2013年10月21日

『 石への想い 』 14  匣底のものたち 4


 時ならぬ颱風続きの十月です。
この月は亡母の誕生月に当たっていて、星座は “ 天秤座 ” 。
それが表すとおり、確かに母は対人関係の均衡に気を配るタチだったと記憶しています。
私のような、他者を傷つけようが憚らず直進する “ 射手の矢 ” とは大違い ( 焦ッ ) 。

 その天秤座の誕生石は 『 オパール 』 ―― 見るからに柔らかく、穏やかな雰囲気です。
最上なものは繊細・多彩な遊色を内包する 『 ブラック・オパール 』 と云われ、品質によって
小粒でも高価だそうな。
そんなブラック・オパールにメレ・ダイヤを配したプラチナ・リングが、母のお気に入りでした。
宝飾や装身具にはとんと無頓着だった母にして、ちょっと意外でしたが。
でも、それは美への関心とゆーより、誕生石の持つ “ 縁起 ” によったのかも。
“ 誕生石を着けていると、身を護ってくれる ” という … 。
そもそも 『 オパール 』 は全ての宝石の中でも、殊に優れた “ ストーン・パワー ” を持つそうな。

 …… とは言えそのリング、受け継いでも困ってしまう。
だって〜、 「 冗談だろッ !? 」 ってほど “ イマじゃない ” デザインなのよ !! ( 大汗 )

 だいたい『 オパール 』 って、テイストそのものが “ 年配クサい ” … と思いませんか ? ( 爆 )
いかにも “ 和服マダム ” だよッ ! …… なァんて偏見かしらね ?
兎に角自分世代のカジュアル・ワードローブにてんで似合わない、と恨むばかり ( 汗 ) 。

 しかしやって来たモノは、何とかせにゃグヤジいッ !! ―― 拭えぬ “ しっとり和風 ” テイスト
と、フェミニン且つカジュアルを折衷すべき 『 ブラック・オパール 』 のリメイク。

 “ My 癒やし処 ” = ジュエリー 『 Chiku 』 への依頼に当たって、苦慮したのがいつもの
条件 ―― 主石の出来るだけ低いセッティング。
往年の宝飾品が目指した “ 立派に高く立ち上げる !! ” のと、真逆のコンセプトです。
悩んだ結果が、まろやか曲面のダイヤモンド・パヴェ・リング。
手持ちシルバー・リングのふっくらフォルムを採用です。
遊色繊細なブラック・オパールを柔らかく受け止める程よい丸み ☆

 さらに主石が小さく、ギラリとしたプラチナ台では見るからに負けそう …… ( 汗 ) 。
だから、なるべくソフトな質感に納めたい !
… で、ダイヤモンド “ パヴェ・セッティング ” は大正解でした。
その白く柔らかな光 ―― こまかなメレ・ダイヤの煌めきが敷きつめられていながら、輝度は
低いのです。

 加えてそのメレ・ダイヤたちは、全て My 所有の余り石 ♪
行き所ない彼らを活用することでまた、 “ 救済 ” を果たせた嬉しいお宝であります !!



      120215_1226~010001.jpg  120215_1220~010002.jpg

  080611_1254~01.jpg  080611_1256~02.jpg

             光源や角度によって様々な色に閃く遊色たち。




posted by 美緒ママ at 22:25| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: