2014年05月22日

『 茶緒 』 のこと 1


 再び4月下旬の記録です ――――


 美緒ママ' s 今年一番の大イベント = “ ロベン・フォード来日ライブ週間 ” が始まる
ほんの少し前から、我が家の 『 茶緒おばば 』 ちゃんの体調に異変が見え始めました。

 もともと問題の心臓 『 不整脈 』 と進行中の 『 認知症状 』 には慣れてたんですが …… 。
それ以外の致命的なトラブルの発症が、あんまり急で驚きました。
所謂 “ 咳き込み ” ―― 先代主治医 K 先生から毎月執拗な程 「 咳は出ませんか ? 」 と
聞きただされていた、決定的な症状だったようです。
後から思い返すと 「 軽く出ていたかもしれない 」 という兆候が、急に激しい繰り返しとなり、
食欲と体力を失くして、自力で起き臥しもならなくなりました ( 泣 ) 。




4月25日 ( 金 )

 前日からの咳の連続が悪化、急遽夕刻の予約を取った 『 みなとよこはま動物病院 』 へ。
指定時間の16時前着。
主治医 T 先生に受診するも、かなり混んでいて、対応の点滴が18時からでした。

 見立ては以前からの心臓肥大、元凶たる心房の収縮不全と僧房弁の閉鎖不全による胸水〜腹水。
『 急性心不全 』 ―― 老 WAN 典型の心臓トラブルのようでした。
嗚呼、コレですね ? 嘗て K 先生が恐れておられたのね !!
「 やっぱり来ましたか …… 」 とゆー感じ ?

 メカニズムの詳細は略しますが、この溜まった余剰な水分 ( 肺を圧迫する、染み出た血液や体液 )
を排出させるため、矛盾のようですが点滴が必須でした。
兼ねて大切な水分補給と、同時に強心剤 『 ミルリーラ 』 や ( 口から摂る食事代わりの ) 栄養液
『 ビーフリード 』 の注入。
兎に角こうして、胸水・腹水を流し出すのが先決 !
…… とゆーことで、夜まで点滴が続きました。

 結局、帰宅は21時過ぎ。
予想も経験知もあまり無かったことで、付き添いに疲れました …… ( ため息 ) 。
当の茶緒は、幾らかでも良くなったのかしら !?
 そう信じたい …… けど ( 汗 ) 。




4月28日 ( 月 )

 前回の点滴以降、あれほど酷かった咳込みが治まって見えました。
朝早起きして、病院へ。
午前8時に出向いてまた夜まで、前回同様、院内の広いソファー室 ( 点滴サロン ” ? ) にて
10時間近い点滴となりました。

 『 急性心不全 』 とゆー状態では、最早 ダメもと ” なのかもですが ( グスン ) ……
まァ、兎に角試せる治療を先生に委ねる他ありません。

 それにしてもずーっと病院で付き添ってると、パパ・ママさすがにシンド〜〜 !! ( 大汗 )




posted by 美緒ママ at 02:24| Comment(0) | ビアディー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: