2013年11月13日

『 石への想い 』 16  匣底のものたち 6


 匣底に眠っていた石たち・その2 ―― 0.2 carats のラウンド・ブリリアント・
ダイヤモンド・ルース。
こちらのオーダーも、或る既製のリングを元に生まれました。

 母の古いアクセサリー中には、 「 ちょっと〜 、まるっきし似合わないじゃん !? 」 って
シロモノもあったりして ( 爆 ) 。
…… それはゴールド生地にスクエア・カットのメレ・サファイアを並べ、端をメレ・ダイヤで
締めた華奢めなファッション・リング。
母が自ら求めたとは、到底考えられません。
さしずめ値の張る お買い上げ ” へ、例の宝石商が付けたオマケ ?
金とダイヤとサファイアですけど …… ねぇ? ( 笑 )
しかしそーでもなきゃ、まるで謎ですから !!

 それにしてもそのリング、母向きでないばかりか ( イタいことには ! ) 私にもまるで
使えなかった〜 ( ガクッ )。
尤も、 偶然目にしたリメイク・アイデアには、恰好の素材 ♪
身近なファッション雑誌等でデザインを物色し捲っていた私が、出会ったのが某イミテーション
・ジュエリーの広告でした。
 すなわち、スクエア・カットのメレ色石をレール留めした一文字リング。
まさに 「 ビンゴ〜 ☆ 」 じゃない ?

 加えてそのセンターに、件のラウンド・ブリリアント・ルース …… ってのは ?
 「 いかがでしょう ? 」
と問えば、ジュエリー 『 Chiku 』 の 『 マダム幸子 』 さん、
「 えぇ、きっと素敵ですよ ! さっそく画にしてみましょう ♪ 」
と微笑まれて。
やがて仕上がったデザイン画に、期待はひとしお膨らみました。


 待ち遠しかった完成品に初対面した日を、私は今も忘れません !
―― 細いゴールド枠内に8石のメレ・スクエア・サファイアが一列に並ぶ “ レール留め ” 。
中央の主石のセッティングにのみプラチナを配した、コンビ・デザインの妙。
本当に本当に、美しいリングが生まれたのでした〜 ☆☆☆


    120215_1229~010003.jpg  120215_1233~010002.jpg



posted by 美緒ママ at 00:35| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: