2013年07月21日

安倍晴明 雨を祈ること


 振り返ると、今年の梅雨前半は降雨量の少なさから、関東の “ 水瓶 ” の水量が案じられて
いました。
「 節水 !! 」 なんておカミのお達しがあったらどーしよー ? …… と一時ハラハラした
もんです。
それが早い梅雨明け後は、西日本から東北へ異様な豪雨の雲が覆い、今なお突発的な水害の
猛威は収まりませんね。

 そんな中、 “ 雨乞い ” の話題もナンですけど …… ( 汗 ) 。
実は先日ネット検索中に発見した、コミックス 『 陰陽師 』 岡野玲子版の続編 ―― 『 玉手匣 』
とゆー新シリーズが早や二巻まで出ているとか。
なんでも本編のスピンオフらしい ?
買おうか否か、 Amazon のページを前に、悩み中 (苦笑) 。

 その “ 本家 ” = JETS COMICS 岡野玲子版 『 陰陽師 』 は、美緒ママが大人に
なってからソソられほぼ読破した ( たぶん ) 唯一のコミックス・シリーズではないかな ?

 就中、 『 8巻 大陰 ―― 安倍晴明 天の川に行きて雨を祈ること 』 はとても印象深いもの
でした ♪


            130727_0058~010001.jpg



 旱魃に苦しむ都を救う、雨乞い修法の逸話であります。
他の巻 ( 逸話 ) がとかく怪奇・ホラー・魑魅魍魎の要素を含みがちな中、この物語は美しく
ミステリアス。
原作 ( 原案 ? )夢枕獏氏の小説シリーズに土台があったか、記憶は定かならぬも …… 。

 もとより概要として、獏氏の小説のプロットを増幅しているこの “ 岡野ワールド ” ですが。
奇妙なことに、私自身惹きつけられていく理由がよくわからない。
異次元の魔界と絡み合うファンタジー小説が、岡野玲子氏の特異な世界観で更に複雑な要素を
巻き込み、広がって行っている。その、時空の越え方がハンパ無いのです。
それでも、彼女のイマジネーションに読み手が偶然シンクロした時、スコーンとワープの入り口
が開く !
―― そんな、ワケのわからなさに魅せられてしまうモノ。

 元来、余所さまの構築された世界観を把握するのはメンドー、とゆーか …… 要は、他人の
脳みその中なんか興味無い美緒ママなのに …… ? ( 汗 )
よりによって、かえってメチャクチャ面倒くさそーな世界観じゃない ? …… って ?
アハハ、ごもっとも〜〜 !! ( 爆 )

 それなのに、主人公 『 安倍晴明 』 と ( 夢枕獏設定の ) 相棒 『 源博雅 』 の、
“ 雨乞い二人旅 ” はあたかもランデヴーのようで。


 読みながら、ふと脳内に鳴り始めた音楽が、ずっと続いていました。

―― It’s Gonna Rain …… 雨はやがて降るものだよ、ヒロマサくん ――



★ Take 6 − It’s Gonna Rain

http://www.youtube.com/watch?v=Er46xT5C7V8



★ Take 6 − All I Need Is A Change

http://www.youtube.com/watch?v=wvvCKvDRu8Y


 『 Take 6 』 は、1980年アメリカ・アラバマ州のカレッジの学生グループが
土台となり、1987年に正式デビューした、黒人6名のコーラス・グループ。
ゴスペル等のクリスチャン・ミュージックからジャズ、 R & B に到るまで、極上のハーモニー
で酔わせてくれます。
殊にアカペラのテクニックは超絶〜 ☆☆☆


★ Take 6 − I’ve Got Life

http://www.youtube.com/watch?v=da-fOAyMPz4




posted by 美緒ママ at 23:29| Comment(0) | 歴史・時代 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: