2014年08月04日

俳書買う


 先日茶緒パパが、初めて俳句の本を買いました。

  小沢昭一 句集 『 変哲 半生記 』

 俳号 『 変哲 』 を名乗る多才人 『 小沢昭一 』 氏に、彼が格別惹かれているとか俳句に
目覚めたとかではないようですが。
 そもそも嘗ては、美緒ママの “ 下手の横好き俳句 ” が専横したウチの空気。
俳諧味咀嚼の下地は一応出来ている …… かもしれない …… ?
なのでこの 『 変哲 』 御大の 俳風 ” は、美緒ママにとって誠にスムーズに馴染めました。
尤も句数が余りに大量で、まだまだ読み切ってはいないのですが。
ともあれ我々の知らぬお江戸以来の下町世界ながら、洒脱な人情と粋と、ホンネの共感性 ――
ってカンジかな ? …… 生意気言わせて貰えばネ ( 笑 ) 。

 引き続きじっくり、末長く楽しませて頂くつもりです。




 それと、加えて最近、バラエティー・テレビ出演が我が家で激ウケしている “ 辛口女流俳人 ”
『 夏井いつき 』 さんを知ってから、茶緒パパのアンテナが更に俳句界へ向いたのか ( ? ) 。

 そこで、美緒ママ、何となくいつき女史の経歴をネット検索して驚きました !
教職を経て “ 作句者 ” の道へ進んだ彼女、最初に学ばれたのが結社 『 藍生 ( あおい ) 』 ――
『 黒田杏子 』 先生門下とか。
 って ? …… え〜 ? ウッソー ! …… 同じ頃、美緒ママも入門してたんです、 『 藍生 』 !!
或るきっかけで杏子先生を知り、俳誌へ投稿だけさせて貰ってました。
そー言えば当時、上級者にお見かけした名前だったよ …… いつきさん !
おゎ〜、同門でいらしたんだ ?
こらァ、たまげたッ !!

 っつーことはつまり、素養と志の差で未来がこーも違って来る、って証明。
当然だけどね ( 苦笑 ) 。


 ちなみに、ネット通販で入手したいつきさんの、

  『 俳優 勝村政信 × 俳人 夏井いつき 付句のある往復 E メール書簡集 』

 コレは超面白いッ !!
茶緒パパ共々、イッキ読みでした〜 ☆


 加えてもう一冊、いつきさん40歳代の作品を纏めた第二句集。

  夏井いつき 句集 伊月集 『 梟 』

 ご自身なりの決意と割り切り、緊張感を持って上梓された一作のようです。
自ら仰る 「 師・黒田杏子先生への憧憬より始まった作句道 」 さながら、シュールで独特の
世界観が納得されました。
これから、繰り返し味わってみます。

 ん〜〜、俳句とは実に々々奥深いモンですわー ♪♪♪




posted by 美緒ママ at 16:53| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: