2014年10月16日

文房女子 !?


 15日は、上大岡の “ ペイン・クリニック ” 予約日でした。
打って変わって、雨冷えのつのった一日。
急激な気温差にマジ翻弄されますねぇ 〜 ( …… オロオロ )。



   こんなにも冷えたる雨の通院か          かいう

   エレベータ前秋霖の傘雫

   看護士ら秋の寒さを嘆きあふ

   雨冷えや高齢患者いたはられ

   先生の注射しどほし身に入むよ



 治療後、今日は 『 京急デパート 』 の文房具売り場デートになりました ♪
何を隠そう美緒ママ、けっこー “ 文房具女子 ” なんですよォ ( 笑 ) 。
( 茶緒パパは “ 調理具男子 ” ですけど ? )



   燈下親し文房女子でありし吾          



 そもそも、昔女子のあるタイプは “ 文房具好き ” でしたよね ?
殊に便箋・封筒、それから筆記具。
 小学生の頃はまず可愛いらしいノートで友達との交換日記とか、中学では綺麗な便箋に拘り
手紙を書き捲って。
その枚数がやがて十枚越えに高じ、料金が嵩むと、軽い航空便箋に切り替えて …… 。

 また筆記具も可愛いカラー・ボールペンだったり、大人ぶって渋い万年筆になったり。
ところが万年筆は、惜しむらく “ 和紙便箋 ” に滲むので挫折。
挙げ句は、書きたい文字量に手書きが追いつかなくなって、ワープロ打ちに !
これには少々顰蹙をかったりもし …… ( 汗 ) 。

 斯かる成り行きで、短い手紙は “ 和紙便箋 + ボールペン ” に落ち着いたひと頃。
実質俳句会への投句稿以外では、万年筆レスに陥っていました。

 ところで、諸々の経緯から一旦休吟してしまった “ 句作 ” でしたが。
満を持して ( … なのか ? ) 再開を期した今、抽斗の奥の万年筆が気になり始め …… 。
万年筆でまた句を記したい ! と。

 とは言え万年筆は ―― ご存じのごとく、長く放置すると ―― 忽ち書き辛くなりますね ?
筆記という行為がコンスタントに続かぬ限り、万年筆の本分は果たせかない !!
そこのハードルがなかなか越えられないのよね、素人には ( 苦笑 ) 。

 なので、道楽でも “ 常に句稿を記す ” のならば、万年筆使用の資格をクリア …… か ?

 さしあたって、長年封印されていた万年筆のリカバリーです !
手始めに 『 プラチナ 』 製と 『 セーラー 』 製の、コンディションを診て貰うべく
“ 万年筆売り場 ” へ出向きました。
 結果、店頭の洗浄処置だけで 『 セーラー 』 製が無事復活したんですよ !!
( 『 プラチナ 』 は生憎問題が生じ、要再チェックとなりましたけどね )

 ついでは茶緒パパが 『 カランダッシュ 』 と 『 クロス 』 のボールペン・レフィルを
求めて、秋の日の “ 文房具デート ” は終了したのでした〜 ♪



   蘭の香を焚くか売り場の鳩居堂          

   秋草の箋が目を引く鳩居堂



 なお隣の和文具コーナーには 『 鳩居堂 』 さんが入っていて、風雅なお香を燻らして
いました。
昔から有名な美しい和紙製品に、暫し目の保養〜〜 ☆
今度はもっとゆっくり、品定めしたいものですネ。




posted by 美緒ママ at 00:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: