵妻さまに少々面識があるんですけどね …… 。
ま、それはともかく。



   黄落や苔豊かなる亀鏡山



 このお寺から 『 SUBARU 』 営業所はもう目と鼻の先。
雨の中を、急ぎ戻ったのでした。




posted by 美緒ママ at 23:26| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: