2012年09月28日

リアルお宝 Get 〜 ☆  『 jazz guitar book 』


 先日ご紹介した 『 jazz guitar book 』 vol. 34 が Amazon より、
予定を三日ほど遅れて届きました。
表紙にロベン・フォードのアップがドーンとアピールする装丁。
企画者である My friend 『 I 』 君のアイディアだそうですが。
何かちょっと照れるかも〜〜 ( テヘ ) 。

 でも、 『 極上のハイブリッド・ブルース 』 と謳った特集の筆頭に挙げて貰ったロベン。
感激です〜 !!
『 I 』 君、サンキュー ♪♪♪

 即ち “ ハイブリッド・ブルース ” とは、最も正統派のブルース・マニアから 「 そんなもん
ブルースじゃねぇッ !! 」 とか一蹴されつつも、アーティストが通り過ぎて来た時代々々の
様々な音楽を、吸収し選別し淘汰し反映させた結果。
そのアーティストの音世界そのものがひとつの音楽ジャンルに思える程、個性的と言えるのでは
ないかしら ?

 よしロベンのように土着的黒人ブルースに触発され、白人のブルース〜ジャズ寄りブルース
〜フュージョン〜フュージョン・ジャズへと洗礼を受け続け、その間にはロック、ポップス ……
宗教的音楽の引き合いにまで応えて来た来歴。
そこから磨き上げられたモノが、ある意味 「 ブルースだかジャズだかロックだかわからない。
この人、一体何がしたいの ? 」 との顰蹙も買いかねないけど ( 苦笑 ) 。
それでも、どのジャンル寄りになったところで、やっぱりロベン以外の誰でもない音世界。
だからファンは中毒するんですよ〜〜 、という理屈。

 兎に角、ハイブリッドは単なる “ + ” ではなく “ × ” と “ ÷ ” なんでしょうね。
その辺が語られるインタビューと、『 I 』 君が採譜・分析・解説する楽曲・奏法の秘密
などなど …… なかなか盛り沢山な一冊です。

 この先暫く来日の予定も無く、情報に飢えていたファンには、大いなる癒やしじゃないで
しょうか ♪




posted by 美緒ママ at 23:46| Comment(2) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハイブリッドは単なる“ + ”ではなく、“ × ”と“ ÷ ”

まったく同感です♪
Posted by sho-bud at 2012年09月30日 07:06
★Sho-budさん♪

 お久しぶり!
多々ライブ活動にご活躍の中、おこし頂きありがとう
ございます。

 ロベン関係のサプライズねたがあまり無い近頃、やっと
注目ねたが到来ーッ!!っとばかりにアップ(苦笑)。
“ギター弾きさん”から見て共感して頂ける解釈に
なってたなら、嬉しいですワン♪

 これからもロベン・ファン大先輩として、ご意見・ご助言
よろしくお願い致しますね〜〜☆☆☆
Posted by 美緒ママ at 2012年09月30日 14:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: