2012年08月18日

『 石への想い 』 5 チプリア・テイスト


 先日お盆休みの一日、久々にジュエリー 『 Chiku 』 を訪ねました。
やはり、仏式のしきたりは踏襲しておられない知久家。お盆は何もなさらないそうです。
そこで、あくまでも 『 残暑お見舞い 』 & 「 ご無沙汰のお詫び 」 。
マダム幸子亡き 『 Chiku 』 を背負って、多忙に頑張っておられるご夫君 ・ 一巳社長へ
陣中お見舞い。
ささやかな手土産をお渡しして、しばしお喋りしました。

 その中で、一巳氏がナンと ! 美緒ママの大学の先輩と判明。
学部は違えど、奇遇に驚きました。
なぜなら幸子さんの方も、中学の先輩でいらしたから。
このご夫妻には、特別のご縁があるのかも?
 またこの一巳氏、学生時代からバンドでギターを楽しまれて来たベテラン・ギタリスト !!
なので音楽の方面へも話題が弾んで …… 。
自ずと一昨年の8月28日 『 Motion Blue Yokohama 』 の、一期一会な
“ 出会い ” を果たした夜に、美緒ママを飾ってくれた “ マダム幸子の忘れ形見たち ” の
ことなど。


 そう、その Special な一夜、美緒ママはもう一つ石を着けていたのです。
マダム幸子鑑別による “ 遊色を持たない無地の ( = ジェリー ) オパール ” のリング。

         120215_1244~010002.jpg

 この石もやはり亡母のモノ。
アクセサリー箱の隅に忘れられていた “ ルース ( 裸石 ) ” でした。
変哲の無い白色半透明のカボション・カット。
せめて使える “ かたち ” にしたくて、リング・オーダーを検討したのです。

 それには枠でインパクトを与えるか、或いは潔くシンプルで通すか ? ―― が思案の分かれ目。
初案は大ぶりの四本爪留め。イタリアのジュエリー・ブランド 『 POMELLATO 』 のシリーズ
『 VELENO 』 が
ヒントでした。
 しかしこれは石の強度の点で危ぶまれ、白紙撤回。
それで改めて、あれこれ雑誌を探したりの模索再開です。

 斯くて再び辿り着いた 『 POMELLATO 』 ―― ここのテイストは、知らず私を引き寄せる
のでしょうか ?
大振りの色石使いが主なブランドながら、従来の大粒石モノの “ 成金趣味 ” を何故か匂わせません。
風格は保ちながら、今風シンプル且つキャッチーなゆとりを醸す不思議な感触です。
 そのラインナップで、殊さら惹かれたのが 『 CIPRIA (チプリア) 』 シリーズ。
半透明の半貴石をぐるり巻き込んだ薄い覆輪留め ―― 地金の仕上げの、アートな無造作感がイイな〜 !
半貴石の甘さを包み込むツルリと柔らかな質感。
一般的な枠のきっちり感とは、まるで異質な味つけです。

 そのグラビアを、私はマダムに見て貰いました。
「 そうねぇ。確かなことは職人でないとわからないけど。この覆輪には …… もうちょっと石の
高さが要るかもしれない 」
その返答にハッと気付けば …… 確かにルースのカボションは薄め。石の固定に充分な、覆輪の幅が
取れない !?
「 とにかく一度職人に見せてみます 」
そう、マダムはルースを引き受けて下さいました。

 果たしてこの結論は否。形態上、爪留めは免れぬ由。
以降なかなかコレと言った案が浮かばないうち、日を置いてマダムから折衷案が出ました。
デザイン画には細い覆輪に華奢な四本爪を併用した、シンプルなスタイル ―― マダムの思案の賜物
とも言うべきでしょう。
勿論気に入りました ♪

 こうして長い準備期間を要したリング・オーダーは、漸く技術職の手に委ねられたのです。
やがて完成の知らせに、 『 Chiku 』 へ向かう私は期待でワクワクでした。
こうした時間って、ホントに貴重 !
ご褒美を受け取る直前みたいで …… ( 笑 ) 。
 しかも今回のデザインは、私自身のイメージが固まっておらず、把握しきれぬものでした。
いかに具現化されたか ? という不安も、いっそうトキメキもんです。

 いつものシンプル・シックな店内で完成品と対面した時、私は目を見張りました。

         091112_1412~01.jpg


 捕らえどころの無かった茫洋とした趣がプラチナ枠を得て、何とスタイリッシュなアクセサリー
に変貌したか !
このアレンジの妙 ? ―― テイストの掴み加減 !?
『 CIPRIA 』の味をどことなく漂わせ、私の嗜好を汲んでくれたところが、流石プロ !!


 この一点の成果も、マダム幸子との掛け替えのない思い出になっているんですね …… 。




posted by 美緒ママ at 22:12| Comment(0) | 癒やし処 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: