2012年10月15日

瀬戸の和菓子


 秋はとかく “ グルメ ” に飢えちゃう季節 …… かもですね (笑) 。
また “ 和菓子気分 ” な思い出語りを少々 ♪

 過年ゆえあって、瀬戸の磁器作家 『 林邦佳 ( くによし ) 』 先生にまみえるご縁を
得ました。
その折地元のお菓子を手土産に頂いて、帰宅し、先生作の可愛らしい小皿に盛ってみたのです。
小豆を素材にした羊羹風な竿菓子で、簡素な滋味を美味しく頂きました。
林先生、ご馳走さまです !!



                 ★ 湯呑 / 川瀬竹志作 『 萌葱金銀彩湯呑 』

           080426_2329~03.jpg

     ★ 菓子皿 / 林邦佳作 『 色絵兎紋小皿 』



        PA075665.JPG

        PA075689.JPG



 常なら、他の追随を許さぬ独自の古格と美麗さを展開する林作品。
まず形の美しさ、素地の際だつ上質感が群を抜きます !!
それにして、時折このような小品に披露されるウィッティーなモチーフが愛らしい。
軽妙な味わいもまた、傑出した才人ならでは ? …… と。

 我が愛して止まない器のひとつです ☆





 一方 『 川瀬竹志 』 先生作品も、純粋培養された名門の端正、そして優しいお人柄を
彷彿とさせられます。
しかも実に持ちやすく、飲みくちも抜群 !!


           PA105745.JPG

        PA105759.JPG

        PA105754.JPG

        PA105757.JPG


 余りに惜しく早世された “ 形見 ” として、我が家に迎えさせて頂いた “ 宝物 ” です。
大切に使って参ります。



posted by 美緒ママ at 01:07| Comment(0) | 器・工芸 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: