2013年03月07日

Robben Ford 『 Bringing It Back Home 』  1st Impression


 我が最愛のロベン・フォード先生の新譜 CD が手許に届いてから、 「 ヒマさえあれば
“ 学習 ” ! 」 の美緒ママです ( 笑 ) 。


         130227_0145~010001.jpg



 まずこのCDと初対面した Visual Impression ♪
ジャケットの表カヴァー・裏カヴァーをしげしげ観賞し ―― あれぇ〜 、この裏側のコってまじ
ロベン !? …… って、見たこともない髪型 !
もしかしてミドルティーン ? ―― ん〜 、知らない筈だよ、その頃じゃ。まだ一介のギター少年に
過ぎんし。
「 “ 何 ” へぇ〜 ? 」 のトリビアかしらね …… と、中を開く。

 すると、勿論ロベン先生最近影の超絶スタイリッシュ・フォト ―― イタリアン・ブランド
『 Claudio Liugli ( or Lugli ) 』 を纏って ?


                    71AjZqN3ojL__SY470_.jpg


 また対照的に、ちりばめられてる古そうなモノクロ写真たち。
イチバンに目を引いたのが奥方のアン・ケリー・フォードさん。若き日のポートレイト ?
今作では作曲者として参加もされ、そもそも欠くことの出来ぬ関係者 …… だわね。
それと見覚えあるのが、最初期の兄弟ユニット The Charles Ford Band で、
マウス・ハープの担当の弟・マーク君と ? …… とか、 Charlie Musselwhite 
Band 時代の 『 栗原類 』 似 ( !? 笑 ) 18歳のロン毛少年とか。
また、 Jimmy Witherspoon とは ( たぶん再会後の ) バッキング時代らしき、
ポニーテイル。
 加えて、他の見知らぬ面々は少年時代の音楽仲間 ? …… はたまた、もしやお父様 ? … ご両親 ?
これらが皆、ロベン本人の個人所蔵からピックアップされているそーで …… 萌え萌え〜〜ッ !!!

 こーなってくると、何だかまるっきり “ ロベンの思い出 ” ? “ 彼を偲ぶアルバム ” ?
( … って !? ヤだ、止めてよして、縁起でも無いッ !! ) なぁんて言いたくなるくらい、
ほのぼのロマンティックで美しい装丁なんで〜〜 す ☆
これまでのロベン史上、サイコーお洒落で素敵かも ♪♪♪

 まったく〜 、音がしっかり耳に入って来ないウチからこう視覚に訴えられちゃぁね。
あんまり美味し過ぎやしませんかァ ? ( 苦笑 )

                         ―――― to be continued .



posted by 美緒ママ at 12:07| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: