2013年11月01日

芸術の秋!?


 今年も早や11月 = 霜月に入りました。
折から “ 芸術の秋 ” なんて、ベタなこと言いたいワケじゃないけど ( 苦笑 ) 。
偶々情報を得たんです、 『 ターナー 』 の絵画展 !
上野の 『 東京都美術館 』 で、12月18日までとか。

 ターナーは、余計な蘊蓄抜きにただ直感でハマった画風です。
そりゃ勿論、十九世紀英国の超有名な画家とは知っているし、そのキャリアについて概要は学習
してます。
けれどアートは、接して 「 好き ♪ 」 か 「 嫌い ! 」かなんじゃないの ? 所詮。
作者のキャリアがどうあろうと … ね ?

 そーゆー意味で私を捕らえたアートのもう一つが長谷川等伯 ―― 『 松林図屏風 』 。
等伯の他の代表作たる大和絵の絢爛豪華とは、まるで対極のような世界観が凄い。
ホント凄いよ …… 静謐の極致。
それでいて、決して “ 静止画 ” ではないのだ …… 空気がそこを流れている !!!
コレ、わかる人にはわかるよね ?

 ターナーも然り。
朦朧たる空気の中に、光が透き通るのだ。
言葉には例えがたいものがある!

 …… ん〜 、観に行こうかな ?
どーしよー ?



【関連する記事】
posted by 美緒ママ at 22:31| Comment(0) | アート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: