2014年03月15日

3月14日 検診日


 13日の季節外れな “ 大嵐 ” が過ぎ、南風が北風に入れ替わって、晴れても寒い14日。
三月の茶緒通院日となりました。

 予約の13時に間に合って到着すると、駐車場も待合室も案外な空き方。
が、その割に長かったね〜、待ち時間 !
主治医 K 先生に重篤な急患さんがあったのか …… そーゆー事態は稀じゃないこの病院。

 ともあれ、漸く呼ばれて診察室へ。
先月の大雪でキャンセルになったから、K 先生と二ヶ月ぶりに対面の茶緒です。
通例の診察と処置 ―― スツルバイト検査、心臓、眼、耳。
皮膚は胸からおナカを剃って貰い、湿疹薬 = 副腎皮質ホルモン剤 『 コルタヴァンス 』 を
スプレイ。
それから四肢の爪切りと、飼い主にはしづらい役割を丁寧・スピーディーにこなして下さる先生。
 さらに、診察室をグルグル回る茶緒の様子を観察。
認知 ” の進行度を診断・説明・対処のアドバイス、飼い主の日常生活で適う範囲の見守りを
お励まし下さいました。

 その上で、今日は思い掛けぬおハナシが …… 。
先生が今月中に、ご実家の事情で一時退職をされる由 !
えーッ ? …… ビックリ !!
何て残念なお知らせでしょう !?
またもや 旅立ちの春 ” ですか ?

 勿論、ウチの WANS 三頭 が掛かった当院の主治医先生がたには、皆優秀で大変良くして
頂きました。
が、 K 先生ほど熱意溢れる方は多くありません。
心から全幅の信頼を抱いていました。
人一倍手の掛かる茶緒の手当てを、トラブルの大小に拘わらず意欲とバイタリティー、親身な
思い遣りで動いて下さったから !

 本当に頼りでした。
困った時は兎に角先生にお尋ねすればイイ、って。
こんなに依存してヨイものかと、気が引けた程です !


 今私が内心願っていたのは、先生にこそ茶緒を見送って貰いたい …… と。
だから残念でなりません。とても寂しい !!
いずれ何とか復帰されることをひた祈る、 茶緒ファミリー ” なのでした …… 。




   余寒なほ犬に処方の猪苓湯          かいう




posted by 美緒ママ at 22:58| Comment(0) | ビアディー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: