2013年03月30日

蠱惑の薔薇たち


 先日仕事帰りの鎌倉で、ふと引き込まれるように某園芸売り場を覗いてしまいました。
そこは某 “ 高級スーパー・マーケット ” の店頭。
流石にイイお値段の ―― しかしそれだけに、上質そうな苗もの・鉢ものが揃っています。
そして一角には、何かしらの立派な薔薇苗が並んでいるのです。

 折からのシーズン目前、お客さまを待つ錚々たる 『 David Austin 』 のブランド薔薇
“ Engrish Rose ” 苗たち !
中にしっかり有りました、我が憧れの 『 ヘリテイジ ( Heritage ) 』 。
( 現名称は 『 Engrish Heritage 』 )


             P5227156.JPG

    110522_0859~010001.jpg



 それと、この 『 ヘリテイジ 』 を交配親として1996年作出された、 My 第二の憧れ =
『 セプタード ・ アイル ( Scepter'd Isle ) 』 の苗も !?
こちらは、英国王立バラ協会が優れた芳香種に贈る 『 ヘンリー・エドランド賞 』 に与っています。
父祖から受け継いだその高いミルラ香で、 “ 強香薔薇 ” の代表格にあげられる優品。
しかも花姿、樹勢、耐病性などから総合的に、初心者にもすすめられる育てやすい品種とのこと。

 ならば、ぜーったい植えなきゃね、この二種 …… 。

 などと妄想しつつ別の苗札に目を転じた時、その驚きと言ったらありません !!
『 マクミラン・ナース ( Mcmillan Nurse ) 』
…… ? …… えぇーッ ? ウッソォ〜〜 !!
“ 貴方 ” と現実にまみえるとは ?
しかも街の小売り店で ? …… なんて稀有なご縁じゃない !?

 かつてその陰影ある白花の美しさに惹かれて、こちら ↓↓↓ の解説に辿り着きました。

http://britishcreativedesign.com/blog/2011/01/rosa-macmillan-nurse.html


 作出者 『 ピーター・ビールス ( Peter Beales ) 』 氏は、英国でも名門育苗家
の一人。
その傑作名花がこれなのです。
まして由来を知れば、殊更惹かれて !!


 ほいじゃ、こちらも “ お買い上げリスト ” に採用〜 ♪ … なんて !?
おーッと、危ねぇ危ねぇ …… うっかりハマるとこだった !! ( 冷や汗 )
“ 新入り薔薇 ” 三株なんて無謀じゃん ?
既に“ 名無しの薔薇 ” たちが居るんだし …… 。



 とゆーよか、まずは庭の雑草抜きだろーがッ !? ( 爆 )




posted by 美緒ママ at 23:42| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: